三井住友銀行カードローンのメリット・デメリットを徹底解説|最速融資を受ける手順と注意点とは

三井住友銀行カードローンに申し込みした女性
  • 最大利用極度額800万円
  • WEB完結&口座開設不要
  • 多くのATMで手数料無料

など、銀行カードローンの中でも三井住友銀行カードローンは非常に優れたカードローンと言えますが、デメリットと言える部分もあります。

この記事では、三井住友銀行カードローンのメリット・デメリットや最も早く融資を受ける手順などをまとめました。他社カードローンと比較しならがご紹介していきますので、三井住友銀行カードローンの申込前にぜひ確認してみてください。

1.三井住友銀行カードローンのサービス詳細

まずは三井住友銀行カードローンのスペックを見てみましょう。

三井住友銀行カードローン詳細

三井住友銀行カードローンチェックリスト

お金を借りる時に注目したいのは金利ですが、三井住友銀行カードローンは金利年4.5%〜14.5%と銀行カードローンの平均的な水準です。

銀行カードローン 金利年
三井住友銀行 4.5%〜14.5%
新生銀行レイク 4.5%〜18.0%
みずほ銀行 2.0%〜14.0%
三菱東京UFJ銀行 1.8%〜14.6%

下限金利は4.5%とみずほ銀行や三菱東京UFJ銀行に比べると2%以上高いですが、これは800万円など高額融資を受けた時に適用される金利なので特に気にする必要はありません。

はじめて利用する際の限度額は10万円〜50万円になることが多いので、金利は年14.5%が適用されます。

ただ、三井住友銀行カードローンには無利息期間がないため、少額の借入や短期の利用なら無利息期間があるレイクアコムプロミスアイフル選ぶと良いです。特に選べる2つの無利息期間があるレイクはおすすめです。

カードローン 無利息期間
レイク 選べる2つの無利息期間
・30日間無利息
・5万円まで180日間無利息
アコム 初めてなら30日間無利息
プロミス 初めてなら30日間無利息
アイフル 初めてなら30日間無利息

金利や無利息期間から考えると三井住友銀行カードローンは高額融資や長期に渡って借入したい方に向いています。

2.三井住友銀行カードローンで借入するメリット・デメリットまとめ

急いで借入したい方のために三井住友銀行カードローンのメリットとデメリットをまとめた表をご紹介します。この表を見ればあなたに三井住友銀行カードローンがピッタリか丸わかりです。

三井住友銀行カードローンメリットとデメリット

3.三井住友銀行カードローン7つのメリット

三井住友銀行カードローンのメリットは全部で7つあります。

メリット1 最大利用極度額が800万円

三井住友銀行カードローンの利用極度額は最大800万円です。まとまったお金を借りたい時に助かります。

メリット2 多くのATMで手数料が無料

三井住友銀行カードローンは次のATM利用手数料が無料です。

  • ファミリーマートのE-net(イーネット)のATM
  • セブンイレブンのセブン銀行
  • ローソンのローソンATM
  • 三井住友銀行のATM
  • ゆうちょ銀行のゆうちょATM

消費者金融の場合はATM手数料がかかることが多いですが、三井住友銀行カードローンは身近にあるコンビニATM手数料も無料なので利便性が非常に高いです。

メリット3 郵送物が届かないようにできる

三井住友銀行カードローンは申込後に「三井住友銀行ローン契約機」か「プロミスの無人契約機」に行ってカード発行すれば郵送物はありません。家族に内緒で借入したい方はこの方法を利用しましょう。

なお、三井住友銀行のインターネットバンキングを使っている方はキャッシュカードで利用できるので郵送物はありません。

メリット4 キャッシュカードで即利用可能

三井住友銀行のインターネットバンキングを使っている方は、審査通過後すぐに手元のキャッシュカードで借入できます。郵送物もありません。

借入しているところを誰かに見られてもカードローンを利用しているとは気づかないので安心です。もちろん、ローン専用カードを発行することもできます。

メリット5 WEBで完結!提出書類なし

三井住友銀行口座があり、インターネットバンキングから申込をした場合は契約から融資まですべてWEBで完結します。運転免許証などの本人確認書類の提出もありません。

メリット6 口座開設不要で利用できる!

三井住友銀行カードローンは三井住友銀行の口座がなくても申込&利用可能です。

ただし、三井住友銀行口座があった方が便利なサービスを利用できるので口座開設もした方が良いでしょう。利用できるサービスは次の通りです。

  • インターネットバンキングでの振込キャッシング
  • 口座振替での返済(手数料無料)
  • WEB上で返済状況を確認可能
  • 自動借入

メリット7 安心のメガバンク

三井住友銀行は言わずとしれたメガバンクです。安心して利用できます。

4.三井住友銀行カードローン4つのデメリット

三井住友銀行カードローンのデメリットは主に4つあります。

デメリット1 専業主婦の借入不可

三井住友銀行カードローンは自身に収入がない専業主婦は借入できません。専業主婦の方が借入したい時は新生銀行カードローン レイクなどを利用しましょう。

デメリット2 他行への振込キャッシングは不可

三井住友銀行カードローンは三井住友銀行口座以外への振込キャッシングはできません。

また、振込キャッシングを利用したい場合はインターネットバンキング(SMBCダイレクト)を契約している必要があります。

ネットバンキングがない方は提携ATMからの借入が主流になるでしょう。

デメリット3 SMBCダイレクトから返済できない

三井住友銀行カードローンはSMBCダイレクトで借入はできますが返済はできません。

カードローン口座への振込で返済する形になるため振込手数料もかかります。無理にSMBCダイレクトの契約をする必要はないでしょう。

なお、三井住友銀行カードローンの返済方法は次の3つです。

  • ATMから返済
  • カードローン口座への振込で返済
  • 口座振替(三井住友銀行口座が必要)

利息以外の負担を減らしたい時は手数料無料の提携ATMからの返済か口座振替を利用しましょう。

デメリット4 無利息期間がない

三井住友銀行カードローンには無利息期間はありません。すぐに返せる場合は負担も少ないですが、無利息期間を利用したいなら新生銀行カードローン レイクなどを検討しましょう。

5.最速|三井住友銀行カードローンで融資を受ける手順と注意点

三井住友銀行カードローンの利用までは「三井住友銀行口座を持っている方」「三井住友銀行口座を持っていない方」で異なります。それぞれ見ていきましょう。

①三井住友銀行口座を持っている方

三井住友銀行口座を持っている方は「申込→審査→契約&利用開始」の順で進みます。

審査結果の連絡は9:00〜21:00の間なので遅くても20時までに申し込むのがベストです。契約が完了すればキャッシュカードですぐ借入できます。(SMBCダイレクトを契約していなくてもOK)

②三井住友銀行口座を持っていない方

三井住友銀行口座を持っていない方は「ネット申込→審査→ローン契約機に行く→契約&利用開始」が最も早い手順です。ローン専用カードを受け取ればすぐに提携ATMから借入可能です。

ローン契約機の営業時間は原則土日祝日含め9:00〜21:00までです。(店舗によって異なる場合あり)

また、三井住友銀行カードローンはプロミスの無人契約機でもカード発行が可能です。プロミスの無人契約機は22時まで営業しています。

申込完了所要時間

6.三井住友銀行カードローンの申込に必要な書類

三井住友銀行口座を持っている方は本人確認書類の提出はありません。

持っていない場合は運転免許証が必要です。運転免許証を持っていない場合はパスポート、個人番号カード等を用意しましょう。

また、50万円を超える借入の場合は年収を確認できる書類も必要です。

7.三井住友銀行カードローンの借入条件

三井住友銀行カードローン借入条件

8.まとめ

三井住友銀行カードローンは三井住友銀行を普段利用している方には使い勝手の良いカードローンと言えます。手数料無料の方法で賢く利用していきましょう。

三井住友銀行カードローン詳細