審査結果が簡単に分かる!キャッシングお試し審査4つのメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
専業主婦

キャッシングの申し込みにあたり、審査に通るかどうか心配な方も多いのではないでしょうか。

特に、現在すでにキャッシングをしている方は、通常よりも審査が厳しくなることを不安に感じているかもしれません。

そんな時は、融資の可否を手軽に診断できる、キャッシングのお試し審査がおすすめです。

お試し審査なら融資可能かどうかが数秒で簡単に確認でき、個人情報などを入力する必要もありません。今回は、お試し審査をするメリットや、キャッシング申込時の注意点などについてご紹介していきます。

1.融資可能か簡単にわかるキャッシングのお試し審査

キャッシングのお試し審査とは、生年月日や年収、他社からの借入額など簡単な情報を入力するだけで、瞬時に融資可能かどうかを判断してくれるものです。たとえば、プロミスの「お借り入れ診断」や、三菱東京UFJ銀行カードローンの「お試し診断」などがこれにあたります。

お試し診断は人ではなく機械による自動審査のため、審査結果は数秒で分かります。いきなり本審査を受けるよりも、事前にお試し診断を利用することで審査に通るかどうかの判断がしやすくなります。

2.賢いお試し審査の活用方法

申し込みをしたいカードローンがいくつかある場合は、それぞれの会社でお試し診断を行い、できるだけ本審査に通る可能性が高いカードローンを選びましょう。

カードローンの申込履歴は信用情報機関に半年間登録されるので、むやみやたらに申し込みをするのはおすすめできません。ですので、お試し診断の結果融資NGとなった会社はできるだけ除外し、融資可能と判断された会社に申し込むのが良いでしょう。

3.お試し審査4つのメリット

事前にお試し審査をすることにはたくさんのメリットがあります。ここからは、お試し審査をおすすめする理由についてご紹介します。

メリット1 最短1秒で融資可能かわかる

お試し診断は機械による審査のため、とにかくスピーディーです。アイフルのお試し診断なら1秒で結果が出ますし、それ以外のカードローンについても数秒で診断ができます。

メリット2 匿名で診断してもらえる

お試し診断は、名前や住所などの個人情報の入力が不要です。そのため、気軽に診断ができ、個人情報を金融機関側に登録される心配もありません。

メリット3 入力項目が少ないから楽チン

お試し審査時の入力項目は、生年月日や年収、現在の借り入れ金額など数えるほどしかありません。本審査の場合は勤続年数や住居の情報など、多くの項目があり入力も面倒ですが、お試し審査なら入力に時間もかからないため手軽に利用できます。

メリット4 信用情報に登録されない

通常、申し込み情報は信用情報機関に登録されますが、お試し診断は正式な申し込みではないので、信用情報に登録されることはありません。ですから、たとえ何社でお試し診断をした場合でも、いわゆる申込ブラックのような状態になることもありません。

4.お試し審査のデメリット

お試し審査はあくまで簡易審査のため、審査結果が必ずしも本審査と同じとは限りません。お試し審査で融資可能と判断されても本審査に落ちてしまうことはありますし、もちろんその逆もあります。

お試し審査と本審査では審査項目も違いますし、本審査は人の目によって細かい部分まで確認が行われます。そのため、お試し審査の時点では問題がなかったとしても、本審査で融資基準から外れてしまうのはある意味仕方のないことです。

しかし、事前にお試し審査をしておけば入口の部分はクリアしているという安心感があるので、いきなり本審査を受けるよりもラクな気持ちで審査結果を待つことができます。

5.キャッシングに申し込む時の注意点

ここでは、実際にキャッシングの申し込みをする際の注意点をまとめました。申込時の小さなミスが審査結果を左右することもあるので、申し込みをする際は以下の点に十分注意しましょう。

注意点1 嘘をつかない

お試し審査は匿名で信用情報に登録されることもないので、適当な情報を入力したところで特に問題はありません。しかし、実際に申し込みをする際には必ず正しい情報を申告してください。

仮に申し込み時に嘘をついた場合、それだけで信用を失い審査に落ちる可能性が極めて高くなります。特に年収や他社からの借入額などは、審査を有利に進めるために多少ごまかしたくなる部分ではありますが、自分で自分の首を絞める結果にならないためにも、必ずありのままの情報を申告しましょう。

注意点2 入力ミスをしない

最近は、スマホやパソコンから簡単に申し込めるキャッシングですが、だからこそ申し込み時には細心の注意を払う必要があります。

申し込み情報を入力する際は全て画面上での入力となるため、うっかり入力ミスをしてしまうことがあります。金融機関側は入力された項目を基に審査を行いますので、単なる入力ミスでもそれが審査結果に大きく影響することもあります。

場合によっては、故意に嘘をついていると思われ審査に落ちてしまうこともあるので、入力内容は間違いがないか最後にしっかりと確認しましょう。

注意点3 同時に複数の会社に申し込まない

同時に複数の会社に申し込みをすると、申込ブラックと言われる状態になり審査に落ちる可能性が高くなります。複数申し込みがどれだけ審査に影響するかは、金融機関によって多少の違いはあるでしょう。

しかし、審査をするうえで複数申し込みがプラスにはたらくことはありません。申し込みをする際は、基本的に1社多くても2社までにしておくのが賢明です。

また、申込履歴は信用情報に半年間残るので、もし審査に落ちてしまった場合、直近の申し込みから半年以上あけて再申し込みをされることをおすすめします。

6.お試し審査があるキャッシング|おすすめ順

お試し審査があるキャッシングをおすすめ順に4つご紹介します。まずはお試し審査をしてみて、可能性があるようであれば申し込みをしてみてください。

新生銀行カードローン レイク

第1位は新生銀行カードローン レイクです。レイクには30日間無利息、もしくは5万円まで180日間無利息の2つの選べる無利息期間があるため、「短期間だけお金を借りたい」「少額の借入をしたい」といった方に特に選ばれています。

また、レイクは専業主婦の方も旦那さんの収入証明書や同意書なしで借入ができるため、「家族に内緒で借入したい」といった方にも選ばれています。

新生銀行カードローンレイク情報

▼レイクでお得に借りる方法はこちら
新生銀行カードローンレイクのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

アコム

第2位はアコムです。アコムは消費者金融の中で審査通過率が約47%~48%と最も高く、融資スピードも最短1時間と早いため、「急ぎ+できるだけ確実に借りたい!」という方に特に選ばれています。ちなみに土日祝日に申し込みをしても当日中に借入ができます。

また、アコムには30日間の無利息期間もあるため、「給料日が来たらすぐに返せる」というような、短期間だけ借りたい方もアコムを利用しています。

アコム情報

▼アコムでお得に借りる方法はこちら
アコムのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

プロミス

第3位はプロミスです。プロミスは審査通過率が約41%~44%とアコムに比べて低いですが、平日14時までに契約完了していれば、銀行口座へ最短10秒で振込をしてもらうことができるため、アコムと同様「急ぎでお金を借りたい方」にプロミスは選ばれています。

プロミスにも30日間の無利息期間があり、アコムとそこまで大きく特徴は変わりませんが、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っている場合、深夜でも土日祝日でも受付完了から最短10秒で振り込んでもらうことが可能です。そのため、プロミスは「三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っている方」に特に選ばれています。

プロミス情報

▼プロミスでお得に借りる方法はこちら
プロミスのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

アイフル

第4位はアイフルです。アイフルの審査通過率は約44%~47%とアコムに次いで高く、土日祝日含め審査は最短30分で完了し、最短即日での利用が可能なため、今すぐ借り入れしたい方や忙しい方、時間がない方に選ばれています。Webでの契約完了後、平日の14時10分までに振込手続きを完了させれば、即日で振込融資を受けることもできます。

また、アイフルには「配達時間えらべーる」というサービスがあり、自宅でカードを受け取る場合、指定の時間帯にカードを受け取ることができるため、家族にバレたくない方の利用者も多いです。なお、郵送ではなくアイフルの無人契約でんわBOX「てまいらず」でカードを受け取ることもできます。

アイフル詳細

▼アイフルでお得に借りる方法はこちら
アイフルのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

7.まとめ

キャッシングの審査に不安がある方は、まずはお試し診断をして融資可能かどうかを確認しましょう。アイフルやアコムなどの大手消費者金融ならほとんどの会社でお試し診断ができますし、銀行系なら三菱東京UFJ銀行のカードローンで利用可能です。

お試し診断の結果が全てではありませんが、事前に融資をしてもらえる可能性を知ることで、本審査に通りやすいカードローンを見極めることができます。また、カードローンは申し込み後の利用のしやすさも重要です。

借り入れや返済時のATM手数料や繰り上げ返済のしやすさなどについても事前に確認し、自分にとって最適だと思えるカードローンに申し込みをしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket