年間約52,000円以上も節約可能!今日からできるガス代8個の節約術と浪費する3つの瞬間

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
ガス代の節約

お風呂だけでなく、料理をするのにもガスが必要ですし、シャワーを浴びるのにもガスが必要です。普段の生活でガスというのは、切り離すことができない大切なものです。

このガス代ですが、あなたは日頃から、どれだけ節約しているでしょうか。電気や水道代と同様、ガス代も毎月支払うものなので、普段から節約を心がけるようにすると、かかる料金を大きく減らすことができます。

ここでは、今日からできるガス代の節約術についてまとめました。

ガス代を減らすと、普段のかかってくる負担を減らすことができますし、他のことにそのお金を使うことができるようにもなります。今日からガス代の節約術を実践して、お金を貯めていきましょう。

1.今日からできるガス代の8個の節約術

知って得する今日からできる節約方法8つをご紹介します。

その1 お風呂のガス代(年間9,000円の節約)

お風呂のガス代

お風呂は「沸かす」ことより、「溜める」ことをおすすめします。基本的に水を沸かす方が倍以上の時間がかかり、その分ガス代もかかります。溜めるのもいつものように浴槽8割くらいで止めるのではなく、5〜6割程度で止めましょう。

だいたい一度の入浴でかかるガス代は、220L程度で50円前後になりますので、単純計算でこれを半分にすれば25円になります。

これを30日続けたとしたら、1ヶ月で750円の節約。1年で9,000円の節約になります。

また、冬は特にシャワーよりもお風呂の方が安くつきます。シャワーは体全体を暖めるのに時間がかかりますが、お風呂はつかればすぐに温まります。バランスよく使い分けるようにしましょう。

その2 シャワーのガス代(年間2,376円の節約)

シャワーのガス代

シャワーを使用する時は、できるだけ使用時間を短くするようにしましょう。

1分シャワーを使うガス代は約5.5円です。これを3分ほど減らすことができれば、大体16.5円が1回で節約できる計算になります。

週に3回シャワーを利用する人なら、1週間で49.5円の節約になりますし、1ヶ月で198円の節約になります。

これが1年になれば2,376円の節約となります。加えてシャワーを15分程度使えば、約180Lの水を使用していることになります。

これは大体お風呂を入るのに必要な水量と同等程度にです。15分以上シャワーを使う人は、お風呂にした方が安くなるでしょう。

その3 給湯器のガス代(年間で4,680円の節約)

給湯器

給湯器での節約ポイントは、「設定温度を下げる」ことです。給湯器の設定温度によって、ガスの料金は変わってくるのです。

例えば40度のお湯であれば、1分あたり2.2円が必要ですが、30度であれば1分1.3円になります。

仮にそれで計算したとしたら、15分で約13円の節約です。そうすれば1ヶ月で390円。年間で4,680円の節約です。

その4 プロパンのガス代(年間3,600円〜5万円以上の節約)

プロパンのガス代

プロパンガスを節約する前に、まずはガスメーターの変動を自分でチェックする習慣をつけましょう。

そうすることで自分の使用量等がわかるようになり、節約の意識がつきます。プロパンガスの料金は「基本使用料+従量単価」です。

従量単価は自分の使用量なので、自分で節約するしかありませんが、基本使用料なら、実は安くすることができます。

プロパンガスは自分で業者を選ぶことができるため、今の基本料金と他社を比較して、安い業者に乗り換えるだけで大きな節約になります。

例えば今の基本使用料から300円下がるだけでも、年間で3,600円もの節約になりますし、年間で5万円以上節約できることもあります。

ガス会社を切り替えることによってガス料金が安くなるかどうかは、エネピを使って無料で調べることができます。

3分もあれば一番安いLPガス会社が簡単にわかりますので、これを機会に比較してみてください。

→ ガス料金が安くなるエネピの解説へ

その5 都市ガスのガス代

都市ガスのガス代

都市ガスは公共料金であり、決められた基準に基づいて値段設定がされるので、比較的安価なことで知られています。

節約方法としてはまず、都市ガスの会社が多様にあることを知ることです。

都市ガスの会社は、私営、公営合わせて全国で200社以上あります。このことから、地域によっては複数のガス会社と契約できる可能性がありますので、プロパンガス同様、より安いガス会社を探してみましょう。

その6 追い焚きのガス代(年間12,000円の節約)

追い炊きのガス代

追い焚きでは、仮に浴槽200Lの水を1 ℃上げるだけだとしても、3円も必要になります。

例えば1日1回、10℃分の追い焚きをやめるだけで、1ヶ月1,000円の節約になるのです。

しかしお湯が冷めてしまうことを、我慢しなければいけないというわけではありません。追い焚き防止のために、保温シートが最適です。保温シートは湯船に浮かべるだけで、お湯の温度を十分保ってくれます。

また、換気扇を止めておくことも、湯が冷めるのを防ぐことになりますので、活用してください。

その7 料理のガス代(年間180円の節約)

ガスコンロ

ガスコンロは家庭では複数ある場合がほとんどですが、その1つだけを連続して使えば、熱効率が4%もお得になります。

つまり、複数のものを同時に使うことをできるだけ避けることがポイントです。また、ガスコンロで調理に必要なお湯を作る時も要注意です。

実はお湯をわかす場合、ガスコンロより給湯器の方が安くすみます。給湯器を使って沸かすのにかかるガス代が約3円なのに対し、ガスコンロでは4円かかります。1回あたり1円の節約になります。

また、お湯を沸かすのであれば電気ケトルも活用してみると良いでしょう。電気ケトルでお湯を沸かした場合の電気代も約3円(1回1ℓ)です。

仮に週に5回ガスコンロを使って沸かすことがあれば、1ヶ月で15円、1年で180円の節約になります。加えて、短時間で沸かすことができることから、時間の節約にもなるのは嬉しいです。

その8 床暖房の節約(年間約25,000円の節約)

床暖房のガス代

ガス温水床暖房を使用している家庭は、すでについている機能を十分に活用することをおすすめします。

例えば、タイマーを1日2回設定しておくだけで、必要な時のみに床暖房を使用することができます。

申し込んでいるプランにもよりますが、仮に1日8時間使用すれば、だいたい150円前後になります。

これをタイマー使用にし、必要な時のみに使い、4時間にまで減らすことができれば、70円前後にまで節約することができます。

これを月額にすれば2,100円程度の節約になるでしょう。年間で約25,000円です。

2.ガス代がよくかかる瞬間と注意点

どんな時にガス代を多く消費するのか、そのタイミングと注意点も見ていきましょう。

1位 お風呂

お風呂

お風呂は1ヶ月で使う全てのガス代の半分以上を占めています。多ければ8割とも言われており、つまりお風呂が節約できれば、ほとんどのガス代の節約が可能になるのです。

節約をする上での必須事項はやはり「追い炊きをしないこと」と、「シャワーを多く使わないこと」、そして「節約グッズを使用すること」です。

追い炊きとシャワーに関しては、使った分だけ金額がかかってしまうので当然ですが、それを防止するためのグッズを使用するようにしましょう。

必須アイテムは百均で安く手に入る保温シートです。また、お風呂マットや浴槽のフタも必ず用意するようにしましょう。

ちょっと変わったアイテムでは、保温のために、遠赤セラミックボールなどもおすすめです。これは電子レンジで加熱して、お湯に入れるだけで保温ができる優れものです。

2位 キッチン

キッチン

お風呂の次にガスをよく使うのはキッチンで、全体の3~4割を占めています。キッチンは節約できる可能性がたくさん潜んでいる場所でもあります。

<中火で調理する>

調理時に使う炎は必ず中火にするようにしましょう。強火を中火にするだけで、年間326円のガス代が節約できます。調理も最後まで火を使うのではなく、余熱なども利用するようにしましょう。

<調理器具の活用>

鍋ふたを利用することでも調理時間の短縮になるため、日頃から活用することをおすすめします。

なお、煮物などを作る際に利用する鍋ですが、実は小さい物より大きな物を利用した方が熱がきちんといきわたり、無駄がないため効率が良いとされています。

特に大きめの圧力鍋や体温鍋を利用すると調理時間も短くなるため、ガス代も余分にかからなくてすみます。調理前は鍋底を拭いておくとなお良いです。

<冷凍物&揚げ物>

冷凍物はきちんと解凍しておくことで、ガスでの調理時間を短縮できます。揚げ物はできるだけ家でやらないようにするだけで、ガス代と油代、材料費の節約になります。

加えて適度に電動ケトルなど、電子機器を並行して使うことでもガス代を節約することが可能になります。

<洗い物>

洗い物はできるだけ、給湯器を使わないで食器を洗いましょう。シャワーの時と同様に1分間のガス代は約5.5円かかります。

食器量にもよりますが、洗い物にかかっている時間は平均で20分程度、そのうちお湯で汚れを流すのに10分程度かかります。お湯で洗い物をしている場合、一度の洗い物で55円かっていることになります。

冬場はお湯がないと厳しいですが、他の時期ではお湯洗いではなく、水洗いですませましょう。

あらかじめ食器をつけ置きにしておいたり、ゴム手袋を利用するなど少しの工夫でガス代を節約することができます。

3位 その他

残りわずかの割合を占める部分を紹介します。まずはプロパンガス、都市ガス、どちらであれ、それらが最安の基本使用料なのか確認するようにしましょう。

基本使用料の見直しでかなりの節約になります。この見直しの際、会社によっては特典をつけているものが多くあります。

例えば相談料や切り替え工事費が無料であったり、給湯器も格安交換してくれたり、メンテナンスフリーであったりもします。

3.知って得!本当にお金が貯まる節約術まとめ

今日から実践できる節約術をご紹介している記事をまとめました。

無理なく簡単に節約ができて、お金を貯めていくことができる方法をお伝えしていますので、ぜひ参考にしてみてください。

▼電気代の節約方法なら

暮らしている限り、電気代は毎月毎月かかってくるものです。 もしまだ電気代を一切節約していないのであれば、それは非常にもったいないことです。電気代を節約する、しないではかかって...

▼水道代の節約方法なら

4人世帯の水道代は、過去3年の全国平均を見てみると1ヶ月で約6,000円です。あなたの家の水道代と比べるとどうでしょうか? この平均よりも少ないのであれば、うまく節水すること...

▼光熱費の節約方法なら

毎月の家計を圧迫する光熱費ですが、負担を減らすことができれば、家計も助かります。 日頃から節約に取り組んでいる方もいらっしゃるでしょうが、どんな方法で節約をしているでしょうか...

4.お金がピンチの時の新常識

「急な出費で今月だけどうしてもお金が足りない…」そんな時はカードローンを利用するというのも1つの賢い選択です。

すぐに返済できるのであればさほど利息もかかりませんので、一時的なピンチを乗り越えることができます。長期で必要な場合も返済計画を立てれば、安心して借入することもできます。

▼カードローンでお金を借りるなら

「審査に通りやすいカードローンを知りたい…」 どうしてもお金を借りたいがために審査が甘いカードローンを探す人は多いですが、基本的に審査が甘いカードローンはありません。あるとし...

5.まとめ

いかがでしたでしょうか。普段の生活の中で意外とかかってしまっているガス代ですが、仕組みをきちんと知らないと、冬などに思いもよらない高額な請求がきてしまうかもしれません。

家族がいる人は自分だけが節約に励むのではなく、子供やパートナーにもしっかりと節約の重要性を理解してもらい、協力してもらうことで、楽しく効果的な節約ができることでしょう。上記の項目を見直し、ぜひ楽しい節約生活にしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket