買い物だけじゃない!クレジットカードキャッシングのおどろき活用法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
買い物 キャッシング0

クレジットカードには買い物をするためのショッピング枠の他に、借入専用のキャッシング枠があります。

これまでクレジットカードのショッピング枠しか利用したことがない方はキャッシング枠の存在を意識していないことも多いと思いますが、急な出費で今すぐ現金を用意しなければならないという場面では、キャッシング枠が役に立つこともあります。

キャッシング枠があるクレジットカードの場合、急に現金が必要な時にすぐATMからお金を借りることができるからです。

キャッシング枠をつけるかどうかは申込時に選ぶことができるので、人によってはあえてキャッシング枠を付けていない場合もあると思いますが、普段は利用しない方でもいざという時の保険として持っておくのもおすすめです。

今回はキャッシング枠の仕組みや利用方法についてまとめました。ぜひ参考にしてみてください。

1.クレジットカードのキャッシング枠とは

クレジットカードの利用枠には、まずカード全体としての「総枠」があります。これがいわゆるクレジットカードの利用限度額です。そしてショッピング枠とキャッシング枠は、総枠の中にそれぞれ含まれています。

たとえば、それぞれの利用枠が次のように設定されたクレジットカードがあるとします。

  • 総枠50万円
  • ショッピング枠50万円
  • キャッシング枠20万円

この場合、クレジットカード全体の利用可能枠は総枠の50万円です。同じくショッピング枠も50万円なので、ショッピングで使える最大の金額は総枠と同じ50万円ということになります。

一方、キャッシング枠は20万円なので、このクレジットカードでは最大20万円分借入ができるわけですが、キャッシング枠を使えるのはあくまでショッピング枠があいている場合です。

たとえばショッピング枠が20万円分空いていれば、キャッシング枠の20万円をまるまる使うことができます。ショッピング枠が10万円分しか空いていない場合は、キャッシングで使えるのは10万円までとなります。基本的にショッピング枠50万円の中に、キャッシング枠20万円が含まれているという考え方になります。

2.ショッピング枠とキャッシング枠の違い

ショッピング枠とキャッシング枠の大きな違いは買い物か借入かという部分ですが、それ以外にも次のような違いがあります。

違い1 限度額

クレジットカードの限度額はキャッシング枠よりもショッピング枠の方が基本的に高額になっています。

クレジットカードの限度額は契約者の信用度や過去の利用実績などによって決まりますが、ショッピング枠が50万円以上のクレジットカードでも、キャッシング枠は10万~20万円というケースが多いです。ショッピング枠の限度額分、キャッシングで丸々お金を借りられるわけではないので注意しましょう。

違い2 金利手数料

金利はお金を借りる時にかかるものです。ショッピング枠を利用する場合には金利はかかりませんが、キャッシング枠を利用してお金を借りる際は必ず金利がかかります。クレジットカードのキャッシング金利はほとんどが年18.0%となっていますので、例えば10万円を30日間借りる場合には

「10万円×18.0%÷365日×30日=1,479円」

と、1,479円の利息もかかってきます。ちなみにこの利息はクレジットカードの支払いの際に一緒に請求されます。

「10万円借りて1,479円ならもっと借りても良いかも…」と思った方もいるかもしれませんが、借りる金額は大きければ大きいほど、借りる日数は長ければ長いほど利息は高くなります。キャッシングを利用する際は、いくら利息がかかるのかを必ず事前に計算してから、計画的に利用するようにしましょう。

なお、計算式は「借りる金額×金利÷365日×返済までの日数」で利息の計算ができます。(金利は年率なので365日で割って1日当たりの金額を出して計算します)

違い3 分割手数料

ショッピング利用は金利手数料はかかりませんが、3回払いや5回払いなどの分割払いを選択した場合は、カード会社所定の分割手数料がかかります。

分割手数料と金利はよく似ていますが、それぞれでは利率の決まり方が違います。たとえば、手数料の場合は分割回数に応じて決まり、金利の場合は限度額によって決まる仕組みです。基本的に分割回数や限度額が多いほど、実際に支払う手数料や利息も多くなります。

違い4 キャッシング枠は総量規制の対象

総量規制とは、貸金業者からの借入額の合計を年収の3分の1までとする規制です。ショッピング枠は総量規制の対象とはなりませんが、キャッシング枠は総量規制の対象です。

貸金業者とは主に信販会社や消費者金融のことで、たとえばすでに消費者金融から借入がある方がクレジットカードのキャッシング枠に申込をする場合、合計の限度額が年収の3分の1を超えることはありません。

3.キャッシングのメリット・デメリット

クレジットカードキャッシングのメリットは、カードにキャッシング枠があればいつでもお金が借りられるという点です。クレジットカードを作った時点でカード会社側の審査にはすでに通っているため、急にお金が必要になった時に申込手続きに時間と手間を取られることがありません。

一方、デメリットとしては金利が高いことが挙げられます。クレジットカードキャッシングの金利は、限度額100万円未満で18.0%、100万円以上で15.0%に設定されている場合が多いですが、限度額100万円以上の方というのは実際かなり稀です。ほとんどの場合、キャッシング金利は18.0%に設定されているはずです。

金利18.0%というのは高金利と言われる消費者金融と同じ水準なので、借り過ぎには十分注意が必要です。

4.クレジットカードキャッシングの利用方法

クレジットカードのキャッシング方法は主にATMとネットキャッシングの2種類です。ネットキャッシングの対応可否や受付時間はカード会社によって異なるため、事前にカード会社に確認するようにしてください。

方法1 ATM

大手クレジットカード会社のほとんどが都市銀行やコンビニATMと提携しているので、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートなどの主要コンビニであれば、基本的に24時間いつでもクレジットカードで借入ができます。

方法2 ネットキャッシング

ネットキャッシングとは、自分の銀行口座に直接振込んでもらう形で借入をする方法です。電話やネットで事前に申請をしておけば、当日または翌営業日には自分の口座に入金される仕組みとなっています。

現金を手元に用意したい場合はATMを使うことになりますが、口座引き落としなど口座にお金を用意しておきたい時はネットキャッシングが便利です。人気のカード会社のネットキャッシング対応状況をまとめましたので、こちらも参考にしてみてください。

キャッシング サービス3

5.クレジットカードキャッシングの返済方法

キャッシング利用分の支払いは、クレジットカードの請求日にショッピング利用分とあわせて口座引き落としとなります。キャッシングの返済は基本的に一括払いですが、現在はリボ払い(分割払い)ができるカード会社も増えています。

リボ払いなら毎月の返済額が抑えられるため、クレジットカードを使い過ぎてしまった場合も安心ですが、分割にすることで返済期間が延び、その分支払う利息が増えるというデメリットがあるので注意しましょう。

6.ショッピング枠とキャッシング枠の増額

クレジットカードのショッピング枠とキャッシング枠は、カード会社に申請をすれば増額することも可能です。ただし増額には審査があるので希望すれば誰でも増額できるというわけではありません。

また、自分で増額申込をしなくても、カードの利用実績を積むことでカード会社から増額の案内がくることもあります。この場合も審査は必要ですが、増額案内がくるということは最低限の審査基準は満たしているということなので、自分で申込むよりも審査に通る可能性は高いと言って良いでしょう。

7.まとめ

キャッシングはクレジットカード会社からお金を借りるということなので、利用する場合は延滞をしないよう、あらかじめしっかりと返済計画を立てておくことが重要です。

また、比較的金利が高い分長期の借入になると利息もそれなりの金額になるので、クレジットカードのキャッシングはあくまで短期的な借入と考え、長期的な借入になる場合は低金利な銀行カードローンなどを検討した方が良いでしょう。

詳しくは次のページを参考にしてみてください。

「銀行カードローンで即日融資!今日借りられるカードローンはこれだ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

カードローンランキング