無職でもカードローンは利用できるの?素朴な疑問を一発解消

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
困った女性

「退職したばかりだけど、カードローンって利用できるのかな…」「無職でも利用できるカードローンを知りたい」など、職の有無とカードローン利用の関係についてお悩みではありませんか?

無職の状態でカードローンを利用することができれば、経済的な心配を解決するきっかけになるかもしれません。しかし、問題は返済能力のない利用者に対してお金を貸付する業者があるかどうかです。

ここでは、「無職でもカードローンは申し込みできるのか」「無職でもカードローンを利用できるケースがあるのか」といった素朴な疑問に、お金のプロが分かりやすく解説します。

1.無職でもカードローンは申し込みできるのか

まず、「無職でもカードローンを利用できるのか」という疑問ですが、残念ながら、無職では一定の状態を除き、カードローンを利用することはできません。なぜかというと、ほとんどのカードローンにおいて「安定した継続収入と返済能力をお持ちの方」という利用条件が設けられているからです。

「安定した継続収入」とは、毎月一定した収入源を得ている状態を指します。この場合、金額等は問いません。したがって、正社員、契約社員、派遣社員だけでなく、パート・アルバイトでもカードローンを申し込むことが可能です。しかし、収入が一切ない無職の状態ではこの条件を満たしていませんので、申し込みをすることができないのです。

なかには「消費者金融が取り扱うカードローンは無職でも利用できる」という認識をお持ちの方がいらっしゃるかもしれませんが、消費者金融が取り扱うカードローンは、法令面から見ても無職の方は借り入れすることができません。なぜかというと、貸金業者を対象とする「貸金業法」によって、消費者金融は審査の際に利用者の返済能力を調査する義務があるからです。

消費者金融は、貸金業法で定められた「総量規制」という制度によって、利用者年収の3分の1以上の貸付を規制されています。したがって、年収がゼロである無職の利用者に対して貸付を行うと法令違反となり、厳しい行政処分の対象になります。このようなリスクを冒してまで消費者金融が無職の利用者にお金を貸付するメリットはありませんから、無職の状態でカードローンを申し込みしたとしても、間違いなく審査で落ちてしまいます。

このように、基本的に無職である利用者はカードローンを利用することはできません。ただし、冒頭で「一定の状態を除き」と断りを入れたように、無職状態でもカードローンを利用できるケースが1つだけあります。このケースについて、次章で詳しく説明していきましょう。

2.無職でもカードローンを利用できるケースがある

無職でカードローンを利用することは原則としてできません。ただし、一定の状態であれば無職でもカードローンを利用できるケースがあります。それは、「配偶者に継続安定した収入がある状態」です。

先ほどご説明したように、消費者金融が取り扱うカードローンでは、利用者本人に継続安定した収入がなければカードローンを申し込みすることはできません。ただし、これは貸金業法の対象業者である「貸金業者」に限ります。貸金業者とは、消費者金融、信販会社、クレジットカード会社(キャッシング枠)が該当します。つまり、「銀行が取り扱うカードローンは貸金業法の対象にはならない」のです。

銀行カードローンの中には、「配偶者に安定継続した収入があれば申し込み可能」という申し込み条件を定めているものもあります。このようなカードローンであれば、配偶者に安定した収入さえあれば、無職の専業主婦(主夫)でも申し込みをすることが可能です。ここで問題になるのが、「配偶者の承諾は必要か」「配偶者の収入を証明する書類などを提出する必要があるのか」という点です。

結論からいうと、どちらも必要ありません。カードローンの利用はあくまでも本人の意思で申し込みをするため、配偶者の承諾や年収を証明する書類を提出する必要はありません。ただし、申し込む際に配偶者の勤務先や年収を申し込みフォームに入力する必要があるケースもありますので、事前に配偶者の勤務先情報を調べておくとよいでしょう。

ちなみに、「配偶者の勤務先に在籍確認の電話が入ると困る」という心配をお持ちの方に説明しておくと、専業主婦(主夫)の申し込み可能なカードローンでは、配偶者の勤務先に連絡を入れることは原則としてありません。申し込み段階で配偶者の承諾を必要としていない以上、カードローンの利用事実が配偶者に分かってしまうことでトラブルを招く可能性があるからです。

つまり、簡単にまとめると、専業主婦(主夫)がカードローンを申し込んだ場合、「配偶者の勤務先に在籍確認が入ることはなく、本人にパートやアルバイトによる収入がなかったとしてもカードローンを利用できる」ということです。

このように、無職でもカードローンを利用できるケースはあるのです。注意点として、専業主婦(主夫)でも利用できるカードローンは種類が限られていますので、事前に申し込み要件を調べておきましょう。

詳しくは次のページを参考にしてみてください。

「専業主婦が限度額30万円まで借りれる銀行カードローン大特集」

3.無職がカードローンを利用できるようになるには

専業主婦(主夫)に該当しない無職の方は、残念ながら全てのカードローンを申し込みすることはできません。しかし、カードローンの申し込み条件はそれほどハードルが高いわけではありませんので、一定の条件を満たせば申し込みできるようになります。現在無職の方がカードローンを申し込むには、

  1. アルバイト・パートなどでも問題ないので収入源を確保する
  2. 勤続年数半年以上をクリアする
  3. 審査の通りやすい消費者金融カードローンを申し込む

という3ステップをクリアする必要があります。条件の1と2を満たしたうえで消費者金融カードローンを申し込むならば、「アコム」がおすすめでしょう。

その理由は下記の通りです。

<アコムをおすすめする理由>

  • 審査回答最短30分、融資まで最短1時間と手続きが早い
  • 新規貸付率が約48%前後(※)となっており、審査に通過しやすい傾向がある
  • アルバイト・パートでも申し込み可能と明記されている
  • 即日振込で融資を受けられる
  • 利用者に合わせた対応に定評がある

※2016年4~9月のマンスリーレポート新規貸付率より
http://pdf.irpocket.com/C8572/irQp/DoHk/apUG.pdf

アコムが誇る特徴の1つに「新規貸付率の高さ」があります。新規貸付率とは、「新規成約人数÷新規申込者数」で算出されたものです。「どのくらいの確率で新規顧客が審査に通過したか」を判断できる数値で、アコムに申し込んだ約半数の方が審査に通過していることが分かります。ちなみに、他社の消費者金融が取り扱うカードローンの新規貸付率は平均45%前後ですので、いかにアコムの審査が通りやすいかがお分かりになるでしょう。

また、新規貸付率が非公開の銀行カードローンと正確に比較するのは難しいものの、審査要件は消費者金融カードローンよりも厳しい傾向にあります。特に、無職だったが現在は職を得ているという方でも、雇用されて間もない場合は銀行カードローン審査に通らない可能性が高いため、アコムを利用したほうが無難といえます。

アコム

アコム情報

▼アコムの詳細を確認したいなら
アコムのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

4.まとめ

当然のことながら、無職であることは精神的にも経済的にも困難を感じやすい状態でしょう。しかし、そこで返済のアテもなく知人や友人などからお金を借りてしまうと、今まで築いてきた信用が崩れる事態にもつながりかねません。まずは、現状のライフスタイルを見直すことから始めてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket