三井住友銀行カードローンの増額に必要な全知識と5のポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
三井住友銀行カードローン 増額0

三井住友銀行カードローンは消費者金融カードローンと比べ、もともと金利面で有利であるのはもちろん、増額によってさらに金利が下がる可能性があります。

そのため、三井住友銀行カードローンの枠が少し物足りなく感じた場合は、他のカードローンに新規で申し込むよりも、まずは三井住友銀行カードローンの増額で対応できないかチェックしてみるのがおすすめです。

しかし、カードローンの増額手続きというのは、一般の方にはなじみの薄いもので、どのように手続きしたらよいのか見当もつかないかもしれません。

この記事では、三井住友銀行カードローンの増額にスポットライトをあてて、詳しくご紹介していきたいと思います。

1.三井住友銀行カードローン2つの増額方法

三井住友銀行カードローンの増額は、三井住友銀行カードプラザのフリーダイヤルに電話するか、ローン契約機からでも申し込むことができます。三井住友銀行カードローンプラザのフリーダイヤルのオペレータ対応は、9:00~21:00の受付時間となっており、1月1日を除く土曜・日曜・祝祭日も受付していますので、勤め人にも比較的利用しやすくなっています。

三井住友銀行カードローンはメガバンクのカードローンであることから、何となく敷居が高そうな印象を受ける方も多いようなのですが、実際には意外なほどに庶民的な一面を持っています。銀行カードローンが敷居が高いというのは、確かに当てはまる面もありますが、必ずしも全てのカードローンがそうとは言い切れないのです。あまり気張らずに、まずはフリーダイヤルへ相談の電話をかけてみると良いでしょう。

方法1 電話での増額

実際に、三井住友銀行カードプラザのフリーダイヤルへ電話をかけると、まず自動音声ガイダンスが流れます。ガイダンスに続いて2番の「契約済のお客様」を選択し、次の案内で1番の「極度額変更の希望のお客様」を選択するとオペレーターに繋いでもらえます。オペレーターにつながったら、口座番号や本人確認の質問等が行われたのち、増額の依頼をすることになります。

具体的にいくらまで増額したいのか希望を伝えると、増額審査のために必要な追加の質問があり、さらに提出書類などの説明があります。場合によっては資金使途まで詳しく聞かれる場合もありますので、きちんと答えられるようにしておきましょう。

「他社の借入の返済が苦しくて…」などというネガティブな回答をしてしまいますと、担当者の心証が悪くなってしまい、審査に大幅なマイナスとなりかねません。電話でしっかりとした受け答えができること意外なほどに審査に重要なポイントですから、不意を突かれてしどろもどろな回答になってしまわないようにしましょう。事前にしっかりと説明できるように準備を怠らないようにしておく必要があります。

電話申込の場合は追加書類提出がなければ、その電話で増額申し込みは完了(追加がある場合は提出方法の案内あり)です。

方法2 ローン契約機での増額

ローン契約機でも増額の申し込みは可能となっていて、こちらも原則9:00~21:00、土曜・日曜・祝祭日問わず申込可能となっています。(店舗によって個別の営業時間が設定されている場合もあります)ローン契約機は無人の機械ではありますが、実は完全に全自動というわけではありません。通信回線の向こう側ではオペレータが常時待機していて、申し込みの様子を遠隔で見守っています。

銀行のATMなどのように、タッチパネルの操作だけで申し込みが完了ということはありませんし、オペレーターとのやりとりも発生します。あまりラフな服装で訪問したり心の準備が不十分ですと、オペレータの呼びかけに面食らってしまうかもしれません。自動契約機とは言うものの、窓口に行くくらいの気持ちでのぞむのが調度良いくらいです。

ローン契約機では追加書類もその場で提示が可能なので、収入証明書類など用意できるのであれば、持参しておくと不意に提出を求められた場合も安心です。

2.三井住友銀行カードローン増額の難易度

三井住友銀行カードローン増額の難易度は、三井住友銀行カードローンの増額案内が来ている場合と来ていない場合で違います。それぞれ確認してみましょう。

①増額の案内が届いている人

三井住友銀行カードローンの場合、優良な顧客に対しては、積極的に増額の案内を出しているようです。増額の案内は他社のカードローンよりも具体的で、「○○万円まで増額できそうです」と金額を明示することが多くなっています。

消費者金融系カードローンは限度額50万円を超えたあたりから急激に審査が厳しくなり、50万円以上の増額案内は出さないカードローン会社もあるほどです。

しかし三井住友銀行カードローンでは、信用状況が優良だと100万円を超える金額を増額してくる場合も意外と多いようです。増額案内が来るような顧客であれば、三井住友銀行の内部審査はクリアしている状態ですので、比較的スムーズに増額できることが多くなってきます。

②増額の案内が届いていない人

どのカードローン会社も、増額案内が全く来ていない状態での増額申し込みの審査のハードルは、比べ物にならないほどに高くなってしまいます三井住友銀行(正確には保証会社であるSMBCコンシューマーファイナンス株式会社)では、順次優良顧客の選定と内部審査を行っており、一定の基準を満たした顧客に対して増額案内を出しています。つまり裏を返せば、増額案内が届いていないということは、内部審査基準に達していないであろうということが推定されます。

3.増額審査を有利にする5つのポイント

増額案内が来ている場合は特に問題はないですが、案内が来ていない状態での増額申し込みというのは、超えていないハードルを覆すだけの何か前向きな要素が必要となることも多いです。

カードローン取引を長年継続しているにもかかわらず増額案内が届かないような場合、ネックとなっている何らかしらの問題があるはずです。返済日に支払いが遅れてしまったり、他社でのカードローンを借りすぎている、収入が少なく返済余力が無いなど、様々な理由が考えられます。

ポイント1 収入が増えた

初回申し込み時よりも収入が増えている場合は、審査にプラスになります。

ポイント2 他社のカードローンを完済した

初回申し込み時にはあった他社のカードローンを完済の上解約した場合には、審査にプラスになります。

ポイント3 一人暮らしから実家へ戻った

アパートなど一人暮らしから実家へ戻ったなども、審査にプラスになる可能性があります。家賃負担が実質的になくなることで、返済余力が増すと評価されるためです。

ポイント4 不要なクレジットカードを解約した

現在利用していないクレジットカードのキャッシング枠も、たとえ残高が0であったとしても審査上では借入件数としてカウントされます。

いつでも借り入れできる状態(クレジットカードのショッピングも厳密に言えば借入に該当します)にあるわけですから、当然といえば当然です。少しでも審査に有利にするためには、不要となったクレジットカードなどは、申し込み前にあらかじめ解約しておくことをおすすめします。

ポイント5 丁寧な対応をする

増額の申し込みをするときは、お願いする立場だということを忘れないようにしましょう。横柄な態度で「限度額上げてもらわないと困っちゃうんだよね~」などと傲慢な態度を取っていると、受付担当者の心象が悪くなってしまい、実際の審査に減点を付けられてしまう場合まであります。

きちんとお金を返してくれる優良な顧客は、やはりそういった態度もきちんとしているもので、そのあたりも審査担当者からは厳しくチェックされているということを忘れないようにしましょう。そのような一見何でもなさそうなところもきちんとできるかどうかで、増額審査に通るか通らないかも変わってくる可能性は大いにあります。

4.三井住友銀行カードローンの増額審査まとめ

三井住友銀行カードローンの増額審査について、時間や在籍確認、審査結果についてまとめました。

その1 審査時間

三井住友銀行カードローンの初回申し込みの審査時間は最短30分と、銀行カードローンにしては異例ともいうべきスピーディーさを誇っていますが、増額審査については、案内があった場合と無い場合で対応に大きな違いが出てきます。

増額案内をもらっている状態での申し込みの場合は、内部の仮審査をパスしているような状況なので、全く増額案内がない場合と比べ、比較的審査時間は短く済む可能性が大きくなります。15分程度で増額審査OKとなり、すぐに増額手続きをしてくれたというケースもあるほどです。

増額案内をもらっていない状態での増額申し込みは、イレギュラーな申し込みともいえる状況ですので、通常の自動審査システムから外れてしまっていることもあって、それなりに時間が掛かることを覚悟しておいたほうがよさそうです。

その2 在籍確認

カードローンの初回申し込み時には必ず実施される在籍確認ですが、増額の審査の場合はどうなるのでしょうか。審査と名が付きますので在籍確認も再度行われるようなイメージがあるかもしれません。

基本的には、在籍確認を行うかどうかの判断は、保証会社であるSMBCコンシューマーファイナンスの審査担当者の判断次第となりますので、はっきりとしたことはわかりません。

ただし、初回申し込み時から転職などによって勤務先が変わっているようなケースでは、再度在籍確認が行われる可能性は極めて高くなると言えるでしょう。在籍確認の電話は基本的に三井住友銀行名でかけてきますので、それほど心配することは無いのでしょうが、一応在籍確認の電話もあるかもしれないと心の準備だけはしておいたほうが無難かもしれません。

その3 審査結果

審査結果の通知は、増額申し込みの時に希望した連絡先へ審査担当者から電話連絡が入るようになっています。自動契約機の場合は申し込み時間帯や審査の混み具合にもよりますが、その場で増額審査結果を教えてもらえる場合もあります。当日の審査が間に合わない場合は、後日改めて希望連絡先に審査結果の連絡が入ります。

5.即日の増額について

即日の増額は、三井住友銀行側から増額案内が届いている状態ですとかなり有望であると言えるでしょう。しかし、審査に何かしらの引っ掛かりや確認事項などが発生すると、とたんに長い時間が掛かってしまうケースも出てきます。

また増額案内が来ているからといって、100%確実に審査が通るわけではありませんし、即日の増額が約束されているわけでもないことに注意が必要です。

増額案内が来ていない場合には、増額審査には余分に時間が掛かってしまう可能性が高くなってきます。増額の条件に全く合致しないような場合は、即答に近い形で否決になってしまうこともありますが、OKとなるためにはそれなりの審査時間が必要となってきます。即日増額の可能性が0というわけではありませんが、過度の期待はしない方が良いです。

6.増額できなかった時の新規借入先

三井住友銀行カードローンで増額ができなかった場合は、他のカードローンの申込を検討しましょう。おすすめの借入先を比較してご紹介します。

新生銀行カードローン レイク

みずほ銀行カードローン

アコム

7.まとめ

銀行カードローンというと、増額審査もずいぶんとシビアなものに感じてしまうかもしれませんが、三井住友銀行カードローンは必ずしも厳しいというわけでもありません。銀行としても貸出先が少なくなってきてしまっている現在、個人向けの融資に積極的な姿勢を見せるように変化してきています。

カードローンも個人向け融資のなかの主力商品のひとつとして注目されています。三井住友銀行カードローンも、以前に比べると、徐々に敷居を下げてきている印象があります。

消費者金融系カードローンは50万円を超えるような融資には急に消極的になる一面もありますが、銀行カードローンでは意外なほどに大きな融資枠を取りやすいという傾向もあります。(もちろん収入などの条件が整っていることが大前提です)

特に三井住友銀行から増額案内を受けている場合は、金利が下がる可能性もありますので積極的に検討してみても良いのではないでしょうか。

カードローンランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket