学生がお金を借りる方法|無利息期間を利用して賢くカードローンを活用しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
大学生の飲み会
  • バイト代が入るまで生活費が足りない…
  • どうしても行きたい合コンがあるのにお金がない…
  • 卒業旅行に行きたいけどお金が足りない…

学生生活を送っているとどうしてもお金が必要になる時ってありますよね。

そんな時に頼りになるのがカードローンです。カードローンは学生でもお金を借りることができますので、いざという時に非常に役立ちます。

この記事では、学生がお金を借りるために押さえておきたいポイントや親にバレないように借りたい時の注意点、初めてお金を借りる時におすすめのカードローンなどをまとめました。

カードローンを賢く活用してピンチをチャンスに変えて行きましょう。

1.学生がカードローンでお金を借りるための2つの条件

学生がカードローンでお金を借りるには2つの簡単な条件をクリアする必要があります。まずは早見表をご覧ください。

学生がお金を借りるときのフローチャート

自分が借入できるか確認できたら、それぞれの条件を見ていきましょう。

条件1 20歳以上であること

カードローンでお金を借りるには20歳を超えていることが必須条件です。20歳を超えていれば消費者金融や銀行カードローンでお金を借りることができます。親権者の同意も保証人も不要です。

20歳未満の学生(18歳〜19歳)の場合、消費者金融や銀行カードローンの申込はできません。20歳未満の学生の場合は学生専用ローンでお金を借りることもできますが、基本的に親権者の同意が必要になります。

20歳未満の学生の方がお金に困ったら、まずは親に相談するのが良いでしょう。

条件2 アルバイトをしている

毎月安定したアルバイト収入があれば学生も消費者金融や銀行カードローンでお金を借りることができます。月3万円や4万円のように収入は少なくても良いので、毎月アルバイトで給料をもらっていれば大丈夫です。

なお、仕送りなどの収入は自分の収入ではないため、安定した収入には含まれません。自分のアルバイト収入が必要になるので、まだアルバイトをしていない場合はまずアルバイトを探しましょう。

2.学生がお金を借りるために押さえておきたい3つのポイント

学生がキャッシングするのに押さえておきたいポイントは4つあります。

ポイント1 無利息期間を最大限利用する

カードローンの中には無利息期間があるカードローンがあります。例えば大手消費者金融プロミスやアコム、アイフルには30日間の無利息期間があり、その期間中は利息が発生しないため支払う利息を減らすことができてお得です。

無利息期間中に完済すれば利息0円でお金を借りることもできるので、カードローンは無利息期間がある消費者金融か銀行カードローンを利用しましょう。

無利息期間がある主なカードローンは次の通りです。

カード金利年無利息期間
レイク4.5%~18.0%選べる2つの無利息期間
・30日間無利息
・5万円まで180日間無利息
アコム3.0%~18.0%初めてなら30日間無利息
プロミス4.5%~17.8%初めてなら30日間無利息
アイフル4.5%~18.0%初めてなら30日間無利息

ポイント2 利用限度額を必要最小限にする

消費者金融にしろ銀行にしろ、カードローンの審査は利用限度額が大きいほど審査が厳しくなります。1万円だけ必要なら1万円、3万円必要なら3万円のように、必要最小限の利用限度額で申込をしましょう。

ポイント3 ウソをつかない

申込内容でウソをついても必ずバレます。たとえば「給料を高くしておいた方が審査に通りやすいかも…」のように年収を実際よりも高く申告しても、キャッシング審査で有利になることはありません。

ウソの申告は審査に落ちる原因になってしまうので申込内容は正直に入力しましょう。

ポイント4 入力ミスをなくす

カードローン申込後に届く審査結果はメールか電話で来ます。メールアドレスや電話番号を間違えてしてしまうと、審査に通ったとしても連絡が届かないことになります。申込内容はしっかりと確認して入力ミスをなくしましょう。

3.親にバレないようにお金を借りたい時の3つの注意点

学生が消費者金融や銀行カードローンからお金を借りる場合、学校に借入がバレることはありません。しかし、両親にバレないようにキャッシングしたい時は注意しておきたい点があります。

注意1 自宅への郵送物を無くす

一人暮らしの場合はキャッシング会社から自宅へ郵送物があったとしても問題ありませんが、両親と同居している場合は郵送物が届くことでカードローンからの借入がバレてしまう可能性があります。

親に秘密にしたい時は自宅への郵送物を無くしましょう。なお、次のいずれかの方法で郵送物を無くすことができます。

  • カードレスのカードローンを利用する
  • 自動契約機でローンカードを受け取る

カードレスのカードローンを利用すると自宅への郵送物はありません。融資方法は振込融資になり、あなたが持っている金融機関口座へ振り込まれます。

契約書も会員ページで確認する形です。ローンカード無しでキャッシングできるので、ローンカードを見られて借入がバレることもありません。

カードレスでも利用できる大手カードローンはレイクやプロミスがあります。

自動契約機でローンカードを受け取る場合も同じく自宅への郵送物はありません。ネットから申し込んで審査に通過した後、自動契約機に行ってローンカードを受け取ればOKです。ローンカードを利用したい時はこの方法を利用しましょう。

自動契約機でカード発行ができる大手カードローンはレイクやプロミス、アコム、アイフルがあります。自動契約機の受付時間内に行ってカードを受け取りましょう。

カードローン自動契約機受付時間
レイク平日・土曜 8:00~24:00
日曜祝日 8:00~22:00
毎月第3日曜 8:00~19:00
*初めての当日融資は22時まで
プロミス9:00~22:00
アコム8:00~22:00
アイフル8:00~22:00

注意2 電話番号は携帯電話を入力する

カードローンに申し込む際、電話番号はあなたの携帯電話番号を入力しましょう。実家の番号や固定電話である必要はありません。

仮に実家に住んでいるとしてもあなたの携帯電話で大丈夫です。それによってキャッシング審査に落ちることはありませんので、親に秘密にするためにもあなたの携帯番号を入力しましょう。

注意3 延滞をしない

カードローン返済の延滞をすると、督促状が送られて来たり電話がかかって来たりします。それが原因で両親にバレることがありますので、返済の延滞は絶対にしないようにしましょう。

また、延滞はすればするだけ支払利息も増えていきますので、延滞はしないに越したことはありません。

4.学生がカードローンで借りれるお金の限度額

プロミスやアコムなど消費者金融からお金を借りる場合、総量規制という法律の関係上、借入限度額は多くても年収の3分の1までになります。

総量規制とは年収の3分の1を超える貸付はできないという法律で、消費者金融などが対象です。そのため、例えば月3万のバイト代がある時は最高でも借入限度額は12万円になります。

銀行カードローンは総量規制の対象ではないですが、学生の場合借りれる限度額は多くても年収の3分の1ほどになります。

5.学生が初めてお金を借りる時におすすめのカードローン

学生が初めてお金を借りる時におすすめのカードローンをご紹介します。おすすめのポイントもお伝えしますのでこの中から選んで申込をしてみてください。

アコム

アコムは融資スピードが最短1時間と早く、土日祝日に申込をしても当日中に借入できます。30日間の無利息期間もあるので「給料日が来たらすぐに返せる」といった短期間だけお金を借りたい方も多く利用しています。

アコム情報

▼アコムでお得に借りる方法はこちら
アコムのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

新生銀行カードローン レイク

新生銀行カードローン レイクには30日間無利息、もしくは5万円まで180日間無利息の2つの選べる無利息期間があるので「お金を短期間借りたい方」「少額の借入をしたい方」に特に選ばれています。

新生銀行カードローンレイク情報

▼レイクでお得に借りる方法はこちら
新生銀行カードローンレイクのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

プロミス

プロミスは審査が最短30分と非常に早く融資もスムーズです。WEB完結も可能ですし、カードレスの利用もできます。「とにかく借りやすいカードローンを利用したい方」に選ばれています。

プロミス情報

▼プロミスでお得に借りる方法はこちら
プロミスのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

*ランキングは当サイトのおすすめ順に掲載しています。

6.まとめ

学生がカードローンでお金を借りたい時のポイントは4つです。

  • 無利息期間を最大限利用する
  • 利用限度額を必要最小限にする
  • ウソはつかない
  • 入力ミスをなくす

必要な分だけをキャッシングして早めに返済するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket