短期融資と長期融資の特徴と資金繰りを安定させるための活用術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
短期 融資0

「短期融資」と「長期融資」どちらを利用すべきかは、その時々の状況によって違います。

会社運営をしていく中で、事業資金の融資が必要な場面は必ずと言っていいほど訪れますが、必要な事業資金の種類やタイミングに応じて、短期融資と長期融資それぞれを賢く選択していくことが大切です。

この記事では、短期融資と長期融資それぞれの特徴と、資金繰りを安定させるためのポイントについてご紹介します。

1.短期融資と長期融資

企業が銀行などから融資を受ける場合は、借入期間によって短期融資と長期融資の大きく2つに分けられます。

簡単に言うと、短期融資は返済期間が1年以内の融資、長期融資は1年超となる融資です。短期融資には、主に手形貸付や手形割引、長期融資には証書貸付が用いられます。「手形貸付」、「手形割引」、「証書貸付」とは、以下のような融資方法です。

①手形貸付

手形貸付とは、自社の手形を振出し、それを担保に融資を受ける方法です。たとえば、取引先からの入金前に仕入をしなければならないなど、一時的に現金が必要になった場合などに活用すると有効です。

②手形割引

手形割引とは、取引先から受け取った手形を満期日前に現金に換え、資金繰りに活かす方法です。手形割引は手形が担保になるため、手形を振り出した企業の信頼性が高ければ、比較的金融機関の審査にも通りやすくなります。

③証書貸付

「金銭消費貸借契約書」という書類に借入金額、金利、借入期間、返済方法などを記入し、それを銀行に差し入れてお金を借りる方法です。基本的には、1年以上の長期融資の際に用いられます。

2.短期融資のメリットとデメリット

短期融資の場合は返済期日に一括での支払いとなるため、それまでの運転資金はひとまず確保することができます。また、一旦期日に返済し、また繰り返し借りることができれば、利息は発生するものの安定して事業資金を確保できるというメリットがあります。

しかし、逆に言えば、返済日にはまとまった資金を用意しておかなければならないため、返済時の一時的な負担が大きくなるということに他なりません。また、必ずしも継続して融資を受けられるとも限りませんので、安定的に資金を確保するためには、日頃から金融機関との信頼関係を築いておくことが重要と言えます。

3.短期融資と長期融資の活用方法

安定的に資金繰りをしていくためには、運転資金の確保をいかにスムーズに行っていくかが重要なポイントです。支払から入金までの間の資金や、在庫を仕入れるための資金など、運転資金として短期的な融資が必要になるシーンはよくあります。

そのため、比較的スムーズに融資をしてくれる金融機関と日頃からつながりを作っておくことは、短期資金を調達するために重要なことです。とはいえ、短期融資だけに頼るのもよくありません。安全な会社運営という観点からすれば、短期融資よりも長期融資の方が毎月の返済が少なくなるため、資金繰りは安定します。

また、長期融資を受ける際、銀行が返済期間を5年に設定したにも関わらず、あえて3年など返済期間を短くする方もいますが、これはあまりおすすめできません。

融資を受ける時点でいくら綿密な事業計画を立てたとしても、必ずしも計画通りに進むとは限りません。万が一返済が困難ほど業績が悪化すれば、新たな融資を受けることを検討しなければならない場合もあります。

融資を受ける際にはできるだけ余裕を持った返済期間を設定するのが、安定に会社を運営していくためのポイントと言えます。

4.つなぎ資金をスムーズに調達する方法

何かと急を要する短期資金の借入なら、銀行よりもノンバンクがおすすめです。ここでは、ノンバンクからつなぎ資金をスムーズに調達するための方法をまとめました、状況に合わせて適切な方法を選びましょう。

方法1 すぐに現金が必要なら手形貸付

手形貸付は自社の手形を担保に融資を受けることができるため、手続きが簡単なのが特徴です。業者によっては即日融資にも対応しているので、急な資金を調達する際などにおすすめです。

<手形貸付のメリット>

  • 比較的審査が柔軟な業者が多い
  • 融資までの時間が短い
  • 一括返済も中途返済もできる
  • きちんと返済をすれば繰り返し融資も可能

方法2 決算赤字が多いなら手形割引

手形割引は、取引先から受け取った手形を満期日前に現金化し、資金を調達する方法です。手形を振り出した企業の信頼性が高ければ審査にも通りやすくなる傾向にあります。

<手形割引のメリット>

  • 専門業者なら即日融資も可能
  • 手形が担保になるため、比較的手続きが簡単になる

方法3 高額融資なら不動産担保ローン

不動産を担保に融資を受ける不動産担保ローンなら、不動産の資産価値が高ければ数千万~億単位の借入れも可能です。

<不動産担保ローンのメリット>

  • 高額融資となる場合が多いため、長期返済が可能
  • 不動産という担保がある分、低金利になる
  • 抵当権が担保になるため、連帯保証人が不要な場合が多い

詳しくは次のページを参考にしてみてください。

「低金利の不動産担保融資で高額融資を受ける方法|メリットとデメリットを徹底解説」

方法4 決算赤字がないならビジネスローン

ビジネスローンなら、担保や保証人不要で迅速に事業資金を調達できます。ただ、ノンバンクのビジネスローンは比較的金利が高い傾向にあるため、少しでも低金利のローンを選ぶことがポイントです。

<ビジネスローンのメリット>

  • 銀行のビジネスローンに比べて審査が柔軟
  • 即日融資ができる業者が多い

詳しくは次のページを参考にしてみてください。

「これだけは知っておきたいビジネスローンの賢い活用方法」

5.銀行からの信頼を得るために大切なこと

銀行から融資を受けるには、以下のような方法で日頃から信頼関係を築いておくことが大切です。

その1 預金をする

まずは融資を受ける銀行にできるだけ預金をしておくようにしましょう。銀行などは普通預金よりも定期預金や積立預金を好む傾向にあります。預金残高は審査にはそれほど影響しないという見方もありますが、融資を受ける銀行を日頃から利用しておけば、銀行側に与える印象は良くなるでしょう。

その2 振込口座や引き落とし口座に設定する

融資を受ける銀行の口座を、代金の入金や支払いをする際の口座として設定しておくのもおすすめです。その口座を通して入出金をすれば経理上の管理もスムーズですし、日常的に取引量が多いということも大切です。

その3 財務状況が確認できる資料を定期的に提出する

何よりもまず業績を上げることがもちろん重要ですが、その他にも試算表や資金繰り表を定期的に提出する、あるいは売掛金と買掛金、在庫の推移を定期的に報告するなど、銀行側が財務状況をその都度把握できるようにしておくのもポイントです。

6.まとめ

今回は、短期融資と長期融資の違いや、それぞれの上手な活用方法についてご紹介しました。利息はかかっても、長期融資のほうが資金繰りは安定します。

しかし、短期融資に比べ審査に通りにくい傾向にあるため、会社運営に関わる資金を全て長期融資で賄うのは難しい場合もあるでしょう。

経営者ならムダなお金を1円でも減らしたいと思うのは当然なので、金利の高いノンバンクからの借入は避けたいというのが正直なところかもしれません。

しかし、運転資金をその都度賢く調達していく上では、ノンバンクも含め柔軟に借入先を検討したほうが良いケースもあります。安定的な資金繰りをしていくためにも、短期融資と長期融資を賢く活用していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket