アコム

学生でも借金はできる?学生がお金を借りる3つの方法と借入額の目安

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
借金する学生

アルバイトで毎月収入を得ていれば学生の方でも借金をすることは可能です。

しかし、もちろん借金にはそれなりのリスクがあるので、借入をする際は返済がきちんとできるのか慎重に検討してみることが大切です。

今回は学生が借金をする方法と実際に借りられる金額などについてご紹介します。

1.学生でも借金をする方法はある?

18歳以上(高校生を除く)でアルバイトなどの安定した収入があれば、学生でもお金を借りることは可能です。具体的には次のような方法が挙げられます。

方法1 カードローン

年齢が20歳以上なら学生でも消費者金融や銀行カードローンを利用できます。ただし、アルバイトなどで安定した収入がある方に限られるので、単発のアルバイト、そもそもアルバイトをしていない方は申し込むことができません。

方法2 学生ローン

未成年の場合には、18歳以上から申込める学生ローンというものがあります。学生ローンは簡単に言ってしまうと消費者金融の学生版です。金利は年16.0%~17.0%程度が相場なので、大手消費者金融に比べれば若干低金利です。

方法3 クレジットカードキャッシング

クレジットカードにはショッピング機能とキャッシング機能がありますが、18歳以上ならキャッシング機能付きのクレジットカードを申し込める場合があります。

もしもすでにキャッシングができるカードをお持ちなら、これがお金を借りるための最も手軽な方法でしょう。

ただし、未成年がクレジットカードを作る際には、必ず親権者の同意が必要になるので注意してください。

2.学生はいくらまで借金できる?

学生が借りられる金額としては、一般的に10万円~30万円ほどと言われています。もちろん、限度額は実際の収入によって変わるため一概には言えませんが、属性から見てもそれほど多くの金額を借りることはできないでしょう。

ただし、消費者金融やカード会社からの借入は総量規制の対象となるため、最大の借入額は年収の3分の1までと決まっています。

ですので、10万円を借りるなら年収30万円以上、20万円借りるなら年収60万円以上は必要ということになります。これは学生ローンについても同じです。

3.学生が借金をすることの3つのリスク

とはいえ、学生が簡単に借金をするのは決しておすすめできません。なぜなら借金にはそれなりのリスクが伴うからです。

リスク1 毎月の返済が負担になる

借金の返済額は借入先や金額によっても変わってきますが、仮に月々1万円の返済だとしてもアルバイトの学生にとっては大きな負担になるはずです。

リスク2 借金癖がつく

一度借金をするとそれが癖になり「お金が無くなったらまた借りればいい」という思考に陥りやすくなります。

特に限度額の範囲で繰り返し借入ができるキャッシングは、一度契約してしまえばあとは自由に借入ができるので、どうしても借金を繰り返しやすい傾向にあります。

リスク3 信用情報に傷がつく

金融機関でお金を借りるとその情報が信用情報に登録されます。信用情報には毎月の返済状況や申込情報といった借入に関するあらゆる情報が登録されるため、もしも返済が遅れた場合は信用情報に延滞履歴が登録されます。

そうなると基本的に5年間はその情報が消えないので、その間どこからも借入ができないという状態に陥ってしまいます。

4.学生が借金をせずにお金を作る3つの方法

安易に借金をするよりもまずは他の方法でお金を調達できないか考えてみましょう。

方法1 持っている物を売る

持っている物を売ってお金に換えるのが最も手軽な方法です。漫画やゲームなども数が多ければそれなりの金額になりますし、人気のフィギュアなども値段が付きやすいものの一つです。

その際近くのリサイクルショップを利用するのも良いですが、より高い値段で売るなら「メルカリ」や「ヤフオク」などを使うのがおすすめです。

方法2 単発のアルバイトをする

単発のアルバイトでお金を稼ぐという方法もあります。倉庫作業、イベント系、オフィス系など仕事内容は様々ですが、1日働けば最低でも日給7,000円~8,000円ほどにはなるでしょう。

特に軽作業系なら派遣会社に登録するとその日のうちに仕事をもらえる場合もありますし、夜勤帯なら1日で1万円以上稼ぐことも可能です。

方法3 在宅ワークを始める

継続的に収入を得るなら在宅ワークという手もあります。近年はネット環境とパソコンさえあれば様々な仕事ができますし、「ランサーズ」や「クラウドワークス」などのクラウドソーシングサービスも人気です。

クラウドソーシングの具体的な仕事内容には例えば次のようなものがあります。

  • ホームページ作成
  • web上の記事作成(個人ブログ、まとめサイトなど)
  • オンラインショップの商品登録作業
  • テープ起こし
  • イラスト作成
  • アンケートや体験談の投稿

仕事内容によって報酬にかなり差がありますが、専門的な知識やスキルがない状態から始めてもお小遣い程度なら比較的簡単に稼ぐことができるのではないでしょうか。

5.学生が借金したい時におすすめのカードローンランキング

学生が借金したい時におすすめのカードローンをご紹介します。急ぎでお金が必要な時はこの中から選んで申込をしてみてください。

アコム

アコムは融資スピードが最短1時間と早く、土日祝日に申込をしても当日中に借入できます。30日間の無利息期間もあるので「給料日が来たらすぐに返せる」といった短期間だけお金を借りたい方も多く利用しています。

アコム情報

▼アコムでお得に借りる方法はこちら
アコムのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

アイフル

アイフルは土日祝日含め審査は最短30分で完了し、最短即日利用が可能なため、今すぐ借入したい方や忙しい方、時間がない方に選ばれています。

また、アイフルには「配達時間えらべーる」というサービスがあり、自宅でカードを受け取る場合は指定の時間帯に受け取ることができるため、家族にバレたくない方の利用者も多いです。なお、郵送ではなくアイフルの無人契約でんわBOX「てまいらず」でカードを受け取ることもできます。

アイフル詳細

▼アイフルでお得に借りる方法はこちら
アイフルのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

プロミス

プロミスは審査が最短30分と非常に早く融資もスムーズです。WEB完結も可能ですし、カードレスの利用もできます。「とにかく借りやすいカードローンを利用したい方」に選ばれています。

プロミス情報

▼安心の女性オペレーター対応なら(男性も申込可)
プロミスのレディースキャッシング公式サイト

▼プロミスでお得に借りる方法はこちら
プロミスのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

*ランキングは当サイトのおすすめ順に掲載しています。

6.まとめ

学生が借金をすること自体は可能ですが、簡単にお金を借りるのは決しておすすめできません。困った時は金融機関よりもまずは親御さんに相談してみるのが得策でしょう。

それでもやむを得ず借金をする場合は、あらかじめしっかりと返済計画を立て、無理なく返済できる範囲の借入に止めるようにしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket