審査不要のキャッシングに秘められた危険な真実|一番借りやすい消費者金融を狙い撃ち!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
審査不要のキャッシング0

キャッシングを利用するためには審査で承認されなくてはなりませんが、大手消費者金融キャッシングの審査通過率は40%程度で、半分以上が落ちてしまうことになります。

審査に落ちてしまった方にとっては、もしかしたら無審査で利用できる商品は非常に魅力的に映るかもしれません。

しかし、審査不要のキャッシングには絶対に手を出してはいけません。これらは闇金と呼ばれている非合法な業者が提供しているからです。

1.審査不要のキャッシングは間違いなく闇金

キャッシングのルールは、毎月の約定日までに遅れることなく返済するということです。キャッシング審査ではルールを守れるだけの返済能力が備わっているのかについて調査されます。具体的には信用情報機関に記録されているクレジットヒストリーの照会が中心で、これまでの利用履歴と借入残高により合否が決定される仕組みです。

キャッシングは担保や保証人を要求しない商品であり、利用者が返済不能となった場合には利益を確保することができないため、このような事態に陥るのを防ぐために、過去に問題を起こした人や借入残高や件数が多い人に対しては厳しくチェックされます。

これは正当な取引により利益を得るためで、信用のない人や返済能力が満たない人はパンクする確率が高いからです。パンクされると元本を回収できないので、慎重な決断が必要となります。これが大手キャッシングであっても、申込者の半分以上が審査で不合格となる理由です。

これに対し、無審査で利用できるというキャッシングは、正当な取引で利益を出すことを目的としていません。法律を守るつもりもさらさらないので、10日で1割の利子が加算されるトイチを皮切りに、とんでもない金額を請求されることになります。返済できない場合は自宅や勤務先に何度も電話をかけられ、夜中に自宅に押し掛けられるというケースも報告されています。本人だけではなく家族もターゲットになり、追い込まれていくという場合も少なくはありません。

なお、闇金の中には一見すると正規業者のように見せかけているものもあるので、専門的な知識を持たない人が完全に見分けるのは簡単ではありません。そのため、利用するのであればアコムやプロミス、モビット等のテレビコマーシャルでおなじみのキャッシングにするのが、安全利用へとつながります。

大手キャッシングの場合は貸金業法や利息制限法等の法律を順守してサービスを提供していて、ルールを守って利用している限りはトラブルに見舞われる心配はありません。

2.クレジットカード現金化に要注意

闇金には様々な手口があり、時代を追うごとに巧妙に変化しています。法律や契約に違反することを強制されるような内容なので、警察に被害届を出しにくいようにしているのが特徴です。例えば、ニュース等で報じられるケースが多いクレジットカード現金化は、その代表的な事例です。

クレジットカード現金化とは、ショッピング枠を利用して購入した商品を売却して現金に換えるという内容で、まとまった金額を入手することができます。実際には、購入した金額は後に支払わなくてはならないないうえに法外な手数料を取られるので、かなりの損をすることになります。

このクレジットカード現金化の現在のやり方は、商品を購入してから売却するという部分を簡素化しているのが特徴です。以前であれば、ゴルフボール等の商品を実際に購入していたのですが、現在ではパチンコ玉やビー玉といった商品とは呼べないような代物を利用して行います。

これは闇金自体が商品の売買に関与しているからで、利用する側はさらに逃げられない状態となります。例えば、30万円を出してビー玉1つだけ購入した後に、これを闇金業者に売却することで20万円手にするという内容です。

この後にカード会社から30万円を請求されるので、差し引きで10万円損をすることになります。また、このように30万円でビー玉1つだけ購入するという取引は、カード会社との契約に明確に違反しているので、発覚した場合は事故情報として登録されてしまいます。これは、ブラックリストと呼ばれている状態で、新規借り入れができなくなります。

不正取引の発覚を恐れて、カード会社や警察への報告が行われないままに、ずるずると深みにはまることになります。このように、共犯者のような状況に追い込むことにより、被害届を出しにくい形にしている点が厄介な点です。とにかく、闇金に関しては最初から利用しないようにすると決めておくのが最も適当です。

3.安全にお金を借りる7つの審査対策

闇金を利用せずに済ますためには、正規業者から融資を受けるのが最も確実な方法です。特に、全国展開している大手業者であれば、かなり安心して利用できます。どのような審査対策が有効なのかみていくことにしましょう。

対策1 借り入れ診断をする

大手キャッシングは公式サイトで借り入れ診断という模擬審査のようなサービスを用意していて、事前に合否を診断することができます。借り入れ診断で融資可能という結果が出た場合は、かなり見込みのある状態ということです。

借り入れ診断の内容は、借入残高と年収、年齢などの必要事項を入力するだけという簡単なもので、結果は瞬時に判明します。無料で利用できるので、本審査に申し込む前に確認しておくことが有効な審査対策です。

対策2 他社からの借入件数を減らす

キャッシング審査では、返済能力を判定するために他の業者からの借入状況を特に重視して調査します。これは、毎月の約定返済までに指定の金額を入金するというルールは共通しているので、他社借入の多さは返済能力においてマイナスの評価となるからです。

ちなみに、大手消費者金融の場合は他社借入件数が3件を超えると、承認される確率は急激に低くなります。審査に申し込む前に、1件でも減らしておくことがポイントです。

詳しくは次のページを参考にしてみてください。

「キャッシングの繰り上げ返済の使いこなし術|利息を減らす全知識」

対策3 希望限度額を必要最低限にする

大手消費者金融のキャッシングは、500万円を超える融資枠が用意されていて、様々な目的に対応することができます。ただし、スタート時から大きな金額を利用できるケースは極めて稀で、取引状況に応じて徐々に限度額が増額されていくという仕組みです。

審査時に大きな金額で申請しても承認される可能性はほとんどないので、必要最低額で申し込むことが適当です。具体的には、10万円必要な場合は余裕を持たせて20万円や30万円で申請するのではなく、希望限度額の項目には10万円と記入するのが適当ということになります。

対策4 他社との借入合計額を100万円以内にする

2010年に完全施行された改正貸金業法には、借り入れ総額は年収の3分の1以内に制限するというルールの総量規制が加えられています。貸金業者が提供しているキャッシングを対象とした規則で、利用者の借り過ぎと業者の貸し過ぎを防ぐことを目的としています。

総量規制に違反した場合は罰金等のペナルティーが科せられるので、申込者の状況によっては厳しくチェックされます。具体的には、希望限度額が50万円を超える場合と他社借入残高との合計が100万円を超える場合は、源泉徴収票や給与明細書等の収入証明書類の提出が必要です。また、必要書類の提出が求められるだけではなく、審査の難易度も高くなります。

どうしても融資を受けたいのであれば、希望限度額は50万円以内、希望限度額と他社借入残高との合計は100万円以内にしたうえで、審査にのぞむようにしてください。

銀行カードローンは総量規制対象外

  • 銀行カードローンは銀行法が適用されるため、総量規制の対象外です。
  • 審査に通れば年収の3分の1を超える金額の借り入れができます。
  • ただし、審査は消費者金融キャッシングに比べて多少厳しくなります。

対策5 複数申し込みをしない

キャッシングの審査に落ちてしまった場合、すぐに次の申し込みをするのは適当ではありません。短期間で連続して審査に申し込むという行動は、経済的に困難な状況にあると判断されてしまうからです。キャッシング審査に申し込んだという事実は信用情報機関に記録されるので、業者は照会することで状況を把握できます。

特に、1か月に3社以上の申し込みを行った場合は申し込みブラックと呼ばれ、審査で承認される可能性は極めて低くなると考えられています。このような行動をとってしまった場合、申し込み情報は最大でも半年間で削除されるので、半年間インターバルを開ければ状況を変えることができます。

対策6 審査内容を理解する

キャッシングの審査は短時間で結果が判明することが特徴で、商品としての人気につながっています。スピード審査を実施できる理由は、申し込み情報を数値化し、基準をクリアしていれば承認するという仕組みによるものです。例えば、職業が公務員であれば5点、派遣社員であれば1点というように、各項目ごとに数値化したものをカウントし、トータルで20点以上あれば合格というような内容です。

そのため、審査内容の仕組みを理解することで、承認される確率を高めることが可能です。トータルスコアを良くすれば合格に近づくので、数値が低い項目を改善するのが有効です。

詳しくは次のページを参考にしてみてください。

「お金のプロFPが教えるカードローン審査の全て|審査結果に大きく影響するポイント」

対策7 利用実績を作る

キャッシング審査で重視されるクレジットヒストリーは、正当な取引を積み重ねていくことで良好な状態となり、審査落ちの確率を低くします。クレジットヒストリーを磨くとも表現されており、審査に申し込む前の有効な対策です。

一方で、取引の実績が全く記録されていない場合はマイナスの評価となり、審査に対して悪影響を及ぼしてしまいます。過去に事故を起こしていた可能性があると疑惑を持たれるからです。審査に臨む前には公共料金の支払いや少額の買い物でも良いので、利用実績を作っておくことが合格率を高めることにつながります。

4.キャッシングの審査に通らない9つの理由

キャッシング審査で通らない場合には、何が原因なのかを特定することにより、次回の成功へとつなげることができます。

理由1 借り過ぎ

他社借入残高が多い段階での申し込みは、返済能力においてマイナスの評価となってしまいます。特に、消費者金融やクレジットカード会社等の貸金業者の場合は、総量規制により借り入れ総額は年収の3分の1以内に制限されているので、希望額との合計で上限を超過すると、その時点で不合格です。

理由2 申し込み過ぎ

1か月の間に3社以上の申し込みを行うと、申し込みブラックと呼ばれる状態となります。新たに借り入れを行わなければ約定返済ができない自転車操業のような状況にあると判定されるからです。すでに3社以上のキャッシング審査に申し込んだ場合は、信用情報機関から記録が削除される半年が経過するまで待機するのが適当です。

理由3 希望限度額が高い

希望限度額が高くなるに従い、承認のハードルも比例して高くなります。申請する金額を下げることにより、他の項目に変化がなくても承認されるケースがあります。

理由4 ブラックリスト

3ヶ月連続で約定返済に遅れたり、遅れたまま60日間以上放置した場合は、遅延や延滞という行動に該当し、自己破産や任意整理等の債務整理を行った場合と同様に、事故情報として信用情報機関に記録されます。いわゆるブラックリストに載ったと表現される状態です。

ブラックリストに載っている場合は、取引を行うだけの信用がないと認識されるので、審査で承認されることはありません。その期間は遅延と任意整理は約5年、自己破産は5年~10年間です。

理由5 利用実績がない

事故情報が登録されている状態をブラックと呼ぶのに対して、問題が何もない状態のことはホワイトと呼びます。利用実績が何も記録されていない状態のことはスーパーホワイトと名付けられています。一見するとスーパーホワイトは何の問題もないように思われますが、キャッシング審査では不合格となります。過去に事故を起こしたことにより、実績がないのではないかと疑われるからです。

理由6 勤続年数が短い

キャッシングは20歳以上で安定した収入を得ている人を対象としている商品です。安定した収入とは定期収入という意味で、約定返済に対応できる能力を有していることが利用するための条件です。継続して収入を得てきた実績は高評価につながる一方で、勤続年数が短い場合は審査落ちの理由となります。ちなみに、1年以上の勤続年数があれば状況は大きく変化します。

理由7 ウソの申告

キャッシング審査で重視される他社借入残高や件数、勤続年数等の項目において、良く見せるために虚偽の数字を記入しても全く意味はありません。信用情報機関への照会により、カードローン会社は短時間で正確な情報を入手できるからです。

また、虚偽の申告をすることは不合格になることにつながります。取引を行うだけの信用性に欠けると認識されるからです。意図的に行っていない場合も同様であり、記入ミスが命取りとなるケースも考えられます。

理由8 書類不備

キャッシング審査の申し込み時に準備しなくてはならないのは、運転免許証等の身分証明書一点が基本です。ただし、消費者金融に申し込む場合、希望額が50万円を超える場合と他社借入残高との合計が100万円を超える場合は、給与明細書や源泉徴収票等の収入証明書類も必要となります。これらの必要書類を揃えられない場合は、審査で承認されることはありません。

理由9 携帯電話の滞納

携帯電話の本体を分割で購入している場合も、ローン扱いとなります。現在では多くのケースで、携帯本体を分割購入していますので、携帯料金をうっかり滞納しないように注意しましょう。携帯料金の滞納が度重なったこと等で事故情報が記録されている場合は、ブラックリストに載っている状態となります。

5.まとめ

審査不要という甘い言葉にのって闇金を利用すると、取り返しのつかない状態に追い込まれてしまいます。お金を借りる場合は、銀行や大手の消費者金融の中から選択することをおすすめします。大企業であるがゆえに社会的なモラルを守ることを義務付けられており、法律の範囲内でサービスを提供しているので安心して利用できます。

ご紹介したポイントを押さえることで審査通過率を上げることができますが、借りやすいキャッシングに申し込みをすることで、さらに通過率を上げることができます。

詳しくは次のページを参考にしてみてください。

「一番借りやすい消費者金融はどこ?審査通過率を徹底比較」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事