消費者金融って安心して利用できるの?申込前に特徴やメリット・デメリットを確認しておこう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
消費者金融を利用しようか悩んでいる女性

「消費者金融でお金を借りたいけど安心して利用できるか心配…」

ドラマや映画でありがちな厳しい取り立ては消費者金融が題材になっているケースも多いため、「消費者金融=怖いもの」と認識している方もいることでしょう。

しかし、現在の消費者金融は健全かつ安心して利用できる貸金業者です。

この記事では、消費者金融を安心して利用できる根拠や特徴、メリット・デメリットを解説していきます。

1.消費者金融の変革

かつては「サラ金」と呼ばれ高い利息が発生すると言われていた消費者金融ですが、現在の消費者金融と従来の消費者金融では大きな違いがあります。なぜかというと法律が変わったからです。

消費者金融は法令上「貸金業者」という分類になっています。貸金業者は貸金業法という法律の対象となり様々な規制を受けます。

しかし、平成22年6月に施行された改正貸金業法の以前は現在よりも規制が少なかったのです。例えば設定金利もそうです。

現在であれば出資法と利息制限法によってほぼ同一の上限金利が設定されています。

しかし貸金業法が改正される以前は出資法と利息制限法の定める上限金利に大きな差があったのです。

この金利差がいわゆる「グレーゾーン金利」です。当時消費者金融はこのグレーゾーン金利に実質年率を設定していました。現在よりも非常に高い金利で営業を行っていたのです。

しかしその結果、消費者金融からの借入による多重債務者が多数発生する事態に陥りました。

同様に自己破産者数も急増し社会問題となったのです。

その後、最高裁が下した「グレーゾーン金利は違法である」との判決を受け、グレーゾーンで借入していた利用者は過剰に払いすぎた利息を消費者金融へ相次いで請求するようになったのです。

これが「過払い金請求」というものです。

このような背景から出資法と利息制限法の上限金利項目を含む法令改正があり、現在の改正貸金業法が施行されることになったのです。

2.改正貸金業法と消費者金融の関係

貸金業法が改正されたことで従来の消費者金融の多くは業績が悪化し、倒産に至る業者も多数発生することになりました。

貸金業法の主な改正内容は次の3つです。

  • 総量規制の導入
  • 上限金利の引下げ
  • 貸金業者に対する規制の強化

これらの内容が改正されたことで利用者が安心して消費者金融を利用できるようになりました。改正内容のポイントに触れていきましょう。

①総量規制の導入

総量規制とは多重債務者の発生を抑制するための制度です。具体的には「貸金業者による利用者年収の3分の1を超える貸付」を禁止しています。

総量規制が導入されたことで貸金業者は利用者の年収を調査する義務を負うことになりました。

また、所定以上の金額を貸付する際には所得証明書類の提出を要求するように規定されています。

このように総量規制は利用者の返済能力を超えた貸付を防止するための重要なポイントとなっています。

②上限金利の引き下げ

上限金利を定めていた出資法と利息制限法には従来大きな金利差がありました。具体的には、

  • 利息制限法…貸付額に応じて15~20%と規定
  • 出資法…29.2%

となっていたため、少なくとも9.2%もの金利差が生じていたことになります。

しかし、貸金業法の改正に伴い出資法の上限金利が20%まで引き下げられたため、利息制限法と出資法の間に生じていた「グレーゾーン金利」が実質的に消滅しました。

また、利息制限法の数値を超えた金利で貸付した場合には民事上無効となり、出資法の上限を超えて貸付した場合には刑事罰が科されます。

このように現在の消費者金融は従来よりも大幅に規制された中で運営されているため、利用者にとっては安心して利用できるサービスだと言えます。

③貸金業者に対する規制の強化

貸金業法の改正に伴い貸金業者に対する規制も強化されました。

具体的には「法令遵守の助言、指導を行う国家資格である『貸金業務取扱主任者』を営業所に配置すること」と規定され、厳しい取り立てや法令に基づかない悪質な督促は罰則の対象となりました。

万が一現在の消費者金融で滞納してしまった場合でも、ドラマや映画のような恐喝まがいの取り立てはありません。

現在の消費者金融は健全かつ安心して利用できるサービスになっています。

3.消費者金融の特徴

消費者金融が取り扱う商品には、

  • キャッシング
  • カードローン

という2種類がありますが、現在はどちらの商品内容も大きく異なるものではありません。キャッシングとカードローンはほぼ同一のものと捉えても問題ないでしょう。

消費者金融が取り扱う商品の特徴を簡単にまとめると次の通りです。

  • 独自のノウハウで素早い審査を実現している
  • 融資までのスピードが速い
  • 銀行が取り扱う商品より金利は高め
  • 無人契約機を運営しており、即日での融資にも対応できる
  • 借入方法、返済方法ともに豊富
  • 多くの業者が「無利息サービス」という特典を提供している

大手消費者金融にはアコムやプロミス、アイフルなどがあり、それぞれ特徴の異なるサービスを展開しています。

もちろん法令で定められた総量規制や上限金利も遵守されていますので、利用者側から見ても安心して利用することのできるサービスだと言えます。

4.消費者金融のメリット

消費者金融にはメリット・デメリットがあります。まずはメリットから見ていきましょう。

  • 融資が早い
  • 多くの業者が無利息サービスを取り扱っている
  • 無人契約機でローンカードを発行できる

消費者金融のメリットの中で特に重要なポイントは「融資が早い」「無利息サービスを活用できる」という点です。

消費者金融の審査にかかる時間は早いもので最短30分程度となっており、申込当日の融資にも対応しています。このような「対応の迅速さ」は消費者金融独自のメリットでしょう。

また、消費者金融の多くは無利息サービスという一定期間の利息を免除するサービスを取り扱っています。所定の期間中であれば利用者は利息を払わずにお金を借りることができるため、大きなメリットがあります。

5.消費者金融のデメリット

現在の消費者金融は法令面から見ても安心して利用できるサービスだと言えますが、メリットばかりではなく次のようなデメリットも存在しています。

  • 金利が高め
  • 無利息期間を過ぎると利息がかさみやすくなる
  • 提携ATMの手数料が有料

消費者金融のデメリットの中で注目すべきはやはり金利の高さでしょう。消費者金融が設定している金利は平均して18%前後となっています。

銀行が取り扱うカードローンの平均が15%程度であることを踏まえると高いと言わざるを得ません。

ただし、消費者金融を利用する多くの方が少額融資かつ短期返済なので、無利息サービスを活用することができれば銀行カードローンよりも利息を節約できるケースもあるでしょう。

6.おすすめのカードローンランキング

おすすめのカードローンをご紹介します。この中から選んで申込をしてみてください。

ランキングは当サイトのおすすめ順です。

アコム

アコムは融資スピードが最短1時間と早く、土日祝日に申込をしても当日中に借入できます。30日間の無利息期間もあるので「給料日が来たらすぐに返せる」といった短期間だけお金を借りたい方も多く利用しています。

アコム情報

▼アコムの詳細を確認したいなら
アコムのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

新生銀行カードローン レイク

新生銀行カードローン レイクには30日間無利息、もしくは5万円まで180日間無利息の2つの選べる無利息期間があるので「お金を短期間借りたい方」「少額の借入をしたい方」に特に選ばれています。

新生銀行カードローンレイク情報

▼レイクの詳細を確認したいなら
新生銀行カードローンレイクのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

プロミス

プロミスは審査が最短30分と非常に早く融資もスムーズです。WEB完結も可能ですし、カードレスの利用もできます。「とにかく借りやすいカードローンを利用したい方」に選ばれています。

プロミス情報

▼プロミスの詳細を確認したいなら
プロミスのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

7.まとめ

「消費者金融=怖い」というイメージは貸金業法改正以前の過去の産物でもあります。現行法令のポイントを把握しつつ、消費者金融をご自身のライフスタイルに役立てましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket