アコム

運転資金の融資を初めて受ける時の4つのポイントと審査が柔軟な2つの金融機関

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
運転資金をどうするか考える男性

事業を続けていく上で運転資金をいかにスムーズに調達するかは重要なポイントですが、運転資金は設備資金に比べ融資が下りにくく、条件も厳しくなる傾向にあります。

今回は運転資金を借りるために注意したい点や、比較的審査が柔軟な借入先をご紹介します。

資金繰りにお困りの方はぜひ参考にしてみてください。

1.運転資金を融資してもらう4つのポイント

運転資金の融資を受けるために抑えておきたいポイントをまとめました。

ポイント1 必要な資金を明確にする

運転資金の融資を受ける場合は、まず必要な金額を明確にする必要があります。借りれるだけ借りたいというのが本音でも、それでは事業が上手くいっていないことをアピールするようなものなので、融資を希望する場合は次の方法で必要な金額を算出してみましょう。

運転資金=売掛金+棚卸資産-買掛金

【売掛金=未回収の代金、受取手形】
【棚卸資産=これから販売する商品(在庫)】
【買掛金=仕入に必要な代金、支払手形】

ポイント2 資金使途を明確にする

運転資金の融資には明確な資金使途が必要です。とはいえ、「会社が赤字だから」「借入金を返済しなければならないから」という理由では貸し倒れリスクが高いため、融資をしてくれる金融機関は無いでしょう。

そのため、運転資金の使い道は原則前向きな理由でなければいけません。前向きな理由とは、たとえば次のようなものが挙げられます。

  • 売り上げ増加に対応するための仕入れ資金
  • 新たに従業員を雇うための資金
  • 新たに販促するための資金・・・など

ポイント3 いつまでに必要なのかを明らかにする

資金使途が明確であれば借入希望日も自然と定まってきます。たとえば「〇月〇日に300万円分の仕入れをしたいので、それまでに借りたい」というように、融資が必要なタイミングも明らかにしておくようにしましょう。

ポイント4 根拠のある返済計画を立てる

いくら融資をして欲しいと頼んでも、返済能力が無いとみなされればお金を借りることはできません。まずは事前にしっかりとした返済計画を立て、借入先に融資をしても問題無いと思ってもらう必要があります。

そのためにはあらかじめ資金繰り表を作り、借入た資金をどのように使い、どう利益を上げていくのかを具体的に説明することがポイントです。

2.運転資金の融資を受ける難易度

事業をする上で必要な資金には大きく分けて「運転資金」と「設備資金」の2種類がありますが、簡単に言うと運転資金は短期的な資金、設備資金は長期的な資金と分類することができます。

この2つでは運転資金の方が融資難易度が高いと言われており、その理由は資金の使い道が分かりづらい点にあります。

設備資金は融資を受ける際に見積書などを提出するため、機械や社用車の購入など資金使途や金額は明確です。しかし、運転資金の場合は商品の仕入れ代金や諸経費など資金使途が多岐に渡るため、実際のところ何に使ったのかを把握しづらい面があります。

金融機関が企業に融資を行う際はどの部分にいくらの資金を投入し、それによってどのくらいの効果が期待できるかという根拠が重要になるため、資金使途や金額が分かりづらい運転資金はなかなか融資が難しい傾向にあります。

3.運転資金の融資を受けやすい2つの金融機関

確実に融資を受けたいなら審査の通りやすさも重要なポイントです。

これまでの実績ですでに銀行との信頼関係を築けている場合は良いですが、実績がなく業績も芳しくない場合は比較的融資を受けやすい次の金融機関からの借入を検討してみましょう。

①日本政策金融公庫

日本政策金融公庫とは政府系金融機関の1つで、銀行に比べ審査が柔軟で低金利なのが特徴です。

日本公庫の融資制度はいくつもありますが、「普通貸付制度」であれば申込対象も幅広いのでほとんどの方が利用できます。

事業開始後おおむね7年以内なら「新規開業資金貸付制度」の利用も可能です。それぞれの詳しい融資条件はこちらです。

日本政策金融公庫の普通貸付

日本政策金融公庫の新規開業資金貸付

②ノンバンクの事業者ローン

ノンバンクとは預金業務を行わず融資業務のみで利益を得ている業者のことで、主に消費者金融や信販会社、事業融資専門のローン会社などがこれにあたります。

ノンバンクは消費者金融のイメージが強いため借入を敬遠する方も多いですが、銀行や公的機関に比べ迅速な融資が可能なので、つなぎ資金として活用できる場面は多いです。

ノンバンク系の事業者ローンの中では「ビジネクスト」や「ビジネスパートナー」などが有名です。

ビジネクスト・ビジネスローン概要

ビジネスパートナー・スモールビジネスローン概要

ノンバンク系のローンは銀行や日本公庫と比べるとかなり金利が高いので、借入期間が長引けば支払利息もかなりの金額になることが予想されます。

たとえば売り上げの入金があるまでのつなぎ資金などで一時的に利用する分には良いですが、中長期的な資金調達には決しておすすめできません。

事業者ローンを利用する際は利息の支払いで資金繰りが悪化しないよう、くれぐれも無理のない返済計画を立てるようにしてください。

4.まとめ

運転資金の不足は経営をしていく上で死活問題となるので、どうしても借入先が見つからない場合はノンバンクも視野に入れてみても良いかもしれません。

ですが、より安全な経営をしていくためにはやはり銀行や公的機関からの融資を受けるのが得策なので、少しでも低金利なところから賢く運転資金を調達しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket