筑波銀行カードローンの増額に必要な全知識|有利になる条件と審査を徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
筑波銀行 カードローン 増額0

筑波銀行カードローンIMA☆の限度額は最高500万円ですが、初回申込の時点ではおそらくほとんどの方が50万円以下、多くても100万円以下の限度額になっているはずです。

この金額に最初は満足していても、ある程度利用していくうちに「利用枠をもう少し増やしたい」とお考えの方も多いのではないでしょうか。

この記事では、筑波銀行カードローンIMA☆の増額を成功させるための条件と、増額によるメリット、デメリットなどについてご紹介します。増額を検討中の方はぜひ参考にしてください。

1.筑波銀行カードローンの増額を成功させる3つの条件

筑波銀行カードローンIMA☆の増額を成功させるための条件を3つまとめました。

条件1 借入金を延滞なく返済している

筑波銀行カードローンの増額を希望なら、最低限これまでの返済を延滞なく順調に行っていることが条件です。信頼に足る利用実績があれば「この人はきちんと返済をしてくれる人だ」と銀行側に印象付けることができますが、度々返済が遅れるようでは追加融資は当然難しくなります。

また、他社からの借入や返済状況も信用情報に登録されるため、筑波銀行での支払いだけでなく、他の借入についても延滞しないよう気をつけましょう。

条件2 他社からの借入額が増えていない

筑波銀行カードローンの申込後に他社から追加で借入をしている場合、増額審査ではかなり不利になります。借入額が増えれば貸し倒れリスクが高まるため、その分慎重に審査をせざるを得なくなるからです。

審査では他社からの借入状況は重点的に見られる部分ですが、その中でも借入件数は特に重視される傾向にあります。審査の面から見ても他社からの借入を検討するより増額をした方がメリットは大きいので、追加借り入れを希望ならまず利用中のカードローンに増額申請をしてみましょう。

条件3 増額に見合った年収がある

増額をするにはそれに見合った年収が必要です。たとえば、「借入額が年収の5割を超える」「申し込み当初に比べ年収が下がっている」といった場合、増額はかなり厳しいと考えて良いでしょう。

銀行カードローンは総量規制の対象外なので借入額の上限が年収によって制限されるわけではありませんが、年収に見合わない過度な借入額になる場合増額はしてもらえません。増額審査に申し込む前に、年収と借入額のバランスが見合っているかどうか今一度確認してみましょう。

2.筑波銀行カードローン増額の難易度

増額を成功させる条件を理解していれば、増額自体はそれほど難しくないでしょう。ただし、「常に限度額目一杯まで借りている」「毎月最低金額のみ返済している」という状況だと、金銭的な余裕がないと判断され審査で不利になる可能性が高いです。

また、カードローンの増額にはある程度の返済実績が必要となり、目安として申込後半年以上経過していないと厳しいと言われています。できれば半年~1年ほどの利用実績を積んでから増額申込をするのが良いでしょう。

3.知って得する筑波銀行カードローン増額の豆知識

筑波銀行カードローンIMA☆の増額時に知っておきたい豆知識をご紹介します。

①申込方法

筑波銀行カードローンIMA☆の増額申込は、電話またはFAXでのみ受け付けています。インターネットや店頭での申し込みはできませんので、増額を希望の場合は以下のフリーダイヤルに連絡しましょう。土日祝日も夜9時まで営業しています。

筑波銀行カードローン「IMA☆」受付ダイヤル

  • 電話番号0120-885-668
  • 受付時間 土日・祝日を含む毎日9時~21時

②在籍確認

増額には審査がありますが、申込時と勤務先が同じなら増額時の在籍確認は不要です。勤務先に変更があり、まだ手続きをしていない場合は、必ず増額申込前に勤務先情報の変更手続きをしておきましょう。

③専業主婦(夫)の増額

IMA☆は属性ごとに借入限度額が決められており、専業主婦は最大50万円までとなっています。現在の限度額が50万円以下なら増額できる可能性はありますが、50万円以上の金額を借りることはできません。

ちなみに、パート・アルバイトの方も同じく50万円まで、年金受給者20万円、学生は10万円までとなっています。

4.筑波銀行カードローンで増額する3つのメリット

筑波銀行カードローンIMA☆で増額するメリットをまとめました。

メリット1 適用金利が下がる

基本的に限度額が大きくなるほど金利は下がるため、増額すれば今よりも低金利でお得に借入ができます。ちなみに、IMA☆の限度額ごとの適用金利は次のとおりです。

筑波銀行 カードローン 増額0

メリット2 返済管理がしやすい

カードローンの利用枠を増やすには、増額のほかに別のカードローンに申し込むという方法もありますが、金融機関によって返済日が違うため、借入件数を増やすと返済管理がしづらくなります。同じカードローンの増額なら返済の手間が増えることもないので、他社に申込むよりもまずは増額を検討したほうが良いでしょう。

メリット3 対応力が上がる

カードローンは限度額の範囲で繰り返し借入ができるため、増額をしておけばいざという時の臨時出費にも対応できます。利息は実際の借り入れ分にしかかからないので、増額をして利用枠に余裕を持たせておくと安心です。

5.筑波銀行カードローンで増額する3つのデメリット

一方、増額には次のようなデメリットもあります。

デメリット1 月々の返済負担が増える

借入金額が増えると月々の返済額が増えるので、たくさん借りればその分返済負担は大きくなります。筑波銀行カードローンIMA☆の場合、借入額が10万円増えるごとに返済額が2,000円ずつ増える仕組みです。

利用枠があると、ついつい目一杯まで使い過ぎてしまうという方は増額をしても同じ状態になる可能性が高いので、無理なく返済していける範囲をよく見極め、慎重に増額を検討したほうが良いでしょう。

デメリット2 完済までの期間が延びる

借入額が増えると完済までの期間が延び、その分利息の支払額も増える結果となります。この場合は繰り上げ返済が有効なので、月々数千円でも良いので積極的に繰り上げ返済をするよう心掛けましょう。

デメリット3 現在の利用限度額が減る場合がある

現在の他社からの借入状況や年収によっては、増額審査をしたことで逆に今の限度額が減ってしまうことがあります。減額されたからといって限度額超過分に関して一括返済を求められることはありませんが、借入額が限度額以下になるまでは基本的に追加借り入れはできません。

増額審査に落ちた場合に必ずしも限度額が減るわけではありませんが、最悪その可能性もあることは覚えておきましょう。

6.増額できなかった時の新規借入先

筑波銀行カードローンIMA☆で増額ができなかった場合は、他のカードローンの申込を検討しましょう。おすすめの借入先を比較してご紹介します。

新生銀行カードローン レイク

第1位は新生銀行カードローン レイクです。レイクには30日間無利息、もしくは5万円まで180日間無利息の2つの選べる無利息期間があるため、「短期間だけお金を借りたい」「少額の借入をしたい」といった方に特に選ばれています。

みずほ銀行カードローン

第2位はみずほ銀行カードローンです。みずほ銀行カードローンは最大1,000万円借入できることから、「まとまったお金を中長期で借りたい!」といった方に特に選ばれています。みずほ銀行の口座を持っていれば、キャッシュカードですぐに利用できるのも選ばれているポイントです。

プロミス

第3位はプロミスです。30日間の無利息期間がありますし、平日14時までに契約完了していれば、銀行口座へ最短10秒で振込をしてもらうことができます。三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っている場合、深夜でも土日祝日でも受付完了から最短10秒で振り込んでもらうことが可能です。

 

アコム

第4位はアコムです。アコムは融資スピードも最短1時間と早く、土日祝日に申し込みをしても当日中に借入ができます。「急ぎ+できるだけ確実に借りたい!」という方に特に選ばれています。アコムにも30日間の無利息期間があります。

 

モビット

第5位はモビットです。限度額は最高800万円あり、WEB完結申込なら電話連絡や郵送物がありません。派遣社員の方のように普段会社にいることが少ない職業の方や家族や職場にバレずに借入したいといった方に選ばれています。職場への電話連絡をどうしても避けたい方の利用が特に多いです。

7.まとめ

筑波銀行カードローンIMA☆の増額を成功させるには、銀行から信用を得るための返済実績作りが重要です。信用情報の部分で言えば毎月の支払いを延滞していない限り特に問題はありませんが、増額を希望なら繰り上げ返済を積極的に行い、金銭的に余裕があることを銀行側に印象付けておくべきでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket