スマホで申込からお金の借り入れまで全て完結するカードローン特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
スマホを持った女性

時代とともにカードローンの申し込み方法の幅が広がっています。

以前は、銀行の窓口や街角の貸金業者を直接訪れ、対面で申し込みをするのが当たり前でした。電話やパソコンが普及した今では、フリーダイヤルや公式ホームページから簡単に申し込めるようになっています。

特にここ数年、携帯電話よりスマホに買い替える人が増えたことで、公式ホームページのスマホ画面やスマホアプリからの申し込み数が増加しています。パソコンよりスマホでネットを利用する人たちが急増したため、スマホに対応した画面でカードローンを申し込めるのが常識となっています。

どこでも持ち出せる便利なスマホのおかげで、外出先や仕事の休憩時間にまとまった金額のカードローンを申し込めるようになりました。また、申し込みだけでなく追加融資やセキュリティ面といったさまざまな点で大きなメリットがあります。

それではスマホだから実現できる便利で安心のカードローン利用法をお伝えしましょう。

1.スマホでカードローンを利用する3つのメリット

スマホを使えば電話やパソコンなど他のアイテムにはないメリットがたくさんあります。スマホならではの便利なポイントをまとめてみます。

メリット1 いつでもどこでも利用できる

電車やバスの移動中に、休憩時間や待ち合わせのちょっとした空き時間など、スマホでネットさえつながればどこでもカードローンの公式ホームページや専用アプリから申し込みやキャッシングができます。

家にパソコンはないけれど会社のパソコンはセキュリティで使えないといったサラリーマンも多いはずです。スマホは自由に持ち運べるので休み時間に外で使ったり、自宅でリビングや寝室でいじったり、場所に関係なくカードローンの申し込みが可能です。

即日融資を希望するなら、スマホは場所に限定されず申し込めるので、当日の審査受付の締め切り時間に間に合うチャンスが広がります。

メリット2 誰にもバレずに借り入れできる

カードローンの申し込みは誰にも知られたくないものです。家族や職場の人にバレないよう注意しながら自宅や会社のパソコンを使っても、共有パソコンならネットの履歴からバレてしまうかもしれません。自分だけのログインIDやパスワードを使っていても、管理者としてパソコンにログインした人なら、ネット履歴や使用ファイルはすぐにバレてしまいます。

一方、スマホは共有パソコンと違って、自分一人しか使うことがありません。パスワードや指紋認証でロックを掛けておけば、他人からスマホの中を見られる心配はないので、他人に知られることなくカードローンを利用できます。

メリット3 専用アプリがある

カードローンによっては、スマホ専用アプリを提供している場合があります。専用アプリを使えば、公式サイトより一層デザインがシンプルでスッキリしているので、とても利用しやすいのが特徴です。

スマホアプリをダウンロードすると、アプリから申し込み手続きや返済プランの確認、本人確認書類の画像アップロードまで、パソコンやネット画面を使うことなく融資が完了するサービスも見られるようになりました。スマホアプリは申し込み専用にデザインが工夫されているのでとても見やすく、初めての人でもすぐに使えるように設計されています。

代表的なものにオリックス・クレジットが提供しているカードローンのスマホアプリがあります。このアプリには「新規の申し込み」「必要書類の撮影と送信」「返済のシュミレーション」「会員画面」といったカードローンのための基本的な機能が備わっています。電話やパソコンを使わなくてもスマホアプリだけで大半のキャッシング取引や契約変更ができるようになっています。

また、スマホのプッシュ通知によって返済日を画面に表示してくれる機能が便利です。つい忘れがちな返済日を身近に教えてくれる、スマホらしい便利なサービスといえるでしょう。

2.スマホでカードローンを利用する3つのデメリット

「スマホは持ち歩ける個人情報」と言われるほど、コンパクトな個体に重要なデータがたくさん詰まっています。セキュリティや安全性での不安面やスマホの機種の関係で使いないサービスがある心配をまとめてみます。

デメリット1 紛失

スマホにはさまざまな個人情報が含まれています。もし紛失してしまうと、詐欺や銀行口座の被害をはじめ悪用の危険が高まります。カードローンやネットバンキングといった金融関係の取引をスマホでしていると、スマホのデータの中に大切なパスワードや口座の情報が入っています。もし盗難を受けたり紛失してしまったりすると、振込キャッシングを犯人の口座にされてしまうことさえ考えられます。

スマホの盗難や紛失には十分気をつけることが第一です。そして、カードローンで利用するスマホには必ずパスコードや指紋を設定して、面倒でも使う度にロックを解除するよう心がけましょう。もし盗難や紛失にあっても、遠隔ロック機能を使ったり、携帯会社に連絡したりなど、被害が広がらないように努めなければなりません。

デメリット2 対応していない機種がある

スマホの機種によって使いたい公式ホームページの申し込みや専用スマホアプリの機能に対応していない場合があります。iPhoneやAndroidなら基本的に対応していると考えていいでしょう。

もし古い機種を使っている人は、前もって公式ホームページに表示されている動作保障環境をチェックしてみてください。一例としてオリックス・カードローンでは「iPhone 4S以降推奨(iOS5.0以降が必要)、Android2.3以降の電話機能を有する機種。」と明記されています。最近のスマホを使っている人でもセキュリティのため、こまめにOSのアップデートをするようにしましょう。

デメリット3 利用できないサービスがある

多くのカードローンでスマホから申し込みや会員画面の利用ができるようになっています。新規申し込みをしたり利用明細の照会をしたり、スマホだけで操作できる機能が大半です。

ただ、一部のサービスでスマホだけでは利用できないものがあります。カードローン利用中、新たな借り入れの操作はスマホを経由してネット上のホームページを利用しなければならないケースがほとんどです。新規申し込みはスマホでできても、その後の申し込み手続きをネットバンキングのサイトから行わなければならない銀行があります。また、借り入れはカードローン会社から発行されたカードでしかできないケースもあります。

便利なスマホですが、機能やサービスによって電話やパソコン、カードを使わなければならない場面があることを覚えておきましょう。

3.スマホから申し込むときの注意点

スマホの画面はパソコンに比べると小さいため、指先で入力をすると操作ミスをしてしまうことがあります。入力欄を間違えていたり、入力しようとすると自動入力機能が働いて過去の入力内容が勝手に表示されたりと、思わぬ入力ミスをしたまま申し込んでしまう可能性があります。

スマホからカードローンを申し込む際には、入力内容を一つ一つチェックしながら、最終確認画面で入力項目を見直して送信ボタンをクリックするようにしてください。

4.スマホから申し込むときの流れ

大半のカードローンでスマートフォン専用サイトが用意されています。ない場合でも、パソコンからの申し込みの手順とほぼ同じです。

流れ1 カードローンを申し込む

公式ホームページの申し込みページで必要事項を入力します。会社によって指定する銀行口座があれば手続きが簡単になる場合があるので、忘れずキャッシュカードをチェックしておきましょう。

スマホからの申し込みでは入力ミスが多くなっています。情報に誤りがあると審査に影響するので細心の注意を払って入力、送信してください。

流れ2 審査

スマホから申し込むと、そのままカードローン会社は審査に移ります。希望融資額と申し込みの内容から電話で本人に確認があることがあります。また、電話による勤務先への在籍確認が行われます。

即日融資に対応している会社ならその日〜翌日までに、それ以外のカードローンでも数日から1週間以内には審査結果がメールで伝えられます。

流れ3 カードローンの利用まで

審査に通ると、メールの案内にしたがって必要書類を送信していきます。会社が指定する銀行がある場合は、カードローン専用の口座開設とキャッシュカードの発行手続きを行います。

銀行が提供しているカードローンで、キャッシュカード一体型を申し込めば、そのままキャッシュカードでカードローンの利用ができるようになります。カードローン専用のカードが希望の場合、契約手続きが完了して、1週間から2週間でローンカードが自宅に届きます。

5.スマホで完結する優良カードローン比較

スマホから申し込みをして契約、借り入れまでを全てスマホで完結できる優良カードローンを比較してご紹介します。融資スピードが早く、使い勝手の良いカードローンで、全て即日融資に対応しています。

新生銀行カードローン レイク

レイクチェックリスト
*1 平日14時までに申込と必要書類の確認の完了が必要です。

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行2

*1 審査結果の連絡は9:00〜21:00までです。申込時間等により、連絡が翌日以降になる場合があります。即日のカード発行を希望の場合、カードの受け取りをローン契約機で行う必要があります。

プロミス

プロミスまるばつ表

 

アコム

アコムチェックリスト

 

アイフル

アイフルチェックリスト
*アイフルの利用限度額が50万円以下、且つ他社を含めた借入総額100万円以下の場合は収入証明書原則不要。

 

6.まとめ

スマホが一台あれば、いつでもどこでもカードローンの申し込みや細かな利用ができます。特に、新規の申し込みで借り入れを急ぐようなとき、スマホから公式ホームページや専用アプリを使って申し込みましょう。スキマ時間を利用して気軽にカードローンの申し込めるので、忙しい人でも簡単に審査をしてもらえるからです。

スマホはパソコンより申し込みの手順もわかりやすくシンプルなので、手続きがスムーズに完了します。ついやってしまいがちなスマホならではの入力ミスに気をつけながら、気になるカードローンを申し込んでみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事