シンジケートローンとは|メリット&デメリットを徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
シンジケートローン0

シンジケートローンとは、簡単に言うと複数の金融機関が合同で融資を行う協議融資のようなものです。

国内での認知度はまだそれほど高くなく、「シンジケートローンって何?」と思われる経営者の方も多いかもしれません。

今回はシンジケートローンの特徴と、メリット・デメリットについて分かりやすく解説していきます。

特にデメリットは事前にしっかり理解しておきたい部分です。シンジケートローンに興味がある方はぜひご覧ください。

1.シンジケートローンとは

シンジケートローンとは、企業や事業主側からの大口の資金需要に対し、複数の金融機関が合同で融資を行う方法です。

この金融機関の集団をシンジケート団と呼び、シンジケート団全体をとりまとめる金融機関を主幹事銀行(アレンジャー)、元利金の受け渡しなどの事務業務を行う金融機関をエージェントと呼びますが、一般的には主幹事銀行(アレンジャー)とエージェントは同じ金融機関である場合が多いです。

シンジケートローンの特徴は、複数の金融機関が同じ融資条件、同じ契約書に基づき、同じ時期に融資を実行するということで、一般的な融資のようにそれぞれの金融機関と企業間で個別に融資条件を設定するわけではありません。

融資条件はシンジケート団全体の協議によって決められますが、実際に窓口となるのはまとめ役であるアレンジャーとなるため、企業側としては融資に伴う事務作業が簡易化され、なおかつ大口融資を受けやすいというメリットがあります。

近年はみずほ銀行や三菱東京UFJ銀行などの大手都市銀行をはじめ、多くの金融機関で幅広く取り扱われるローンとなっています。

2.シンジケートローンの形態

シンジケートローンの契約形態は主に2つあります。

形態1 タームローン

タームローンは証書貸付をシンジケートローン方式で行う融資形態です。基本的には一括で借り入れる方法なので、運転資金や設備資金など長期的な借入の際に利用する取引形態とはなりますが、銀行によっては契約から一定期間内であればいつでも分割して借入できるケースもあります。

形態2 コミットメントライン

コミットメントラインはあらかじめ決められた期間・限度額の範囲であれば、いつでも借入ができる形態です。手数料(コミットメントフィー)はかかるものの、審査など所定の手続きを行っていたら間に合わないような急ぎの場面でも、安定的な資金調達が可能となります。

3.シンジケートローンのメリット

シンジケートローンのメリットは主に3つあります。

メリット1 大口の融資を受けやすい

シンジケートローンは複数の金融機関が合同で融資を行うため、全体の融資額が大きくなるのが最大のメリットと言えます。

たとえば1億円の融資を受けたい企業があった場合、一つの金融機関が全額融資をするとなると貸し倒れのリスクが高くなる分、審査も慎重に行う必要があります。

しかし、複数の金融機関で1億円融資をする場合なら、金融機関ごとの融資額が少額となるため、その分貸し倒れリスクを減らすことができ、結果的に融資を実行しやすくなります。

メリット2 複数の金融機関とのつながりができる

シンジケートローンの場合、アレンジャーが他の金融機関にも幅広く声をかけていくので、これまで取引がなかった金融機関とのつながりができ、返済実績を積めば今後新たな取引先として見てもらえる可能性が出てきます。つまり企業としては、借入先の新規開拓ができるという利点もあります。

メリット3 事務作業を効率化できる

複数の金融機関から個別に借入をする場合と違い、企業側の交渉相手はあくまで窓口であるアレンジャーです。そのため、資金調達に掛かる時間や手間を大幅に省くことが可能となります。また返済先もアレンジャーである金融機関の口座1つにまとめることができるので、資金管理も非常にラクになるでしょう。

4.シンジケートローンのデメリット

一方、シンジケートローンにはデメリットもあります。

デメリット1 手数料(アレンジメントフィー)がかかる

シンジケートローンで融資を受ける際には、通常の貸出金利の他にアレンジャーに支払う手数料(アレンジメントフィー)と事務作業を行うエージェントへの手数料(エージェントフィー)が発生します。

アレンジメントフィーは融資額の1%~5%ほどとなるのが一般的ですが、融資額が高額になるシンジケートローンの性質上、手数料だけで数千万円を超えるケースも決して珍しくありません。また、エージェントフィーは完済するまで毎月支払う必要があります。

その他にも契約書を作成する際の弁護士費用など、何かと経費がかかるのが最大のデメリットと言って良いでしょう。

デメリット2 全ての融資がストップする場合がある

融資を行うかどうかの判断は各金融機関での多数決によって決まるため、貸し出し後に何らかのトラブルがあった場合には、最悪全ての融資が停止してしまう可能性もあります。

デメリット3 企業としての高い信用力が求められる

シンジケートローンは複数の金融機関の協議によって融資の可否が判断されるため、各金融機関から信頼してもらえる企業でなければ当然融資を受けることはできません。そのため、中小企業などあまり実績がない企業にとっては、かなりハードルが高い融資方法と言えるでしょう。

逆に言えば、シンジケートローンを利用できるということは、複数の金融機関に高い実績を認められた企業ということになります。

5.シンジケートローンを利用する場合の注意点

シンジケートローンは一般的な融資方法とはかなり性質が異なります。そのため、シンジケートローンの利用にあたってはそのシステムをよく理解し、可能であれば社内もしくは社外に金融の専門家を配置することが理想的です。そうすれば、今後事業資金調達の場面で何かと力になってもらうこともできるでしょう。

6.まとめ

シンジケートローンは一般的な融資方法とは異なる点が多いため、利用に際してはあらかじめその仕組みをよく理解し、メリットだけでなくデメリットについてもしっかりと認識しておく必要があります。

とはいえ、シンジケートローンで融資を受けるにはかなりの高い実績と信用力が求められるため、中小企業がシンジケートローンを検討する場合には、そのハードルはかなり高いものになるでしょう。その場合、まずは銀行の保証付融資や公的融資を活用し、返済実績と信用力を築くことに尽力しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

カードローンランキング