栃木銀行カードローンの賢い返済方法|手数料無料で損せず返済する全知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
栃木銀行 カードローン 返済0

栃木銀行カードローンの返済方法は口座引落しとATMからの繰り上げ返済の2種類です。

栃木銀行カードローンを賢く使いこなすためには、この2つの返済方法のポイントをよく理解しておくことが重要と言えます。

今回は栃木銀行カードローンの詳しい返済方法と利息を最小限にするためのポイントをご紹介します。

1.栃木銀行カードローンの返済方法

栃木銀行カードローンには2つの返済方法があります。

方法1 口座引落しによる返済

栃木銀行カードローンの基本的な返済方法は栃木銀行普通預金口座からの自動引き落としとなっており、毎月6日(休日の場合は翌営業日)に前月末の借入残高に応じた金額が口座から引き落とされます。

方法2 ATMからの繰り上げ返済

口座引落しによる約定返済の他、栃木銀行ATMもしくは窓口からの繰り上げ返済にも対応しています。カードローンの金利は他のローンに比べ高いので、月1回の約定返済のみでは利息の支払いだけでかなりの金額になってしまいます。

カードローンをお得に利用する上で繰り上げ返済は必須なので、余裕がある場合は積極的に繰り上げ返済を活用しましょう。ただし、平日8:45~18:00以外の時間帯はATM手数料がかかるので注意してください。

2.栃木銀行カードローンの返済2つの注意点

栃木銀行カードローンの返済に関する注意点をまとめました。

注意1 繰り上げ返済しても月々の返済には充てられない

繰り上げ返済はATMや窓口から任意の金額を入金できますが、いくら多めに繰り上げ返済をしてもそれとは別に必ず毎月の約定返済が必要です。繰り上げ返済はあくまで臨時返済という扱いになるので注意してください。

注意2 延滞をするとカードが利用停止になる

約定返済日である毎月6日に口座引き落としができなかった場合、延滞扱いとなり一時的にカードの利用を止められてしまいます。

延滞期間や頻度によっては入金後数ヵ月の間借入ができなくなることもあるので、返済日前に口座残高を必ず確認しておきましょう。

3.知って得する栃木銀行カードローン返済の豆知識

栃木銀行カードローンの返済時に知っておきたい豆知識をご紹介します。

豆知識1 栃木銀行カードローンの返済方式

栃木銀行カードローンの返済方式には「残高スライド元利定額リボルビング方式」が採用されています。

借入残高に応じて元金と利息を合わせた一定金額を分割で支払っていく方法で、借入額が多くなるほど返済額も増え、借入額が少なくなれば返済額も減っていく仕組みです。

この方式の場合、借入残高と同時に月々の支払額も減るため、その分返済期間が延び支払総額が増えるデメリットがあるので注意しましょう。

豆知識2 返済は月々5千円~

栃木銀行カードローンの月々の返済額は借入残高に応じて次のようになっています。30万円以内の借入なら返済額は5千円なので、少額の借入を希望なら比較的無理のない返済計画が立てられるでしょう。

栃木銀行カードローンの月々の返済方法

出典:https://www.tochigibank.co.jp/individual/service/loan/card/ 

4.返済方法が便利なカードローンランキング

栃木銀行カードローン以外で返済方法が便利なカードローンをご紹介します。

楽天銀行カードローン

楽天銀行カードローンは入会で1,000ポイントもらえることから「楽天を普段から利用している」方に特に選ばれています。いつもの口座で利用することもできますし、コンビニなどの提携ATMから借入や返済も可能です。

なお、楽天銀行の口座を持っている場合は24時間振込が可能なので、楽天銀行口座を持っている方にも選ばれています。

楽天銀行カードローン詳細

▼楽天銀行カードローンでお得に借りる方法はこちら
楽天銀行カードローンのメリット・デメリットを徹底解説|融資を受ける手順と注意点とは

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは最大800万円借入できるので「まとまったお金を中長期で借りたい方」に特に選ばれています。みずほ銀行の口座を持っていればキャッシュカードですぐ利用できるのも選ばれているポイントです。

なお、みずほ銀行の住宅ローンを利用するとカードローン金利が年0.5%低くなります。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

みずほ銀行カードローン詳細

▼みずほ銀行カードローンでお得に借りる方法はこちら
みずほ銀行カードローンのメリット・デメリットを徹底解説|融資を受ける手順と注意点とは

横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローンは横浜銀行を普段から利用している方に特に選ばれています。専業主婦やパート・アルバイトの方も借入可能です。

なお、横浜銀行カードローンは神奈川県、東京都、群馬県(前橋市/高崎市/桐生市)に住んでいる、もしくはこの地域で働いている方が利用可能です。

横浜銀行カードローン詳細

▼横浜銀行カードローンでお得に借りる方法はこちら
横浜銀行カードローンのメリット・デメリットを徹底解説|融資を受ける手順と注意点とは

*ランキングは当サイトのおすすめ順に掲載しています。

5.まとめ

毎月の約定返済をきちんと行っていれば特に問題はないのですが、それだけだと支払総額がかなり膨れ上がってしまいますので、できるだけ繰り上げ返済を活用していくのが理想的です。

また、延滞をするとカードの利用を止められるだけでなく信用情報にも傷がつくので、返済日前に必ず口座残高を確認しておくようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket