東京都民銀行Webカードローンは増額できない?!利用限度額を増やしたい時の対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
東京都民銀行 カードローン 増額0

東京都民銀行Webカードローンを利用中の方の中には、利用限度額を増やしたいとお考えの方もいると思います。

しかしWebカードローンの場合、一般的なカードローンの増額手続きとは根本的に異なる点が多いため注意が必要です。

今回は東京都民銀行Webカードローン増額時の取り扱いと、利用限度額を増やしたい時の対処法についてご紹介します。

1.東京都民銀行「Webカードローン」の増額

一般的なカードローンは申込後、一定の利用実績を積むことで増額申請が可能な場合がほとんどですが、東京都民銀行Webカードローンは増額申請そのものができません。

そのため、Webカードローンの限度額を増やしたい場合、一旦借り入れ分を完済してから改めて希望の限度額で再申し込みを行う必要があります。

しかし、カードローンの増額を希望している方が一括返済をするのはあまり現実的ではないので、追加借り入れを希望する場合は他の方法を検討する必要があるでしょう。

2.利用限度額を増やしたい時の対処法

カードローンの利用枠を増やしたい場合、増額以外にも他のカードローンに新たに申し込むという選択肢もあります。近年はほとんどの銀行がカードローンを取り扱っているので、金利や限度額、使いやすさなどをよく考慮しながら借入先を検討してみると良いでしょう。

仮にWebカードローンよりも低金利なカードローンが見つかった場合は、いっそのこと借り換えをしてしまうのもおすすめです。

ローン審査では他社からの借入金額よりも借入件数のほうが重視される傾向にあるため、借入件数が多いと審査では不利になります。また、借入先が複数あると返済管理もしづらくなるので、できれば一社にまとめた方が何かとメリットは大きいでしょう。

3.新規借入先におすすめのカードローン

おすすめの新規借入先を比較してご紹介します。

新生銀行カードローン レイク

第1位は新生銀行カードローン レイクです。レイクには30日間無利息、もしくは5万円まで180日間無利息の2つの選べる無利息期間があるため、「短期間だけお金を借りたい」「少額の借入をしたい」といった方に特に選ばれています。

みずほ銀行カードローン

第2位はみずほ銀行カードローンです。みずほ銀行カードローンは最大1,000万円借入できることから、「まとまったお金を中長期で借りたい!」といった方に特に選ばれています。みずほ銀行の口座を持っていれば、キャッシュカードですぐに利用できるのも選ばれているポイントです。

プロミス

第3位はプロミスです。30日間の無利息期間がありますし、平日14時までに契約完了していれば、銀行口座へ最短10秒で振込をしてもらうことができます。三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っている場合、深夜でも土日祝日でも受付完了から最短10秒で振り込んでもらうことが可能です。

 

アコム

第4位はアコムです。アコムは融資スピードも最短1時間と早く、土日祝日に申し込みをしても当日中に借入ができます。「急ぎ+できるだけ確実に借りたい!」という方に特に選ばれています。アコムにも30日間の無利息期間があります。

 

モビット

第5位はモビットです。限度額は最高800万円あり、WEB完結申込なら電話連絡や郵送物がありません。派遣社員の方のように普段会社にいることが少ない職業の方や家族や職場にバレずに借入したいといった方に選ばれています。職場への電話連絡をどうしても避けたい方の利用が特に多いです。

4.まとめ

増額ができないカードローンはかなり珍しいですが、これまでの返済実績や信用情報に問題がなければ他の金融機関から借入ができる可能性は十分にあります。この機会に今よりもお得なカードローンを探してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket