個人事業主の強い味方!日本政策金融公庫で融資を受ける全知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
個人 事業主 融資0

個人事業主が融資を受けたいと思ったら、まずは借入先を検討することになります。

個人事業主に関しては銀行からの融資は難しい場合も多いため、既に銀行に融資の申込をして断られてしまったという方も、なかにはいるかもしれません。

しかし、個人事業主でも融資を受ける事はもちろん可能です。特におすすめなのが、「日本政策金融公庫」という政府系金融機関から融資を受ける方法です。

この記事では、日本政策金融公庫から融資を受ける流れや、なぜ個人事業主におすすめなのか、その理由についてご紹介していきます。

1.個人事業主が銀行から融資を受ける難しさ

公務員や会社員なら銀行から融資を受ける事はそれほど難しくないでしょう。しかし、個人事業主となるとそのハードルは一気に上がります。そこにはいくつかの理由がありますが、最も大きな理由として挙げられるのは、収入が安定していないという点です。

事業主の場合、たとえ現在の年収が1,000万円だったとしても、翌年は0円になるということがあり得ます。これはあまりにも極端な例かもしれませんが、いずれにしても、会社員に比べ継続的な安定収入の確保が難しいというのは確かです。

銀行は融資の可否を判断する際、これまでの業績や今後の事業計画などをもとに企業の返済能力を審査しますが、大前提としてまずは収益の安定性を求めるため、個人事業主にとっては非常に不利な状況になってしまいます。

2.銀行よりも借りやすい!日本政策金融公庫

日本政策金融公庫とは政府系金融機関の一つで、主に中小企業者向けの支援サービスや融資を行っています。そのため、銀行などに比べ中小企業や個人事業主への融資に積極的な金融機関と言われています。日本政策金融公庫では様々な融資制度を取り扱っていますが、その一部をご紹介します。

個人 事業主 融資1

個人 事業主 融資2

個人 事業主 融資3

3.日本政策金融公庫で融資を受けるメリット

日本政策金融公庫からの融資には、以下のようなメリットがあります。

メリット1 実績が無い場合でも柔軟な審査をしてくれる

これから事業を始める人や事業を始めて間もない方でも、将来性があると認められれば、融資を受けられるケースが多いです。もちろん、実績が無い事業者についてはしっかりとした事業計画と返済計画が重要となります。

メリット2 低金利

融資金利は融資の種類や担保の有無などによっても違いますが、全体として約1.0%~2.5%程度に設定されており、銀行などの民間金融に比べて低金利なのが魅力です。また、基本的には全ての融資に対して固定金利が適用となるため、完済までの返済計画が立てやすいことも挙げられます。

メリット3 担保や保証人が不要の場合も多い

一定額以下の融資であれば、不動産などの担保は必要なく、保証人の設定のみで融資を受けることができます。また、過去に日本政策金融公庫での融資実績がある方については、保証人も不要で融資にも応じてくれる場合があります。

4.日本政策金融公庫で融資を受けるデメリット

一方、デメリットと思われるのは以下の点です。

デメリット1 審査に時間がかかる

申込から融資までは、3週間~1ヵ月程度かかります。至急事業資金を調達しなければならない場面では、対応が難しくなってしまいます。申し込む場合は資金が必要な時期に合わせて早めに相談されることをおすすめします。また、提出書類に不備があるとさらに時間がかかってしまうので注意しましょう。

デメリット2 担保による融資は受けられない

基本的には、事業で得た利益から返済を行うことを前提としているため、初めから担保に頼った返済計画では融資に応じてもらえません。もちろん、事業が計画通りに進まず、結果的に担保で返済をすることになった場合はこの限りではありません。

デメリット3 民間金融機関からの借り換えはできない

最初から日本政策金融公庫から借りる場合は良いですが、銀行など民間金融機関からの借り換えには対応していないので注意しましょう。

5.日本政策金融公庫の融資までの流れ

申込から融資までは流れは以下の通りです。

①事前相談

融資を希望する場合は、まず最寄りの日本政策金融公庫、もしくは商工会議所や商工会に問い合わせをしてみましょう。申込の流れや融資について不安がある方は、電話ではなく窓口で直接聞いてみるのが良いでしょう。申込書については窓口で受け取ることができます。

②申込

申込書と必要書類を提出します。こちらについては郵送でも受け付けてくれます。個人事業主の方が申し込む際は、以下の書類が必要です。

  • 借入申込書
  • 直近二期分の確定申告書
  • 最新の試算表

③面接

面接は、申し込みから1~2週間後に行われます。面接の所要時間は大体1~2時間程度で、申込時に提出した資料をもとに、事業内容や決算書の詳細などについて担当者と話をします。

また、借入希望額や借入時期、資金使途、返済計画などについても面接で聞かれることが多いので、スムーズに答えられるようあらかじめ準備しておいたほうが良いでしょう。

④融資実行

これまでの内容をもとに、融資の可否についての審査が行われます。審査結果が出るまでは概ね1~2週間程度、担保が必要になる場合はその査定期間を含め、1ヵ月程度見ておいたほうが良いでしょう。

6.急いでいるなら迷わず個人事業主向けのカードローン

日本政策金融公庫からの融資には数週間~1ヵ月程度かかるため、急ぎで資金が必要な場合は、個人事業主向けのカードローンがおすすめです。

一般的に銀行や消費者金融などのカードローンは、事業資金に充てることを禁止しているため、プライベートではなく事業資金として借りる場合は、個人事業主専用のカードローンを選ぶ必要があります。

個人事業主向けカードローンの最大のメリットは、何よりも融資までの時間が早いという点です。銀行や消費者金融が発行しているカードローンの中には即日中に借入ができるものもあるので、スムーズな資金調達が可能です。

また、本来であれば消費者金融からの借入は総量規制の対象となりますが、個人事業主向けカードローンについては総量規制の対象外となるのもポイントです。個人事業主が金融機関から借入をするのは決して簡単な事ではありませんが、個人事業主用のカードローンであれば、比較的審査にも通りやすくなるでしょう。

詳しくは次のページを参考にしてみてください。

「個人事業主やフリーランスが今すぐ借りられるカードローン5選」

7.まとめ

今回は個人事業主が融資を受ける方法についてご紹介しました。最初から銀行や信用金庫などで融資を受けることができるなら、もちろんそれに越したことはありません。

しかし、個人事業主という性質上、すんなりと貸してくれる銀行はなかなか無いでしょう。まずは、今回ご紹介した日本政策金融公庫で融資と返済実績を積み上げ、事業主としての信用をコツコツと積み重ねていくことが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket