学生がお金を借りる方法と条件と親にバレない8つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
大学生の飲み会

学生がお金を借りたいときには条件があり、その条件を満たしていればキャッシングを利用することができます。

まずはこちらのフローチャートで、あなたがお金を借りることができるかどうかを確認してみましょう。

学生がお金を借りるときのフローチャート

20歳未満の学生はまず親に相談!

  • 20歳未満の学生の場合は、学生専用のローンを利用することによって借り入れをすることができますが、基本的に親の同意が必要になります。
  • 学生ローンを利用するにしろ、しないにしろ、まずはお金のことを親に相談するようにしましょう。

即日対応|学生がお金を借りることができるおすすめキャッシング4選

月3万円や4万円のように、少しの給料でもよいので、アルバイトをしていればお金を借りることができるおすすめのキャッシングです。どれも親の同意は無しで借り入れすることができますが、初めて借り入れをするのであれば、無利息期間があるプロミスかアイフルがおすすめです。

学生がお金を借りることができるおすすめキャッシング比較表
※1 即日融資は審査結果や申込時間、融資額によっては不可能な場合がありますのでご注意ください。
※2 一部地域や店舗によって異なります。
※3 審査時間最短30分はインターネットからの申込みの場合です。
※4 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。詳しくはプロミス公式HPをご確認ください。

アイフル

アイフルチェックリスト
*アイフルの利用限度額が50万円以下、且つ他社を含めた借入総額100万円以下の場合は収入証明書原則不要。

プロミス

プロミスまるばつ表

モビット

モビットチェックリスト※1 14:50までの振込手続き完了で当日融資可能。審査結果により希望に沿えない場合あり。

 

アコム

アコムチェックリスト

1.親にバレないようにお金を借りたいときの8つのポイント

銀行カードローンや消費者金融のキャッシング・カードローンからお金を借りる場合、学校には連絡がいかないため、あなたから何も言わない限り学校にバレることはありませんが、両親にバレないようにしたいときには、いくつかポイントを踏まえて申し込みをする必要があります。

これからその8つのポイントについてお話ししますので、親に秘密でお金を借り入れしたい場合には、そのポイントを参考にして申し込みをしてみてください。

ポイント1 アルバイトをする

学生でもアルバイトをしていて安定した収入があれば、キャッシングやカードローンでお金を借りることができます。収入は少なくてもよいので、定期的にアルバイトで給料をもらっていれば大丈夫です。

借り入れできる金額の例

  • いくら融資をしてくれるかは審査によって決まるため、金融業者によって違いますが、たとえば月3万のバイト代があるなら、最高で12万円借りることができます。

なお、仕送りなどの収入は自分の収入ではないため、安定した収入には含まれません。自分のアルバイトの収入が必要になりますので、まだアルバイトをしていない場合には、まずはアルバイトを探しましょう。

ポイント2 大手消費者金融に申し込む

アコムやプロミスなどの大手消費者金融であれば、学生でも親の同意なしにお金を借りることができます。「三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック」などの銀行カードローンの場合には親の同意が必要になりますので、どうしても親に秘密でお金を借りたい場合には、大手消費者金融に申し込みをしましょう。

ポイント3 店頭窓口か無人契約機を使う

店頭窓口か無人契約機を使うと、契約やカードの受け取りもその場でできますので、郵送物が家に届くことなく、お金を借りることが可能です。親と同居している場合、消費者金融からあなた宛の郵送物が届くことで、お金を借りていることがバレてしまう可能性があります。内緒で借り入れをしたい場合には、店頭窓口か無人契約機を使いましょう。店頭窓口に抵抗がある場合には、無人契約機に行くと良いです。

ポイント4 申し込みはインターネットからする

申し込みだけはインターネットで行い、契約とカードの受け取りだけ店頭窓口か無人契約機ですると楽です。店頭窓口か無人契約機で申し込みをする場合、審査が終わるまで待っていないといけません。店頭窓口か無人契約機に行くまでの時間と、審査が終わるまで待っている時間を考えると、時間をあまり有効には使えません。

インターネットで申し込みをする場合は、どこからでも申し込みをすることができますし、審査が終わったら電話かメールで連絡がきますので、特に時間を無駄にすることなく、時間を有効に使うことができます。

申し込みをした後、連絡が来た時に「契約とカードの受け取りは店頭窓口か無人契約機でしたいです。」と伝えれば大丈夫なので、時間を有効に使いたい場合や急いでいる時は特に、インターネットから申し込みをしましょう。

ポイント5 利用限度額を必要最小限にする

キャッシングやカードローンに申し込みをする際、借り入れできる上限額を必要最小限に設定しましょう。消費者金融から借り入れをする場合、自分の年収の3分の1を超えた金額の借り入れはすることができないという法律があります。これを総量規制と言います。

たとえばあなたのアルバイトの月収が5万円の場合、年収は60万円になります。

5万円(月収)×12ヶ月=60万円(年収)

借り入れすることができる上限額は、この年収の3分の1までになりますので、20万円が上限になります。

60万円(年収)×3分の1=20万円(上限額)

実際には20万円までしか借りることができないのに、申し込みのときの上限額を50万円のように高く設定して申し込みをしても、そもそもその金額で借り入れすることはできません。審査に通りやすくするためにも、必要最小限の金額を利用限度額に設定するようにしましょう。

ポイント6 ウソはつかない

ウソは必ずバレます。たとえば「年収を高くしておいたほうが、審査に通りやすいのかも…」と、申し込みの際に年収を実際よりも高く記載したとしても、審査が有利になることはありません。ウソの申告は審査に落ちる要因になってしまいますので、ウソはつかずに、正直に申告しましょう。

ポイント7 入力ミスをなくす

申し込みをした後の審査結果は、電話かメールできます。申し込みのときに入力ミスをして、電話番号やメールアドレスを間違えて入力ミスをしてしまうと、いつまでたっても連絡はきません。申し込み内容の確認はしっかりとして、入力ミスをなくしましょう。

なお、電話番号は実家の番号や固定電話である必要はありません。仮に実家に住んでいるとしても、あなたの携帯電話で大丈夫です。それによって審査に落ちるということはありませんので、親に秘密にしたいのであればなおさら、あなたの携帯番号を入力しましょう。

ポイント8 20歳以上であること

20歳未満の学生(18歳〜19歳)の場合、消費者金融や銀行カードローンの申し込みはできません。お金を借りる歳、20歳を超えていることは必須条件なので、20歳を超えてから借り入れをするようにしましょう。18歳〜19歳の場合には、迷わず親に相談するのが良いです。

2.まとめ

学生がお金を借りたいときには、安全に借り入れができるようにするために、アコムやプロミスなどの大手消費者金融を選び、利用するようにしてください。お伝えした8つのポイントに踏まえて申し込みをすれば、親に秘密にして借り入れができますが、必要な分だけを借り入れして、早めに返すようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

カードローンランキング