アコム

三井住友銀行カードローンでお得にキャッシングする利用方法まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
三井住友銀行 キャッシング0

三井住友銀行でキャッシングするなら、低金利で最高800万円まで借りられるカードローンがおすすめです。

三井住友銀行カードローンは、銀行系では数少ない即日融資にも対応した非常に利便性の高い商品です。今回はそんな三井住友銀行カードローンのメリットや基本情報について詳しくご紹介します。

また、三井住友銀行の口座をお持ちかどうかで利用できるサービスが違うので、その辺りについてもぜひ参考にしていただければ幸いです。

1.三井住友銀行カードローン5つのメリット

三井住友銀行カードローンは大手銀行が発行するカードローンということもあり、非常に使い勝手が良い商品と言えます。まずは三井住友銀行カードローンのメリットからご紹介していきます。

メリット1 審査は最短30分

審査時間は最短30分と非常にスピーディーです。大手消費者金融プロミスでも有名なSMBCコンシューマーファイナンス株式会社が保証会社ということもあり、消費者金融のノウハウを活かした素早い審査が可能です。

メリット2 即日融資可能

銀行系のカードローンでは珍しく、即日融資に対応しています。すでに普通預金口座をお持ちなら、ネットバンキングで申し込みから借り入れまでを当日中に行うことができますし、口座が無い方でも銀行窓口やプロミス店舗に設置してある自動契約機でカードを受け取れば、当日中の借り入れが可能です。

メリット3 ATM手数料無料

三井住友銀行のATMはもちろん、イーネット、ローソン、セブン銀行などコンビニのATMも手数料無料で利用できます。手数料無料で使えるATMがこれだけ充実しているカードローンは珍しいので、借り入れや返済をATMから行いたい人には特におすすめです。

メリット4 借り換えやおまとめにも使える

利用限度額は最高800万円と高額なので、借り換えやおまとめローンとしても利用できます。銀行カードローンは消費者金融などと比べ低金利ですし、限度額が大きいほどお得な金利で利用できます。

メリット5 土日祝日も借り入れ可能

銀行カードローンの場合、土日の審査に対応しているところは少ないですが、三井住友銀行カードローンなら、土日祝日でも自動契約機での申し込みとカードの受取りが可能です。審査結果の連絡可能時間は夜9時までとなっていますので、当日中に借りたい場合は時間に余裕を持って来店しましょう。

2.普通預金口座がある方のみ利用できるサービス

三井住友銀行カードローンは、口座が無くても申し込み可能ですが、口座を持っているとさらに便利なサービスを利用できます。

その1 インターネットバンキングによる借り入れと返済

三井住友銀行の口座をお持ちで、なお且つネットバンキングの申し込みをしている方については、カードローン口座を「振込み・振替」の際の出金口座として利用できます。

その2 口座引き落としによる返済

また普通預金口座があれば、カードローンの返済を口座引き落としにすることも可能です。引き落とし日は毎月5日、15日、25日、月末から自由に選べるので、自分の給料日に合わせて設定しておくことで、払い忘れを防ぐことができます。

その3 キャッシュカードを使った借り入れと返済

既に普通預金口座を開設済みの場合、お持ちのキャッシュカードにローン機能を付帯させることができます。ローンカード専用の場合でも、デザインは普通預金のキャッシュカードとさほど変わらないので、持っていても周りにカードローンだと気付かれることはないでしょう。しかし、キャッシュカード一体型ならカードを2枚持つ必要がないため、お財布の中もスッキリです。

その4 普通預金口座への自動融資機能

クレジットカードや公共料金を口座引き落としにしている場合、口座残高が足りないと引き落としができず、うっかり支払いを延滞してしまうことがあります。

ですが、三井住友銀行の普通預金口座とカードローン口座があれば、引き落とし日に残高が足りない場合にカードローンから自動で支払いをしてくれる自動融資サービスが適用されます。口座管理が不安な方には、嬉しいサービスと言えるではないでしょうか。

3.申し込みの前に確認すべき5つのチェックリスト

三井住友銀行カードローンに申し込む前に確認しておきたいことについてお伝えします。

①申込条件

三井住友銀行カードローンの申し込みができるのは、以下の条件をすべて満たす方です。

  • 申し込み時満20歳以上69歳以下の方
  • 原則安定した収入のある方
  • 三井住友銀行指定の保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証を受けられる方

注意!専業主婦は利用できません

  • 一般的な銀行カードローンであれば、専業主婦などご自身に収入がない方についても、配偶者に安定した収入があることを条件に借り入れができます。
  • 三井住友銀行カードローンについては、あくまで申込者本人に収入があることが条件となっているため、専業主婦の申込みはできません。
  • 専業主婦の方については、他の銀行カードローンを検討しましょう。

②利用限度額と金利

利用限度額は最高800万円となっており、限度額ごとの適用金利は以下の通りです。

三井住友銀行キャッシングss

出典:http://www.smbc.co.jp/kojin/cardloan/details/

③借り入れ方法

借り入れ方法は基本的に以下の2種類です。

方法1 ATMからの借り入れ

<ローン専用カードで借り入れができるATM>

  • 三井住友銀行のATM
  • イーネット、ローソン、セブン銀行ATM
  • ゆうちょ銀行
  • その他提携金融機関のATM

<キャッシュカードで借り入れができるATM>

  • 三井住友銀行のATM
  • イーネット、ローソン、セブン銀行ATM
  • 大分支店立命館アジア太平洋大学共同出張所のCD機

方法2 インターネットバンキングによる借り入れ

ネットバンキングの申込みをしている場合は、カードローン口座を出金口座とする「振込・振替」での借り入れが可能です。

また、ネットバンキングからカードローンの申し込みを行えば、店頭や自動契約機に出向くことなく、審査が終わり次第手持ちのキャッシュカードで借り入れができるため、店舗に行く時間は無いけど今日中に借りたいという場合にもおすすめです。

④返済方法

返済方法についても基本的にはATMからの返済となりますが、普通預金口座をお持ちなら、ネットバンキングや口座引き落としによる返済も可能です。口座引き落としなら自分で支払いをする手間がかからないので、払い忘れが心配な方についても口座引き落としを選ぶと良いでしょう。

⑤申込方法

三井住友銀行カードローンは、申込方法も非常に充実しています。以下の中から自分に合った方法を選択しましょう。

  • スマホやパソコン
  • インターネットバンキング(普通預金口座がある方のみ利用可)
  • 自動契約機
  • 電話
  • 郵送
  • 窓口

急ぎで借りたい場合は、ネットか電話または自動契約機からの申し込みを選びましょう。契約時には運転免許証やパスポートなどの本人確認書類、限度額50万円超の場合は収入証明書が必要ですので、あらかじめ用意しておくと手続きがスムーズです。

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローン詳細

▼三井住友銀行カードローンでお得に借りる方法はこちら
三井住友銀行カードローンのメリット・デメリットを徹底解説|融資を受ける手順と注意点とは


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket