横浜銀行カードローンのメリット・デメリットを徹底解説|融資を受ける手順と注意点とは

スーツを着た女性
  • 金利年1.9%〜14.6%
  • 専業主婦も利用できる
  • 最短翌日審査

など、銀行カードローンの中でも横浜銀行カードローンは非常に優れたカードローンと言えますが、デメリットと言える部分もあります。

この記事では、横浜銀行カードローンのメリット・デメリットや融資を受ける手順などをまとめました。他社カードローンと比較しながらご紹介していきますので、横浜銀行カードローンの申込前にぜひ確認してみてください。

1.横浜銀行カードローンのサービス詳細

まずは横浜銀行カードローンのスペックを見てみましょう。

横浜銀行カードローンスペック*1 申込受付時間帯により、審査結果の連絡が翌日より後になる場合あり
*2 SMBCコンシューマーファイナンスが保証

横浜銀行カードローンのマルバツ表

お金を借りる時に注目したいのは金利ですが、横浜銀行カードローンは金利年1.9%〜14.6%と銀行カードローンの平均的な水準です。

銀行カードローン金利年
みずほ銀行2.0%〜14.0%
三井住友銀行4.0%〜14.5%
三菱UFJ銀行1.8%〜14.6%
楽天銀行1.9%〜14.5%
横浜銀行1.9%〜14.6%

下限金利は1.9%と銀行カードローンの中でも低いですが、これは1,000万円など高額融資を受けた時に適用される金利なので特に気にする必要はありません。

利用限度額100万円以下の場合、金利は年14.6%が適用されます。

ただ、横浜銀行カードローンには無利息期間がないため、少額の借入や短期の利用なら無利息期間があるカードローンの方がお得です。

短期間の目安は150日(5ヶ月)以内の借入です。

例として30万円を30日・60日・90日・120日・150日・180日借りた場合の利息を見てみましょう。

30日間無利息は無利息期間があるカードローンの平均である金利年18.0%、無利息期間なしは横浜銀行カードローンの上限金利年14.6%で計算しています。

借入日数30日間無利息無利息期間なし
30日0円3,600円
60日4,438円7,200円
90日8,876円10,800円
120日13,315円14,400円
150日17,753円18,000円
180日22,191円21,600円

150日以内の借入なら無利息期間があるカードローンの方が、180日以上の借入なら横浜銀行カードローンの方がお得であることがわかります。

金利や無利息期間から考えると横浜銀行カードローンは高額融資や長期に渡って借入したい方に向いています。

なお、無利息期間がある主なカードローンは次の通りです。

カード金利年無利息期間
アコム3.0%~18.0%初めてなら30日間無利息
アイフル3.0%~18.0%初めてなら30日間無利息
プロミス4.5%~17.8%初めてなら30日間無利息

2.横浜銀行カードローンで借入するメリット・デメリットまとめ

急いで借入したい方のために横浜銀行カードローンのメリットとデメリットをまとめた表をご紹介します。この表を見ればあなたに横浜銀行カードローンがピッタリか丸わかりです。

メリットデメリット
・最短翌日審査
・専業主婦も借入可能
・パートアルバイトも申込OK
・多くのATMで手数料無料
・来店不要・WEBで完結
・銀行ならではの低金利
・最大利用限度額1,000万円
・取引明細表が
 届かないようにできる
・事前に借入可能か3秒診断
・横浜銀行の口座が必要
・即日融資は未対応
・ローンカードが郵送されてくる
・全国対応ではない
・無利息期間はない

3.横浜銀行カードローン9つのメリット

横浜銀行カードローンのメリットは全部で9つあります。

メリット1 最短翌日審査

横浜銀行カードローンは最短で翌日に審査結果の連絡がきます。普通預金口座を持っている場合には同じく最短で翌日には借入ができるので、急ぎでいる時でも安心です。

なお、土日祝日の申込の場合、審査結果の連絡が来るのは翌営業日以降になります。

メリット2 専業主婦も借入可能

横浜銀行カードローンは配偶者に安定した収入がある専業主婦の方もお金を借りることができます。旦那さんや旦那さんの会社に連絡が行くこともありませんので、内緒で借入することが可能です。

専業主婦が借入できる銀行カードローンは非常に少なくなってきているので重宝するでしょう。

メリット3 パート・アルバイトでも申込OK

横浜銀行カードローンはパート・アルバイトの方も申込ができます。銀行カードローンの中にはパート・アルバイトでは申込できないものもあるので、銀行ならではの金利で借りたい時には嬉しいメリットです。

メリット4 多くのATMで手数料無料

横浜銀行カードローンは次のATM利用手数料が無料です。

  • 横浜銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • ローソンATM
  • E-net
  • イオン銀行ATM(借入のみが可能)

身近にある提携コンビニATM手数料も無料なので利便性が非常に高いです。

なお、この他の提携ATMを利用する場合は手数料がかかります。

メリット5 来店不要・WEBで完結

横浜銀行の口座を持っている場合、申込から借入まですべてWEBで完結できます。郵送やFAXなどで必要書類を提出するのが面倒な方にピッタリです。

メリット6 銀行ならではの低金利

横浜カードローンの金利は年1.9%~年14.6%と低金利です。すぐに返せる場合は無利息期間がある消費者金融の方が良いですが、中長期に渡って借入したい時は低金利の方が断然お得です。

メリット7 最大利用限度額が1,000万円

横浜銀行カードローンの限度額は最大で1,000万円です。まとまったお金を借りたい時に助かります。

メリット8 取引明細表が届かないようにできる

〈はまぎん〉マイダイレクト (インターネットバンキング)でローン商品の取引明細表等を電子交付に切り替えた場合、取引明細表は郵送されて来なくなります。

家族に秘密で借入したい時は〈はまぎん〉マイダイレクトを上手に利用しましょう。

メリット9 事前に借入可能か3秒診断

横浜銀行カードローンには3秒診断があります。3つの項目に入力するだけなので融資可能かすぐに知りたい場合に便利です。

4.横浜銀行カードローン5つのデメリット

横浜銀行カードローンのデメリットは主に5つあります。

デメリット1 横浜銀行の口座が必要

横浜銀行カードローンの利用は横浜銀行の口座開設が必要になるため、持っていない場合は手間がかかります。

申込は横浜銀行の口座が無くてもできますが、審査に通過した後、横浜銀行の口座を開設をする必要があります。

横浜銀行の店舗での口座開設や、郵送やアプリを使っての口座開設は時間がかかるので、借入できるまでに一週間以上はかかると考えた方が良いでしょう。

デメリット2 即日融資は未対応

横浜銀行カードローンは即日融資に対応していないため、当日中に融資を受けたい時は向いていません。

デメリット3 ローンカードが郵送されてくる

契約が完了すると後日「横浜銀行カードローン」カードが自宅に送られてくるため、それが原因で家族に借入がバレる可能性があります。

郵便物にはカードローンと記載されているわけではないので、開封されない限りバレることはありませんが、家族に内緒で利用したい時は気をつけましょう。

なお、カードは簡易書留郵便で送られてきます。

デメリット4 全国対応ではない

横浜銀行カードローンは全国対応ではありません。利用できるのは次の地域に住んでいる、もしくは働いている(在勤)必要があります。

  • 神奈川県
  • 東京都
  • 群馬県(前橋市/高崎市/桐生市)

これらの地域以外に住んでいる、または働いている場合は全国対応の「みずほ銀行カードローン」などの利用をおすすめします。

デメリット5 無利息期間はない

横浜銀行カードローンには無利息期間はありません。すぐに返せる場合は負担も少ないですが、無利息期間を利用したいならアコムなどを検討しましょう。

5.横浜銀行カードローンで融資を受ける手順と注意点

横浜銀行カードローンの利用までは「申込→審査→契約&利用開始」の順で進みます。

申込をすると在籍確認の電話が勤務先にかかってきますが、社名は名乗らず個人名でかかってくるので勤務先にカードローンの利用がバレることはありません。

在籍確認の電話は本人が出ればそれで完了しますし、本人が不在でも、同僚から「ただいま〇〇は外出しております」のように勤務している確認が取れたら完了するので簡単です。

審査結果は最短翌日で携帯、自宅、会社のうち、自分が選んだ電話番号に連絡がきます。審査に通過していたら契約に進みます。(横浜銀行口座を持っていない場合は契約の前に口座開設をする必要あり)

契約が完了したら返済用普通預金口座への振込により、契約日当日の利用が可能です。

後日「横浜銀行カードローン」カードが自宅に届きますが、カードが届いたらATMを利用した借入も可能です。

申し込み所要時間

6.横浜銀行カードローンの申込に必要な書類

申込時の必要書類は本人確認書類です。次のいずれかのコピーを1通用意しましょう。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証+住民票または公共料金等の領収書の写し
  • マイナンバーカード
  • 在留カード(永住権の記載があるもの)
  • 特別永住者は特別永住者証明書

また、50万円を超える借入の場合は収入証明書も必要です。用意しやすいのは源泉徴収票か給与明細書でしょう。

  • 源泉徴収票【勤務先の会社名の記載のあるもの】
  • 納税証明書【税務署の発行印があるもの】
  • 確定申告書【税務署の受付印があるもの】
  • 住民税決定通知書【市区町村長の発行印があるもの】

7.横浜銀行カードローンの借入条件

横浜銀行カードローンの借入条件

8.まとめ

横浜銀行カードローンは銀行ならではの金利で借りられますし、ATM手数料も無料のところが多いので非常に使い勝手の良いカードローンと言えます。賢く借りてお得に利用していきましょう。

横浜銀行カードローン詳細