20代の平均貯金額は76万円!最適な貯金のコツ6つを実践して将来の豊かさを確保しよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
貯金が増えている貯金箱

人生で貯金しやすい時期は20代です。収入の多い少ないに関わらず、お金の使い道が自由だからです。

逆を言えば、ムダ使いすることもできますが、貯金は努力や我慢も時には必要になります。

20代のうちにお金を貯める習慣を身に付けておくと、急な出費があった時や結婚やマイホーム購入などの出来事に対応できますし、30代・40代の生活が豊かになることでしょう。

この記事では、20代に最適な貯金できるコツや20代の平均貯金額などをまとめました。

無理な貯金はストレスになってしまうので、楽しみながら、生活の負担にならない範囲で貯蓄していきましょう。

1.20代に最適な貯金できる6つのコツ

20代の方に最適な貯金できるコツをご紹介します。ぜひ参考にして実践してみてください。

コツ1 目標額を決めて貯金意識を高める

貯金できる人とできない人の違いは、収入額の差ではなく意識の差です。まず目標を立て、貯金をする目的意識を持つことが重要になります。

長期的な目標に加えて短期的な目標も設定し、定期的に貯金した結果を味わえると貯金生活も楽しくなっていくことでしょう。

30歳までに300万円貯めたい、結婚資金で400万円貯めたい、50万円貯まったら旅行に行きたいなど、具体的な金額や期日を設定することで進捗状況もわかりやすくなります。

お金をしっかりと貯めていきたいのであれば目標は必ず立てることが必要ですが、どんな風に目標を書けば良いのか、よくわからないこともあると思います。

簡単な8項目の「夢ノート」を作成しましたので、ぜひ印刷して参考にしてみてください。

→「夢ノート」のダウンロードはこちら

コツ2 家計簿を付けて貯金額・自己管理力UP!

20代から貯金を成功させるためには、収入と支出の状況を把握することも重要です。

家計簿をつけると状況を把握できるだけでなく、「無駄な支出がないか、どの支出を減らせるか」なども家計簿をもとに考えていきましょう。

今ではレシートをカメラで撮るだけで自動読込や計算をしてくれる便利なスマホアプリがあります。(ダウンロードは無料)

これを機に家計簿スマホアプリ活用していきましょう。おすすめのアプリは次の通りです。(パソコンにも同期可能)

パソコンで家計簿を管理したい方におすすめのソフトは「うきうき家計簿はフリーソフト」です。(無料ソフト)

集計一覧や予算設定など使い勝手が良い家計簿なので利用してみましょう。

コツ3 貯金専用の口座を作って浪費を防ぐ

貯金額を把握するためにも給与振込口座とは別の「貯金専用口座」を作りましょう。

給与が入ったら貯金専用口座に貯金設定額を預金すると、お金を使わずに済みます。

貯金する口座が給与振込口座や引落口座と同じの場合、自分が貯金したい金額を明確にしづらいですし、うっかり使ってしまう可能性もあります。

貯まっていく金額を確認できるようにするためや浪費を防ぐためにも貯金専用口座で貯金管理していきましょう。

コツ4 先取り貯金で年間12万円貯金できる

給料をもらったら使うよりも先に自分で決めた金額を貯金してしまいましょう。

お金が余ってから貯金に回そうという考えでは、なかなか継続的にお金を貯めることは難しいです。

例えば給料が入ったら先に1万円は「自動積立定期預金」「社内預金」「財形貯蓄」などを利用して、給料から自動的に貯金額が引かれるように手続きをします。これを実践するだけで年間12万円貯金できます。

自己管理ができる方は、貯金専用口座に自ら入れるのも良いでしょう。

ただし、生活の負担になる金額を設定することはやめましょう。生活費が足りなくなったりしてお金を借りたりしては元も子もありません。

コツ5 固定費を見直して貯金額UP!

月々かかる固定費は、主に「家賃・光熱費・スマホ代・ネット代・公共交通機関の交通費」などがあります。

これらの費用を減らすことができれば貯金額に充てることができることでしょう。

特にスマホ代やネット代は他社のプランと比較し、今よりも格安にならないか見直すと良いです。

仮にスマホ代やネット代を見直して1,500円ずつ減らすことができれば、合計で3,000円安くなり、年間36,000円も貯金に充てることができます。

光熱費は節水したり、こまめに電気を消したりしてみてください。公共交通機関の交通費は一駅前で降車することで費用を抑えられます。

家賃の場合は大家さんと交渉したり、もっと家賃が安い部屋に引っ越しをすることも視野に入れてみましょう。

このように固定費は節約意識を持って普段から生活をしていけば、お金を捻出できます。

▼光熱費を最大限節約するなら

毎月の家計を圧迫する光熱費ですが、負担を減らすことができれば、家計も助かります。 日頃から節約に取り組んでいる方もいらっしゃるでしょうが、どんな方法で節約をしているでしょうか...

コツ6 クレジットカードを使い年間1万円分以上のポイントを活用する

生活費を把握するため、倹約するためにもクレジットカードの利用がおすすめです。

クレジットカードで支払えばポイントが貯まりますし、割引されることがあります。

貯まったポイントは生活用品に変えたり、商品券や電子マネーに交換することが可能です。

例えばポイント還元率1.0%のカードを利用するとします。固定費が毎月6万円かかっている場合、600ポイントが貯まります。

食費や雑費などに毎月3万円かかっている場合は300ポイント貯まり、合計で月々900ポイント、年間で10,800ポイントが貯められます。

貯まったポイントは「1ポイント=1円」で交換できるカード会社が多いので、このケースでは年間1万800円分がポイントとして使うことができます。(カード会社によってポイント交換率は異なる)

現金払いはポイントが付くことはないため、固定費や普段からの支払いはクレジットカードで支払うことをおすすめします。

ただし、収入以上に使い過ぎてしまうことには注意が必要です。無理な支払いや高額な商品を分割払いやリボ払いを利用しないようにカードを活用すると良いでしょう。

▼クレジットカードの賢い選び方はこちら

クレジットカードは普段の支払いやネットショップの決済、旅行の予約などでもカード1枚あれば便利な決済方法です。 クレカを作りたいけど正しいカードの申込手順がよく分からなかったり...

2.20代の平均貯金額を知ろう!

一般的な貯金額は、収入の2割程度が目安とされています。

例えば月収25万円の方では月に5万円程度、年収350万円では年間84万円程度です。

では、20代の方が実際いくら貯金しているのか、20歳~29歳の男女を対象にした「SMBCコンシューマーファイナンスの平均貯金額」のデータを見ていきましょう。

SMBCコンシューマーファイナンスの平均貯金額(出典:SMBCコンシューマーファイナンスのウェブサイト「2017年度」

20代前半の平均貯金額は「76万円」で、20代後半では「190万円」であることがわかります。全体の平均貯金額は133万円で、貯金中央値は25万円でした。

20代男女別の貯金額の利率は次の通りです。

貯金額男性女性
10万円未満31.9%29.0%
10万円〜50万円未満27.8%25.5%
50万円〜100万円未満15.6%17.6%
100万円〜300万円未満13.2%18.2%
300万円以上11.5%11.8%
男女別にしても、4割の方は50万円以上貯金していることがわかります。将来のため、結婚のため、失業した時の蓄えなどのために20代からコツコツと貯金をしていきましょう。

3.貯金生活に影響を及ぼす7つのこと

貯金をするためにはムダな出費を抑えることが必要です。

貯金に影響を及ぼす7つのことをやめたり、抑えると貯金できる金額が大きく変わります。逆にやめられなかったり、減らせないと生活費の負担額が増えていくことになります。

貯金を成功させるためにも、次のことを20代のうちから意識していくと良いでしょう。

その1 安物買いはやめる

安いからと安物をどんどん購入する方がいらっしゃると思いますが、すぐ使えなくなったり、不要になってしまうことが多いです。

安価だからと新しい商品を買ってしまうことは、浪費につながります。

安いからと手に取るのではなく、本当に「必要な物・必要な数・物もちがいい商品」なのかどうかも見極めることで大きな出費を防ぐことができます。

その2 ついで買いはやめる

スーパーなどの買物時に多いですが、本来買う予定がなかった商品をついで買いする方が多いです。

特に食材は消費期限があるため、不要であったものを冷蔵庫に入れ放しのままですと結果廃棄することになります。

また、服などの買い物も要注意です。店員さんからすすめられて本来欲しかった服以外の商品をついで買いをしては無駄使いです。

買い物に行く際は、あらかじめ買うものを決めてからお店に行くようにしましょう。欲しいものリストなどを作ってから買い物に行くと効果的です。

その3 見栄っ張りを卒業する

20代はファッションやブランド物に興味がわくこともあると思いますが、収入に見合わないお金の使い方は浪費になります。

また、収入に見合わない場所に住むことも同様で、本当に住みやすいのかどうかなどの観点で住居を選ぶと良いです。

「よく見られたい!」「周りの目が気になる!」などと、人を気にしていたら貯金はできません。

見栄を張らなくなれば、今までムダに使っていたお金を貯金に充てることができます。「人は人、自分は自分」と自分基準を持って見栄っ張りから卒業しましょう。

その4 ギャンブルはやめる

ギャンブルは一度大当たりを引いてしまうと、その快感を味わって再度挑戦をしてしまうのがギャンブルをする人の心理です。

一攫千金を夢見ても実際に当たった人はほとんどいませんし、一時的に勝てたとしてもそのお金はギャンブルに消えます。

貯金は余分なお金を使わない、コツコツ節約をすることで結果が伴うので、本気で貯金をしたい場合はギャンブルから離れましょう。

その5 お酒をやめる・減らす

お酒を飲む量にもよりますが、毎日お酒を飲む方の場合、月々約7,000円〜15,000円程度かかっています。年間で約84,000円〜18万円の計算になります。

食材と一緒に購入することがあるため、月にいくらお酒代がかかっているか把握していないことが多いです。お酒が好きな方は月にいくらかかっているか計算してみましょう。

無理やりお酒を断つことはストレスになってしまうのでおすすめできませんが、お酒が好きな方は健康維持するためにも本数を減したり、月々4,000円までなどと月のお酒代を決めることをおすすめします。

その6 タバコをやめる・減らす

20代のうちからタバコをやめることができれば、余分なお金がかかりませんし、その分を貯金に回すことができます。

今やタバコは1箱約500円の時代です。2018年10月から値上がりがあったことでタバコ代は生活費の大きなダメージです。

1日1箱(500円)吸う方は月に約15,000円かかり、年間では18万円もかかってしまいます。

仮に10年後も禁煙をしていたら180万円も無駄にお金を使わなくて済むことになります。

タバコは中毒性が高いため、なかなか禁煙することは難しいと思うので吸う本数を減す努力をすると良いでしょう。

その7 借金癖・ローン癖を直す

  • 「お金を借りればなんとかなるからいいや」
  • 「ちょっと高いけど、ローンで買えば月々の負担が少なくなるから買っちゃえ」
  • 「これもまた分割で買おう」

などのように借金癖やローン癖がある人は、借金やローンの返済で手一杯になってしまうため、なかなか貯金ができません。

借金やローンというのはあくまで借りたお金で、自分のお金ではありません。

利用額が増えれば増えるだけ日頃使えるお金は少なくなりますので、かなり気を引き締めていかないとお金を貯めていくのは困難です。

借金癖やローン癖がある場合、まずは返せるものを返すことに集中しましょう。

20代の方でよくあるケースと言えば、スマホの分割払いが何重にもなってしまっているケースです。

スマホの購入時、基本的に機種は分割で購入しますので、新機種が出るたびに機種変をしているような場合、前の機種の分割払いが残っているのに、新しい機種の分割払いを組むことになります。

これが重なり、スマホの分割だけでかなりの負担になっている方は多くいますので、スマホをよく変えている方は一度確認してみることをおすすめします。

借金やローンがある方は毎月の返済額や残額を確認し、早めに返済ができるように見直しをしてみてください。

返済額が減ったら、今まで支払ってきた分を貯金にまわしましょう。

4.最大限に貯金額を増やす時におすすめの副業

最大限に貯金額を増やす時におすすめの副業を3つご紹介します。

ただし、会社員の方は就業規則(副業OKについて)を確認してからアルバイトなどをするようにしてください。副業がバレてしまい規則違反による減給などがあると元も子もありません。

万が一、副業禁止の場合は「20代に最適な貯金できるコツ1~6」を実践して地道に貯金していきましょう。

①日雇いのアルバイトで稼ぐ

日雇いのアルバイトはその日のうちに給料をもらえるのが最大のメリットです。週払いなどにも選択できるので生活費に回せたり、より多くの貯金をすることが見込めます。

日雇いのバイトは誰でもできる簡単な作業を任されるのがほとんどですが、様々な仕事があります。

単純作業が苦でない人は倉庫内での仕分け・検品作業、体力に自信がある人はイベントの交通誘導や警備などをおすすめします。

全国区のおすすめのバイト求人サイトは次の通りです。「バイト代や職種、作業内容、働けるエリア」などを簡単検索できるので、自分に合った仕事を探してみましょう。

②クラウドソーシングで稼ぐ

ランサーズ」や「クラウドワークス」などのクラウドソーシングを利用すれば自宅でお金を稼ぐことができます。

個人や企業からの様々な依頼をこなしていくことでお金を稼ぐ方法です。

登録されている個人や企業からの依頼には、経験・能力不問の簡単にできる依頼もあればWeb制作やデザインスキルを必要とする依頼などもあります。

Web制作やデザインのスキルを必要とする高額な案件から、経験・能力不問の簡単な案件まで幅広く、自分の条件に見合ったものを探すことができます。

ネットを利用して自宅で気軽に行えるので、できるだけ休日は自宅にいたい方におすすめの副業です。

③自己アフィリエイトで稼ぐ

アフィリエイトとは、「ブログなどに広告を掲載→読者などユーザーが広告をクリック→サービスに申し込む→報酬が発生」このような仕組みのことを言います。

自己アフィリエイトの場合、自分自身で広告をクリックし、アクションを起こすことで報酬を得ることができます。

作業量も少ないですし、無料で実践できるのでアルバイトやクラウドソーシングよりも簡単にお金を稼げます。

ただし、自己アフィリエイトは1つの案件に対して初回しか報酬が発生しませんし、自己アフィリエイトNGのサービスもあります。

継続的にお金を稼げるわけではないので本当にお金が無い場合のみ活用をおすすめします。

5.将来役立つおすすめの貯金術5つ

将来役立つおすすめの貯金術をご紹介します。貯金することに慣れてきたら次の節約術もチャレンジしてみてください。

貯金術1 500円玉貯金

30歳までには貯金をしたいけど、何から始めたらいいかわからない場合は気軽に始められる「500円玉貯金」がおすすめです。

500円玉貯金を成功させるにはコツがあります。コツさえ知れば短期間でも30万円、50万円貯められます。

▼「500円貯金の成功例3つ|成功させるコツと注意点を解説」はこちら

「500円玉貯金って意外に貯まるって聞くけど本当かな?」 気軽に始めることができる500円玉貯金。あなたも今までに試したことがあるかもしれません。 実際にやってみると思...

貯金術2 無理なくお金が貯まる貯金方法

今の年収でも無理なくお金を貯めることができる貯金方法です。

何にお金を使っているのか、なぜお金が残らないのかなど、お金の流れを把握することで「お金が貯まるコツ」がわかってきます。

実践することで生活にゆとりを生み、毎月一定の金額を貯金に回していくこともできるようになり、将来の豊かさを手に入れることができることでしょう。

▼「今と全く同じ収入で無理なくお金を貯める7個のコツと貯金の流れ」はこちら

「あと何日で給料日かな・・・」指折り数えて給料日を待ち望むこと、あなたにも覚えがありませんか? 月末に近づくにつれて、口座から引き出す金額も次第に万単位から千円単位になってき...

貯金術3 低収入でも貯まる貯金の仕方

お金を貯めたいけど、自分の収入は少ないからと貯金することを諦めていませんか?

貯金したいのに、いつもお金を使い込んでしまう方も多いと思います。

そんな時は、貯金に成功した事例や習慣など真似て、低収入の方でも無理なくお金を貯めることができる貯金方法を実践してみてください。

▼「低収入でもお金が貯まる貯金のコツ5個と成功事例4つ」はこちら

「貯金したいのに、いつもお金を使い切ってしまって全然貯まらないな…」 あなたはもしかすると、貯金を成功させるコツが知りたくて、このサイトにたどり着いたのかもしれません。 ...

貯金術4 1年で100万円貯める貯金方法

低所得でも1年間で100万円を貯めることができる貯金方法をまとめました。

1年間で100万円を貯めると言っても簡単に実践できることばかりなので、ぜひ参考にしてみてください。

貯金が成功する人の特徴・貯金が失敗する人の特徴も参考になります。30代・40代に向けて他の誘惑に揺るぐことなく貯金に取り組んでいきましょう。

▼「低所得でも1年で確実に100万円貯める賢い貯金の仕方」はこちら

「1年で100万円貯金したい!」 貯金はコツをおさえて実践すれば、老若男女問わずしっかりと貯めることができます。ケチになる必要も高度なことをする必要もありません。 この...

貯金術5 1,000万円貯める道しるべ

20代の方がいきなり1,000万円を貯めることは難しいかと思いますが、将来の生活で役に立つ効果的な貯金方法をまとめました。

自分の状況、目標に合わせて、無理のない方法やコツをつかめば、1,000万円貯金も夢ではありません。

より良い将来、豊かな生活が送れるように、地道に貯金をしていきましょう。

▼「1,000万円貯まる賢い貯金方法と道しるべ」はこちら

上手にお金が貯まる貯金方法が知りたい。将来のために確実にお金を貯めたい。ついつい浪費してしまうから、貯金ができるようになりたい……。 貯金しようと思っていざやってみても、なか...

6.まとめ

人生の中で20代はお金を自由に使える時期なので、この時期に貯蓄をしておくと今後の結婚資金やマイカー購入、マイホーム購入などの時に安心です。

20代のうちにお金を貯める習慣を身に付けておくと、30代・40代になってからも安心した生活を送ることができることでしょう。

まずは20代に最適な貯金できるコツを実践してから、次におすすめの貯金術にチャレンジしていくことをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket