今すぐ2万円借りたい!誰にも迷惑をかけずにお金を借りる方法と4つの注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
2万円必要で困っている男性

「光熱費の支払いができない」「携帯代が払えない」など、生活費があと数万円足りない状況は誰もが経験することです。

必要な金額が1〜2万円程度なら親や友人に借りるのもそれほど難しくないかもしれませんが、「友人から借金をするのは避けたい」「その後の関係性を考えるとあまり気が進まない」と思う方も多いでしょう。

今回は2万円借りたい時に検討したい方法とその注意点などをご紹介します。

1.2万円借りたい時の方法2つ

親や友人から借りずに2万円を用意する方法を2つご紹介します。周囲との関係性を壊したくない場合はこれからご紹介する方法で借入を検討してみてください。

方法1 クレジットカードキャッシングを利用する

2万円借りたい時のおすすめの方法の1つにクレジットカードを利用したキャッシングがあります。お持ちのクレジットカードにキャッシング枠があれば近くのATMからすぐに借入が可能です。

キャッシングはしっかりとした返済計画を立てればそれほど恐いものではありませんし、2万円程度なら利息もそれほどかかりません。

クレジットカードキャッシングの金利はカード会社によって異なりますが、2万円借りた時の金利は年18.0%が相場です。

参考までに金利18.0%で2万円を30日間借りた場合の利息は次の通りです。

<金利18.0%で2万円を30日間借りた場合の利息>
2万円×18.0%÷365日×30日=295円
計算式 借入金額×金利÷365日×借入日数=利息

ただし、お持ちのクレジットカードにキャッシング機能がない場合、キャッシング機能を追加するには審査に1週間程度かかるので、急ぎの場合は次のカードローンの利用がおすすめです。

方法2 カードローンを利用する

カードローンを利用すれば最短即日で2万円借りることができます。

無利息サービスがあるカードローンなら無利息期間中に返済すれば利息は1円もかからないため、クレジットカードキャッシングよりも実はお得です。金利も2万円借りる時は年18.0%程度とクレジットカードキャッシングと変わりません。

2万円であれば翌月一括返済も十分可能なので、短期間の借入を検討している方は無利息期間を賢く活用しましょう。無利息サービスがあるカードローンは次の通りです。

カードローン無利息期間
レイク選べる2つの無利息期間
・30日間無利息
・5万円まで180日間無利息
アコム初めてなら30日間無利息
プロミス初めてなら30日間無利息
アイフル初めてなら30日間無利息

なお、カードローンは20歳以上で安定した収入があれば利用できるので、パートアルバイトでも毎月収入があればお金を借りることができます。

2.カードローンでお金を借りる時に知っておきたい4つのこと

初めてカードローンを利用する場合、利用方法や月々の返済額など分からないことも多いと思います。カードローンを利用する際に知っておきたいことをご紹介します。

①コンビニATMで借入と返済可能

カードローンの借入や返済は全国のコンビニに設置してある提携ATMからも行えます。窓口や自動契約機に行くとなると人目も気になりますが、コンビニであればその心配もなく、買い物のついでに利用できるので非常に便利です。

②振込キャッシングを利用できる

大手消費者金融や銀行カードローンならカードを受け取る前でも振込融資による借入が可能です。平日14時頃までにネットや電話で依頼をすれば基本的には当日中に自分の口座に入金されます。

例えばプロミスの場合は平日9:00〜14:50までに手続きすれば当日中に振込キャッシングを利用できます。三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っていれば、土日でも24時間いつでも振込可能な「瞬フリ」サービスも利用できます。

③毎月の返済はリボ払い

カードローンの毎月の返済は基本的にリボ払いです。例えば10万円の借入なら毎月2,000円、50万円なら毎月1万円というように、借入残高によって返済額が段階的に決められる仕組みなので借りた分を一括で返す必要はありません。

ただし、借入期間が長くなればその分支払う利息は増えるので、余裕がある場合は繰り上げ返済をしてできるだけ早く返すのがおすすめです。繰り上げ返済はローンカードを使ってATMから入金したり、振込をするだけなので非常に簡単です。

④来店不要

当日中にお金を借りたいと思っても仕事などで直接店舗に行けないこともあります。大手消費者金融や銀行カードローンなら店舗や自動契約機に出向くことなく、ネットや電話で申込ができるため忙しい方にもおすすめです。

契約に必要な本人確認書類もスマホアプリやメール、FAXで簡単に送ることができるので、お昼休みなどの短い時間でも手続きが可能です。

3.カードローンの申込から借入までの流れ

消費者金融の申込から借入までの手順は全部で4つです。

手順1 申込

まずはインターネット、電話、自動契約機のいずれかの方法で希望のカードローンに申込をしましょう。急ぎの場合はインターネットからの申込がおすすめです。

手順2 審査

申込時に申告した情報をもとに審査が行われます。基本的にはこのタイミングで職場への在籍確認も実施されます。

在籍確認はその職場に在籍していることを確かめるだけなので、必ずしも申込者本人が電話に出る必要はなく、他の人が対応した場合は「○○はただいま席を外しております」といった回答があればそれで大丈夫です。

在籍確認の担当者は基本的に個人名を名乗るので、職場にカードローン会社からの電話だと知られる心配もありません。

手順3 契約

審査が終わるとメールや電話で審査結果の連絡が入ります。審査に通った場合は契約手続きを行いますが、基本的にはスマホや携帯から本人確認書類(限度額によっては収入証明書)をアップロードするだけなのでそれほど手間はかかりません。

手順4 借入

振込融資ができるカードローンなら、契約後にスマホや携帯から振込依頼をすればその日のうちに自分の口座に入金してもらうことが可能です。ただし、振込で即日融資を受ける場合は遅くとも14時頃までに振込依頼をしておく必要があり、それ以降の時間帯は翌営業日の振込となります。

振込依頼が間に合わない場合や土日祝日などは自動契約機でカードを受け取ることをおすすめします。カードを受け取ればコンビニのATMなどからすぐに借入ができます。

4.2万円借りたい時におすすめのカードローンランキング

2万円借りたい時におすすめのカードローンをご紹介します。

新生銀行カードローン レイク

新生銀行カードローン レイクには30日間無利息、もしくは5万円まで180日間無利息の2つの選べる無利息期間があるので「お金を短期間借りたい方」「少額の借入をしたい方」に特に選ばれています。

新生銀行カードローンレイク情報

▼レイクでお得に借りる方法はこちら
新生銀行カードローンレイクのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

アコム

アコムは融資スピードが最短1時間と早く、土日祝日に申込をしても当日中に借入できます。30日間の無利息期間もあるので「給料日が来たらすぐに返せる」といった短期間だけお金を借りたい方も多く利用しています。

アコム情報

▼アコムでお得に借りる方法はこちら
アコムのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

プロミス

プロミスは審査が最短30分と非常に早く融資もスムーズです。WEB完結も可能ですし、カードレスの利用もできます。「とにかく借りやすいカードローンを利用したい方」に選ばれています。

プロミス情報

▼プロミスでお得に借りる方法はこちら
プロミスのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

*ランキングは当サイトのおすすめ順に掲載しています。

5.まとめ

すでにお持ちのクレジットカードでキャッシングが可能なら、申込手続きが必要ないのでそれが最も手軽な方法です。

ただし、クレジットカードキャッシングの返済方法は基本的に翌月一括払いなので、リボ払いを希望する際は返済方法をあらかじめカード会社に確認しておいた方が良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket