三井住友銀行カードローンの賢い返済方法|手数料無料で返済する方法と利息を減らす極意

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
返済方法で悩んでいる女性

「三井住友銀行カードローンってどんな返済方法があるんだろう…」

できれば利息以外の負担がかからないよう、なるべく手数料無料の方法で返済していきたいですよね。

返済方法はカードローン申込時に案外見落としがちですが、しっかり確認しておかないと後で利息や手数料がじわじわ効いてきます。

この記事では、三井住友銀行カードローンのお得な返済方法や注意点などをまとめました。

損をしないためにも申込前に確認しておきましょう。

1.手数料無料|三井住友銀行カードローンのお得な返済方法

三井住友銀行カードローンの返済方法は主に3つありますが、三井住友銀行ATMや提携コンビニATMを利用の場合は全て手数料無料です。他の返済方法は手数料がかかります。

  1. ATMでの返済
  2. 振込での返済
  3. 口座振替による返済

最も便利なのはATMでの返済です。コンビニATMも利用できますし、利便性が高いので困ることはないでしょう。

借入・返済共に手数料無料、時間外手数料で利用できるATMは次の通りです。

  • 三井住友銀行ATM
  • E-net ATM(ファミマなど)
  • ローソンATM
  • セブン銀行ATM
  • ゆうちょATM(ローン専用カードのみ利用可能)

他にも提携金融機関のATMでも借入できますが手数料がかかるので注意しましょう。(ローン専用カードの場合のみ利用可能)

返済忘れを無くしたい方は口座振替も利用すると便利です。返済日にカードローン口座へ入金がなかった場合、普通預金口座から借入残高に応じた約定返済金額が毎月自動で引き落とされます。

ATMでの返済をうっかり忘れても自動引き落としされるので返済忘れを防ぐことができますし、ATMで返済した場合は口座振替は一度お休みになります。

2.三井住友銀行カードローン返済の注意点

三井住友銀行カードローンの返済方式は残高スライド方式です。

借入残高に応じて返済額も段階的に変化していき、借入残高が多いほど月々の返済額が大きく、少なくなるにつれて返済額も小さくなります。

借入残高 約定返済金額
2,000円未満 約定返済時の利息金額と
借入残高の合計額(2,000円を上限)
2,000円以上
50万円以下
10万円以下の場合2,000円、
以後、借入残高が10万円
増すごとに2,000円を追加
50万円超
300万円以下
60万円以下の場合11,000円、
以後、借入残高が10万円
増すごとに1,000円を追加
300万円超
500万円以下
350万円以下の場合40,000円、
以後、借入残高が50万円
増すごとに5,000円を追加
500万円超
800万円以下
600万円以下の場合60,000円、
以後、借入残高が100万円
増すごとに5,000円を追加

返済額としては非常にシンプルで把握しやすいですが「返済額が丸々元金の返済にあてられるわけではない」ことには注意が必要です。

例えば借入残高が50万円の場合の返済額は10,000円です。

10回返済したら借入残高は40万円近くになると勘違いしそうですが、実際は返済額10,000円の大部分は利息なので元金は思ったほど減りません。

こちらの表は三井住友銀行カードローンの返済シミュレーションで出した返済計画です。毎月5,000円以上が利息にあてられていることがわかります。

三井住友銀行カードローン返済計画表
*借入金額50万円、毎月返済額10,000円、借入金利年14,5%
出典 三井住友銀行カードローン

ここが残高スライド方式の落とし穴です。余裕がある時に繰り上げ返済をしないといつまでたっても借入金が減っていきません。

仮に50万円を毎月10,000円ずつ返済していく場合には完済まで78ヶ月(6年6ヶ月)かかってしまいます。

三井住友銀行カードローン返済期間シミュレーション結果

支払う利息の合計も271,542円と非常に高額になるので、

三井住友銀行カードローン支払総利息

お金に余裕がある時は積極的に繰り上げ返済をしていくことが重要です。

3.知って得する三井住友銀行カードローン返済の豆知識

三井住友銀行カードローンの返済で知っておいた方が良い豆知識をご紹介します。

豆知識1 返済日

三井住友銀行カードローンの約定返済日は毎月5日、15日、25日、月末から選ぶことができます。約定返済日が休日(銀行休業日)の場合は翌営業日が返済日です。

三井住友銀行カードローンの返済日は後から変更できないので、給料日の後に設定すると計画的な返済ができるでしょう。

また、毎月の約定返済とは別にいつでも繰り上げ返済をすることができます。繰り上げ返済もATM手数料無料なので、余裕がある時は支払利息を減らすためにも積極的に行いましょう。

なお、約定返済日より前に繰り上げ返済をした場合は次回返済が1回お休みになります。

豆知識2 返済シミュレーション

三井住友銀行カードローンの公式ホームページには返済シミュレーションがあります。簡単な入力だけで毎月の返済額や支払利息、返済期間を調べることができます。

他にも検討しているカードローンがある場合はどちらがお得に借りれるのか事前に比較して計画的な借入をしていきましょう。

豆知識3 遅延損害金

三井住友銀行カードローンで返済が遅れると、借入金の残高に対して年19.94%の遅延損害金が日割り計算で加算されていきます。

軽微の延滞は遅延損害金の上乗せペナルティーで済む場合が多いようですが、長期延滞だとカードローンの利用停止や保証会社からの督促、そして信用情報に延滞記録が付く可能性があります。

軽微の延滞でも信用情報に延滞記録が付く可能性はあるので、延滞しないよう計画的に利用していきましょう。

なお、返済が苦しくなった場合は延滞する前にコールセンターに電話をして相談しましょう。今後どうしていけば良いのかなど親身になって相談に乗ってくれます。

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローン詳細

▼三井住友銀行カードローンでお得に借りる方法はこちら
三井住友銀行カードローンのメリット・デメリットを徹底解説|融資を受ける手順と注意点とは

4.返済方法が便利なカードローンランキング

三井住友銀行カードローン以外で返済方法が便利なカードローンをご紹介します。

新生銀行カードローン レイク

新生銀行カードローン レイクには30日間無利息、もしくは5万円まで180日間無利息の2つの選べる無利息期間があるので「お金を短期間借りたい方」「少額の借入をしたい方」に特に選ばれています。

新生銀行カードローンレイク情報

▼レイクでお得に借りる方法はこちら
新生銀行カードローンレイクのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

アコム

アコムは融資スピードが最短1時間と早く、土日祝日に申込をしても当日中に借入できます。30日間の無利息期間もあるので「給料日が来たらすぐに返せる」といった短期間だけお金を借りたい方も多く利用しています。

アコム情報

▼アコムでお得に借りる方法はこちら
アコムのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

プロミス

プロミスは審査が最短30分と非常に早く融資もスムーズです。WEB完結も可能ですし、カードレスの利用もできます。「とにかく借りやすいカードローンを利用したい方」に選ばれています。

プロミス情報

▼プロミスでお得に借りる方法はこちら
プロミスのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

*ランキングは当サイトのおすすめ順に掲載しています。

5.まとめ

カードローンを利用するにあたり、返済方法や手数料などを知っておくことは非常に大切です。可能な限り利息を減らしていけるよう、余裕がある時には手数料無料の方法で繰り上げ返済をしていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket