三井住友銀行カードローン返済方法まとめ|少ない利息ですばやく返済

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
三井住友銀行 カードローン 返済方法

「三井住友銀行カードローンを利用してみたいけど、どんな返済方法があるんだろう。」

カードローンを利用するにあたり、返済方法や返済日、返済額や手数料について知っておくことは非常に大切です。

カードローンを利用するということは、お金を借りることなので、早く返済することができるに越したことはないからです。できれば利息もなるべく払わずに返済したいですよね。

この記事では、三井住友銀行カードローンの返済について詳しくまとめました。

どのようにすれば利息を少なくすることができるかについてもお伝えしていきますので、三井住友銀行カードローンを利用するときの参考になれば幸いです。

1.三井住友銀行カードローンの3つの返済方法

三井住友銀行カードローンには、一般的な返済方法は全てそろっています。最も一般的な返済方法は口座振替による返済ですが、順番に各返済方法についてご紹介していきます。

返済方法1 口座振替

口座振替の返済は普通預金の銀行口座から、返済日に自動的に返済引き落としされる方法です。給与振り込み口座を返済口座に指定しておくことによって、返済忘れを防ぐことができますし、給与振込日を返済日とすることで、残高不足による延滞も防ぎやすくなります。口座振替ですと、返済の手数料がかかることは一切ありませんのでお得です。

三井住友銀行以外の金融機関の普通預金口座を返済口座に指定することも可能で、その場合はカードローン専用のカードが発行されます。ATMで臨時返済が行われた場合は、次回の返済が一度お休みになります。逆にATM返済が行われなかった場合は、口座振替の引落しがあるとも言えます。

返済方法2 ATM

ATMを利用して返済することも可能です。三井住友銀行のATMはもちろんのこと、コンビニのATMやゆうちょ銀行のATMも返済に利用することができます。(ローン専用カードの場合)返済用の普通預金のキャッシュカードと兼用のカードの場合は、ゆうちょ銀行を利用できない制限がありますので注意が必要です。

返済方法3 振込

振込での返済も利用することができます。基本的に振込は他金融機関から行うことになりますので、どうしても出張先などで、無料で返済できるATMが見当たらない場合に限られるでしょう。ただし、全ての提携金融機関から返済できるわけではありませんので、あらかじめ利用できるかどうか確認しておくのが無難です。

ローン専用カードと、キャッシュカードによっても可能な取引が細かく異なっていますので、想定される取引が可能かどうかも事前に確認しておきましょう。振込で返済をする場合の振込手数料は顧客負担となりますし、手続きも面倒ですので、振込返済は余程緊急の場合にしか利用することはないと思われます。

2.三井住友銀行カードローンの返済日

三井住友銀行カードローンの約定返済日は毎月5日、15日、25日、月末から選ぶことができます。20日が無いのが少しだけ気になりますが、給料日から大きく外れることなく選ぶことができるのは、なかなか使い勝手が良いと言えます。

約定返済日が休日(銀行休業日)にあたった場合は、翌営業日が返済日となります。約定返済とは別に、いつでも臨時返済を利用することができます。ATMやインターネットバンキングなども利用できるので、余裕があるときには積極的に臨時返済を行うと支払利息を抑えることができますのでおすすめです。

約定返済日より前に臨時返済を行った場合には、次回返済が1回お休みとなります。三井住友銀行カードローンの返済日は、一度設定すると後から変更することはできません。勤務先の変更などで給料日が変わった場合の対応ができないのは、少々使い勝手が悪いとも言えます。

カードローンの返済で重要になってくるのが返済日です。給料日からあまり返済日が離れていたりすると、うっかり返済日を忘れて余分に引き出してしまい、残高不足で口座振替ができなかったということにもなりかねません。返済日が気になる場合には、返済日を自由に変更できるカードローンもありますので、そちらも検討すると良いでしょう。

3.三井住友銀行カードローンの返済額

三井住友銀行カードローンの返済額は、ホームページ上で簡単にシミュレーションすることができます。月々の返済額はもちろんのこと、返済期間などもシミュレーションできる高機能なシミュレーターを実装していますので、返済計画を容易に立てることができて便利です。

>> 三井住友銀行カードローンの返済シミュレーションへ

三井住友銀行カードローンの約定返済は、残高スライド方式が適用されます。この残高スライド方式では、残高に応じて返済額も段階的に変化していくというものです。

たとえば借入残高が50万円超100万円の間の場合、月々の返済額は15,000円で、これが50万円以下となると自動的に返済額が10,000円に下がるといった具合です。借入残高が多いほど月々の返済額が大きく、少なくなるにつれて返済額も小さくなるイメージです。

初回の申し込みでは限度額50万円というのが通常ですから、その場合の返済額は10,000円で、それ以上は下がらないということになります。返済額としては非常にシンプルで把握しやすいです。

ただし、毎月1万円返済しているからと言って、その金額が丸々元金の返済に充てられるわけではない、ということには注意が必要です。例えば50万円借りたとして、10回返済したので借入残高は40万円になると勘違いしそうですが、実際は返済金額の10,000円のうち、利息がかなりの部分を占めてしまうため、元金は思ったほど減りません。

ここが残高スライド方式の落とし穴で、余裕があるときに臨時返済を行わないと、いつまでたっても借入金が減らないという状況に陥ってしまいます。約定返済額だけでは十分な返済額とは言えませんので、臨時返済がおっくうに感じてしまう方には、あまり向かない返済方式であるということができます。

ちなみに利息部分の計算は、残高に対して金利を日割り計算で求めた金額が、約定返済額の中から差し引かれることになります。この場合の借入金残高は100円単位で付利されますので、端数は切り捨てでの計算となります。

4.三井住友銀行カードローンの返済手数料

カードローン全般的に返済手数料がかかるケースは稀です。三井住友銀行カードローンでも返済手数料がかかることはありません。あえて言うならば、返済に振込を利用したときの振込手数料くらいです。申し込み手数料や年会費などもありませんので、支払利息以外に負担する手数料は基本的にありません。(カード紛失の再発行手数料などを除く)
三井住友銀行カードローン詳細


▼三井住友銀行カードローンの詳細を確認したいなら
三井住友銀行カードローンのメリット・デメリットを徹底解説|最速融資を受ける手順と注意点とは

5.返済が遅れた場合

三井住友銀行カードローンで返済が遅れてしまうと、借入金の残高に対して19.94%(年利)の遅延損害金が上乗せされます。遅延損害金は延滞1日ごとに日割り計算で加算されて行きますので、くれぐれも延滞はしないように心がけたいものです。

軽度の延滞であれば遅延損害金の上乗せペナルティーで済まされる場合が多いようですが、長期延滞となるとカードローンの利用停止、および保証会社からの督促を受ける可能性があります。もちろん軽微の延滞でも信用情報に延滞記録が付く可能性はありますし、長期延滞となれば完全にブラックリスト入りとなってしまいますので、くれぐれも延滞することのないよう、計画的に利用していきましょう。

返済が苦しくなった場合は、延滞する前にコールセンターなどに相談するようにしましょう。怖い人が出てくるなんてことはあり得ませんので、ためらう必要はありません。

6.三井住友銀行カードローンの返済シミュレーション

三井住友銀行カードローンの返済シミュレーションは、必要な数字をいくつか入力するだけで、即座に返済額や支払利息などを表示してくれます。氏名などの個人情報を入力する必要はありませんので、簡単お手軽に利用が可能です。

他の金融機関のカードローンのシミュレーションもしてみて、どちらがお得に借りることができるか、比較してみましょう。月々の返済額は、借入金額と残高によってはっきりと決まっていますので、返済計画を立てるのは比較的簡単にできます。

>> 三井住友銀行カードローンの返済シミュレーションへ

7.まとめ

返済方法は申し込み時に案外見落としがちですが、しっかりとチェックしておかないとカードローンを利用した後、利息や手数料がじわじわ効いてきます。少ない利息で損せず利用することができるよう、自分に合っているかを確認してから申し込みをするようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket