【知っ得】USJを攻略して節約しながら楽しむ方法|チケット代・飲食代・駐車代の総まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
3人家族の旅行

USJのパーク内では、なんでも料金が高いイメージがありますよね。「USJで楽しみたいけどお金を浪費したくない!」そんな方もきっと多いことでしょう。

USJでは、アトラクションの待ち時間を短縮できるパーク内チケットなども購入できますが、結構高額ですし、一人一枚購入する必要があります。

家族が多いほど出費につながりますので、あまりおすすめはできませんが、USJを攻略しているとお金をかけずに効率よく遊ぶことは可能です。

この記事では、USJのチケットを安く購入する方法や飲食代を安く抑える方法などをまとめました。

あなたに合ったチケットの種類や一人1,000円程度の予算で抑えられるメニューなどを参考にして頂き、出費を抑えて楽しんでいきましょう。

1.USJのチケットを安く購入する方法

USJのチケットを安く購入する方法をご紹介します。

①誕生月とその翌月を狙う

usjで楽しむ家族(出典:usj公式サイト

Clubユニバーサル会員登録をする必要がありますが、誕生月とその翌月は「会員の方+家族分(5名まで)」のチケットが格安で購入可能です。

例えば会員の方の誕生日が4月なら「4/1〜5/31」の期間に入手すると、500円程度安くなります。(入場日によって割引額は異なる)

仮に家族4人で行く場合は、2,000円程度も割引されるので昼食代やお土産代に回せますね。Clubユニバーサル会員で入手するチケット代は次の通りです。

チケットの種類大人子供
バースデー・
1デイ・パス
6,900円〜
(通常より
500円〜安い)
4,800円〜
(通常より
300円〜安い)
バースデー・
2デイ・パス
13,700円〜
(通常より
1,100円〜安い)
9,400円〜
(通常より
800円〜安い)

また、4歳の誕生日を迎えるお子さんがいるなら「4歳バースデー・インビテーション・パス」を利用すると非常にお得になります。お子さんと同伴者1名分の料金が特別価格で入手可能です。(対象期間は誕生月とその翌月)

このチケットもClubユニバーサル会員になる必要がありますが、例えば4歳のお子さんの誕生月にパパとママの3人で行く場合は、4歳のお子さんのチケット代が無料になります。

  • 「誕生月のお子さん(4歳)+パパ」=2人分のチケット代→6,900円
  • ママのチケット代→6,900円(通常料金)
  • 合計=13,800円

と3人なら13,800円でチケットが入手可能です。通常料金で入手した場合の合計は19,900円なので、6,100円も割引されると非常にお得ですね。(入場日によって金額は異なる)

さらに4歳バースデー・インビテーション・パスも同伴者5名分まで特別価格で購入可能です。4歳の誕生日を迎えるお子さんがいる家庭はその時期を狙って予定を組んでみると良いでしょう。

なお、Clubユニバーサル会員登録&年会費は無料です。チケットをお得に購入できるだけではなく限定イベントやアトラクション情報なども入りますので、USJに行く方は必ず登録しておきましょうね。

→Clubユニバーサル会員の解説はこちら

→4歳バースデー・インビテーション・パスの解説はこちら

②夕方から楽しむ

サマー・トワイライト・パス

15時以降からん入園で楽しむ場合は、「サマー・トワイライト・パス」や「ハロウィーン・トワイライト・パス」を購入しましょう。1デイ・スタジオ・パス料金よりも最大2,500円も安く入手可能です。

15時以降のチケット料金は入場日によって異なりますが、基本的な料金は次の通りです。

チケット料金
大人
(12歳以上)
6,400円〜
(通常より
1,000円〜安い)
子供
(4〜11歳まで)
4,800円〜
(通常より
300円〜安い)

ただし、入場対象期間が決まっているので、事前に入園予定日が対象日になっているか確認しておきましょう。

ちなみにサマー・トワイライト・パスの対象期間は毎年6月下旬〜9月上旬、ハロウィーン・トワイライト・パスは9月上旬〜11月上旬です。

ナイトパレードなどのイベントが目的で夕方から遊ぶだけでOKな方に向いているチケットになります。

→詳しいサマー・トワイライト・パスの解説はこちら

→詳しいハロウィーン・トワイライト・パスの解説はこちら

③関西2府4県の方なら

キッズフリー・パス

関西2府4県在住の方でお子さんと行く場合は、「キッズフリー・パス」のチケットを選びましょう。次の地域の方が対象です。

  • 大阪府
  • 京都府
  • 兵庫県
  • 滋賀県
  • 奈良県
  • 和歌山県

このチケットも入場期間は限定されますが、1枚につき子供(4〜11歳まで)1名分が無料になります。入場日によっても料金が異なり、1枚分は「7,400〜8,900円」です。

*入場期間は7月上旬〜9月上旬まで

例えば子供2人の4人家族の場合、通常料金では合計25,000円ですが、パパとママがキッズフリー・パスを選ぶことで子供2人分のチケットは無料なので、合計14,800円で済みます。(入場日によって金額は変動)

なお、WEBチケットストアで購入する場合、「お子さま無料券」引換証を受け取るために申請フォームに登録する必要があります。

WEBチケットストア以外で購入する場合は、当日の入場前にチケットブースの隣「ゲストサービス・ウインドー」で、関西2府4県に在住していることを証明できる証明書を提示してください。(運転免許証、保険証、公共料金請求書など)

住所、氏名などを記入後に「お子さま無料券」引換証を受け取ることができます。

→詳しいキッズフリー・パスの解説はこちら

④年間パスを作る

usj年間パスの詳細

年に何度もUSJに行く予定がある方は、年間パスを利用しましょう。年間パスポートの種類と料金は次の通りです。

チケットの種類大人子供
ユニバーサル
年間パス・ライト
除外日約70日
19,800円13,500円
ユニバーサル
年間パス
除外日約20日
25,800円17,500円
ユニバーサル
年間パスVIP
除外日なし
36,800円25,200円

この3種類の主な違いは、チケットが使える日が異なることです。(除外日はその年によって異なる)

例えば料金が一番安いユニバーサル年間パス・ライトの場合、「春休み・ゴールデンウィーク・夏休み・ハロウィン・クリスマス〜年末」の一定期間中(除外日は約70日)は、このチケットでの入園はできません。

ユニバーサル年間パスの除外日は約20日と入園できる日は増えることになり、ユニバーサル年間パスVIPはいつでも入園できるチケットです。

→年間パスの入場除外日を確認する

年間パスは、主に次の4つの特典でお得になります。

  • 同伴者5名までのチケットがいつでも割引される
  • 誕生月は同伴者5名までチケットが割引される
  • 駐車料金が1,000円割引される
  • 再入場可能

*同伴者の割引は、本人と同一入場日が対象

一つ目の特典の同伴者(5名まで)割引されるチケット代は次の通りです。

大人:7,400円→7,000円(400円の割引)
子供:5,100円→4,800円(300円の割引)

二つ目の特典では、年間パスの保有者が誕生月に遊びに行くと同伴者(5名まで)が割引価格でチケットが手に入ります。

大人:7,400円→6,200円(1,200円の割引)
子供:5,100円→4,600円(500円の割引)

なお、購入時は必ず年間パス保有者と一緒にチケットブースに行き、年間パスチケットと誕生月が証明できる公的書類(運転免許証、パスポート、健康保険証など)の提示が必要です。

最後に、大人が年間パスを購入すると駐車料金1,000円引きの特典もありますし、保有者はいつでも再入場できるメリットがあります。

一番高いユニバーサル年間パスVIPでも年に5回入場すれば元が取れて、6回目以降から実質無料になるためお得ですね。

→ユニバーサル年間パスの解説はこちら

2.通常のUSJチケット料金

USJの1デイ・スタジオ・パスの料金を見ていきましょう。チケットは3か月先までなら購入することが可能です。

 料金
大人
(12歳以上)
7,400円
子供
(4〜11歳まで)
5,100円
シニア
(65歳以上)
6,700円

チケット購入は主に次のところで買い求めできます。

  • WEBチケットストア
  • チケットブース(当日券)
  • パートナーホテル
  • ローソンチケット(WEBサイト/ローソン店頭「Loppi」)
  • Yahooチケット
  • JRみどりの窓口
  • 各旅行会社

なお、WEBチケットストアでチケット購入し、郵送してもらうと720円の配送料がかかることには注意が必要です。余分な出費を抑えるためにも郵送はやめましょう。

当日チケットブースで購入や手続きをする場合、パークオープンの45分前に開催されますので、早めに並ぶことをおすすめします。

3.乗り物の待ち時間を短縮させよう!

アトラクションを効率よく乗るためのパーク内で使えるチケットがあります。無料と有料のチケットがありますので、詳しくお話していきます。

①【無料】よやくのり

よやくのりは、ワンダーランド内の指定アトラクションの乗車時間を予約できるシステムで、予約時間までは並ばずに済むので食事や買い物など他のことが楽しめます。

よやくのりを利用する場合は、各アトラクションの入口近くにある発券機で、チケットを取得すればOKです。無料ですので必ず利用すると良いでしょう。

ただ、ワンダーランド内のアトラクションのみですので、ミニオンパークなどのエリアの乗り物で使えないのは残念です。

他のエリアのアトラクションの待ち時間を短縮させるためには、ユニバーサル・エクスプレス・パスなどを利用しましょう。(有料)

②【無料】ハリーポッターエリアの入場確約券

人気の高いハリーポッターエリアで楽しむなら入場確約券(無料)を発券しましょう。混雑時には入場確約券がないと長時間並ぶ可能性があります。

当日に入場確約券を発券する場合は、ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター™入口の真向かいに発券所がありますので、できるだけ早めに取得すると良いでしょう。

ハリーポッターエリアの入場確約券の発券所

なお、代表者の方が一人で発券すれば良いですが、グループ全員分のパークチケットが必要になります。後は指定時間にウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター™へ向かえばOKです。

③【有料】ユニバーサル・エクスプレス・パス

人気アトラクションをスムーズに乗りたい場合は、ユニバーサル・エクスプレス・パスを購入することで乗り物の待ち時間を短縮できます。

ただし、有料なためお金をかけたくない方にはあまりおすすめはできません。

ユニバーサル・エクスプレス・パスの種類は、大きく分けると次の3つです。入場券とは別のチケットになりますので追加購入が必要になります。(大人・子供・シニアの全ての方が同じ金額)

チケットの種類料金
ユニバーサル・
エクスプレス・パス7
13,800円〜
23,800円
ユニバーサル・
エクスプレス・パス4
10,800円〜
16,800円
ユニバーサル・
エクスプレス・パス3
6,300円〜
9,800円
*入場日によって金額は異なる

当日購入だと売り切れが想定されるので、事前にネットから入手することをおすすめします。ただ、入場券とは別にお金がかかるため本当に必要になるのかどうか気になると思います。

休日など混雑日の場合、人気アトラクションの待ち時間は60〜90分以上は普通ですので、「一日でたくさん周りたい」「どうしてもお目当てのアトラクションに乗りたい」方に向いているパーク内のチケットです。

→ユニバーサル・エクスプレス・パスを取得する

できるだけ費用を抑えたい方は、ユニバーサル・エクスプレス・パスを利用せず効率よく回れるようにアトラクションを絞っておくと良いでしょう。そのためにもアトラクションの待ち時間が少ない平日で予定を組むことをおすすめします。

4.USJパーク内で飲食代を節約する4つの方法

USJパーク内の飲食店は1,000円を超える品が多く、レストランに行くと一人2,500円〜のお店もあります。家族で行くと昼食だけでも軽く1万円は超えてしまう可能性が高いです。

費用を抑えて楽しむためにも、次の飲食代を節約する方法を取り入れてみてくださいね。なお、ランチタイムは非常に混雑しますので、昼食時間の前後を狙ってお店に行くと良いでしょう。

方法1 朝食は済ませてから入園する

JRユニバーサルシティ駅前やUSJの入場ゲート近くのパークフロントホテルにもコンビニ(ローソンなど)があるので、開園前の待ち時間に朝食を済ませておくことをおすすめします。

なお、朝時間がある方は朝食だけ自宅からおにぎりなどを持参すれば余分な費用がかかりません。

ただし、パーク内にはお弁当や飲み物などの持込は禁止されていますので、十分に注意が必要です。

usjパーク内の持ち込みルール(出典:USJ公式サイト

方法2 食べ歩きができる軽食を選ぶ

極力ランチ代を抑えるなら食べ歩きができる軽食で済ませると良いでしょう。レストランのメニューは高額なため、人数が多いほど出費はかさみます。

比較的に安く食べ歩きができる食べ物は次の通りです。

軽食メニュー価格販売店
ホットドッグ600円各エリアのカート店
ハローキティまん500円ハローキティの
コーナーカフェ
スヌーピーまん500円スヌーピー™・
バックロット・カフェ
チュリトス500円ロストワールド入口横、
スタジオ・スターズ横

大人には少し物足りなさがあるかもしれませんが、アトラクションの待ち時間やショーを観ながら食べられるメリットもあります。

方法3 比較的に安いお店を選ぶ

せっかくUSJに来たのだからお店で昼食をとりたい場合は、比較的に料金が安いお店をチョイスしましょう。子連れ家族の場合はキッズメニューが安くて喜ばれるメニューがあるお店が良いですね。

おすすめの安いお店を3つピックアップしましたので、参考にしてみてください。

<スヌーピー™・バックロット・カフェ>

スヌーピー™・バックロット・カフェ

スヌーピー™・バックロット・カフェはユニバーサルワンダーランドエリアにあるお店で、子供には「スヌーピー・キッズセットAやB」を選ぶことで食費を抑えられます。(890円/11歳まで注文可)

大人の場合はエビカツバーガーセット(1,290円)がおすすめで、子供と合計しても2,180円ですので一人あたりの予算は約1,000円と節約できます。

→詳しいスヌーピー™・バックロット・カフェの解説はこちら

<ハピネスカフェ>

ハピネスカフェ

ハピネスカフェはサンフランシスコエリアにあるお店で、「ミニオン・キッズカレープレート」が人気です。(990円/11歳まで注文可)

大人が頼むメニューは1,790円〜のキーマカレープレートなどがありますが、子供と合計すると2,780円になり、一人あたり約1,400円の予算になってしまいます。

ドリンクバー付きなので、ゆっくりしたい方に向いているお店ですね。

→詳しいハピネスカフェの解説はこちら

<アミティ・ランディング・レストラン>

アミティ・ランディング・レストラン

アミティ・ランディング・レストランは、アミティ・ビレッジにあるお店で、子供には「キャプテン・キッズセット」が人気です。(990円11歳まで注文可)

キッズメニュー以外は1,390円〜と1,000円を超えるメニューばかりですが、チキンサンドセット(1,390円)などは比較的に安いのでおすすめです。

→詳しいアミティ・ランディング・レストランの解説はこちら

他にもキッズメニューが安いお店もありますが、キッズメニュー以外は2,000円を超えるメニューのお店ばかりです。できるだけランチ代を抑えたい場合は、これまでご紹介した3つのお店を利用すると良いでしょう。

方法4 飲料水の節約

基本的にUSJでは飲食物の持込は禁止されていますが、子供の水筒や数本のペットボトルなどは没収されない可能性が高いので、あらかじめ持参していくと良いです。

パーク内には自販機が設置されていますが、1本200円〜しますので何本も購入してしまうと大きな出費につながります。

特に夏は水分不足による熱中症になりやすいため、入園前に用意しておくことをおすすめします。

5.駐車料金の節約はできるの?

車でUSJに行く場合、駐車料金を節約したいですよね。ここでは最大限駐車代を安く抑える方法をご紹介します。

①事前予約できるパーキングサイトを利用する

どうしても安く駐車代を安く抑えたい場合は、事前に予約が必要な「akippa(あきっぱ)」や「タイムズのB」を利用すると良いでしょう。パーク周辺に空いている格安駐車場を選び予約することができます。

会員登録(無料)が必要ですが、これらのサービスを使ってみるのも良いですね。

料金は様々ですが、一日駐車したとしても1,000円を超えることはないため、USJ専用の駐車場の料金に比べると節約できます。24時間営業や再入庫可能なパーキングが多いので、早めに向かって車内待機なども良いですね。

→詳しいakippa(あきっぱ)の解説へ

→詳しいタイムズのBの解説へ

ただし、近いパーキングでもUSJまで2キロほどあるため、歩くと15分〜20分くらいはかかります。先に家族や友人をUSJに降ろして運転手さんだけパーキングに向かう方法などをおすすめします。

なお、USJ付近の空き駐車場を検索から予約もできる「Peasy(ピージー)」というスマホアプリも便利です。(ダウンロードは無料)

会員登録(無料)は必要ですが、アプリに登録したクレカで自動清算されるため細かな小銭を用意する必要はありません。

より格安な駐車場を探し求めて、駐車代を節約していきましょう。

→スマホアプリ「Peasy(ピージー)」の詳細はこちら

②USJ付近のコインパーキングを利用する

USJ付近には一日の駐車料金800円〜などのコインパーキングがあり、USJのパーキングと比べ格安です。

しかし、パーク入場口まで徒歩で15分~25分くらいの距離もあれば、休日の場合、最大料金設定がないコインパーキングもあるため事前にリサーチが必要になります。

なお、平日限定の話にはなりますが、おすすめの駐車場はパークから近い「ユニバーサルシティーウォーク」を利用すると良いでしょう。8:00〜22:00の間は最大1,300円で利用可能です。(8時前、22時後の駐車は追加料金がかかる)

朝8時から入庫可能なため入園時間が遅くなることはデメリットですが、駐車料金を節約したい方はぜひ検討してみてください。休日は「20分200円」かかるので、一日中とめてしまうと高額になってしまうのでおすすめはできません。

ユニバーサルシティーウォークの駐車場(出典:ユニバーサルシティーウォークのマップ

なお、ユニバーサルシティーウォークの駐車場を利用する場合、1Fは近鉄ホテルなどの駐車場になるため、ユニバーサルシティウォーク駐車場入口の看板を目指しましょう。

③USJ専用パーキングはいくら?

USJ専用パーキングの駐車料金は日によって異なり、平日は2,500円、休日祝日は3,500円かかります。(入庫時間は7:00〜24:00)

パークから近いメリットがありますが、車で移動する方にとってはお高いですよね。

ただし、年間パスポート保有者(大人限定)は、平日なら1,000円の割引があるため、実質1,500円で利用可能です。年間パスを購入するなら駐車料金の割引がある平日を狙ってみると良いですね。(土日祝日、除外日は割引なし)

USJのパーキングの収容台数は約2,800台になので早めに向かいたい所ですが、入車できるのはパークオープンの1時間30分前になるため朝7時くらいから入庫できます。

*日にちによってパークオープン時間が9時の時もあり

極力USJで遊ぶ費用を抑えたい場合は、駐車料金が安い平日で予定を立ててみてはいかがでしょうか。

6.まとめ

これまで、USJの入園チケットやパーク内チケットの料金、格安の飲食店、駐車料金について解説してきました。

せっかく来たのだからと何にでもお金を使ってしまうと出費はかさみますので、USJの攻略方法を取り入れて節約していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket