アコム

学生がお得に借りれるカードローンはどれ?いつでも返済できるカードローンで賢くお金を借りよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
カードローンが必要な学生さん

学生でも20歳以上で安定した収入がある方ならカードローンでお金を借りることができます。

保証人や担保も不要ですし、1万円から借りることができて自分の好きな時にいつでも返済可能です。

学生は基本的にアルバイトの収入で審査を受けることになるので借りられる金額はそれほど多くありませんが、10万円程度なら借りられるケースが多いでしょう。

今回はカードローンの申込を検討している学生の方に向け、カードローン選びのポイントや注意点などをご紹介していきます。

1.学生がカードローンを利用する時の賢い借り方

カードローン選びのポイントをご紹介します。

選び方1 審査通過を優先したい

審査基準はカードローンごとに違うため、明確な基準は融資担当者でなければ分かりませんが、一般的に銀行カードローンは審査が厳しく、ノンバンク(消費者金融や信販系)は審査が柔軟な傾向にあります。

審査に通るかどうかは借入先を選ぶ上で重要です。審査に通る可能性を優先したい時はアコムやプロミスなど大手消費者金融の中から選びましょう。

選び方2 できるだけ支払利息を減らしたい

できるだけ支払利息を減らしてお得にお金を借りるなら、「30日間無利息」のような無利息サービスがあるカードローンがおすすめです。

無利息期間中に全額返済すれば利息は1円もかかりませんし、30日を超えて借りる場合でも無利息期間である30日分の利息を減らすことができるのでお得にお金を借りることができます。

カードローンには消費者金融と銀行のものがあり、銀行系の方が金利が低く設定されていますが、学生の方が利用できる銀行カードローンは限られます。

新生銀行カードローン レイクは利用できますが、みずほ銀行や三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行などのカードローンは利用できないため、できるだけ支払利息を減らしたい時は低金利の銀行系を選ぶよりも無利息サービスがあるアコムやプロミスなどのカードローンを選んだ方が得策です。

なお、無利息期間がある主なカードローンは次の通りです。支払利息を減らしたい時はこの中から選びましょう。全て即日融資にも対応しています。

カード金利年無利息期間
アコム3.0%~18.0%初めてなら30日間無利息
レイク4.5%~18.0%選べる2つの無利息期間
・30日間無利息
・5万円まで180日間無利息
プロミス4.5%~17.8%初めてなら30日間無利息
アイフル4.5%~18.0%初めてなら30日間無利息

ちなみに、レイクは5万円までの借入なら180日間無利息で利用できます。借りたい金額は5万円以内におさまるならレイクを利用しましょう。

選び方3 今日中にお金を借りたい

当日中にお金を借りたいなら即日融資に対応している消費者金融がおすすめです。

銀行カードローンは融資まで数日程度かかりますが、大手消費者金融であれば即日融資が基本なので早ければ申込から1時間ほどで借りられます。

店舗に出向く必要もなくネットや電話で手続きができるので忙しい方にもおすすめです。

2.学生がカードローンを利用する時の4つの注意点

学生がカードローンでお金を借りる時の注意点をまとめました。

注意1 連絡先は自分の携帯番号にする

本人がカードローンの申込条件を満たしていれば親の同意は必要ないため、借入を家族に知られることは基本的にありませんが、申込確認のために連絡先を登録する必要があります。

親に借入を知られたくない方は自分の携帯電話の番号を登録しておいた方が良いでしょう。

注意2 借入額は必要最低限にする

場合によっては当初の希望額よりも利用限度額が高額になるケースもありますが、借りられるだけ借りてしまうと当然返済時の負担は大きくなります。

返済実績を積むと追加融資を持ちかけられることもありますが、カードローンの金利は決して低いとは言えませんので、無理のない返済ができるよう、借入額はあくまで必要最低限の金額にしておきましょう。

注意3 返済シミュレーションをする

初めてカードローンを利用する場合、借入額や期間によって利息がどのくらいかかるのか不安な方も多いと思いますので、あらかじめ利息を計算しておくと安心です。

カードローン利息は次の計算式で算出することができます。

利息=借入額×金利÷365日×借入日数

たとえば、10万円を金利18.0%で30日間借りた場合の利息は1,479円となります。

ただ、支払利息は毎月の返済額や返済方式によっても変わってくるので、借入をするカードローンのホームページ上にある返済シミュレーションを使うのが最も簡単でおすすめです。

注意4 延滞をしない

借入をする際には事前に無理のない返済計画を立て、延滞をしないよう気をつけましょう。延滞をすると信用情報に延滞履歴が登録され、最長5年間新たな借入ができなくなります。

クレジットカードやマイカーローンなどの申込もできなくなるので、自分の首を絞めないためにも毎月の返済はしっかりと行いましょう。

また、延滞をすると自宅に督促状が送られてきたり電話がかかってくる場合もあるので、家族に内緒にしている方はその点も注意が必要です。

3.カードローンの申込から借入までの流れ

カードローンの申込から借入までの流れをまとめました。

手順1 申込

カードローンの申込方法は主に次の5種類です。

  • インターネット
  • 電話
  • 窓口もしくは自動契約機
  • 郵送
  • FAX

最も手軽で早いのはインターネット申込ですが、不明点がある場合は電話や窓口で担当者と相談しながら申し込むと安心です。

手順2 審査

カードローンに申込をすると審査に入ります。審査では申込情報や信用情報を確認した後、アルバイト先への在籍確認も行われます。

在籍確認はあくまで在籍の有無を確かめるのが目的なので、契約内容についてあれこれ聞かれることはありません。電話は担当者の個人名でかかってきますし、本人以外にはカードローンに申し込んだことを話すこともないので、バイト先の同僚にバレる心配もありません。

大手消費者金融の場合は最短30分で終わるので非常にスピーディです。

手順3 融資

ネットキャッシングに対応しているカードローンなら、平日14時頃までに振込手続きをすればその日のうちに自分の口座に振り込んでもらうことができます。

平日14時以降や土日祝日でも22時頃までに自動契約機に行ってローンカードを受け取れば、提携ATMからすぐにお金を借りることができます。

4.学生におすすめのカードローンランキング

学生におすすめのカードローンをご紹介します。この中から選んで申込をしてみてください。

アコム

アコムは融資スピードが最短1時間と早く、土日祝日に申込をしても当日中に借入できます。30日間の無利息期間もあるので「給料日が来たらすぐに返せる」といった短期間だけお金を借りたい方も多く利用しています。

アコム情報

▼アコムでお得に借りる方法はこちら
アコムのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

新生銀行カードローン レイク

新生銀行カードローン レイクには30日間無利息、もしくは5万円まで180日間無利息の2つの選べる無利息期間があるので「お金を短期間借りたい方」「少額の借入をしたい方」に特に選ばれています。

新生銀行カードローンレイク情報

▼レイクでお得に借りる方法はこちら
新生銀行カードローンレイクのメリット・デメリットを徹底解説|融資を受ける手順と注意点とは

プロミス

プロミスは審査が最短30分と非常に早く融資もスムーズです。WEB完結も可能ですし、カードレスの利用もできます。「とにかく借りやすいカードローンを利用したい方」に選ばれています。

プロミス情報

▼プロミスでお得に借りる方法はこちら
プロミスのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

*ランキングは当サイトのおすすめ順に掲載しています。

5.まとめ

学生でも利用できるカードローンはたくさんありますが、金利や申込条件、毎月の返済額などはカードローンによって違います。

カードローンを利用する場合はそれぞれの特徴をよく理解した上で、自分にとってメリットが多いカードローンを選ぶことが大切です。

ただし、カードローンの金利は他のローンに比べて若干高いので、利用する場合は無理なく返済できる範囲の必要最低限の金額に止めるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket