アコム

東和銀行カードローンの賢い返済方法|手数料無料で損せず返済する全知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
財布とお金

可愛らしいブタのキャラクターが印象的な東和銀行カードローン「とんとん」は、口座開設不要で手軽に申し込めるカードローンとしても人気があります。

とんとんの返済はローン専用カードを使いATMから行うことができますが、返済可能期間が長く設定されているため返済管理がしやすいのも魅力と言えます。

今回は東和銀行カードローンとんとんの詳しい返済方法と手数料や利息を減らしてお得に利用するコツをご紹介します。

1.東和銀行カードローン「とんとん」の返済方法

東和銀行カードローンとんとんの返済は東和銀行ATMかセブン銀行ATMからローン専用カードを使って行います。返済日は毎月末日ですが1日~末日の間であればいつ返済しても構いません。

また、同じ月に2回以上返済をした場合、 2回目以降の返済については自動的に繰上げ返済扱いとなります。

2.東和銀行カードローン「とんとん」の返済2つの注意点

東和銀行カードローンとんとんの返済時における注意点をまとめました。

注意1 借入と返済では利用できるATMが違う

借入時と返済時では利用できるATMが違うので注意してください。以下にそれぞれの利用可能ATMと手数料をまとめました。

東和銀行カードローン借入時のATM手数料

東和銀行カードローン返済時のATM手数料

注意2 延滞すると遅延損害金が発生し利用停止になる

毎月末日の返済日までに入金が確認できなかった場合、延滞日数に応じて遅延損害金が発生します。遅延損害金を計算する際の金利は年15.0%となっており、とんとんの上限金利である年14.6%よりも0.4%高い金利が適用されます。

また、延滞中は借入ができなくなってしまうので支払期限は必ず守りましょう。

3.知って得する東和銀行カードローン「とんとん」返済の豆知識

とんとんの返済時に知っておきたい豆知識をご紹介します。

豆知識1 返済は月々1万円~

とんとんの返済方式には「残高スライドリボルビング方式」が採用されているため、毎月の返済額は借入残高によって以下のように変動します。

東和銀行カードローンの毎月の返済額

出典:http://www.towabank.co.jp/tonton/tonton3.html#point5

例えば借入残高が50万円以下なら月々の返済額は1万円、 50万円超~100万円以下なら1万5,000円となっています。

豆知識2 最低返済金額以上の入金も可能

借入残高ごとの最低返済額は先ほどお伝えしたとおりですが、余裕があれば最低返済額よりも多めに入金することも可能です。

たとえば約定返済額が1万円の場合にATMから2万円入金すると、 1万円が約定返済に充てられ残りの1万円は繰上げ返済扱いとなります。

繰上げ返済は支払総額を減らす上で非常に重要なポイントなので、金銭的に余裕がある場合は積極的に繰上げ返済を行いましょう。

4.ATM手数料無料のおすすめカードローン

東和銀行カードローンとんとん以外でATM手数料無料のおすすめカードローンをご紹介します。

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは最大800万円借入できるので「まとまったお金を中長期で借りたい方」に特に選ばれています。みずほ銀行の口座を持っていればキャッシュカードですぐ利用できるのも選ばれているポイントです。

なお、みずほ銀行の住宅ローンを利用するとカードローン金利が年0.5%低くなります。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

みずほ銀行カードローン詳細

▼みずほ銀行カードローンでお得に借りる方法はこちら
みずほ銀行カードローンのメリット・デメリットを徹底解説|融資を受ける手順と注意点とは

横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローンは横浜銀行を普段から利用している方に特に選ばれています。専業主婦やパート・アルバイトの方も借入可能です。

なお、横浜銀行カードローンは神奈川県、東京都、群馬県(前橋市/高崎市/桐生市)に住んでいる、もしくはこの地域で働いている方が利用可能です。

横浜銀行カードローン詳細

▼横浜銀行カードローンでお得に借りる方法はこちら
横浜銀行カードローンのメリット・デメリットを徹底解説|融資を受ける手順と注意点とは

楽天銀行カードローン

楽天銀行カードローンは入会で1,000ポイントもらえることから「楽天を普段から利用している」方に特に選ばれています。いつもの口座で利用することもできますし、コンビニなどの提携ATMから借入や返済も可能です。

なお、楽天銀行の口座を持っている場合は24時間振込が可能なので、楽天銀行口座を持っている方にも選ばれています。

楽天銀行カードローン詳細

▼楽天銀行カードローンでお得に借りる方法はこちら
楽天銀行カードローンのメリット・デメリットを徹底解説|融資を受ける手順と注意点とは

*ランキングは当サイトのおすすめ順に掲載しています。

5.まとめ

東和銀行カードローンとんとんは毎月1日~末日までの間ならいつでも返済ができ、自分のペースで返済計画を立てられるのが魅力ですが、その一方で返済時に利用できるATMが少ないのが唯一のデメリットと言えます。

特にセブン銀行ATMは返済の度に手数料がかかるので、お近くに支店がある方はできるだけ手数料が無料の東和銀行ATMを利用したほうが良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket