アコム

無担保ローンとは|最も選ばれている五つ星無担保ローンはこれだ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
無担保ローンを探している男性

無担保ローンとは、名前の通り担保なしで借りられるローンのことです。

銀行や消費者金融、信販会社など多くの金融機関が取り扱っていますが、主に種類は3つあります。

  • カードローン
  • フリーローン
  • クレジットカードのキャッシング枠

この記事では、無担保ローンの詳細やメリット・デメリット、最も選ばれている無担保ローンをまとめました。無担保ローンを選ぶときの参考になれば幸いです。

1.無担保ローンの種類

まずは無担保ローンの種類を詳しく見ていきましょう。

①カードローン

最近人気が高いカードローンは最も代表的な無担保ローンと言って良いでしょう。カードローンでは銀行や消費者金融が有名ですが、オリコやジャックスなど信販会社でもカードローンを取り扱っています。

②フリーローン

銀行のフリーローン(多目的ローン)も基本的に無担保での借入が可能です。銀行によっては有担保型のフリーローンを取り扱っている場合もあります。

フリーローンとカードローンはどちらも使い道が自由な無担保ローンですが、借入方法や返済方法などにかなり違いがあります。

③クレジットカードのキャッシング枠

クレジットカードのキャッシング枠も広く言えば無担保ローンという扱いになるかもしれません。

クレジットカードのキャッシング枠はカードローンに比べて限度額が低く設定されている場合が多いですが、カードにキャッシング枠が付いていれば審査なしでいつでも借入ができるため、その手軽さが最大のメリットです。

2.無担保ローンと有担保ローンの違い

有担保ローンとは不動産などを担保にして融資を受ける方法です。担保がある場合とない場合では、金利や限度額に大きな違いがあります。三井住友銀行のフリーローンでそれぞれの融資条件を比較してみましょう。

無担保型の場合、限度額は最高300万円で金利は年5.975%ですが、有担保型は限度額が1億円と高額で金利も上限年2.975%と3%も低金利です。

三井住友銀行フリーローンの無担保型と有担保型

有担保型は万が一返済ができなくなった場合、担保である不動産を売却して債権を回収できるため、申込者の信用力だけで融資をする無担保ローンに比べて貸し倒れリスクが軽減されます。

申込者個人の信用力に不動産の資産価値がプラスされることで、契約者にとってより好条件での融資が可能になるわけです。

3.無担保ローンのメリット

無担保ローンならではのメリットは担保が無い分審査に手間がかからず、申込から融資までのスピードが早い点が挙げられます。銀行カードローンは融資まで数日程度かかりますが、大手消費者金融は即日融資が基本です。

また、カードローンの場合は安定継続した収入さえあればパートやアルバイトの方でも申し込めるのも利点と言えます。

4.無担保ローンのデメリット

無担保ローンの最大のデメリットは担保が有る場合に比べて金利が高くなってしまう点です。

特に無担保ローンの代表格とも言えるカードローンは、ノンバンクの場合、利息制限法ギリギリの上限金利になる場合もあります。カードローンを利用する際は銀行カードローンか大手消費者金融を利用することをおすすめします。

また、申込者の信用力のみで審査をするため、審査が厳しくなる傾向にあるのもデメリットの1つと言っていいでしょう。

5.最も選ばれている無担保ローン

無担保ローンの中で最もおすすめなのは消費者金融カードローンです。選ばれている理由は3つあります。

理由1 即日融資が可能

カードローンは無担保ローンの中でも審査スピードが早いのが特徴で、アコムやプロミスなど大手消費者金融は申し込んだその日に借りられます。即日融資対応のカードローンはこちらです。

サービス金利年無利息期間
アコム3.0%〜18.0%30日間無利息
プロミス4.5%〜17.8%30日間無利息
アイフル4.5%〜18.0%30日間無利息
SMBCモビット3.0%〜18.0%なし

理由2 無利息期間がある

多くの大手消費者金融には「30日間無利息」のように無利息サービスがあります。無利息期間中に返済できるなら利息は1円もかかりませんし、30日を超えて借りる時も30日分の支払利息を節約できるのでお得です。

ちなみに、無利息サービスがある銀行カードローンは非常に少なくなっています。

理由3 限度額の範囲内で繰り返し借りられる

カードローンは一括で借入をする一般的なローンとは違い、限度額の範囲内で繰り返し借入が可能です。

たとえば借入限度額が50万円だった場合、すぐに50万円全額を借りることもできますし、10万円だけ借りて40万円分の利用枠を残しておくこともできます。

また、一度限度額いっぱいまで借入をした場合でも、返済によって利用枠が戻ればその都度追加の借入が可能です。

6.カードローンとフリーローンの違い

カードローンとフリーローンはどちらも使い道が自由という点では同じですが、それ以外の部分ではかなり大きな違いがあります。

違い1 借入方法

自由に繰り返し借入ができるカードローンと違い、フリーローンは証書貸付という方式になるため、最初に全額を借り入れ、その後は返済をしていくのみとなります。カードローンのようにいつでも繰り返し借入ができるわけではありません。

また、フリーローンの申込時には見積書など資金の使い道を確認できる書類が必要になるため、基本的には使い道と借入希望額が明確になっている場合にしか申し込むことができません。

違い2 金利

カードローンとフリーローンの金利を比較すると、フリーローンの方が金利は低く設定されています。

下限金利だけを見るとカードローンの方が低金利のように思えますが、カードローンを下限金利で借りられるのは限度額が500万円~1,000万円と高額な場合です。

カードローンの初回限度額が100万円を超えることはほとんどありませんので、少額の借入ならフリーローンの方がお得になります。

カードローンとフリーローン金利の比較

7.今すぐ借りれるカードローンランキング

今すぐ借りれるおすすめのカードローンをご紹介します。カードローンを利用する時はこの中から選んで申込をしてみてください。

アコム

アコムは融資スピードが最短1時間と早く、土日祝日に申込をしても当日中に借入できます。30日間の無利息期間もあるので「給料日が来たらすぐに返せる」といった短期間だけお金を借りたい方も多く利用しています。

アコム情報

▼アコムでお得に借りる方法はこちら
アコムのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

プロミス

プロミスは審査が最短30分と非常に早く融資もスムーズです。WEB完結も可能ですし、カードレスの利用もできます。「とにかく借りやすいカードローンを利用したい方」に選ばれています。

プロミス情報

▼安心の女性オペレーター対応なら(男性も申込可)
プロミスのレディースキャッシング公式サイト

▼プロミスでお得に借りる方法はこちら
プロミスのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

アイフル

アイフルは土日祝日含め審査は最短30分で完了し、最短即日利用が可能なため、今すぐ借入したい方や忙しい方、時間がない方に選ばれています。

また、アイフルには「配達時間えらべーる」というサービスがあり、自宅でカードを受け取る場合は指定の時間帯に受け取ることができるため、家族にバレたくない方の利用者も多いです。なお、郵送ではなくアイフルの無人契約でんわBOX「てまいらず」でカードを受け取ることもできます。

アイフル詳細

▼アイフルでお得に借りる方法はこちら
アイフルのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

*ランキングは当サイトのおすすめ順に掲載しています。

8.まとめ

一般的に無担保ローンの方が限度額は低いため、審査に通りやすいイメージが強いかと思いますが、担保を設定した方が審査では有利になる場合もあります。

ローンを利用する際はそれぞれの特徴を理解し、状況に合わせてできるだけメリットが多いものを選んでいくのが理想です。ぜひ今回の内容を参考に少しでもお得なローンを探してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket