在宅バイトはどれがいい?スキマ時間を有効活用して余裕のある生活を手に入れよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
在宅バイトで稼いだ二人の主婦
  • 子供が寝ている時間だけ
  • 幼稚園や小学校に行っている時間だけ
  • パート(バイト)はしているけどもっと稼ぎたい

など、スキマ時間を有効活用して少しでもお金を稼ぎたい時は在宅バイト(ワーク)がおすすめです。

スキルがないから在宅バイトは難しいと感じる方も多いですが、パソコンやスマホがあれば簡単な仕事を見つけることができます。

在宅ワークはスキルがない方でも月に5万円以上稼ぐことも可能ですし、スキルがある方はさらに多くのお金を稼ぐことが可能です。

この記事では、在宅バイトのメリット・デメリットや在宅バイトをする時の注意点などをまとめました。

おすすめの在宅バイトサイトもご紹介していますので、スキマ時間を活用して少しでも生活の足しにしていきましょう。

1.在宅バイト(ワーク)とは?

在宅バイト(在宅ワーク)とは、一般的な企業に勤める会社員や時間が決まっているパートやアルバイトのように店舗で働くのではなく、自宅にいながら好きな時間にできるワークスタイルのことです。

在宅バイトのイメージはシール貼りや箱詰めなどの内職でしたが、ネットの普及により今では自宅でパソコンを使った仕事が沢山あります。

在宅バイトには、「データ入力・データ収集・サンプリングモニター・メールやチャットの返信業務」など様々な種類があり、自分に合った仕事を自由に選択することができます。

自分のペースで働くことができるため、育児中の方や副業したい方、学生さんなどが注目している働き方です。

2.在宅バイトのメリットとデメリット

在宅ワークのメリットとデメリットを表にまとめてみました。

在宅バイトのメリットとデメリット

在宅バイトは業務内容が選べたり、好きな時間に仕事ができることは忙しい主婦の方などには助かりますが、気軽に始められる反面、途中でやり投げになってしまう方もいらっしゃるので自己管理が必要になってきます。

自分でスケジュール管理ができ、家事や育児などと両立できる方におすすめな働き方です。

3.在宅バイトに向いている人・不向きな人

次に在宅バイトが向いている人と不向きな人を表にまとめました。

在宅バイトが向いている人と不向きな人の表

在宅バイトは自宅にいながら仕事ができることが一番の魅力ですが、稼げるお金は自分次第(主に出来高制)になるため、パートなどの時給制で毎月一定の金額を稼ぐことができるわけではありません。

パートなどの場合、時給1,000円で週5日、1日6時間の場合は月に12万円を稼ぐこと可能ですが、在宅バイトの場合は業務内容などで収入が異なります。

在宅ワークの仕事による平均的な月収は次の通りです。

在宅ワークの平均的な月収(出典:厚生労働省「在宅ワークのガイドライン」

在宅ワーカーの約半数の方が「月収5万円以下〜9万円以下」のことがわかります。

ただし、2〜3時間働く方もいらっしゃいますし、5〜6時間仕事をこなす方やスキルが高い方もいるため、毎月稼げる金額はやはり自分次第になります。

スキルがない場合は初月から高額報酬を得ることは難しいため、安定収入が欲しい方など確実な収入源が必要な方は、時給制のパートやアルバイトをおすすめします。

長く続けることでスキルも自ずと高まるので、長期的に考えると10万円、20万円以上も稼げる可能性は十分にあります。

自宅で自由に仕事がしたい、自分の可能性を見つけ出したい方などは在宅バイトが向いていることでしょう。

4.在宅バイトの種類と報酬形態

現在の在宅バイトは、クラウドソーシングサービス(パソコンやスマホで行う作業)と言う、在宅ワーカーとクライアントを結び付ける在宅ワークサイトが人気です。

クラウドソーシングサービスの仕事内容と報酬形態をご紹介します。自分ができそうな仕事、やってみたい仕事の参考にしてみましょう。

在宅バイトの種類と報酬形態

従来通り、ボールペンの組み立てや商品梱包作業などの出来高制の在宅バイトも数多くあるため、パソコン作業が苦手な方などは内職が向いています。

内職は基本的に自宅に商品が届き、できたら発送する手間がかかることはデメリットです。

クラウドソーシングはパソコンなどで仕事が完結できるため、場所や時間に左右されずに仕事をこなすことができるメリットがあります。

報酬ではどちらも基本的に出来高制になるため、自分次第で多くの収入が見込めます。時間や生活リズム、家庭環境にあった仕事をすると良いでしょう。

5.在宅バイトをする時の5つの注意点

在宅バイトをする時の注意点をご紹介します。安心して在宅バイトを始められるように事前に確認しておきましょう。

注意1 悪質業者

外に出なくても働ける「在宅ワーク」に着目した悪質業者には注意が必要です。主なやり口は、

  • 納品物に対して難癖をつけて報酬を支払わない
  • 決めた仕事で必要な機材の購入、資格取得費が請求された
  • 案件を進めていたら途中で急に打ち切られた

などのケースです。特に契約でのトラブルが多く、デザインや記事作成などでは「採用されなかったのに使用されていた」という話は案外多いです。

このような出来事が起こってしまった場合は、クライアントに追加費用の交渉をしたり、解決しない場合は直接在宅ワークサイトに相談するなど、自分自身で身を守る必要があります。

基本的に有名な在宅ワークサイトは安心サポートがしっかりとしているため、このようなトラブルは起こりにくいですが、中には在宅ワーカーを狙った悪質業者もいます。

「初月から数十万円の確定報酬」など、謳っているクライアントや在宅ワークサイトとは契約を結ばないようにしてください。

トラブルを回避するためにも知名度のある「在宅ワークサイト」で相談窓口があることやサポート専門スタッフがいるところから仕事を請け負うと良いでしょう。

注意2 税金

在宅バイトをする場合、確定申告が必要になることは覚えておきましょう。年間所得が20万円未満の場合、確定申告は必要ないですが、収入が発生した時点で住民税の納税が必要です。

パートなどの「給与収入」の場合、パートやアルバイト先の会社が確定申告をしてくれるため、年末調整の時に提出する扶養控除等申告書をその会社に提出すれば大丈夫です。

しかし、在宅バイトの場合は基本的に請負の仕事(請求制所得)になるため、個人事業主と同じ扱いになります。

年間所得が20万円を超える場合は必ず確定申告が必要になり、所得税や住民税を支払う必要があります。(年間所得が20万円未満の場合、確定申告は不要だが住民税は納税義務がある)

また、旦那さんの会社で配偶者控除を受けている場合、請求制年間所得が38万円(*)を超えてしまうと、旦那さんが控除される金額が低くなります。

*パートなど給与所得の場合は年間給与所得「103万円」を超える場合+旦那さんの年収による

さらに請求制年間所得が123万円(*)を超えてしまうと、配偶者特別控除の対象外になるため、旦那さんの会社の配偶者特別控除が受けられません。

*パートなど給与所得の場合は年間給与所得「201万円」を超える場合+旦那さんの年収による

在宅バイトをする場合、税金関係でも旦那さんとの話し合いが非常に重要になってきます。

なお、配偶者控除者が「控除を受けながら副業しても大丈夫な金額・旦那さんにバレずに在宅バイトができる抜け道」の記事をまとめました。税金について詳しく知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

▼税金について詳しく知りたい方はこちら

旦那さんが厳しくて自分で使えるお金がない お金にうるさい 離婚を考えている 印象がよくない仕事をしている(チャットレディーなど) など、旦那さんに内...

注意3 無理な作業量を受注しない

在宅バイトを始めたばかりや作業に慣れ始めた頃、稼ぎたい気持ちが高ぶることで自分の力量を過信してしまい、無理に作業量を多くしてしまう方も中にはいらっしゃいます。

あまり経験のない業務や仕上げることができない量を受注してしまうと、かえってミスが増えてしまい、修正の多さゆえに報酬が減ってしまいます。

まずは確実に作業をこなすこと、作業ミスをなくすことが在宅バイトで稼いでいけるポイントです。自分のスケジュールと力量を把握して在宅バイトをしていきましょう。

注意4 契約書類の保存

在宅バイトをするためにはクライアントさんとの契約が必要です。基本的に契約条件の文書がメールや郵便で届きますが、届かない場合は提出を求めてください。

契約書には主に次のことが記載されています。

  1. 注文者の氏名、所在地、連絡先
  2. 注文年月日
  3. 注文した仕事の内容
  4. 報酬額、報酬の支払期日、支払方法
  5. 注文した仕事にかかる諸経費等の取扱い
  6. 成果物の納期、納品先、納品方法
  7. 契約条件を変更する場合の取扱い
  8. 成果物が不完全であった場合やその納入が遅れた場合等の詳細(補修が求められる場合の取扱いなど)
  9. 成果物に係る知的財産権の取扱い
  10. 在宅ワーカーが業務上知り得た個人情報の取扱いなど

契約書はメールで届くことが多いので、必ず印刷をして最低でも3年間は保管しておきましょう。確定申告の時に必要になりますし、万が一トラブルなどが起こった時に証拠文書として扱うことができます。

また、報酬の支払いや経費などにかかる費用は、どちらが負担するのかどうかも確認しておきましょう。よくあるトラブルは「通信費、電話代金、宅配料」などがあります。

トラブルを回避するためにも必ず契約書を細部まで確認してから仕事を請け負うようにしましょう。

注意5 打ち合わせ

在宅バイトの中には月に一度打ち合わせが行われるなどの条件があるため、承諾する前に募集条件をよく確認しておきましょう。

高条件で請け負ったが打ち合わせに行けなかったため、クライアントとの契約が破棄になるケースがあります。

再度、高条件のクライアントを見つける手間がかかってしまうので、事前に面接があるのかどうか、打ち合わせはチャットやメールでできるかどうかなど確認が必要です。

6.おすすめの在宅バイトサイト5選

おすすめの在宅バイトサイトをご紹介します。

第1位 ママワークス

ママワークスは「主婦が働きやすい」「主婦のため」の在宅バイトサイトで、会員登録は無料です。

TVコマーシャルでも放映されていることもあって主婦の方に人気があります。

在宅ワークを始める前に見ておきたいレポートや先輩在宅ワーカーの特集、コラムなど参考になることが記載していますので、ぜひ公式サイトで確認してみると良いでしょう。

→ママワークスはこちら

第2位 クラウドワークス

クラウドワークスは200種類以上の仕事カテゴリーがあり、今話題のクラウドソーシングサービスです。(会員登録は無料)

未経験者でも簡単な入力作業などの仕事からWEB開発やデザインなど、専門性の高い仕事も多いです。基本的にオンラインでのやり取りになるため、非対面で仕事が完結します。

在宅ワークサイトの中でも有名なクラウドソーシングサービスなので、サポート体制も揃っていますし、使い方やトラブル対応まで専門のスタッフが対応してくれます。

安心して在宅バイトができる大手クラウドソーシングサービスの一つです。

→クラウドワークスはこちら

第3位 クラウドソーシング・ランサーズ

クラウドソーシング・ランサーズは、仕事依頼数100万件以上と案件も充実しているクラウドソーシングサービスです。(会員登録は無料)

経験豊富なプランナーがあなたに合った仕事を無料で診断してくれるサービスもあるため、案件を探す手間がかかりません。

ランサーズでは品質向上委員会が設置されていますので、不適切な依頼がない安全な仕組みになっています。報酬では仮払いシステム(*)があるので、未払いなどのトラブルも防いでくれます。

*仕事の報酬は案件を行う前にランサーズが一旦代金を預かり、案件が完了した段階で在宅ワーカーに支払われる仕組み

→クラウドソーシング・ランサーズはこちら

第4位 バイトル

バイトルは全国各地の仕事があるため、初めての方でも抵抗なく進められる案件が揃っています。(会員登録は無料)

バイトルの在宅バイトの案件では、アクセサリーやボールペンなどの物を組み立てる作業からパソコンを使った作業など幅広い仕事が揃っています。

認知度も高いバイト情報サイトなので安心して仕事に取り組むことができることでしょう。

→バイトルはこちら

第5位 マイナビバイト

マイナビバイトは在宅ワーク件数が多く、絞り込み検索機能があるため、自分にぴったりの案件が見つけやすくなっています。(会員登録は無料)

マイナビバイトの在宅バイトでは主に、「シール貼り、カプセル詰め、ネジ留め」などといった単純作業の案件が豊富です。

クラウドソーシングサービスのようなパソコン作業に仕事もありますが、仕事内容では一番オールマイティーな案件を扱っているバイト情報サイトになります。

→マイナビバイトはこちら

7.まとめ

在宅ワークは、時間や場所にとらわれないで仕事ができる仕組みなので、子育てや介護をしている主婦の方やもう少しお金を稼ぎたい方に向いています。

報酬形態はほとんど出来高制になるため、自身の頑張りで安定した収入を得ることも可能です。

長く続けてスキルアップしていると「インセンティブ(やる気や能力で上がる給料)」が付く可能性も高いので、さらに高額報酬を得ることができます。

正社員やパートなどが厳しい方や家庭の事情で働きに行けない方は、隙間時間で稼ぐことができる在宅バイトを利用していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket