アコム

東和銀行カードローンのATM使いこなし術|手数料無料で借入返済する賢い方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
銀行ATM

東和銀行カードローン「とんとん」は、借入と返済いずれの場合もATMを利用するため、利用頻度によってはATM利用時の手数料もばかになりません。

この記事では、東和銀行カードローンをよりお得に使うために知っておきたいATM活用術と、 ATMから借入返済する際の操作方法などをご紹介しています。ぜひ参考にしていただき利息以外の無駄な出費を極力抑えましょう。

1.東和銀行カードローン「とんとん」の借入返済する時の注意点

東和銀行カードローンとんとんは、借入と返済の両方をATMから行いますが、借入時と返済時では利用できるATMが違うので注意してください。以下にそれぞれの利用可能ATMと手数料をまとめました。

東和銀行カードローン「とんとん」借入時のATM手数料

東和銀行カードローン「とんとん」返済時のATM手数料

2.東和銀行ATMの利用可能時間

東和銀行ATMの利用可能時間は平日/土日祝日問わず8時~21時までとなっています。

3.東和銀行提携ATMの利用可能時間

東和銀行提携ATMの利用可能時間は以下の通りです。

セブン銀行ATM
平日/土日祝日問わず7時から23時まで

その他提携ATM
平日/土日祝日問わず8時から21時まで

4.借入返済時のATM操作方法

東和銀行カードローンで借入と返済をする時のATM操作方法をご紹介します。利用するATMによって多少違いはあるものの「お借入」と「お引き出し」、「お預入れ」と「ご返済」など表示方法に違いがある程度などでそれほど戸惑うことはないでしょう。

①借入時のATM操作方法

  1. ローンカードをATMに挿入する
  2. 「お借入」を選ぶ
  3. 暗証番号を入力する
  4. 引き出す金額を入力する
  5. 金額を確認し「確認ボタン」を押す
  6. 現金とカード、利用明細を受け取る

②返済時のATM操作方法

  1. ローンカードをATMに挿入する
  2. 「ご返済」を選ぶ
  3. ATMに現金を入金する
  4. 金額を確認し「確認ボタン」を押す
  5. カードと利用明細を受け取る

5.ATM手数料無料のおすすめカードローン

東和銀行カードローン以外でATM手数料無料のおすすめカードローンをご紹介します。

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは最大800万円借入できるので「まとまったお金を中長期で借りたい方」に特に選ばれています。みずほ銀行の口座を持っていればキャッシュカードですぐ利用できるのも選ばれているポイントです。

なお、みずほ銀行の住宅ローンを利用するとカードローン金利が年0.5%低くなります。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

みずほ銀行カードローン詳細

▼みずほ銀行カードローンでお得に借りる方法はこちら
みずほ銀行カードローンのメリット・デメリットを徹底解説|融資を受ける手順と注意点とは

横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローンは横浜銀行を普段から利用している方に特に選ばれています。専業主婦やパート・アルバイトの方も借入可能です。

なお、横浜銀行カードローンは神奈川県、東京都、群馬県(前橋市/高崎市/桐生市)に住んでいる、もしくはこの地域で働いている方が利用可能です。

横浜銀行カードローン詳細

▼横浜銀行カードローンでお得に借りる方法はこちら
横浜銀行カードローンのメリット・デメリットを徹底解説|融資を受ける手順と注意点とは

楽天銀行カードローン

楽天銀行カードローンは入会で1,000ポイントもらえることから「楽天を普段から利用している」方に特に選ばれています。いつもの口座で利用することもできますし、コンビニなどの提携ATMから借入や返済も可能です。

なお、楽天銀行の口座を持っている場合は24時間振込が可能なので、楽天銀行口座を持っている方にも選ばれています。

楽天銀行カードローン詳細

▼楽天銀行カードローンでお得に借りる方法はこちら
楽天銀行カードローンのメリット・デメリットを徹底解説|融資を受ける手順と注意点とは

*ランキングは当サイトのおすすめ順に掲載しています。

6.まとめ

東和銀行カードローンの場合、借入と返済では利用できるATMが違うので注意してください。

また、返済は東和銀行ATMもしくはセブン銀行ATMから行えますが、セブン銀行ATMから返済をする場合は時間帯にかかわらず108円の手数料がかかります。返済はできるだけ東和銀行ATMを使い、できる限り手数料を節約しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket