派遣社員が会社にバレずにカードローンの在籍確認をクリアする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
カードローン 在籍確認 派遣

派遣社員の方にとっても、やはり会社にカードローンの申し込みが知られてしまうのは、あまり好ましいものではないでしょう。

正社員と違い、派遣元と派遣先のふたつの契約を持つことになりますので、どちらに連絡がくるのかなど、判断にとまどう場面も出てくると思います。

今回は派遣社員の方の立場も踏まえつつ、会社に知られずにカードローンを申し込む方法についてご紹介していきましょう。

1.派遣社員のカードローン申込後の在籍確認方法

カードローンを申込みした後、審査が間もなくOKになろうかというタイミングで、在籍確認が必ず行われます。在籍確認とは、申込書に記入された勤務先に、申込人が実際に勤務しているのかどうかを確認する手続きのことです。

申込人を疑うのかと気分を害される方もいらっしゃるかもしれませんが、万が一の偽りの記入を見逃してしまうと、カードローン会社は最悪の場合、貸出金を返済してもらえないリスクを負うことになります。そのためカードローン会社にとっては、在籍確認は死活問題でもあるので、避けることはできません。

申込人が正社員の場合は、勤務先が(転勤などを除けば)固定されていますので、そちらに在籍確認の電話があります。

しかし、派遣社員は派遣元と派遣先がありますので、どちらに在籍確認が行われるのか、疑問に感じるかもしれません。

原則的に在籍確認の電話は、申込書に記入した連絡先に行われますので、必ず派遣元に電話するといった具合には決められていませんが、結論から言うと、派遣元の連絡先を記入するのが、より好ましいと言えます。

派遣元の会社のほうが、より確実に社員の所属を把握していると言えるためです。派遣先の会社の場合、派遣社員の所属まで隅々まで把握しているとは限らないため、在籍確認の電話で「そのような社員はおりません」などと応対されてしまう危険性も高くなります。

派遣元へ顔を出す機会が少なく、対応に不安を感じる場合は、事前に上司に在籍確認の電話があることを申し出ておくと良いでしょう。「クレジットカードの申し込み確認があります」などと言っておけば問題はありません。そのあたりの言い回しまで、カードローン会社の担当者と打ち合わせできれば完璧です。

なお、派遣会社の場合、派遣元にはそもそも出勤せずに、直接派遣先に出勤している場合が多いと思いますが、在籍確認の電話にあなたが出る必要はありません。在籍している確認が取れればOKなので、不在でも大丈夫です。

2.派遣社員が会社にバレない在籍確認のクリアの仕方

カードローンの借入申し込みをしたことを、できれば会社にバレないように行いたいと思うのは人情というものでしょう。

日本は借金というものに、なんとなく後ろめたい気持ちがあるお国柄でもありますので、カードローンを借りたことが会社の人に知れてしまうと、たちまち会社中に知れ渡り、肩身の狭い思いをすることにもなりかねません。

そこで、ここではカードローンの借入を会社の方にバレないように手続きする方法についてご紹介いたします。

その1 カードローン会社に丁寧にお願いする

カードローン申し込み時に、「カードローンの在籍確認であることが会社にバレたくない」ということを、しっかりとカードローン会社に伝えるようにします。

カードローン会社もその点は心得ていますし、バレないような方法を親身に相談に乗ってもらうことができます。遠慮せずに納得できるまで話し合うことが大切です。

在籍確認の担当者は、百戦錬磨の経験豊富なプロフェッショナルですので、通常の在籍確認においても、会社にカードローンの存在を簡単に感づかれてしまうようなヘマはまずありえません。

会社の電話応対がそもそも厳しいなどの条件がある場合も、事前にその様子をしっかりと相談しておくことで、よりスムーズに、より安全に在籍確認手続きを完了することができるようになります。

具体的には、確実に在籍している時間に電話をしてもらうようにしたり、カードローン会社の電話番号から掛けてこないようにする(会社がナンバーディスプレイで、電話番号を記録しているような場合)などの方法を、担当者と相談することができます。

その2 相談した打ち合わせ通りに根回しをしておく

対応方法が決定したら、次に勤務先での対策です。まずは申込み時に確認した、在籍確認担当者が名乗る予定の名前を、事前に勤務先に伝えておきましょう。

勤務先に個人あての電話がかかってくることが、通常ほとんどないような会社の場合は特に重要になってきます。ちょっと後ろめたいかもしれませんが、個人あての電話がかかってくるのが不審がられないような理由を、事前に考えておく必要があります。

現代社会では携帯電話が普及しているため、会社に電話をかけなければならない理由というのは、そうそうありません。それぞれの会社の雰囲気などに応じて、臨機応変に対応できるように、頭の中でシミュレーションしておくことをおすすめします。

その3 どうしても電話を避けたいときは代替手段を検討

個人情報保護などにより、会社の電話対応が非常に厳しいなど、電話による在籍確認が困難な場合もあります。このような時は素直に事情を話して、別の在籍確認の方法を検討してもらうようにしましょう。

具体的な在籍確認の代替手段としては、書類の提出によって在籍確認の代わりとすることが一般的です。在籍確認として有効な書類は、カードローン会社によって取り扱いが異なりますので、必ず確認するようにしましょう。

一般的には源泉徴収票や給与明細、在籍証明書や社員証、健康保険証(国民健康保険不可)などを必要に応じて提出します。

なお、給与明細は直近のものから、数か月分のものを用意できると審査にもプラスとなります。1ヶ月分だけだと、安定継続した収入とは認められない可能性も高くなりますし、最初から3か月分などと指定される場合もあります。

書類による代替手段は、あくまで本来行うべき電話確認をしないでもらうという、例外的取り扱いであることを肝に銘じ、カードローン会社に譲歩してもらっている分、こちらも書類準備などの面では譲歩する姿勢も大切となってきます。

とはいうものの、カードローン会社もさまざまなケースに常時対応しています。親身に相談に乗ってもらえる場合がほとんどなので、安心して大丈夫です。

3.電話連絡なしのカードローン

電話を絶対に避けたいと最初から思っている場合は、電話連絡なしのカードローン会社を選んで申し込むようにしましょう。大手カードローン業者の中で、電話連絡なしのカードローンはモビットです。

モビットは「満20歳以上69歳以下の安定した定期収入のあるかたで、アルバイト、派遣社員、パート、自営業の方も利用可能(基準も満たす方)」と明確にうたっていますので、派遣の方でも安心して申し込むことができます。

「WEB完結申込」で申し込みをすれば、店舗や無人契約機に行く必要はありませんし、誰にも会わずに申し込みから借り入れまでを完了することができます。郵便物が自宅へ郵送されることもないので、家族にも内緒にしておきたい場合にも安心です。

なおWEB完結申込は、三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の通帳を持っていること。そして健康保険証(国民健康保険不可)か組合保険証を持っている必要があります。両方とも用意できる場合には、WEB完結申込を利用してみてください。

モビット

モビットチェックリスト※1 14:50までの振込手続き完了で当日融資可能。審査結果により希望に沿えない場合あり。

4.在籍確認の相談ができる2つのカードローン

三井住友銀行カードローンとプロミスは在籍確認の相談が可能です。その詳しい申込方法はそれぞれの解説で詳しくご紹介していますので、合わせて確認してみてください。

三井住友銀行カードローン

プロミス

プロミスまるばつ表

5.派遣社員が審査に通る簡単な3つのポイント

最近はパート、アルバイト、派遣社員もカードローンを利用することができますが、さすがに正社員と同様に審査が通るかと言うと、そういうわけではありません。そこで、派遣社員が審査に通るためのポイントご紹介します。

ポイント1 何はともあれ安定継続収入

カードローン会社にとって一番重要なのは、貸したお金を確実に返済してもらうことです。そのためには、貸した人に毎月安定した収入がある必要があります。

「安定」と「継続」の両方がそろっていることも以外と大切で、たとえ収入が継続的であっても、勤務先を転々としている状態はあまり好ましい状態とは言えません。

派遣元が同じで派遣先が変わる程度は問題ありませんが、派遣元が変わったりしていると、審査にマイナスとなってしまう可能性も出てきます。

ポイント2 クレジットカードの利用実績がある

クレジットカードを持っていることが審査に有利になるというのは、イメージしづらいかもしれません。

クレジットカードはどちらかと言うと他社の貸出枠という存在なので、むしろ無いほうが良いのではと感じるかもしれませんが、クレジットカードを正常に利用していると、延滞無く無事返済が行われているという記録が、毎月のように積み重ねられていきます。

これはクレジットカードヒストリー、通称「クレヒス」などと呼ばれているもので、個人の信用情報として、カードローン業者は閲覧することができます。このクレヒスがない真っ白な状態は、常識で考えれば借金のない、極めて健全な状態と感じるのが普通でしょう。

ところがカードローン業界では、少し特殊な事情によりクレヒスが真っ白な状態は「準ブラック」ともいうべき扱いを受ける現実があります。これはブラックリストの記録が、5年で真っ白に戻されてしまうことが原因となっています。

ブラックリストに載った人は、5年間事故情報が記録され、一切の新規借り入れができない状況にあるため、5年後に事故情報が消えることで、記録上は5年間の記録が真っ白に戻ってしまいます。非常に理不尽ではありますが、クレジットカードなどの返済記録がない人は、かつてブラックリストに載っていた人と同じ土俵に立たされていると言うことができます。

これを避けるための簡単なテクニックは、クレジットカードを少額でもいいので毎月利用することです。クレジットカードを持っていない方は、年間手数料無料かつ、派遣歓迎をうたうクレジットカードを選んで取得すると良いでしょう。

クレジットカードが無事発行されたならば、電気・ガスなど毎月必ず支払うものをクレジットカードから引き落とすようにします。ほとんどのクレジットカードはポイントが貯まりますので、むしろ使わないと損なくらいです。

ただし、クレジットカードを延滞してしまうと全く逆効果になってしまうため、残高管理に注意は必要ですが、きちんと管理すれば立派なクレヒスを積み重ねることができます。(クレジットカードの使い過ぎにはくれぐれも気をつけてください。)カードローンの審査には、この延滞のないクレヒスが案外大きな力を発揮します。

ポイント3 会社の健康保険に加入している

派遣の場合、健康保険は国民健康保険に加入していることが多いですが、会社の健康保険に加入している場合は、カードローン審査で絶対的に有利となります。

6.まとめ

カードローンの申し込みが、会社へ漏れ伝わらないための対策はケースバイケースで、柔軟に対応する必要があります。ご紹介したような方法を吟味しつつ、カードローン会社へ素直に相談することが、一番の特効薬となります。

相談するにあたっても、事前に知識を理解しておくことで、相談内容をより充実したものへ掘り下げていくことが可能になります。

「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」の故事が示すように、しっかりとした事前準備が会社にばれない申込みの第一歩と言うことができるのではないでしょうか。

ちなみに無事審査に通ったとしても、カードローンの返済は借入後の収入にかかってきます。借り入れ後も引き続き勤務し続ける見通しがあることは、もはや絶対条件とさえ言えるでしょう。

退職があらかじめ想定される状況でも、カードローン会社にそれを告げない限り審査は通ってしまうかもしれませんが、カードローン会社をだまし討ちにするようなやり方は、やがて自分の首を絞めることにもなりかねません。

そのあたりはカードローン会社ではなく、自分自身で審査するくらいの心構えが求められる、ということが言えるでしょう。

カードローンランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket