タイムズカーシェアはレンタカーよりめっちゃお得!実体験を元に料金・入会・利用方法など全てを徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
タイムズ駐車場

「タイムズのカーシェアって近頃よく耳にするけど実際どんなサービスなの?」

最近はレンタカーではなく、15分200円程度で格安利用ができるカーシェアが人気になってきています。

私は以前、月に3回程度レンタカーを借りていたのですが、タイムズのカーシェアに変更をしたことで月15,252円ものお金を節約することができました。

この記事では、タイムズのカーシェアの料金体系やレンタカーとの料金比較、メリットデメリットや利用方法などを全てまとめました。

お得に利用する方法も詳しくご紹介していますので、ぜひ参考にしていただき、タイムズのカーシェアを快適に利用してみてください。

もくじ

1.タイムズのカーシェアとは

タイムズのカーシェア(タイムズカープラス)とは、タイムズのステーションにあるカーシェアリング用の車を自分が好きな時に自由に使えるサービスです。

ステーションとは、簡単に言えばタイムズの駐車場です。街中にあるタイムズの駐車場を見てみると、次のようなカーシェアリング用の車を見かけたことがある方も多いと思います。ポールが目印です。

タイムズのカーシェア

ステーションによってはポールではなく、地面に印が付いている場所もあります。

タイムズのカーシェアの目印

このカーシェアリング用の車を自分が必要な時に利用できるサービスがタイムズのカーシェアです。

タイムズのステーションは2018年3月時点で10,000カ所を超えていて、日本の主要都市を全てカバーしていますので、日本全国で利用することが可能です。(島根県や鳥取県などカーシェアリング用の車が少ない県もあり)

2.タイムズのカーシェアの料金体系

タイムズのカーシェアを利用するにあたり、かかる費用は4つあります。

  • 初期費用(入会時のみ)
  • 月額基本料(毎月かかる料金)
  • 利用料金(車を借りた時にかかる時間料金)
  • TCP安心補償サービス(加入する、しないを利用のたびに選べる)

それぞれ詳しく見ていきましょう。

①初期費用

初期費用は入会時にだけかかるカード発行料のことです。個人の場合は1,550円(1人/1枚)、法人プランの場合は648円(1人/1枚)です。

ちなみに、カード発行手数料が無料になるキャンペーンが実施されている時もあります。私が作った時はちょうどキャンペーン中だったので無料でカードを作ることができました。

②月額基本料

タイムズのカーシェアの月額基本料金は次の通りです。個人プランと家族プランは月1,030円、学生プランは入会月から4年間無料(学生証のコピーが必要、4年経過後には自動的に個人プランに移行)です。

プラン月額基本料無料利用料金特長
個人1,030円1,030円基本プラン
家族1,030円1,030円 1人分の月額基本料で
家族全員が利用可
学生無料0円入会月から4年間の
月額基本料が無料
法人無料0円月額基本料が
無料のプラン

*個人プラン・家族プランは1,030円分の無料利用料金があり、「利用料金」に充当可能(繰り越しは不可)

私は個人プランなので月1,030円で利用しています。月額基本料金が2カ月間無料になるキャンペーンがやっている時もあります。

③利用料金

タイムズのカーシェアの利用料金形態は「ショート(15分毎利用料金)」と「パック」の2種類あります。まずはショートから見ていきましょう。

<ショート(15分毎利用料金)>

15分単位でのカーシェアの利用料金は、クルマのクラスによって2タイプに分かれます。

プリウス、ノートなどのベーシッククラスは15分206円、Audi、VOXYなどプレミアムクラスは15分412円です。距離料金はかかりません。

クラス料金距離料金
ベーシック206円/15分なし
プレミアム412円/15分なし

距離料金とは走行距離に対して支払う必要がある料金です。ショートの利用の場合、何キロ走っても時間に対する料金だけで済みます。

例えばベーシッククラスを1時間利用して40km走ったとしても、かかる料金は1時間利用分の「824円(15分206円なので206円×4)」だけです。

なお、課金は予約した開始時間から返却手続きが完了した時間までが対象です。

例えばお昼の12時から15時まで予約をしていたけど、実際に利用したのは12時から14時30分までだった場合、料金がかかるのは12時から14時30分までになります。

タイムズカープラスの課金の仕組み

出典 タイムズ カー プラス

返却予定時間より前に返却すれば、その時間までの料金が課金対象なので、時間に余裕を持った予約をすることができます。「15時までに帰って来る予定だけど、念のため16時まで予約しておく」など、予約終了時間は1時間くらい余裕を持って予約しておくのがおすすめです。

ちなみに、利用料金の課金スタートは予約開始時間からです。予約したのは12時だけど、利用開始したのは12時30分の場合でも、12時から料金が発生するのでその点は注意しましょう。

<パック>

パックの利用料金はベーシック・プレミアムのクラスにかかわらず同じ料金です。ショートと違い、パック料金の場合は早く返却しても請求金額は変わりません。

タイムズカープラスのパック料金

出典 タイムズ カー プラス

また、6時間パック以外は距離料金が「16円/走行km」分かかることには特に注意が必要です。

例えば6時間パックの場合、400km走ったとしてもかかる料金は4,020円ですが、12時間パックの場合、400km走ったら

パック料金6,690円+距離料金6,400円=13,090円
*距離料金=16円×400km

と、合計13,090円も支払う必要があります。

6時間パック以外を利用する時は移動距離から予め距離料金を計算し、普通のレンタカーとどちらがお得なのか調べておきましょう。

④TCP安心補償サービス

TCP安心補償サービスは次の場合の費用が免除になる補償サービスで費用は309円です。

  • 事故時のNOC
  • タイヤがパンクしてしまった時の実費
  • バッテリーあがり
  • キーのインロック(出動・作業が発生した場合の実費)
  • ガス欠
  • 搬送(レッカー等)の費用

TCP安心補償サービスはカーシェアを予約する時に加入するかしないかを選ぶことができますが、毎回加入することをおすすめします。

事故はこちらが気をつけていても起こることがありますし、タイヤのパンクなどはいきなり起きることがあるからです。

利用開始後の加入・取消はできないので、予約する時に加入しておきましょう。

なお、利用者の過失で起きてしまった汚損やキー紛失、混油、車両内破損はNOC2万円、または5万円かかります。

タイムズカープラス補償制度

出典 タイムズ カー プラス

また次の場合は保険・補償が適用されないので絶対にやめましょう。

  • 会員以外の方の運転
  • 追加運転者登録をしていない方の運転
  • 予約者が同乗していない運転
  • 無断延長
  • 事故の無申告
  • 虚偽申告
  • 事故を警察へ届け出しなかった
  • 事故が起きた際に相手方と直接示談した
  • 飲酒運転など法令違反
  • 車両返却後の事故報告
  • 正常な運転ができない状態での事故(運転を禁止されている病気や薬物など)

3.タイムズのカーシェアのガソリン代

タイムズのカーシェアのガソリン代は無料です。乗っている時にガソリンが少なくなってきた場合、車内に給油専用カードがあるのでそのカードを使ってガソリンを入れるだけです。

大体の車は運転席のサンバイザーにあります。駐車場ビル内にあるステーションなど、出入りの際に駐車カードが必要な場所にある車の場合は、同じ場所に無料で通行するための駐車カードもあります。

タイムズカープラスの給油専用カード

給油専用カードこんなカードです。

タイムズカープラスの給油専用カード2

ガソリンを入れたら給油専用カードと一緒にレシートを入れておく必要があるので、忘れずにはさんでおきましょう。

給油専用カードは主に次のようなガソリンスタンドで利用できるので、特に困ることはありません。

  • ENEOS
  • 出光興産
  • コスモ石油
  • エッソ
  • モービル
  • ゼネラル
  • キグナス石油
  • 太陽石油

*一部エリアで上記以外のカードが車内に設置されている場合あり

余談ですが、乗っている車の給油口の位置はここを見れば一発でわかります。矢印が左を向いていたら給油口は車の左側に、矢印が右を向いていたら給油口は車の右側にあります。

下の写真のケースだと車の左側に給油口があります。

車の給油口の位置

ガソリンスタンドに入る時に「給油口の位置見るの忘れてた!右だっけ?左だっけ?」とあせることがなくなるので覚えておきましょう。

4.タイムズのカーシェアとレンタカーの料金比較

私の実例をもとに、タイムズのカーシェアとレンタカーを利用していた時の料金を比較したいと思います。

私は車を持っていませんでしたが、家族が車で1時間くらいのところに長期入院することになり、月に3回ほど車の利用が必要になりました。病院までの走行距離は往復で68キロ、時間は往復2時間30分です。

①レンタカーを利用した場合の料金

レンタカーを利用する時はお見舞いの時間も合わせ、少し余裕を持って4時間借りていました。車種は主にノートです。

この時にかかっていた料金は合計で8,380円です。

基本料金 5,700円
免責補償 1,200円
安心サポート 500円
NOCサポート 300円
ガソリン代 680円
合計 8,380円

これが月に3回ありましたので、1ヶ月では25,140円かかっていたことになります。

②タイムズのカーシェアを利用した場合の料金

タイムズのカーシェアの場合、ショート料金で同じ4時間利用したとしても、合計で3,605円しかかかりません。(車種は同じノートを利用)

ショート利用料金 3,296円
TCP安心補償サービス 309円
合計 3,605円

*ノートのショート料金は206円/15分のため、1時間だと824円、4時間だと3,296円

同じ料金で月に3回の利用だと9,888円なので、レンタカーを利用していた時と比べると15,252円も節約できたことになります。(月額は1,030円別途かかりますが、無料利用分も1,030円なので月額は抜いて計算)

私のようにたまにしか車に乗らなかったり、1日を超えて利用しない場合にはタイムズのカーシェアはレンタカーよりも圧倒的にお得です。

5.タイムズのカーシェアを利用する18のメリット

タイムズのカーシェアを利用するメリットをご紹介します。

メリット1 予約した3分後には車が使える

タイムズのカーシェアは予約した3分後には車が使えます。急ぎで車が必要な時にも安心です。

メリット2 24時間365日いつでも利用できる

タイムズのカーシェアは車が空いて入れば24時間365日いつでも利用可能です。

メリット3 15分単位で使える

タイムズのカーシェアは15分単位で使えます。15分だけ使いたい時はベーシッククラスの車なら206円、プレミアムクラスの車でも412円しかかかりません。

メリット4 キャンセルは1分前までOK

予約開始時間の1分前までなら無料でキャンセルができます。急に予定がズレた時でも安心です。

メリット5 無料利用料金が付いている

個人プランと家族プランの場合、毎月1,030円分の無料利用料金が付いています。毎月1,030円分、無料で乗ることができるのでお得です。

なお、無料利用料金をTCP安心補償サービスの加入料金に充当することはできません。

メリット6 給油か洗車をしたらお得な料金割引が受けられる

タイムズのカーシェアを利用中、給油か洗車をしたらお得な料金割引があります。支払いは車内にある「タイムズカープラス専用 給油・洗車カード」を利用すればOKです。

ただし、6時間パックなどのパック料金での利用や、パック延長利用中は給油・洗車割引は適用されません。給油と洗車の料金割引が受けられるのはショート(15分毎利用料金)での利用のみになります。

また、料金割引は1回の利用につき給油・洗車それぞれ1回までとなっています。

<給油→15分の料金割引>
20リットル以上の給油で15分の料金割引があります。給油はカーナビで自動検知されるので、特に連絡する必要はありません。

<水洗い洗車→15分の料金割引>
15分の料金が割引になります。ただし、利用時間内に専用フリーダイヤルまで連絡する必要があります。

<給油+水洗い洗車→30分の料金割引>
20リットル以上の給油+水洗い洗車で30分の料金割引があります。ただし、水洗い洗車をしたことを利用時間内に専用フリーダイヤルまで連絡する必要があります。

メリット7 家族プランは家族まとめて1,030円だけ

家族プランなら月額基本料金は家族まとめて1,030円だけしかかかりません。1,030円分の無料利用分も付いています。

メリット8 補償が利用料金の中に含まれている

タイムズカープラスは利用中の万一の事故に備え、次の金額を限度とした補償があらかじめ利用料金の中に含まれているので安心して利用できます。(搭乗者傷害は付保されていません)

  • 対人補償(他人を死亡させたり、けがをさせたりした場合の補償)/1名につき 無制限(自賠責保険3千万円を含む)
  • 対物補償(他人の物や車に損害を与えた場合の補償)/1事故につき無制限 (対物免責額0円)
  • 車両補償(タイムズカープラスの車両に損害があった場合の補償)/1事故につき時価額(車両免責額 0円)
  • 人身傷害補償(ご自身や同乗者が死傷した場合の補償)/1名につき無制限
  • 搭乗者の自動車事故によるケガ(死亡・後遺障害を含む)につき、運転者の過失割合に関わらず、損害額を補償(限度額無制限:損害額認定は保険約款に基づき保険会社が実施)

メリット9 日本中のタイムズにあるどの車でも利用できる

タイムズのカーシェアは日本中のタイムズにあるどの車でも利用可能です。ステーションによって利用できる車種は異なりますが、好きな車を選んで使うことができます。

→ ベーシッククラスの車を確認する

→ プレミアムクラスの車を確認する

ちなみにタイムズカープラスでは次の3つが運転しやすくて人気のようです。

★コンパクトカー部門第1位
ソリオ(SUZUKI)

★コンパクトカー部門第2位
ノート(NISSAN)

★軽自動車部門第1位
ハスラー(SUZUKI)

メリット10 延長も簡単にできる

どうしても予定時刻に間に合わないなど、延長して利用したい場合は返却予定時刻までにカーナビから延長手続きをすればOKです。延長が必要な時は早めに設定しておきましょう。

延長料金はショートの料金が適用されます。ただし、12時間パック・24時間パック・各種ナイトパックなど距離料金が発生する料金メニューで利用している場合は延長分も距離料金が課金されるので注意しましょう。

なお、パックの延長は、予約時に延長を設定していた時はパック終了後から最大6時間まで延長ができます。

メリット11 ポイントも使える

タイムズカープラスでは100円につき3タイムズポイントがたまります。たまったポイントはタイムズカープラスの利用に使うことができます。

タイムズカープラスのポイント

出典 タイムズ カー プラス

メリット12 チャイルドシートも用意してある

タイムズカープラスの車には標準装備品として、ジュニアシート(目安4歳から10歳)が全車両にあります。お子さんがいる方にも便利です。

タイムズカープラスのチャイルドシート

メリット13 法人と学生は月額基本料金無料

法人・学生プランは月額基本料が無料です。全く使わない月があっても費用は一切かかりません。

メリット14 カーナビ付だから道に迷うことなし

タイムズのカーシェアの車は全車カーナビが設置されています。道に迷うことはありませんし、渋滞も回避してくれるのでリラックスして運転ができます。

タイムズカープラスのカーナビ

ちなみに、利用前に目的地を設定することも可能です。パソコンを使って予約ページから目的地を設定しておけば、出発もスムーズです。

メリット15 予約が空いたらすぐにメールで連絡が来る

使いたい時間に他の人の予約が入っている時は、「空き待ち設定」をしておくと予約がキャンセルされたり、早めに返却された場合にメールでお知らせが届きます。

空き待ち設定はPCサイト、スマートフォンサイト、スマートフォンアプリで設定ができます。

→ 空き待ち設定のやり方はこちら

メリット16 コールセンターは24時間サポート

タイムズのカーシェアのコールセンターは24時間サポートしてくれます。利用方法や利用中にトラブルがあった時でも安心です。

メリット17 レンタカーもお得に使える

タイムズカープラスの会員なら、「基本料金がいつでも最大25%OFF(車種指定予約の場合は20%OFF)」と全国のタイムズカーレンタルもお得に利用できます。無料利用分をレンタカーに使うこともできますし、レンタカーの利用でもタイムズポイントが100円につき3ポイントたまります。

メリット18 近くのタイムズ駐車場を簡単に探すことができる

駐車場を探したい時はカーナビの「TimesCarメニュー → 最寄タイムズ検索」を使って、近くのタイムズ駐車場を簡単に見つけることができます。空き状況も表示されるので迷うことなく駐車場を探すことができます。

6.タイムズのカーシェアを利用する7つのデメリット

タイムズのカーシェアを利用するデメリットも見ていきましょう。

デメリット1 利用開始後に料金メニューの変更はできない

利用開始後にショートからパック、6時間パックから12時間パックなどの利用料金メニューの変更はできません。料金メニューを変更したい場合は、利用開始1分前までに一度キャンセルをして、予約をやり直しましょう。

デメリット2 無断延長すると超過料金がかかる

無断で返却予定時間を過ぎて利用すると、通常利用料金の2倍の超過分がかかります。無断延長はしないように気をつけましょう。

クラス料金
ベーシック412円/15分
プレミアム824円/15分

デメリット3 乗り捨てはできない

タイムズのカーシェアでは基本的に乗り捨てはできません。出発したステーションへ返却する必要があります。(関西国際空港~大阪国際空港間では乗り捨てができるステーションもあり)

乗り捨てよていの方はカーシェアではなく、レンタカーを利用する必要があります。

デメリット4 運転者は登録者のみ

タイムズのカーシェアの車は会員カードを持っている登録者のみ運転ができます。会員様以外の方が運転した場合、補償制度は適用されないので注意しましょう。

デメリット5 車内は禁煙

タイムズのカーシェアの車は全車禁煙です。喫煙される方は喫煙OKのレンタカーを利用した方が良いでしょう。

デメリット6 ペットの道場は不可

タイムズのカーシェアの車にペットを乗せることはできません。愛犬や愛ネコなど、一緒にお出かけをしたい方には向きません。

デメリット7 灯油の積載は禁止

タイムズのカーシェアの車に灯油を乗せることはできません。灯油を買いに行くために利用することはできないので気をつけましょう。

7.タイムズのカーシェアの入会方法

タイムズのカーシェアの入会方法は簡単です。まずはネットからタイムズカープラスに申し込み、店舗に会員カードを受け取りに行くか、会員カードを郵送で送ってもらうだけです。

店舗に会員カードを受け取りに行く場合、最短当日で会員カードが発行されます。運転免許証とクレジットカード(VISA・JCB・AMEX・MASTER・DINERS・EPOS)を持って行きましょう。

受け取りの時間は5分程度です。カードの受け取りができる店舗は申込時に確認ができます。

ちなみに私は受け取り可能な店舗が近所にあったので、ネット申込をした当日中に直接受け取りに行きました。空いていたので会員カード発行まで3分もかかりませんでした。

会員カードを郵送で送ってもらう場合、最短5営業日で会員カードが手元に届きます。運転免許証はスマホで撮影した画像をアップロードし、クレジットカードは申込時に登録します。

個人プランで入会する場合は無人入会機でカード発行も可能です。WEBで事前登録をしている場合は最短3分で入会が完了します。

→ 無人入会機の設置場所はこちら

8.タイムズのカーシェアの予約方法

タイムズのカーシェアの予約はパソコン、スマホ、携帯サイトのいずれかでします。スマホアプリの「タイムズカープラスクイック検索」が簡単なので、ここではアプリを使った予約方法をご紹介します。

→タイムズカープラスクイック検索はこちら

手順1 アプリを起動して利用日時と開始時間を設定する

起動したら左下の矢印をタップして予約したい日時と時間(利用開始時間)を設定します。(左下の矢印をタップすると現在位置の近くの地図が表示されます)

タイムズカープラスの利用日時の選び方

手順2 利用時間を設定する

どのくらいの時間利用するのかを右上で設定すると、利用できる車があるステーションが黄色で表示されます。今回は6時間の利用(6時間パック)を選択しています。ちなみに、利用できる車がないステーションは白で表示されます。

タイムズカープラスの利用時間の選び方

手順3 車を選ぶ

画面下部に表示されている箇所で車を選んだら予約をタップします。今回は赤枠のステーションのノートを選びました。モザイクをかけていますが車のナンバーも表示されているので、実際に利用する時もすぐに車がわかります。

タイムズカープラスの車の選び方

手順4 TCP安心保証サービスを選ぶ

TCP安心保証サービスの案内が出るので加入しておくことをおすすめします。加入する・しないを選んだら「予約確定」をタップしましょう。

タイムズカープラスのTCP安心保証サービス

手順5 ログインパスワードを入力する

ネット申込時に設定したログインパスワードを入力してOKをタップします。

タイムズカープラスのログインパスワード入力画面

手順6 予約の確認をする

これで予約が完了しました。予約状況を確認をタップしてみましょう。

タイムズカープラスの予約完了画面

このように予約の確認ができます。

タイムズカープラスの予約状況

予約の取り消しもアプリで簡単に可能です。「取消」をタップすると取り消し手続きができます。

9.タイムズのカーシェアの利用から返却までの流れ

タイムズのカーシェアの利用から返却までの流れも見て行きましょう。

手順1 予約したタイムズのステーションに行く

利用開始時間になったら予約した車があるタイムズのステーションに行きます。

手順2 車のドアを会員カードで開ける

予約した車を見つけたら赤枠の「TOUCH」と書かれたところに会員カードをかざします。車種によって場所は異なりますが、リア(後部座席)のガラスかバックのドアガラス(トランクのところ)にあります。

今回の車はバックのドアガラスにありました。

タイムズカープラスのドアを開ける位置

ここに会員カードをかざすとドアが開きます。ガチャっと音が鳴ります。

タイムズカープラスの会員カード

手順3 車のカギを取り出す

運転席に入ったら助手席のポケットにある車のカギを取り出します。

タイムズカープラスの助手席の鍵穴

返却の位置にカギが回っている状態なので、左の貸出の方に回して取り出します。

タイムズカープラスの車の鍵

利用している最中はこのカギを使って車の乗り降りをします。会員カードを使ってドアを開けるのは利用開始時と返却時だけなので注意しましょう。

手順4 ポールをどかして車を出す

車の前にタイムズのポールが立っている場合は、一旦車を降りてポールをどかし、車を駐車場から出しましょう。

タイムズのカーシェアのポール

車を出した後、ポールは元の位置に忘れずに戻してください。

手順5 安全運転で車を利用する

駐車場から出したら安全運転で車を利用しましょう。カーナビもありますし、ETCカードもさしこんで利用できます。

タイムズカープラスのETCカード差し込み位置

手順6 出発したステーションに車を戻す

車の利用が終わったら出発したステーションに車を戻します。ポールが立っている場合はポールをどけて車を駐車します。

手順7 エンジンを切ってカギを返却の方向に回す

エンジンを切ってカギを返却の方向に回します。カギを取り出したところにさして、返却の方に回す形です。

タイムズカープラスの鍵穴

カギを回しました。

タイムズカープラスの返却時の鍵の回し方

手順8 忘れ物がないか確認をして車から降りる

車内に忘れ物がないことを確認して車から降りましょう。特にETCカードを忘れないように気をつけてください。ゴミも持ち帰りなので車内に置きっ放しにしないようにしましょう。

手順9 会員カードをかざしてドアをロックする

再び「TOUCH」の部分に会員カードをかざしてドアをロックします。ガチャっと音が鳴ったらOKです。

タイムズカープラスのドアの鍵の締め方

また、車の前にポールが立っていた場合は忘れずにポールを戻しておきましょう。これで返却は完了です。利用料金は登録しているクレジットカードに後日請求がきます。

10.まとめ

タイムズのカーシェアは便利でお得なサービスです。私のように普段車は必要ないけど、月に数回は使うことがある方はぜひチェックしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket