アコム

同世代の貯金平均額は何万円?年代別の貯金額データを基に今後の目安にしていこう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
女の子2人

自分と同世代の人がどれくらい貯金を持っているのか、気になったことはありませんか?

どんなに仲の良い友達でも、本当の貯金額は聞きづらいこともあることでしょう。とは言っても、今後の人生で必要になる金額は把握しておきたいものです。

今の貯金額が他の人より多いのか少ないのか、不安になることもあると思います。

この記事では、年代別や年収別の平均貯金額や、未婚、既婚、子供の有無など、状況別でのデータもまとめてみました。

同世代の平均貯金額と比較して、今後自分が目安にする貯金額の参考にしてみましょう。

1.20代・30代・40代の平均貯金額と中央値

硬貨の上に乗っている家

20代~40代は、社会人になったり、結婚して家庭を持ったり、子供の将来や自分の老後を考えたりなどで、貯金のことを一番考える世代かと思います。まずは、その20代~40代の平均貯金額と中央値をご紹介します。

中央値とは、数字を小さい順に並べた時の中央に位置する値です。

例えばA,B,Cの3人の貯金額が、A:1万円、B:10万円、C:100万円だったとします。

この場合の「平均値」は、3つの数値を足して3で割った額の37万円になりますが、「中央値」はBの値の10万円になります。

貯金額を平均値で見ると、1人でも多額の貯金を持っているだけで値はグンと上がりますので、参考にするなら中央値を一緒に見ると良いです。

出典 金融広報委員会「家計の金融行動に関する世論調査」
https://www.shiruporuto.jp/finance/chosa/kyoron_futari/

①20代の平均貯金額と中央値

20代金額(%)
平均貯金額189万円
中央値68万円
貯蓄がない36.4%

20代はまだ社会人になったばかりで、貯蓄のない世帯も 36.4% ありますが、平均貯金額で見ると200万円近くあります。

貯蓄のない世帯を除いたときの平均貯金額は315万円になるので、20代前半からコツコツと貯金した人と、全くしなかった人では、すでにかなりの差が出てきます。

②30代の平均貯金額と中央値

30代金額(%)
平均貯金額494万円
中央値213万円
貯蓄がない27.8%

20代と比べると、平均貯金額も中央値も倍以上高くなってきます。貯蓄のない世帯は20代より減少するも、 27.8% の世帯は貯金がない状態です。

結婚したり子供が生まれたりして、多額の出費も増えてくる30代。今後必要となる費用をしっかり考え、貯金額や貯金の仕方を見直すなら30代のうちが良いでしょう。

③40代の平均貯金額と中央値

40代金額(%)
平均貯金額594万円
中央値200万円
貯蓄がない35.7%

40代になると平均額は600万近くになるのですが、中央値は30代より下がってしまっています。貯蓄のない世帯も 35.7% に増え、それだけ貯金額の差が開いてくるということになりますね。

子供のいる家庭では子供の将来のための貯金や、老後のための貯金など、ある程度の額を持っていないと不安も大きく感じる年代です。

40代からでも遅くはないですが、やはり30代から先を見据えて行動することで、貯金額は大きく変わってくるでしょう。

2.年収別の平均貯金額と中央値

硬貨の上に乗っている鍵

年収別の平均貯金額と中央値をご紹介します。ご自分の年収と照らし合わせて参考にしてみてください。

①年収300万円未満の平均貯金額と中央値

年収300万円未満の方金額(%)
平均貯金額671万円
中央値100万円
貯蓄がない42%

中央値からみると年収300万円未満の方の貯金はなかなか難しいようですが、平均貯金額を見ると700万円近くあります。

未婚か既婚かでも変わってくるかと思いますが、お金や貯金の知識を身に付ければ、300万円未満の収入でもコツコツと貯めていけるでしょう。

②年収300万円~500万円未満の平均貯金額と中央値

年収300万円~
500万円未満の方
金額(%)
平均貯金額1041万円
中央値300万円
貯蓄がない31.6%

この年収の人口が一番多いのですが、貯蓄のない世帯が 31.6% いらっしゃいます。

浪費を控え計画的に生活していれば、ある程度の貯金をすることは難しくない年収ですね。

③年収500万円~750万円未満の平均貯金額と中央値

年収500万円~
750万円未満の方
金額(%)
平均貯金額1,365万円
中央値670万円
貯蓄がない20%

貯蓄のない世帯も2割はいますが、このくらいの年収があればそれなりの貯金をしていくことが出来るでしょう。

老後資金や将来設計を立てて、貯金をしていくことをおすすめします。

④年収750万円~1,000万円未満の平均貯金額と中央値

年収750万円~
1,000万円未満の方
金額(%)
平均貯金額2,100万円
中央値1,100万円
貯蓄がない11.2%

余程の浪費をしない限りは、それほど無理なく貯金をしていける年収です。

この年収で貯金が出来なくて困っている方は、何にいくら使っているのかを細かく把握し、節約できる部分を見つけて無駄な出費を防ぎましょう。

3.「高齢者世帯」「児童のいる世帯」「母子世帯」各種世帯別に見た貯蓄の状況

硬貨の前に立つ各種世帯

厚生労働省が平成29年に行った調査から、各種世帯別の貯蓄状況をみてみましょう。

 全世帯高齢者世帯児童のいる世帯母子世帯
総数100.0100.0100.0100.0
貯蓄なし14.915.114.637.6
貯蓄あり80.379.482.059.6
50万未満4.73.85.314.4
50~100万3.52.63.93.5
100~200万7.97.010.39.1
200~300万5.95.07.66.5
300~400万6.35.38.44.0
400~500万3.32.55.01.9
500~700万9.49.110.94.2
700~1000万5.85.26.62.0
1000~1500万8.79.57.72.9
1500~2000万4.75.63.41.4
2000~3000万6.37.73.61.8
3000万円以上8.810.84.41.9
貯蓄あり額不詳5.15.35.16.0
不詳4.85.53.42.7
1世帯あたり
平均貯金額(万円)
 1031.51221.6676.9327.3

単位(%)

(出典:厚生労働省「各種世帯の所得等の状況」)

①高齢者世帯の貯蓄状況

1世帯あたりの平均貯金額を見ますと、1,221万円と高齢者世帯が一番高いです。

そして3,000万円以上の貯蓄がある世帯が10.8%もいるのですが、貯蓄なしの世帯も14.9%いるので、世帯によって大きな差が出てきています。

②児童のいる世帯の貯蓄状況

子供のために貯金をしている家庭も多いのか、貯蓄がある世帯は80%を超えています。

平均貯金額も650万円を超えていますが、その反面、借入金の調査では50%以上の世帯に借入金があるとの結果が出ています。

③母子世帯の貯蓄状況

貯蓄がない世帯が37.6%にもなる母子世帯。貯蓄ありでも50万円未満の世帯が14.4%と、収入も限られてくる母子世帯で十分な貯金をするのは難しいのでしょう。

例え低所得の世帯であっても、お金や貯金に対する知識を身に付け、可能な限りの節約をしたり、収入を増やす方法を考えるなど意識して行動に移していけば、少しずつでも貯金を増やしていくことは可能です。

4.これからでも遅くない!老後の不安を軽減するための理想的な貯金額

豚の貯金箱に硬貨

年収の約10~15%を貯金にまわす人が多く、平均年収の約400万円で例えると、月に4万円前後の貯金となります。月に4万円貯金すると、1年で48万円、10年で480万円の貯金が出来ます。

20代30代の内から貯金できれば、「高齢者世帯の貯蓄状況(3の①)」の1世帯あたりの平均貯金額に達することができますね。

年収が300万円未満の方やローンなどがある方の場合は、家庭を圧迫し過ぎないように、月々の貯金が負担にならない程度の金額を設定しましょう。

5.将来役立つおすすめの貯金術5つ

将来役立つおすすめの貯金術をご紹介します。貯金することに慣れてきたら次の節約術もチャレンジしてみてください。

貯金術1 500円玉貯金

30歳までには貯金をしたいけど、何から始めたらいいかわからない場合は気軽に始められる「500円玉貯金」がおすすめです。

500円玉貯金を成功させるにはコツがあります。コツさえ知れば短期間でも30万円、50万円貯められます。

▼「500円貯金の成功例3つ|成功させるコツと注意点を解説」はこちら

「500円玉貯金って意外に貯まるって聞くけど本当かな?」 気軽に始めることができる500円玉貯金。あなたも今までに試したことがあるかもしれません。 実際にやってみると思...

貯金術2 無理なくお金が貯まる貯金方法

今の年収でも無理なくお金を貯めることができる貯金方法です。

何にお金を使っているのか、なぜお金が残らないのかなど、お金の流れを把握することで「お金が貯まるコツ」がわかってきます。

実践することで生活にゆとりを生み、毎月一定の金額を貯金に回していくこともできるようになり、将来の豊かさを手に入れることができることでしょう。

▼「今と全く同じ収入で無理なくお金を貯める7個のコツと貯金の流れ」はこちら

「あと何日で給料日かな・・・」指折り数えて給料日を待ち望むこと、あなたにも覚えがありませんか? 月末に近づくにつれて、口座から引き出す金額も次第に万単位から千円単位になってき...

貯金術3 低収入でも貯まる貯金の仕方

お金を貯めたいけど、自分の収入は少ないからと貯金することを諦めていませんか?

貯金したいのに、いつもお金を使い込んでしまう方も多いと思います。

そんな時は、貯金に成功した事例や習慣など真似て、低収入の方でも無理なくお金を貯めることができる貯金方法を実践してみてください。

▼「低収入でもお金が貯まる貯金のコツ5個と成功事例4つ」はこちら

「貯金したいのに、いつもお金を使い切ってしまって全然貯まらないな…」 あなたはもしかすると、貯金を成功させるコツが知りたくて、このサイトにたどり着いたのかもしれません。 ...

貯金術4 1年で100万円貯める貯金方法

低所得でも1年間で100万円を貯めることができる貯金方法をまとめました。

1年間で100万円を貯めると言っても簡単に実践できることばかりなので、ぜひ参考にしてみてください。

貯金が成功する人の特徴・貯金が失敗する人の特徴も参考になります。30代・40代に向けて他の誘惑に揺るぐことなく貯金に取り組んでいきましょう。

▼「低所得でも1年で確実に100万円貯める賢い貯金の仕方」はこちら

「1年で100万円貯金したい!」 貯金はコツをおさえて実践すれば、老若男女問わずしっかりと貯めることができます。ケチになる必要も高度なことをする必要もありません。 こ...

貯金術5 1,000万円貯める道しるべ

20代の方がいきなり1,000万円を貯めることは難しいかと思いますが、将来の生活で役に立つ効果的な貯金方法をまとめました。

自分の状況、目標に合わせて、無理のない方法やコツをつかめば、1,000万円貯金も夢ではありません。

より良い将来、豊かな生活が送れるように、地道に貯金をしていきましょう。

▼「1,000万円貯まる賢い貯金方法と道しるべ」はこちら

上手にお金が貯まる貯金方法が知りたい。将来のために確実にお金を貯めたい。ついつい浪費してしまうから、貯金ができるようになりたい……。 貯金しようと思っていざやってみても、なか...

6.まとめ

あくまで貯金額は人それぞれの生活スタイルなどで異なります。

自分の貯金が平均額や中央値と比べて少なかったからといって、焦ることは無いでしょう。急に切り詰めすぎたり、働きすぎたりして身体を壊しては元も子もありません。

自分の収入や状況にあった貯金の仕方で、無理なく貯めて行くことが重要です。

上手な節約の仕方や、投資などで資産を増やすなど、お金や貯金に関する知識を身に付けてコツコツと貯金をしていけると良いですね。

貯金に関してのこちらの記事もぜひご参考ください

【保存版】絶対に貯金が貯まる日常生活の節約術まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket