アコム

未成年の学生が親に内緒でお金を借りる方法と3つの注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
お金を借りたい学生さん

学生でもアルバイトで毎月収入がある方ならカードローンなどでお金を借りることは可能です。

しかし、一般的にカードローンを利用できるのは20歳以上からなので、未成年の学生がお金を借りたい場合はまた違った方法を選ぶ必要があります。

今回は学生がお金を借りる方法と注意点をご紹介していきます。

1.未成年の学生がお金を借りる方法

毎月アルバイトで収入を得ている20歳以上の学生なら、消費者金融や銀行のカードローンを利用することが可能です。しかし、20歳未満の方は基本的にカードローンの申込ができないので、その場合は学生ローンで借りるという選択肢になるでしょう。

学生ローンとはその名の通り、学生を対象にしたローンサービスのことです。基本的には消費者金融と同じですが、いわば消費者金融の学生版です。学生ローンを利用できるのは主に18歳以上の学生ですが、高校生は借りることができないので注意してください。

なお、学生ローンの申込に親の同意は必要ないため、借入を誰かに知られることはまずありません。ただし、契約時に書類が自宅に郵送されてくる場合もあるため、その点は注意が必要です。

申込時には連絡先を登録する必要がありますが、親に知られたくない方は自宅ではなく自分の携帯電話の番号を登録しておきましょう。

2.学生ローンで借りられる限度額の目安

学生ローンは総量規制の対象となるため年収の3分の1を超える金額は借りることができません。つまり、30万円借りたいと思ったら年収は90万円以上必要ということです。

また、ここにはクレジットカードのキャッシング枠や他の賃金業者からの借入なども含まれてきます。

特にクレジットカードのキャッシング枠は実際の借入状況に関わらず利用枠がそのまま借入額としてみなされるので覚えておきましょう。

3.学生がお金を借りる時の3つの注意点

学生ローンを利用する際には以下の点に十分注意してください。

注意1 借入額は必要最低限にする

交際費や生活費など、学生でもお金を借りたい状況はあるかもしれませんが、アルバイトの収入では毎月の返済が大きな負担になる場合も多いはずです。やむを得ずお金を借りる場合はできるだけ必要最低限の借入に止めることが大切です。

場合によっては当初の希望額よりも融資限度額が高額になるケースもあります。しかし、借りられるだけ借りてしまうと、当然返済時の負担は大きくなります。

返済実績を積むと追加融資を持ちかけられることもありますが、学生ローンやカードローンの金利は決して低いとは言えませんので、無理のない返済ができるよう、借入額はあくまで必要最低限に止めておきましょう。

注意2 利息を計算しておく

学生ローンや消費者金融から借入をする際、借入額に応じて利息がどのくらいかかるのかは最低限知っておく必要があります。利息は日割り計算になるため、借入日数に応じて次のように計算します。

借入元本×金利÷365日×借入日数=利息

たとえば10万円を金利17.0%で30日間借りた場合の利息は1,397円となります。自分が借りるお金にはいくら利息がかかるのか事前に確認しておきましょう。

注意3 延滞をしない

借入をする際には事前に無理のない返済計画を立て、延滞をしないよう注意しましょう。延滞をすると信用情報に延滞履歴が登録され、今後ローンなどが組めない状況に陥る場合があります。

延滞履歴があるとクレジットカード、住宅ローンやマイカーローンの審査などに今後大きく影響してきますので、社会人になってからの生活を守るためにも毎月の返済はしっかりと行いましょう。

また、延滞をすると自宅に督促状が送られてきたり電話がかかってくる場合もあるので、家族に内緒にしている方はその点も十分注意が必要です。

4.学生ローンでお金を借りる時の契約の流れ

学生ローンの申込はインターネットか電話、または店頭で行います。基本的には学生証と免許証や保険証などの本人確認書類があれば申し込むことができ、即日融資をしてくれる金融会社もいくつかあります。

ただし、書類などを郵送しなければならない場合もあるので、その場合は1~2週間程度余裕を持って申し込むようにしましょう。

5.学生ローンと消費者金融4つの違い

学生ローンと消費者金融、どちらも同じ賃金業者には変わりありませんが、この2つには主に次のような違いがあります。

違い1 金利

一般的な消費者金融よりも学生ローンの方が金利は若干低い傾向にあります。大手消費者金融の上限金利はほとんどが年18.0%ですが、学生ローンの場合は年16.0%~17.0%台のところが多いです。

主な消費者金融カードローンの金利は次の通りです。

消費者金融金利年利用限度額
アコム3.0%~18.0%1~800万円
プロミス4.5%~17.8%1~500万円
アイフル4.5%~18.0%500万円
モビット3.0%~18.0%1~800万円

違い2 利用限度額

学生ローンは融資対象者が学生ということもあり、利用限度額は最高50万円としている会社がほとんどです。一般的な消費者金融の利用限度額は500万~800万円ほどですが、学生の収入源はあくまでアルバイトという前提があるため、融資限度額も収入に見合った金額となります。

違い3 借入と返済方法

学生ローンの借入や返済方法は主に店頭での手渡しと銀行振込です。大手消費者金融のようにコンビニなどのATMを利用できる金融会社はほとんどないため、正直それほど利便性は高くありません。

違い4 年齢制限

アコムやプロミスなどの一般的な消費者金融の場合、申し込める年齢は20歳以上となっています。20歳以上ならアルバイトでも安定した収入があれば借入ができますが、未成年の方は借入ができません。その点、学生ローンは未成年でもアルバイトなどで安定した収入を得ている学生なら申込可能です。

6.まとめ

大手消費者金融に比べれば学生ローンの方が金利は若干低めですが、それでもローンの中では高金利な部類に入ります。金利が高い分利息も多くかかりますし、万が一返済が遅れれば自分の信用情報に傷がついてしまいます。

お金を借りる目的は人それぞれですが、学生が安易に借入をするのは決しておすすめできません。本当に必要なお金なのか冷静に考え、どうしてもお金が必要な場合は、まずは親御さんに貸してもらえないかどうか相談してみることをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket