アコム

貯金ゼロからの脱出|貯金に成功した事例と今からできること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
脱出

30代では三世帯のうち一世帯は貯蓄ゼロであると言われています。

貯金が全くないと、なんとなく不安な気持ちになります。「いざ」という時に使えるお金、「ここぞ」という時に使えるお金はぜひ貯金しておきたいものです。

蓄えがあれば、できることの選択肢が広がりますし、病気やけがのときも安心です。今からでも遅くありません。「貯金したい!」という気持ちが盛り上がったら、すぐにでも取り掛かるべきです。

貯金がゼロの状態から抜け出すことができた成功事例を、貯金するための方法や注意点をご紹介します。

1.貯金ゼロからお金を貯めた事例

貯金成功事例

普通に生活しているだけでは、なかなか難しい「貯金」。大切なのは分かっているけれどついついお金を使ってしまいます。そんな中、貯金に成功した人はどんな方法をとったのでしょうか。いくつか事例を挙げてみたいと思います。

その1 30代の事例(35歳主婦、Sさんの場合)

ご主人の手取り収入の内、約2割を先取り貯金に回しているSさん。その分は最初からなかったお金ということにしているから、手元のお金をやりくりすれば良いだけなので、やりくりのストレスがないそうです。

他にも、生活費を節約しながら余った小銭を貯金箱に入れて、子どもの絵本代や切手代、宅配便の手数料などの細かい出費に充てています。貯蓄額がゼロの状態で結婚に踏み切ったSさんですが、この方法で結婚6年目にして250万円の貯蓄に成功しています。

その2 40代の事例(43歳中間管理職、Hさんの場合)

Hさんは、奥様のすすめもあり、3年前から勤めている会社の財形型貯蓄を利用しています。給料からの天引きシステムで自分の知らないところでも着実に貯まっていくので、煩わしさがなく快適です。

家計の全ては奥様に預けているHさん、想像すると総貯蓄額は200万円くらいだそうです。Hさんのいう財形型貯蓄は、給料明細で確認できます。サラリーマン家庭には強い味方のシステムで、利用している人も多いのではないでしょうか。

その3 20代の事例(26歳独身男性、Aさんの場合)

会社の先輩から誘われて参加したフィナンシャルセミナーで、Aさんは「20代の平均貯蓄額は70万円」と聞き、貯蓄ゼロな自分に焦りを覚えました。

マンションに帰ってから、インターネットで20代からできる貯蓄術を検索してみたところ、手取り収入に対して、固定費が3割、変動費3割、自己投資2割、貯蓄2割、が20代の理想的な家計プロポーションとされていることを知り、それを自分の現在の生活と当てはめてみました。

結果は、固定費が3割で範囲内だったものの、変動費が4割、自己投資が3割と多く、代わりに貯蓄に割く部分がゼロだったので、Aさんは改善しようと思いたち、現在は20代の平均貯蓄額の70万円の貯蓄を目標に、無駄のない生活を心がけています。

これから訪れる結婚や家の購入などのライフイベントを視野に入れ、目標を持って貯蓄しています。Aさんの事例から分かることは、まずは正しいお金に関しての知識を得て、それを実践に移していくプロセスが大切だということです。まだ若くて頭が柔軟なうちに、貯金を日常のことにしてしまうのが、良い方法です。

その4 シングルマザーの事例(29歳パート、Kさんの場合)

どうしても一人だと収入が少なくなり、貯蓄は正直苦しい、というシングルマザーのKさん。そんなKさんが利用しているのは学資保険です。

入学や卒業などの出費のかさむイベント時にも対応してくれる積み立て型の学資保険は、貯金しているという実感は少ないものの、いざという時に頼りになる保険商品です。

Kさんの住む自治体の助成金や補助金の制度を上手に利用し、そんなに贅沢はできないけれど、お子さんと二人楽しく暮らしているそうです。

2.貯金ゼロから脱出するためにできること

貯金がない状態から何とか脱出するために、一番必要なことは「本人のやる気」です。脱出したい!と強く思うことで、今までなんとなく使っていたお金を「大切にしよう」という気持ちがぐんぐん湧いてくるはずです。

その1 まずは節約

まずは節約

貯金を始めるには、収入の中からまず貯めるお金を確保しなくてはいけません。これまで通りあればあるだけ、湯水の様にお金を使っていては、決して貯まりません。節約しましょう。

その方法はさまざまですが、固定費を見直すことから始めましょう。電気代、水道代はもう少し抑えることができませんか?保険や携帯電話のプランなど、見直してみるのも良いかもしれません。

しかし、くれぐれも無理してはいけません。とくに毎日の食事にかかる費用は削りすぎないようにしましょう。その分外食や飲み代などを抑えれば、十分節約効果は期待できます。

その2 強制的に積み立て

強制的に積み立て

ズボラさんや、飽きっぽい人、めんどくさがりな性分の人におすすめなのは、財形や定期です。第三者の手や機関を経ることで、お金を降ろすときの手間が1つ余計に増えるので気軽に降ろして使おうという気が起きなくなります。

通帳などに着々と数字が増えていく様を見るのが楽しくなって来たら、貯金を楽しみ始めてきた証拠です。その調子でコンスタントに貯めていきましょう。

その3 副業

副業

あるお金でやりくりするよりも、実は手っ取り早いのは、収入を増やすことです。空き時間にもできるアルバイトも探せば結構あるものです。内職や、インターネットの環境が家にあるのであれば、パソコンを使ってプチ稼ぎをするのも良い方法です。

1つ注意が必要なのは、在宅での副業は「月一万円でも稼げれば成功」という認識でいることです。「在宅で30万円!」とか「アフィリエイトで月100万円!」などというあからさまなキャッチコピーに引っかからないようにしてください。

3.貯めておきたい貯金額!年代別

以下は、ある機関の家計調査データより、年収300〜500万円未満の場合の年代別貯蓄額の中央値を抜粋しました。

20代

20代の貯蓄額中央値は約70万円です。生来のことを考え始める20代は、気力も体力もあり、貯蓄へのモチベーションも高くキープするのに向いた年代です。

30代

30代の貯蓄額中央値は約200万円です。子どもが小さいうちが貯め時と言われています。

40代

40代の貯蓄額中央値は約60万円です。子育てに手がかからなくなってきた半面、お金がかかる時期でもあります。そのことが貯蓄額に影響していると思われます。

50代

50代の貯蓄額中央値は約85万円です。子ども達も独立しだした年代でしょうか。そろそろ老後の資金についても考え始める時期です。

60代

60代の貯蓄額中央値は約740万円です。60代になると、退職などにより職業収入がなくなる場合が多く、年収別で分けることはできませんでした。

4.貯金ゼロだと困ること

貯金ゼロ

いざという時に使えるお金がないと、困る機会がたくさんあります。そのようなシーンでは、貯金の大切さが実感できます。

シーン1 引っ越し

引っ越し

今住んでいる環境に不満があっても、お金がなければ引っ越すことができません。新しい物件の契約時にかかる費用もそうですし、引っ越し自体にも諸経費がかかります。

近隣への挨拶やゴミの引き取りさえけっこうな金額が必要です。二人暮らしの場合、引越しにかかる費用は12万円程度と言われています。

シーン2 転職

転職

今の仕事を辞めて、ほかの仕事に就きたい。または、やりたい職業を見つけた。そんな時にも、お金が必要になってきます。仕事をしながらの転職活動は時間的に難しいものです。

だからこそ退職してからしっかり転職活動をするために、何か月か無収入でも暮らしていけるくらいの蓄えが必要です。失業中の生活費も含め、50万円ほど蓄えておくとよいでしょう。

シーン3 結婚

結婚

最近では結婚式を挙げないカップルも多く、披露宴などにかける費用はずいぶん少なくなってきているようです。

しかし、結婚は披露宴だけではありません。新居へ入れる家具や食器、電化製品なども買いそろえなくてはいけないし、結婚指輪、記念品、親族への報告のための食事会、など、数え上げればきりがないほどさまざまな出費があります。

結婚幸せなイベントも十分蓄えがあると、より楽しむことができます。400万円ほどの蓄えが必要でしょう。

シーン4 出産

出産

妊娠期の検診費用、出産費用の多くは自治体からほぼ全額の補助金が出ることもあり、さほど心配しなくてもかわいい赤ちゃんに出会えるようにはなりました。

しかし、体型の変わってゆく妊婦さんのための服や、赤ちゃんが生まれた際の衣類やベビーカー、おむつや哺乳瓶などの、細々した赤ちゃん用品にも、かなりの出費が見込まれます。入院費用やマタニティグッズ費、ベビー用品費を考慮すると、60万円程度の貯蓄があれば安心です。

シーン5 子育て

子育て

どんどん大きくなっていく子ども時代は、身の回りの物にお金がかかります。食費も、学費も、塾やお稽古事も、すべてに膨大な金額がかかるのです。一生懸命働いてもカツカツな生活を送るより、少しでも貯金があれば、子育てを楽しむ余裕が出てくるでしょう。

子どもが自立するまでには、1,000万円ほどかかると言われています。常に1,000万円以上の貯金をしておく必要はありませんが、要所ごとに難なく支払いができる程度の貯金が必要であると言えるでしょう。

▼子どもが自立するまでにかかるお金なら

「結婚費用もそうだけど、子どもを立派に自立させるまで一体どれくらいのお金がかかるんだろう。」 結婚費用や養育費などが気にはなっているけど、実際にはいくら必要になってくるのか、...

シーン6 離婚

離婚

夫婦の関係がすれ違い始め「離婚」という選択肢を選ぶ人もずいぶんと増えました。こんな時にも貯金があればそれほど心強いことはありません。

新しい人生の一歩も、金銭面での余裕があるのとないのとでは、心の持ちように大きな差が出てくるのは想像に難くありません。離婚にかかる費用は個々の環境によって大きく変わるため一概には言えませんが、やはりある程度の余裕は必要でしょう。

シーン7 老後

老後

定年を迎え年金で生活をするようになっても、安心して生活を楽しむには、やはりお金の力は大きいものです。時には孫にお小遣いでもあげたいでしょうし、貯金があれば、働いている時代はできなかった旅行や趣味を楽しむことができます。

万が一、体が動きにくくなっても、所定の金額を支払うと福祉のサービスを受けることもできますし、病気になった時もお金の心配をしなくて済む分、ストレスは溜まりにくいでしょう。公的年金を貰えるものと仮定して、3,000万円の貯蓄があれば、夫婦ふたりで安心した老後を送れると言われています。

5.本当にお金が貯まる今すぐ使える貯金術まとめ

賢く、そして確実にお金を貯めることができるようになる貯金術を5つご紹介します。

▼500円貯金なら

「500円玉貯金って意外に貯まるって聞くけど本当かな?」 気軽に始めることができる500円玉貯金。あなたも今までに試したことがあるかもしれません。 実際にやってみると思...

▼低収入でも貯まる貯金術なら

「貯金したいのに、いつもお金を使い切ってしまって全然貯まらないな…」 あなたはもしかすると、貯金を成功させるコツが知りたくて、このサイトにたどり着いたのかもしれません。 ...

▼無理なくお金が貯まる貯金術なら

「あと何日で給料日かな・・・」指折り数えて給料日を待ち望むこと、あなたにも覚えがありませんか? 月末に近づくにつれて、口座から引き出す金額も次第に万単位から千円単位になってき...

▼1年で100万円貯める貯金術なら

「1年で100万円貯金したい!」 貯金はコツをおさえて実践すれば、老若男女問わずしっかりと貯めることができます。ケチになる必要も高度なことをする必要もありません。 この...

▼1,000万円貯める貯金術なら

上手にお金が貯まる貯金方法が知りたい。将来のために確実にお金を貯めたい。ついつい浪費してしまうから、貯金ができるようになりたい……。 貯金しようと思っていざやってみても、なか...

6.今月お金がピンチ!そんな時の賢い選択

「急な出費で今月だけどうしてもお金が足りない…」

どうしてもすぐにお金が必要な時は、保証人不要、担保も不要で借りれるカードローンの利用がおすすめです。1万円からお金を借りることができますし、自分の好きな時にいつでも返済可能です。

また、30日間無利息のカードローンを利用する場合、無利息期間中に全額返済すれば利息は1円もかかりません。それ以外でも無利息期間分の利息を減らすことができるのでお得にお金を借りることができます。

即日融資にも対応しているので、申込から最短60分で現金を借りることも可能です。

ちなみに、カードローンには消費者金融と銀行のものがあり、銀行系の方が金利が低く設定されています。大手消費者金融と銀行カードローンの金利は次の通りです。

消費者金融と銀行カードローン金利比較

消費者金融の金利は年3.0%〜18.0%なのに対し、銀行系は年1.8%〜14.6%となっています。

金利だけ見ると銀行系を利用した方が支払利息を減らせると勘違いしそうですが、実際には消費者金融を利用した方がお得なケースもあります。これには無利息期間が関係しています。

多くの大手消費者金融には「30日間無利息」の無利息サービスがありますが、ほとんどの銀行カードローンにはありません。

そのため、短期間だけお金を借りるなら無利息期間がある消費者金融の方がお得です。

短期間の目安は150日(5ヶ月)以内の借入です。

例として10万円を30日・60日・90日・120日・150日・180日借りた場合の利息を見てみましょう。

30日間無利息は消費者金融の平均である金利年18.0%、無利息期間なしは銀行カードローンの平均である14.5%で計算しています。(計算式「借入金額×金利÷365×借入日数」)

借入日数30日間無利息無利息期間なし
30日0円1,191円
60日1,479円2,383円
90日2,958円3,575円
120日4,438円4,767円
150日5,917円5,958円
180日7,397円7,150円

150日以内の借入なら無利息サービスがある消費者金融の方がお得であることがわかります。180日以上の借入を予定している場合は低金利の銀行系を選ぶと良いでしょう。

なお、無利息期間がある主なカードローンは次の通りです。短期間の利用の時はこの中から選びましょう。

カード金利年無利息期間
アコム3.0%~18.0%初めてなら30日間無利息
レイク4.5%~18.0%選べる2つの無利息期間
・30日間無利息
・5万円まで180日間無利息
プロミス4.5%~17.8%初めてなら30日間無利息
アイフル4.5%~18.0%初めてなら30日間無利息

ちなみに、レイクは5万円までの借入なら180日間無利息で利用できます。借りたい金額は5万円以内におさまるならレイクを利用しましょう。

7.今すぐ借りれるカードローンランキング

今すぐ借りれるおすすめのカードローンをご紹介します。カードローンを利用する時はこの中から選んで申込をしてみてください。

アコム

アコムは融資スピードが最短1時間と早く、土日祝日に申込をしても当日中に借入できます。30日間の無利息期間もあるので「給料日が来たらすぐに返せる」といった短期間だけお金を借りたい方も多く利用しています。

アコム情報

▼アコムでお得に借りる方法はこちら
アコムのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

新生銀行カードローン レイク

新生銀行カードローン レイクには30日間無利息、もしくは5万円まで180日間無利息の2つの選べる無利息期間があるので「お金を短期間借りたい方」「少額の借入をしたい方」に特に選ばれています。

新生銀行カードローンレイク情報

▼レイクでお得に借りる方法はこちら
新生銀行カードローンレイクのメリット・デメリットを徹底解説|融資を受ける手順と注意点とは

プロミス

プロミスは審査が最短30分と非常に早く融資もスムーズです。WEB完結も可能ですし、カードレスの利用もできます。「とにかく借りやすいカードローンを利用したい方」に選ばれています。

プロミス情報

▼プロミスでお得に借りる方法はこちら
プロミスのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

*ランキングは当サイトのおすすめ順に掲載しています。

8.まとめ

年齢や状況によって、適した貯金法や、貯蓄額は違ってくるようです。それでも、少ないよりは多い方がいいのが貯蓄です。今からでも遅くありません。目標をもってコツコツ貯めていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket