【保存版】水道代を無理なく節約する賢い節水方法まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
水道代

4人世帯の水道代は、過去3年の全国平均を見てみると1ヶ月で約6,000円です。あなたの家の水道代と比べるとどうでしょうか?

この平均よりも少ないのであれば、うまく節水することができている証拠です。もし平均以上に水道代がかかっているようであれば、節水することによって毎月の水道代をグンと減らすことができます。

この記事では、水道代を無理なく簡単に節約する方法についてまとめました。家庭の水道代は、以下の順番で料金がかかっていると言われています。

  • お風呂 40%
  • トイレ 22%
  • 炊事 17%
  • 洗濯 15%
  • 洗面・その他 6%

※東京都水道局 平成24年度 一般家庭水使用目的別実態調査

それぞれの節約方法と、その方法で1ヶ月にどれくらいの金額が節約できるかをご紹介しますので、今日から実践して節約したお金を貯金していきましょう。

節約した金額の出し方は、水1リットルを0.24円とし、4人家族での1ヶ月30日として計算しています。

1.トイレの水道代を減らす節水方法

トイレに使用する水は、家庭での使用量全体の2割以上を占めています。勢いよく流れてくれるのはすっきりして良いことですが、何だかもったいない気もします。どうしたら上手に節約できるのでしょうか。

その1 「大」と「小」を使い分ける

大と小を使い分ける

多くの家庭のトイレには、大と小で水量を使い分けることのできる流水レバーがついていると思います。家庭にあるトイレの年式やメーカーによっても違いがありますが、「大」と「小」ではだいたい2リットルの差があるとされています。毎回ちゃんと使い分けることができたらそれだけでかなりの節水になります。この方法で1ヶ月約170円が節約できます。

その2 市販の節水アイテムを使う

節水アイテムを使う

もっと簡単に節水したい場合は、市販されているトイレの節水アイテムを考えてみるのも良いかもしれません。タンクに取り付けるだけの手軽さで、水圧を変えず排水量を減らすことができるものもあって、初期費用がかかる分、楽に大きく節水できるようになります。

その3 やってはいけない節約方法とその理由

ペットボトルでカサ増し

トイレの節水方法として以前はよく聞かれていたのは、タンク内にレンガやペットボトルなどを入れて水かさを増す方法や水道の元栓を少し閉めるといった方法でした。

しかしそうするとタンクの破損を招く可能性や、水量が少ないために十分に流れず悪臭や紙つまりの原因になることがあるので、やめた方が無難です。

また、トイレを使用しても1回で流さず、何回か溜めてから水を流すなどの節水方法もありますが、こちらもあまりおすすめできません。汚れのこびりつきや臭いの原因となり掃除が大変になりますし、洗浄機能の故障に繋がることもあるそうです。

2.お風呂の水道代を減らす節水方法

お風呂の水道代は、使用水量全体の約4割です。たくさん使うところだからこそ、ちょっとした心がけ次第で大きく節水の可能な場所でもあります。

その1 無駄に使わない

お風呂の水道代

一般的な浴槽の容量はだいたい200リットルと言われています。冬場は寒いのでしっかり温まるためにもお湯を張りたいものですが、夏場であれば半身浴にすると、お湯の量も節約できますし、美容や健康にも効果があります。

意外と水を使ってしまうのがシャワーです。髪を洗う時にシャワーを出しっぱなしにせず、こまめに止めるのが良い方法です。10分間の洗髪の内で、3分間シャワーを止めると1回につき約36リットルもの水が節約できます。金額にすると、1ヶ月約1,040円の節約です。

また、市販の節水シャワーヘッドも大変効果があるそうなので一度試してみるのも良いかもしれません。

その2 再利用する

浴槽の湯量を少なめに

入浴した後の残り湯をそのまま捨ててしまうのはもったいない気がします。皮脂や汚れが含まれているので、トイレのタンクなどの水をためておくような場所には向いていませんが、外の散水や花壇の水やり、洗剤を工夫して掃除や洗濯にも使うことができます。

一般家庭での残り湯は180リットルくらいとして、その半分の90リットルを毎日再利用すると、1ヶ月で約650円の節約になります。

3.キッチンの水道代を減らす節水方法

キッチンで使われる水の量は、全体の水使用料の17%を占め、お料理に使う水よりも、洗物に使用する方がより多くの水を使うようです。水を出しっぱなしにしていると、1分間で6リットルの水が流れてしまいます。どうしても水を出しながら行う食器洗いは、手早くすることで大きな節水になります。

その1 お皿の汚れはふき取ってから

拭き取る

カレーや油を使った料理の後片付けを効率よくするには、ちょっとしたコツがあります。キッチンペーパーやティッシュでベトベト汚れをあらかじめふき取っておくと、洗剤や水の量が少しで済み、たいへん経済的です。読み終わった新聞紙や切り分けた牛乳パックでも、キッチンペーパーの代用ができるので、ぜひ活用してみてください。

その2 ため洗いやつけおきができる洗いおけを活用

洗い桶のすすめ

食べた後の食器は、汚れが渇いてしまうととても洗うのが困難になります。そんなときは洗い桶を活用して、つけておくと良いでしょう。油汚れ以外であれば、それで簡単に綺麗になるので、すすぎのときも手早くできます。

蛇口の下に、洗い終わった食器を入れた洗い桶をおいておくと、すすぎながらもどんどん洗い桶に水が溜まり、ほかの食器の泡も落ちやすくなるので、すすぎの効率があがります。この方法ですと1回当たり約90リットルの節水ができ、1ヶ月で約1,300円の節約ができます。

その3 食洗器という選択

食洗機

食洗器を使うと、水を出しっぱなしにして食器を洗うよりも、少ない水で洗い上げることができます。洗い物をする時間の節約にもなりますので、活用してみてはいかがでしょうか。

その4 米をとぐときは

お米の研ぎ汁

米のとぎ汁は油汚れを落としたり土鍋などといった陶器のヒビの修復にも役立ったりします。また、野菜の下茹でなどにも使うとあくが取れ美味しく仕上がります。しかし、節水の面から言うと、米をとぐのはけっこうな水の量を使います。とがなくても炊ける、無洗米を利用するのも良い方法です。

4.洗濯の水道代を減らす節水方法

洗濯に使う水も、全体の水使用料の15%にのぼるので、決して少なくありません。どのような節約法があるのでしょうか。

その1 お風呂の残り湯を使う

風呂の残り湯を再利用

お風呂のあとは、毎日たくさんの残り湯が出ます。そのまま流してしまうのはもったいないのでぜひ、洗濯にも使用しましょう。みんなの使い終わった残り湯はイヤ、という場合も、最後のすすぎを水道水にすれば、問題なく使用できます。残り湯をくみ上げるホースや、残り湯の雑菌も一緒に綺麗にしてくれる洗剤も市販されていますので、使ってみると良いでしょう。

この方法ですと、平均的な使用水量が130リットルだとして、1回につき約55リットルの節約ができ、1ヶ月では400円の節約になります。

その2 洗剤を入れ過ぎない

洗剤を入れすぎない

しっかりきれいになるだろう、と洗剤をたくさん入れたりはしていませんか?すすぎが不十分でもう一回洗い直し、なんていう無駄を防ぐためにも、洗剤の量は少なめにしましょう。選択洗剤も進化しているので、少ない量で十分効果のあるものもたくさんあります。落ちにくい泥汚れなどは、お風呂に入った時にでも「ついで手洗い」しておけば、あとは普通に他の洗濯ものと一緒に洗えます。

5.洗面・その他の水道代を減らす節水方法

ほかにも、ちょっとした工夫で水道代を減らすことができます。

その1 洗顔や歯磨きは水を止めて

水を止めて

洗顔料を泡立てて顔を洗っているとき、歯磨きしているときに、水を出しっぱなしにするのはとてももったいないことです。洗顔は洗面器に水を張り、仕上げのすすぎだけ流水を使えば十分きれいに洗えますし、歯磨きもうがいのための水はコップ1杯で済むでしょう。

この方法ですと洗顔では約6リットルの節水、歯磨きには約5.4リトルの節水効果があり、金額に換算すると合わせて1ヶ月480円の節約になります。

その2 屋外での使用はバケツやじょうろで

バケツを活用

花壇や庭木に水をあげたり、洗車をしたり、と屋外で水を使用する機会は意外と多いものです。植物には、入浴剤の入っていないお風呂の残り湯で十分ですし、洗車する際は、バケツやじょうろで行うと、無駄な水を使いません。

6.知って得する本当にお金が貯まる節約術

水道代以外の今日から実践できる節約術をご紹介している記事をまとめました。無理なく簡単に節約ができて、お金を貯めていくことができる方法をお伝えしていますので、ぜひ参考にしてみてください。

その1 電気代編

電気代の節約

効果的な電気代の節約術は次のページを参考にしてみてください。

「誰でも簡単!電気代を無理なく大幅に節約できる8個の方法」

その2 光熱費編

10万円も節約

光熱費の節約術は次のページを参考にしてみてください。

「1年間で10万円も貯金が増える!光熱費の節約方法10選」

その3 ガス代編

ガス代の節約

ガス代の節約術は次のページを参考にしてみてください。

「今日からできるガス代8個の節約術と浪費する3つの瞬間」

7.一時的なピンチの上手な乗り越え方

冠婚葬祭や交際費、トラブルなどで一時的にお金がピンチ、そんな時はカードローンを利用するというのも1つの賢い選択です。すぐに返済できるのであればさほど利息もかかりませんので、一時的なピンチを乗り越えることができます。カードローンを有効利用するための記事をまとめましたので、こちらも参考にしてみてください。

その1 専業主婦の方

専業主婦の方は銀行カードローンを利用すれば、ご主人に内緒で借り入れすることができます。

旦那に内緒|専業主婦がみずほ銀行カードローンで即日借りる方法

その2 正社員の方

正社員の方向けのおすすめの方法は次のページを参考にしてみてください。

今すぐお金が必要なときに取るべき3つの行動|優先度順

その3 派遣社員の方

派遣社員の方向けのおすすめの方法は次のページを参考にしてみてください。

「派遣社員がキャッシング審査に通る5つのコツと在籍確認の対処法」

その4 パート・アルバイトの方

パート・アルバイトの方向けのおすすめの方法は次のページを参考にしてみてください。

パート・アルバイトに最適のカードローンと審査に通す4つのコツ

その5 個人事業主やフリーランスの方

個人事業主やフリーランスの方がカードローンを利用したい時の情報は次のページを参考にしてみてください。

「個人事業主やフリーランスが今すぐ借りられるカードローン5選」

その6 公務員の方

公務員の方向けの情報は次のページを参考にしてみてください。

「カードローン審査に通りにくい公務員の特徴と審査通過率を上げる方法」

8.まとめ

例えば毎日、「洗いおけを使って食器洗い」「シャワーはこまめに止める」「洗顔と歯磨きは水を止める」という3つの節約方法を毎日おこなったとすると、1ヶ月で2,820円、1年で33,840円の節約ができることになります。

使う水を減らすということは、排水を減らし、排水処理にかかるエネルギーを減らすことにも繋がります。財布に優しいだけではなく地球環境にも優しい節水をこれからも心がけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事