栃木銀行カードローンの増額に必要な全知識|有利になる条件と審査を徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
栃木銀行 カードローン 増額0

栃木銀行カードローン「とちぎんスマートネクスト」の最高限度額は500万円ですが、実際はほとんどの方がそれよりも遥かに低い限度額で利用していることと思います。

そのため、借入をしていくうちに「もう少し限度額を増やしたい」とお考えの方も多いでしょう。

そこで今回はとちぎんスマートネクストで増額をするための条件と、増額前に知っておきたいポイントを詳しくご紹介します。増額を検討中の方はぜひ参考にしてください。

1.栃木銀行カードローンの増額を成功させる3つの条件

とちぎんスマートネクストの増額を成功させるための条件をまとめました。

条件1 借入金を延滞なく返済している

増額をするためには毎月のカードローンの返済を延滞していないことが最低限の条件です。栃木銀行からの借入だけでなく、他のローンやクレジットカードの支払いも同様です。

月々の返済情報は信用情報に登録されるため、他社からの借入であっても延滞をすればすぐに分かります。信用情報に事故情報が登録されていると審査に通ることはできないので、月々の返済はしっかりと行いましょう。

条件2 他社からの借入額が増えていない

とちぎんスマートネクストの申込後に他社からの借入が増えている場合、増額審査ではかなり不利になります。借入額が増えればその分貸し倒れリスクも高くなるため、銀行としては慎重に審査を行う必要があるからです。

基本的には他社から借入をするよりも増額をした方がメリットは多いので、追加借り入れを希望ならまずは利用中のカードローンに増額申請をしてみるのがおすすめです。

条件3 増額に見合った年収がある

増額をするには当然それに見合った年収が必要です。銀行カードローンは総量規制の対象外とはいえ「借入額が年収の3割~4割を超える」「申込時よりも年収が下がっている」といった場合、増額はかなり厳しくなるでしょう。

2.栃木銀行カードローン増額の難易度

栃木銀行カードローンの保証会社はエム・ユー信用保証(株)です。この会社は大手消費者金融アコム(株)のグループ会社なので、審査も比較的柔軟であるという見方はできます。

しかし、借入枠が増える分初回申込み時よりも審査難易度は上がるのが一般的です。「常に限度額目一杯まで借りている」「毎月最低金額のみ返済している」という状況では、金銭的な余裕がないと判断され、良い評価をもらうことはできないでしょう。

銀行からの信用を得るためにも、数千円でもいいので日頃から積極的に繰上げ返済をしていくのが効果的です。

3.知って得する栃木銀行カードローン増額の豆知識

栃木銀行カードローンの増額時に知っておきたい豆知識をご紹介します。

豆知識1 申込方法と審査時間

とちぎんスマートネクストの増額申込は電話かインターネットから行うことができます。電話申込を希望の方は専用フリーダイヤルから申込可能です。なお、審査結果は最短即日~2営業日ほどで電話による回答となっています。

<とちぎんスマートネクスト受付専用フリーダイヤル>

  • 電話番号0120-671-608
  • 受付時間24時間365日

豆知識2 在籍確認

栃木銀行カードローンの場合、申込時と勤務先が同じなら増額審査時の在籍確認は原則ありません。もしも住所や連絡先などが変わっている方は事前に変更手続きをしておきましょう。

4.栃木銀行カードローンで増額する3つのメリット

とちぎんスマートネクストで増額するメリットは主に3つです。

メリット1 適用金利が下がる

適用金利は限度額によって決められており、限度額が高額になるほど金利は下がります。金利が下がると月々の支払利息が減るため、今よりもお得に借入ができます。とちぎんスマートネクストの場合、適用金利は限度額に応じて次のとおりです。

栃木銀行 カードローンss2

出典:http://www.tochigibank.co.jp/tochigi/?gclid=CMucmt2BrM8CFdcnvQod_10FBw

メリット2 返済管理がしやすい

カードローンの利用枠を増やすには、増額のほかに別のカードローンに申し込むという方法もありますが、別々のカードローンに申込むと返済日が分かれるため返済管理がしづらくなります。増額なら返済日は変わらないので、他社に申し込むよりもまずは増額申請をするのがおすすめです。

メリット3 対応力が上がる

限度額が増えればお金が必要になった時の対応力が上がり、急な出費にも備えることができます。利息は実際の借り入れ分にしかかかりませんので、いざという時の保険として利用枠を確保しておくのも一つの方法です。

5.栃木銀行カードローンで増額する3つのデメリット

一方、増額には次のようなデメリットもあります。

デメリット1 月々の返済負担が増える

増額によって借入額が増えると月々の返済額も増えるので、たくさん借りればその分返済負担は大きくなります。利用枠が増えるとどうしても使い過ぎてしまう傾向にあるので、増額は返済時の負担も考慮した上で慎重に検討しましょう。スマートネクストの月々の返済額は、借入残高に応じて次のようになっています。

栃木銀行 カードローンss1

出典:http://www.tochigibank.co.jp/tochigi/?gclid=CMucmt2BrM8CFdcnvQod_10FBw

デメリット2 完済までの期間が延びる

増額により借入額が増えると基本的に完済までの期間が延びることになります。返済期間が長引くと利息の支払いが増えるので、できるだけ繰り上げ返済をして少しでも返済期間を短くすることが重要です。

デメリット3 現在の利用限度額が減る場合がある

増額審査に通らなかった場合、他社からの借入状況や年収などによっては逆に現在の限度額を減額されることがあります。減額されたからといって一括返済を求められることはありませんが、借入額が限度額以下になるまでは基本的に追加借り入れができなくなるので注意しましょう。

6.増額できなかった時の新規借入先

栃木銀行カードローンで増額ができなかった場合は、他のカードローンの申込を検討しましょう。おすすめの借入先を比較してご紹介します。

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは最大800万円借入できるので「まとまったお金を中長期で借りたい方」に特に選ばれています。

みずほ銀行の口座を持っていればキャッシュカードですぐ利用できるのも選ばれているポイントです。

みずほ銀行カードローン詳細

▼みずほ銀行カードローンの詳細を確認したいなら
みずほ銀行カードローンのメリット・デメリットを徹底解説|最速融資を受ける手順と注意点とは

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローンは銀行ならではの低金利で最高800万円まで利用できます。来店も口座開設も不要なので手間がかかりません。

オリックス銀行カードローン詳細

▼オリックス銀行カードローンの詳細を確認したいなら
オリックス銀行カードローンのメリット・デメリットを徹底解説|最速融資を受ける手順と注意点とは

モビット

モビットの利用限度額は最高800万円でWEB完結申込なら電話連絡や郵送物がありません。

派遣社員のように普段会社にいることが少ない職業の方や家族や職場にバレずに借入したい方に選ばれています。職場への電話連絡をどうしても避けたい方の利用が特に多いです。

モビット詳細

▼モビットの詳細を確認したいなら
モビットのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

7.まとめ

増額できるかどうかはこれまでの返済実績がかなりものを言いますが、年収や他社からの借入状況も重要な部分です。また、増額審査によって逆に限度額が下がる可能性もあるので、増額は慎重に検討されることをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket