一人暮らしの女性に最適な16の節約術|女性ならではの節約方法で女子力・貯金力UP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
お金を節約して貯金した女性
  • 今まで節約を試したけど長続きしなかった…
  • 公開されている節約方法は一人暮らし向けではなかった…
  • 実際に効果がある節約術を知りたい…

一人暮らしの女性の場合、一般家庭とお金の使い道が違うことが多いため、同じ節約方法を試したとしても生活が楽にならなかったり、お金が貯まらなかったという声が多いです。

一人暮らしの女性に合った節約術を実践すれば、堅実的に生活費を抑えることができます。

誰にも束縛されず自由なことはメリットですが、逆にデメリットでもあります。節約する目的や目標を立てて、節約生活を継続する意思を持つことが必要になってくることでしょう。

この記事では、一人暮らしの女性の堅実な節約術などをまとめました。

全国の一人暮らしの女性を対象にした平均生活費のデータやすぐにできる貯金術もまとめましたので、参考にして実践してみてください。

もくじ

1.一人暮らしの女性の堅実な16の節約術

一人暮らしの女性向けの節約術をご紹介します。

節約術1 月の生活費を決めて無駄使いを減らす

1か月間の生活費をあらかじめ決めておくと無駄遣いを減らすことができます。

日用品や食費、交通費や光熱費、携帯代や洋服代など、1か月間ではいくら以内に抑えられるのか計算してみてください。

特に食費はその日食べたいものなど気分によって左右されてしまうことがありますので、あらかじめ月に6,000円、7,000円、8,000円までと金額を決めておけば安心です。

とは言っても、計算の仕方や何を始めていいのかわからないこともあると思います。

そんな時は自動的に家計管理することができて、節約に便利な無料のアプリやソフトを使っていきましょう。

節約術2 出費が多い月の分を少ない月から補う

節約するためにも出費が多い月を把握して、その分を補うために貯蓄しておきましょう。

例えば友人の誕生日、税金を支払う時期、ハロウィン、バレンタイン、シーズンオフのクリーニング代などの時期は出費が増えます。

これらの時期はほぼ決まっているので、数ヶ月前から少しずつ貯めておくと出費が多い月でも安心です。

出費が増える時期が重なることもありますが、どの時期でも1〜2万円程度あれば乗り越えることができるので、毎月2〜3千円程度その月に向けて貯金しておきましょう。

実践すると出費が少ない月でも浪費しなくなり、節約する意識も高まる相乗効果も感じられます。

節約術3 家計簿管理は節約ができる第一歩

節約するためには家計簿を付けることが重要です。収入支出を把握しておかないとどのくらい節約ができているのか、何にお金を使っているのかなどわかりません。

自分で家計簿ノートを作る方法がありますが、作成する手間や時間がかかってしまいます。

今ではレシートをスマホで撮るだけで読み込んでくれる便利な家計簿スマホアプリがあります。自動計算もしてくれますし、グラフなど分かりやすくなっています。

ダウンロードは無料なので、これを機にスマホアプリを活用していきましょう。

おすすめの無料家計簿スマホアプリは次の通りです。(スマホアプリはPCと同期可能)

パソコンで家計簿管理をしたい方におすすめのソフトは「うきうき家計簿はフリーソフト」があります。(無料ソフト)

集計一覧や予算設定など使い勝手が良い家計簿で、印刷も可能なので利用してみてください。

節約術4 節約する目的を持ってモチベーションUP!

節約するためには節約した後の目標を持つと良いでしょう。何のために節約するのか、目的がないとなかなか持続することができません。

「結婚式費用のために400万円!」「目標は1,000万円!」などと高く設定することより、まずは10万円のように低めに設定することがモチベーションを保つ秘訣です。

初めてだと目的や目標を明確にするのは難しいと思いますので、簡単な8項目に答えるだけで明確になる「夢ノート」を作成しました。

頭で考えていたことを実際に書き出すことにより、目的や目標が明確になるだけでなく、記憶も整理することができます。

貯金の具体案もどんどん生まれてくるようになりますので、印刷してぜひ活用してみてください。冷蔵庫やカベなどに貼って、いつでも見えるようにするとなお良いです。

→「夢ノート」のダウンロードはこちら

節約術5 生活用品をリストアップして出費を防ぐ

一人暮らしの女性がかかる日用品の目安額は月5千円です。生活で困る日用品をリストアップして余分なものは買わないようにしましょう。

  • トイレットペーパー
  • ボックスティュシュ
  • 生理用品
  • 化粧用品
  • シャンプー&コンディショナー
  • 洗濯用品
  • 食器用洗剤

などを把握してストックはやめましょう。薬局などに行くと特売品で安くなり、欲しくなる商品が出てきますが、余分なモノや安い物を買うと浪費につながります。

本当に生活で使う商品以外は買わない、ストックしないことが節約の第一歩です。

節約術6 安価な化粧品で節約+潤いUP

毎日使う化粧品だからこそ節約すると生活費が抑えることができます。

肌に合わない化粧品などもあるため一概には言えませんが、安くて容量が多い化粧品を使ったり、賢い化粧品の使い方で肌へのダメージをなくしていきましょう。

節約生活中でもきれいで若々しくお肌を保つ方法をご紹介します。

<朝の「しっかり洗顔」をやめる>

洗顔をしないのではなく、洗顔料を使わず余計な刺激を肌に与えないようにします。

洗顔料をつけ、そのうえ大量の湯で肌から脂質を奪い取ってしまったら、肌本来の保湿能力を奪いかねません。

<基礎化粧品をつけない>

厳密には「朝の洗顔は簡単なので、つけなくても肌の保湿能力が保たれている」と言い換えたほうがいいでしょう。

仮に付けるとしても高価な化粧水ではなく、1,000円〜2,000円のものをおすすめします。

<日焼け止めだけは塗る>

日焼けは肌の老化を促進させる大きな原因ですので、日焼け止めだけは塗るようにしましょう。肌の弱い人はノンケミカルのものを選ぶと良いです。

<メイク落としはエクストラオリーブオイルを使う>

食品用のエクストラオリーブオイルを購入し、メイク落としに使います。意外かと思いますが、ぜひ試してみてください。

エクストラオリーブオイルなら料理にも使えるため一石二鳥です。オイル分がどうしても残って気持ち悪い時は、純石鹸を使って洗い流せば問題ありません。

<保湿はワセリン>

ワセリンは、薬局で売られている白色ワセリンなら、400円〜1,200円程度のものがあります。使う量としては米粒程度でも大丈夫なので1年はもちます。

このように肌ケアすれば、年間3,000円前後の基礎化粧品代で、敏感肌も安心の若々しく、保湿能力の保たれたお肌になることが期待できます。

節約術7 黄金セミロングで美容院代を抑える

節約生活を始めるなら毎月通っている美容院代を抑えましょう。

カット&シャンプーで毎月5,000円以上かかっている場合は、2,000円〜3,000円でカットしてもらえる格安美容院を利用してみると良いです。年間24,000円〜36,000円程度の節約が可能です。

初めは抵抗ありますが、技術力もさほど変わりないため慣れればそこまで気にならなくなります。

また、2か月や3か月に一度髪を切るようにするのもおすすめです。そのためには、

  • カラー、パーマなし
  • レングス(長さ)は鎖骨の下あたりの扱いやすいくらい
  • 巻きやすい感じ
  • 顔周りは動きが出るようにレイヤーを入れる

など、ヘアアレンジしやすい黄金セミロングが良いでしょう。

ヘアスタイルを変えるだけでも美容院に行く回数を減らすことができるので、検討してみてください。

節約術8 衣服はネット購入でポイントの二重取り+割引

実店舗で衣服を購入する楽しみもありますが、同じ商品や類似商品はネットで購入した方が格安になっていることが多いです。

トレンドが大きく変わるのは3年が目安になっています。欲しい服を選ぶのではなく必要な服を選ぶと良いでしょう。

確かにサイズや肌質感がわからないなどのデメリットがありますが、レビューを見たり、合わなかったら交換や返品すれば良いのです。

気に入っているショップがある場合は会員になっておきましょう。

割引があったり、ポイントも付きますし、さらにクレジットカード払いにするとカードの方でもポイントが付くメリットがあるのでおすすめです。

「ポイントの二重取り+割引」でお得に買い物していきましょう。

節約術9 外食は回数を決めて無駄な費用を抑える

お友達との付き合いなどで食事やカフェに行くことが多いと思いますが、外食に行く回数は決めておきましょう。

無理な節約はストレスが溜まってしまうので、極端に回数を減らすのではなく、月に5、6回行っていた方は2、3回までにすると決めて余分な費用を抑えるようにします。

一人暮らしだとつい話し込んでしまうことが多いですが、長くなるようでしたら宅飲みなども検討してみましょう。

節約術10 冷蔵庫を整理整頓して食費を浮かす

節約で最も効果的なことは食費を抑えることです。

食材の値段は日、時間によって変動しますが、値段につられて買ってしまうと「まだ冷蔵庫にあった」のような経験は今までに一度はあったことでしょう。

冷蔵庫の中身は整理整頓をして把握することで余分な食材を買わずに済みます。

特に野菜や魚などの生物、果物は傷むのが早いので、冷蔵庫の中身を把握してから買い物にいきましょう。

また、野菜や魚、肉などの生ものは細かく切ってジップロックなどを利用して冷凍保存する方法もおすすめします。

お財布に優しいおすすめの食品をまとめました。栄養バランスも保ちながら節約していきましょう。

▼栄養価の高い食品ランキング|財布に優しい食品ベスト10

栄養価が高くて、しかも財布に優しい食品は助かります。お金の節約もできて栄養もしっかり摂ることができるからです。 金銭面でも健康面でも重宝する食材と言えるでしょう。 この...

節約術11 意外と未実行な待機消費電力で貯金力UP

待機消費電力とは、コンセントに接続されている家電製品が使っていない状態でも消費される電力のことです。

待機消費電力は電気代の10%を占めると言われており、これをなくすことで電気代を抑えることができます。

例えば1ヶ月の電気代が1万円かかっている場合、待機消費電力は1,000円という計算になります。これがカットできれば年間で12,000円の節約になります。

有効的な方法はスイッチ付きの省エネタップを使うことです。

コンセント差込口が多数ついている物で、使うところだけスイッチを入れて使用することができます。使い終わればスイッチをオフにするだけで待機消費電力をカットすることができます。

また、普段使わない場所のブレーカーを落としておくことも一つの節約術です。使う時だけブレーカーを上げることで無駄を省くことができることでしょう。

光熱費を抑える節約術もまとめましたので、合わせて実践してみてください。

▼光熱費の節約術はこちら

毎月の家計を圧迫する光熱費ですが、負担を減らすことができれば、家計も助かります。 日頃から節約に取り組んでいる方もいらっしゃるでしょうが、どんな方法で節約をしているでしょうか...

節約術12 最短節約成功できる固定費の見直し方

毎月かかる固定費の料金を見直すことで生活費を節約することができます。

  • 家賃
  • 電気アンペア
  • 保険代
  • 携帯代
  • ネット代

などの料金は結構安く抑えられるので、これを機に見直してみましょう。

家賃は大家さんに交渉したり、安い部屋に引っ越すことも検討してみると良いです。引っ越し費用がかかりますが、仮に1万円安くなれば年間で12万円、2万円安くなるなら24万円も節約できます。

電気代の節約方法は電気アンペアを下げることです。基本的に初めから30Aになっていることが多いですが、一人暮らしの場合は20Aで十分まかなえます。

アンペアを下げる

住んでいる部屋の電気アンペアを早速確認してみましょう。変更する場合、電気会社に電話すればすぐに対応してくれます。

保険代や携帯代、ネット代は他社の格安プランに乗り換えることができるので、他社と比較してみることをおすすめします。

特に携帯代ですが、最近では格安SIMカードの利用で月に4千円〜5千円ほどの料金が抑えることができます。ぜひ検討してみてください。

節約術13 一駅前から歩いて節約+ダイエット効果あり

毎日の通勤や休日のお出かけで電車やバスを利用する場合は、最寄り駅の一つ前の駅で降りて歩くようにしましょう。年間19,200円以上も節約可能です。

利用している公共交通機関によって金額は異なりますが、一駅分では40円〜150円程度の料金を浮かせることができ、往復では80円〜300円程度です。

例えば月20日間出勤した場合では、月に1,600円〜6,000円、年間では19,200円〜72,000円も交通費を浮かせることができます。(往復分で計算)

一度自分の交通手段のケースで照らし合わせみると良いでしょう。

また、歩く際は少し息が切れるスピードにすると体温の上昇によって新陳代謝が高まります。つまりダイエット効果も期待できるということです。

ただし、勤め先から「交通費を全額受給」で受けている場合は注意が必要です。

定められた駅間で契約している場合、一駅前から出勤していることがバレてしまうと不正受給の対象になり、交通費の差額を返還する必要があります。

契約内容が「通勤経路に関わらず、自宅と会社の最寄り駅までにおける相当額を支給」のような場合は就業規則違反の対象にならないので大丈夫です。

実践する前に勤め先の就業規則も確認しておきましょう。

節約術14 先取り貯金で三日坊主から抜け出す

お給料をもらったら、毎月決まった額を元々なかったものと考え貯金しましょう。

一人暮らしですとつい甘えが出ることもありますが、前もって貯金額を確保しておけば浪費を防ぐことができます。

例えば月の手取りが20万円の場合、1万円は貯金額として通帳に入れて残りの19万円で生活をしましょう。

先取り貯金は手元に残ったお金を全部使ってしまったとしても貯金額を守ることができます。

なお、先取り貯金をする場合はメインバンクに入れるのではなく、貯金専用の通帳に入れることをおすすめします。

節約術15 クレジットカード利用で多くのポイントを獲得しよう

お金を支払うのであれば現金払いではなく、得するクレジットカードで支払いましょう。

毎月かかる固定費をカード払いにすると多くのポイントが貯まりますし、現金を手元に残すことも可能です。もちろん普段の支払いもカード払いを推奨します。

貯まったポイントを使い日用品に変えたり、金券に変えれば節約生活がもっと楽になることでしょう。

ただし、クレジットカード払いは支払いが先延ばしになるだけで後日請求がきます。支払期日までに支払える分だけ利用すると決めておくことは重要です。

節約術16 都合の良い支払期日可能なバンドルカードを利用する

バンドルカードはクレジットカードと同様支払いが先延ばしにできるチャージ型プリペイドカードです。

バンドルカードは、スマホアプリを利用する「バーチャルカード」とカード発行される「リアルカード」を使うことができます。

クレジットカードで使い過ぎてしまう不安がある方は、バンドルカードの利用がおすすめです。

主なチャージ方法は次の通りです。(ポチッとチャージ以外はチャージ手数料無料)

  • ポチッとチャージ
  • クレジットカード
  • コンビニ
  • 銀行(ネット銀行も含む)
  • 銀行ATM
  • ビットコインなど

ポチッとチャージとクレジットカードチャージ以外は、現金をチャージするとバンドルカードが使えて、この2つからチャージした場合は支払いを先延ばしにして使うことができます。

ポチッとチャージをした場合、「チャージした日の翌月末日まで」にコンビニやネット銀行(Pay-easy)、銀行ATMからチャージ額を支払う仕組みです。

バンドルカードの支払期日(出典:バンドルカード

この表の場合、利用日が3/10になるため4/30までの好きなタイミング(日)で支払えば良いということです。

クレジットカードチャージをした場合は、約2週間〜1か月間支払いを先延ばしにできます。(支払期日はカード会社によって異なる)

審査や年齢制限はなく誰でもバンドルカードを作れます。旦那さんやお子さんのお小遣いをバンドルカードでやりくりする活用方法もおすすめです。

決めたチャージ額の範囲内で家族全員がやりくりできれば、自然と貯金もできることでしょう。

→バンドルカードの解説へ

2.一人暮らしの女性の平均生活費

一人暮らしの女性が月にどれくらいの生活費がかかっているか、「政府統計の総合窓口(e-Stat)」と「アットホーム社」のデータを元にまとめました。(全国平均額:2017年度版)

節約生活を始める方は現状の生活費と見比べてみてください。これから一人暮らしを始める方は一般的な生活費の目安として考えておくと良いでしょう。

あくまでも平均生活費なので、節約生活は次の費用より抑えていくイメージです。

まずは、一人暮らしの女性の平均収入額(1か月分)を見てみましょう。

項目34歳未満35歳〜59歳未満
月収入236,522円253,704円
(出典:政府統計の総合窓口(e-Stat):2017年度版)

次に一人暮らしの女性の平均支出額(1か月分)は次の通りです。(主な出費を拾い出したデータで人によっては項目が異なる)

項目34歳未満35歳〜59歳未満
食費31,473円37,080円
外食13,136円9,366円
家賃69.315円74,606円
光熱費
(水道・ガス・電気)
7,776円11,317円
衣服代9,586円11,462円
医療費4,483円8,517円
交通費5,911円5,470円
通信費8,608円9,268円
娯楽費14,959円18,302円
美容代12,870円19,497円
交際費9,707円15,213円
保険・税金48,662円65,783円
支出総額236,486円285,881円
(出典:政府統計の総合窓口(e-Stat):2017年度版)
(出典:「アットホーム社」家賃のみ抜粋)

この平均データを見る限り、年代に関わらず、外食費や衣服代、娯楽費、美容代はもっと節約できるかと思われます。

どの項目も女性にとっては切り離すことはできませんが、ご紹介した節約術を実践すれば最低でも月に2万円以上は節約可能です。

厳しい現状のため、将来のためにも節約意識を高め節約生活を楽しんでいきましょう。

3.知っ得!お金が貯まる貯金術まとめ

賢く、そして確実にお金を貯めることができるようになる貯金術を5つご紹介します。

▼500円玉貯金なら

「500円玉貯金って意外に貯まるって聞くけど本当かな?」 気軽に始めることができる500円玉貯金。あなたも今までに試したことがあるかもしれません。 実際にやってみると思...

▼低収入でも貯まる貯金術なら

「貯金したいのに、いつもお金を使い切ってしまって全然貯まらないな…」 あなたはもしかすると、貯金を成功させるコツが知りたくて、このサイトにたどり着いたのかもしれません。 ...

▼無理なくお金が貯まる貯金術なら

「あと何日で給料日かな・・・」指折り数えて給料日を待ち望むこと、あなたにも覚えがありませんか? 月末に近づくにつれて、口座から引き出す金額も次第に万単位から千円単位になってき...

▼1年で100万円貯める貯金術なら

「1年で100万円貯金したい!」 貯金はコツをおさえて実践すれば、老若男女問わずしっかりと貯めることができます。ケチになる必要も高度なことをする必要もありません。 この...

▼1,000万円貯める貯金術なら

上手にお金が貯まる貯金方法が知りたい。将来のために確実にお金を貯めたい。ついつい浪費してしまうから、貯金ができるようになりたい……。 貯金しようと思っていざやってみても、なか...

4.節約生活の強い味方|女性におすすめの副業3選

一人暮らしの女性におすすめの副業をご紹介します。

ただし、勤め先の就業規則(副業してもOK)を確認してからアルバイトをするようにしましょう。副業がバレてしまうと規則違反による減給などで自分をさらに苦しめてしまうことになります。

副業禁止の場合は、ご紹介した節約術をコツコツ実践していただくかカードローンなどから借入する方法も一つの手段です。

①日雇いのアルバイトで稼ぐ

日雇いのアルバイトはその日のうちに給料をもらえるのが最大のメリットです。

日雇いのバイトは女性でもできるコンビニの臨時スタッフやフロアレディ、カラオケ店のホールスタッフ、イベントスタッフなど様々あります。

女性が多い職種やバイト代、作業内容、働けるエリアなどを簡単検索できる全国区のバイト求人サイトは次の通りです。自分に合った仕事を探してみましょう。

②クラウドソーシングで稼ぐ

クラウドソーシングで有名な「ランサーズ」や「クラウドワークス」などを利用すれば自宅でお金を稼ぐことができます。

クラウドソーシングとは、自宅にいながら「Web制作やデザインのようなスキルを必要とする高額案件」や「経験・能力不問の簡単な案件」をパソコンで行う仕事です。

個人や企業からの様々な依頼をこなしていくことでお金を稼ぐ方法です。幅広い依頼がありますので自分の条件に合った仕事を探すと良いでしょう。

忙しくて日雇いのバイトをする気力がない方にもおすすめです。

③自己アフィリエイトで稼ぐ

アフィリエイトとは、「ブログなどに広告を掲載→読者などユーザーが広告をクリック→サービスに申し込む→報酬が発生」このような仕組みのことを言います。

自己アフィリエイトの場合、自分自身で広告をクリックし、アクションを起こすことで報酬を得ることができます。

作業量も少ないですし、無料で実践できるのでアルバイトやクラウドソーシングよりも簡単にお金を稼げます。

ただし、自己アフィリエイトは1つの案件に対して初回しか報酬が発生しませんし、自己アフィリエイトNGのサービスもあります。

継続的にお金を稼げるわけではないので本当にお金が無い場合のみ活用をおすすめします。

5.今月お金がピンチ!そんな時の賢い選択

「急な出費で今月だけどうしてもお金が足りない…」そんな時はカードローンを利用するというのも1つの賢い選択です。

すぐに返済できるのであればさほど利息もかかりませんので、一時的なピンチを乗り越えることができます。

長期で必要な場合も返済計画を立てれば、安心して借入することもできます。

▼カードローンでお金を借りるなら

アコム

アコムは融資スピードが最短1時間と早く、土日祝日に申込をしても当日中に借入できます。30日間の無利息期間もあるので「給料日が来たらすぐに返せる」といった短期間だけお金を借りたい方も多く利用しています。

アコム情報

▼アコムでお得に借りる方法はこちら
アコムのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

アイフル

アイフルは土日祝日含め審査は最短30分で完了し、最短即日利用が可能なため、今すぐ借入したい方や忙しい方、時間がない方に選ばれています。

また、アイフルには「配達時間えらべーる」というサービスがあり、自宅でカードを受け取る場合は指定の時間帯に受け取ることができるため、家族にバレたくない方の利用者も多いです。なお、郵送ではなくアイフルの無人契約でんわBOX「てまいらず」でカードを受け取ることもできます。

アイフル詳細

▼アイフルでお得に借りる方法はこちら
アイフルのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

プロミス

プロミスは審査が最短30分と非常に早く融資もスムーズです。WEB完結も可能ですし、カードレスの利用もできます。「とにかく借りやすいカードローンを利用したい方」に選ばれています。

プロミス情報

▼安心の女性オペレーター対応なら(男性も申込可)
プロミスのレディースキャッシング公式サイト

▼プロミスでお得に借りる方法はこちら
プロミスのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

*ランキングは当サイトのおすすめ順に掲載しています。

6.まとめ

一人暮らしの女性ならではの節約術をご紹介しました。一般家庭に有効な節約術と同じことをしても出費が抑えられないこともあります。

無茶な節約方法はストレスが溜まり続かなくなりますし、体調にも影響が出てしまっては元も子もありません。

一人暮らしの女性に合った節約術を実践して、長く続くように節約生活を成功させていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket