シンプルライフを送る洋服の選び方と上手に着回す3つのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
シンプルライフの服選び

「シンプルライフを送りたいけど、おしゃれはしたい。一体どんな服を選べばいいんだろう。」

持っている洋服の数が多いと、その日その日に合わせて服を着ることができるかもしれませんが、収納は大変です。それだとシンプルな暮らしはなかなかできませんよね。でも、シンプルライフを送っている人でもおしゃれな人はいる。

持っている服の数が多いのとおしゃれはイコールではありません。持っている服が少なくても、おしゃれを楽しむことができます。

ここでは、シンプルライフを送る服の選び方や上手に着回すコツについて書きました。ぜひ参考にしていただき、あなたに合ったおしゃれを楽しみながら、シンプルライフを送っていただければと思います。

1.シンプルライフを送る服の選び方

シンプルライフを送りながらもおしゃれでいたいという願望を叶えるには、どうすれば良いでしょうか。

服の選び方1 なりたいイメージを明確にする

なりたい自分のイメージ

自分の中でおしゃれの軸を作って洋服を買っていれば、ワードローブにも自然と統一感が出てくるので、結果としてあまり洋服を買い足す必要がなくなるでしょう。「大人っぽい」「きれいめ」「かわいい」など自分の中でテーマとイメージを決めておきましょう。

服の選び方2 オンとオフで着まわしのきくアウターをとりいれる

着回しできる服

オフィスとプライベートでテイストの全く異なるファッションをするのも楽しいですが、そうすると購入しなくてはならない洋服の数が多くなってしまいます。オフィスでもプライベートでも着まわせるジャケット、パンツやスカートをそろえるようにすれば、シンプルなワードローブが可能になるでしょう。

服の選び方3 シンプルな洋服を選ぶ

オンとオフで使いまわせる

雑誌やショーウィンドウには華やかな柄や色使いの洋服が並べられていて、購買意欲をそそられてしまいますね。けれどもそうした洋服はそのシーズンの流行りものであることが多く、すぐに飽きてしまいます。そうするとまた次のシーズンで新しい服が欲しくなってしまうので、洋服は増えていく一方になってしまいます。

まずは飽きの来ないシンプルなデザインで一週間を過ごせるようなワードローブを考えたうえで、流行りも取り入れてみましょう。

2.シンプルライフを送る靴の選び方

おしゃれをするにあたって靴は重要ですね。

靴の選び方1 手持ちの服と合っている靴を購入する

手持ちの服と合う靴

靴を買う際に自分の普段のコーディネートとマッチするかどうかイメージしてみましょう。もし合わない靴を衝動買いしてしまうと、結局あまり使われずにお蔵入りしてしまいます。オンとオフ両方で使えるベーシックな色や形の靴をいくつか選んだあと、手持ちの服に合いそうな差し色や柄の美しい靴も遊びで取り入れてみましょう。

靴の選び方2 履いていて心地よい靴を選ぶ

心地の良い靴

見た目が気に入ったからと言って、靴は履いていて馴染みの良いものでないと、靴擦れなどを起こして、結局普段使いできなくなってしまいます。足の形にフィットして、歩いていてストレスのない心地よい靴を選びましょう。つま先に余裕がなさすぎたり、靴幅が窮屈に感じたりしないか、実際に店頭で試し履きしてみるとよいでしょう。

靴の選び方3 長くはけるような靴を選ぶ

長く使える靴
靴は良いものをしっかりとメンテナンスをすれば10年近く持ちます。シューキーパーで保管する、ワックスで油分を与えてあげる等のお手入れをしてあげれば、お気に入りの靴をずっと長持ちさせることができますし、靴底などは修理店で張り替えることができます。お手入れをしてあげたくなるような、とっておきの靴を選びましょう。

3.シンプルライフを送る鞄の選び方

バッグもおしゃれの重要なアイテムです。慎重に選ばなければいけません。

鞄の選び方1 用途に合わせた形の鞄を選ぶ

日常使いの鞄

バッグはシーンによって適切なタイプが異なります。通勤で書類やPCを持ち運ぶ人は、大きめのショルダーバッグあるいはトートバッグが必要です。またその他にもちょっとしたお出かけやパーティー用の鞄なども必要でしょう。まずは自分の日常生活に必要なタイプの鞄を把握し、洋服ともマッチするような鞄をそろえましょう。

鞄の選び方2 縫合がしっかりとしたものを選ぶ

縫製のしっかりした鞄

縫合部分が多すぎたり、しっかりしていなかったりする鞄は、使うにつれて縫い目が破れやすくなります。特に取手と鞄をつなぐ部分は最も負荷のかかる部分なので、しっかり縫い合わされていないとすぐに壊れてしまいます。縫合がしっかりしている高品質な鞄を選びましょう。

鞄の選び方3 金具部分の質が良いものを選ぶ

開閉スムーズな鞄

鞄の壊れやすいものの一つに金具部分が挙げられるでしょう。安物で品質の良くない鞄だと、金具のメッキがはがれやすかったり、ファスナーも簡易につくられた壊れやすいものが多かったりします。これでは長く使用することができないので、縫合と同様金具の質もよいことを買う際にチェックしましょう。

4.コンパクトにまとまる収納術

衣類や鞄、靴などは、できるだけコンパクトに収納すると気分が良いですよ。

収納術1 立てて保管する

トップスを保管するときは全面の柄が分かりやすいように収納ボックス等に立てて保管しましょう。すっきりとして見える上に、どの洋服がどこにあるのか一目瞭然のため、毎日洋服が選びやすくなります。コートやジャケットなどは高さ順に並べてハンガーにかけてクローゼットに収納するのが見やすいでしょう。

収納術2 よく使う鞄は場所を作る

よく使う鞄

鞄の収納場所は靴箱のような定位置がないので迷いがちですが、床に置くのではなくよく使うものは壁から掛けられるようにフックを活用したり、部屋の中に掛けられるような場所を作ったりしてあげましょう。

あまり使わない鞄はクローゼットの中に空きスペースをつくってあげて箱などにいれてしまうのもよいでしょう。

収納術3 ブーツホルダーや収納ボックスを活用する

 

靴は靴箱が大抵のお家にはあるので、収納には困らないかもしれませんが、ブーツなどがあると以外に場所をとってしまいます。ブーツホルダーや靴を立て掛けるホルダーなどがたくさん売っているので、それらを活用しながら収納しましょう。季節によっては使わない靴は中身が分かる透明の収納ボックスに入れて別の場所に保管してしまうのもよいでしょう。

シンプルライフを送るための整理整頓術は次のページを参考にしてみてください。

シンプルライフを送るための整理整頓術と部屋をきれいに保つコツ

5.少ない服で上手に着回すコツ

少ない服でもおしゃれに過ごすには、着回しのテクが必須です。

コツ1 持っている服をすべて把握する

手持ちの洋服をすべてきちんと把握することで、これまでやっていなかったような着回し方が思い浮かぶ場合が多いです。それができるように普段から見やすい収納を心がけましょう。

コツ2 あらゆる服と相性の良いアイテムを活用する

デニムとシンプルなシャツ

デニムやシャツなどのシンプルなアイテムはどんなものともマッチするので、それらを基本に他のアイテムを合わせてみるのが一番簡単なコーディネート術だと言えます。デニムを可愛らしいトップスと併せてもいいですし、シャツとニットを重ね着して大人っぽくするのもよいでしょう。

コツ3 寒くなってきたら温度調節する

カーディガンなどで調節

 

「ちょっとこれでは寒いかな」というようなコーディネートでも、上にカーディガンなどを羽織ってあげることで肌寒い春先や秋に対応できることが多いです。

こうしたちょっと羽織ることのできるアウターなどのアイテムも活用してみましょう。ストールなどの小物を取り入れるのも、防寒とおしゃれの両方ができるのでお勧めです。

6.まとめ

少し前にジェニファー・L・スコットの「フランス人は服を十着しか持たない」という本がヒットしたのも記憶に新しいですが、今シンプルなライフスタイルが注目を集めています。

シンプルに必要なものだけを着まわすライフスタイルは節約のためというだけでなく、それこそが心身ともにゆとりのある本当のラグジュアリーなライフスタイルなのです。

ライフスタイルとは衣食住を一般に指しますが、今回はシンプルなライフスタイルを送るためのコーディネート術をまとめました。まずはきちんと洋服を整理して、品質の良いお気に入りのとっておきの洋服、靴や鞄などをしまってあげましょう。

そしてベーシックなアイテムを軸として、あなたらしさがあるものや、その時々の流行などの遊び心も取り入れてあげるとよいでしょう。ワードローブをすっきりさせると手元にある一着一着を大切に扱うようになりますし、毎日の洋服選びもはかどるなどいいことずくめです。

カードローンランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket