おすすめ節約デート20選|お金をかけないデートで「喜ばれる・お金を貯める・マンネリ化を防ぐ」3つの手段!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
浜辺でデートしているカップル

パートナーと楽しい、贅沢なデートをしたいですが、一度のデートで数千円~数万円かけると出費がかさんでしまいますよね。

また、一人暮らしの場合は家賃や光熱費などがかかるため、あまりデートではお金を使いたくない事情などもきっとあるでしょう。

デートでは「食事代・交通費・娯楽費」など何かしらお金がかかるものですが、いつもケチケチしていると険悪ムードになってしまうカップルも多いです。

デート代やイヤなムードを解消できるのが、節約デートスポットで楽しむことです。付き合いが長いカップルにもおすすめで、マンネリ化を解消する糸口でもあります。

この記事では、お金がかけなくても「デートが楽しめる・節約できる」手段などをまとめました。

大型連休の旅行や結婚資金など、節約デートをする目的を持って楽しむことでさらに親密な関係になることでしょう。ぜひ参考にして頂き、カップル同士の価値観を深めると良いです。

1.おすすめの節約デート20選

ひまわり畑でデートするカップル

お金がかからないおすすめのデートプランをご紹介します。節約デートもでき、パートナーさんに喜ばれるスポットばかりを厳選しました。

①季節ごとのイベント

お金をかけなくても「春・夏・秋・冬」のイベントで充実したデートができます。季節ごとのイベントに合わせた主なデートプランを見てみましょう。

<春>

春はやはり花見です。満開の桜を観ながらお弁当やお酒を楽しむも良いですね。桜を観に行くプランを考えるだけでもテンションが高まります。

河川敷を散歩しながら桜を鑑賞するのもおすすめで、花見の人気スポットは多くの出店が出ているため、それを楽しむのも良いでしょう。

<夏>

夏は花火大会やお祭り、海で楽しむデートがおすすめです。

花火大会やお祭りの情報から二人でプランを立てたり、浴衣で合わせて出かけるとテンションも高くなり雰囲気も良くなります。

海では夜もおすすめで、空を見上げれば星も十分に観えることでしょう。その際は、レジャーシートを持っていくことをおすすめします。

現地では出店が多く飲料水など高額なので、あらかじめペットボトルやお弁当などの飲食物は持参していきましょう。

<秋>

秋のイベントは紅葉を観ることです。公園でも良いですし、紅葉スポットに行くのもおすすめします。

紅葉シーズンに行けば、焼きそばやホットドッグなどの出店もあるため、お祭り気分で楽しめます。

<冬>

冬の定番デートは、イルミネーションデート、プロジェクトマッピングデート、夜景デートです。冬は空気が澄んでいるため、美しい幻想的な空間が楽しめます。

入場料がかかる施設もありますが、ほとんどの施設は無料なので冬の節約デートにぴったりです。

また、スケートデートもおすすめで、手をつなぐなどのスキンシップが自然と取れますし、たくさん転んで、たくさん笑って、もっと親密になることでしょう。

②お部屋

まったりしたいカップルはお部屋デートがおすすめです。DVDや無料動画配信などからドラマや映画鑑賞をしたり、貯めていた録画を一気に観るのも良いですね。

映画館のように他人に気をつかうこともないですし、観た後でお互いの感想を言い合うなどするのも価値観がわかりあえるきっかけになります。

また、一緒に料理やお菓子を作ってみるのもお部屋デートの楽しみかたの一つで、何を作るかプランを立てて買い出しに行くこともデートが楽しめます。

食事代も節約できますし、二人で調理すればさらに仲が良くなることでしょう。思い出作りにピッタリです。

ゲーム好きなカップルの場合は、オンラインゲームやテレビゲームも良いですね。特に対戦ものなら盛り上がることでしょう。

③公園

公園デートはほとんどお金がかからず楽しむことができます。公園といってもできるだけ広く、芝生など座れる場所がある、お手洗いに困らない場所を選択すると良いでしょう。

公園デートで楽しむためには次のような工夫がおすすめです。

<お弁当を持参する>

公園デートではお弁当を持参して楽しみましょう。なかなか外で食事をする機会がないと思いますので、これを機に試みてはいかがでしょうか。

お弁当を作る手間がかかりますが、昼食代も浮かすことができますし、空の下で食べる食事は気持ちの良いものです。

すぐに汚れを落とせるためにもウエットティッシュやゴミ袋を用意しておきましょう。

<スポーツ用具を持参する>

公園デートで簡単にできるスポーツは、バトミントンやフリスピーなどがおすすめです。

運動が苦手な方でも十分楽しむことができますし、100円均一でも購入できるため、お金はかかりません。

公園に行く前に何のスポーツを楽しむのか、100円ショップなどで何を選ぶのか、買い出しに行くこともデートが楽しくなることでしょう。

<サイクリング>

大きい公園では、レンタルバイクが利用できる場所があります。一緒にサイクリングをして運動不足を解消してみましょう。

お互いに自前の自転車がある場合は、自宅から公園までサイクリングをしても良いですね。

<読書を楽しむ>

公園のベンチや芝生で読書をするのも気持ちの良いものです。何冊か持参して、リラックスしながら過ごすこともおすすめします。

<ボートに乗る>

池がある公園の場合、ボートに乗って楽しむことができます。お互い面と向かって座るのでさらに親密になれることでしょう。

利用料金は「30分200円〜300円」や「1時間600円〜700円」程度の公園が多く、春や秋の季節では水上から季節を楽しめるのでおすすめです。

④ハイキング・登山

アウトドアが好きなカップルや運動不足なカップルは、ハイキングや登山がおすすめです。自然の中を話しながら散策をすると気分爽快ですし、道中は会話も弾むことでしょう。

また、登山デートは「同じ目的(目標)を達成する」という普段のデートでは感じられない魅力が体験できます。

どの山を選択するのか、天候は大丈夫なのか、スタート地点はどこにするかなど、お互いに話し合ってみてください。

ただし、初めからハイキングウェアや登山ウェアを買うと案外高額です。動きやすい格好でOKで、必ず帰りの着替えを持参していきましょう。

慣れてきたら登山にも挑戦すると良いですが、初めから標高の高い山を選択すると険しい道のりになってしまうので、初めは標高の低い山からチャレンジすることをおすすめします。

山頂から見る景色と二人で登った思い出は格別なものにきっとなることでしょう。

身近なハイキング・登山スポットを探す場合は次の通りです。

⑤夜景

お金は節約したいけど良いデートにしたい場合は、夜景デートがおすすめです。

高層ビルの上、展望台、湾岸などが人気ですが、夜景を見る際には二人用のブランケットや毛布などを持参して防寒対策をしましょう。

おすすめの夜景スポットを調べるなら「夜景+地域名」でネット検索するか、

で探すと良いです。全国には夜景スポットが多くあるため、事前に調べてからいきましょう。

⑥百貨店の屋上

百貨店の屋上には意外と〇〇ガーデンのように、ガーデニングが特設してある場所があります。ベンチがあったり、カフェが隣接していたりするため、ゆったりとした時間を過ごせます。

日中では、日光浴やちょっとした庭、夜にはライトアップなどを楽しんでみると良いでしょう。

⑦動物園

動物を見るだけでも癒してもらえますし、触れ合える動物もいるため節約デートにおすすめです。

入園料は1,000円〜2,000円程度のところが多いですが、動物園も水族館と同様に割引クーポン券が発行できるサイトやクレジットカードの特典を活用すると格安で入園可能です。

また、動物園は芝生があったり、テーブルやベンチがあるのでお弁当を持参するとさらに節約できます。

なお、身近で動物と触れ合って楽しむのであれば、動物カフェもおすすめです。

最近では、「ネコカフェ・フクロウカフェ・うさぎカフェ」など様々な動物と触れ合えるカフェが多いです。

動物カフェは〇〇日はフリータイム1,000円など、料金がお得になる日があるため、その日を狙ってみるのも良いでしょう。

⑧水族館

水族館はカップルの定番デートスポットの一つです。落ち着いた空間が広がっており、気持ちも癒してくれます。

チケットは一人2,000円〜3,000円かかりますが、割引券が発行できるサイトやクレジットカードの特典などを活用すれば、一枚につき500円〜1,000円程度は割り引かれます。

また、小さな水族館などは大きい水族館よりは入場料が安い傾向にあります。小さい水族館を狙ってデートをしてみるのも安く抑えられるのでおすすめです。

⑨植物園

なかなか行く機会が少ない植物園やお花フェスなどもおすすめです。季節によって咲く花が異なりますし、綺麗に設置している花畑などを背景に写真を撮れば良い思い出になります。

また、夜にはライトアップやイルミネーションがある植物園もあるので、事前に下調べをしてからプランを立てましょう。

⑩美術館・博物館・ミュージアム

美術館・博物館・ミュージアムは観る展示品も多く、室内なので雨の日や夏の暑い日、冬の寒い日など天候や気温に左右されないのでおすすめです。

美術館なら身近な公共施設、博物館やミュージアムならお互いが興味のある種類の施設に行くと良いでしょう。

入場料は1,000円前後で、クーポン券なども発行している、もしくは前売り券がある美術館や博物館などが多いため節約もできます。事前に調べておきましょう。

中にはプロジェクトマピングしている施設もあります。普段との世界の違いを感じることができることでしょう。

おすすめの「美術館・博物館・ミュージアム」で身近な施設を探す場合は、次のサイトから選んでみると良いです。

<美術館>

<博物館>

<ミュージアム>

⑪工場見学

通常のデートにマンネリを感じているカップルは、気軽に楽しめる大手企業の工場見学がおすすめです。

予約が必要ですが、大手企業の直営工場では製造過程を見学できて商品の試飲や試食などができます。(中には予約不要で見学できる工場もあり)

料金は企業によって異なりますが、無料〜1,000円程度(一人)で、お土産ももらえるツアーもあります。

人気のあるおすすめの工場見学は次の通りです。

(企業名をクリックすると公式サイトに移行)

企業内容
<北海道>
アサヒビール
北海道工場
・無料
・ビール生産工場見学
(所要時間約90分)
白い恋人パーク・600円
・北海道銘菓「白い恋人」
の製造工程見学
雪印メグミルク・無料
・酪農と乳製品の知識見学
(所要時間Aコース約60分
Bコース約30分)
北海道コカ・コーラ
ボトリング株式会社
・無料
・飲料水生産工場見学
(所要時間約60分)
<東北>
キリンビール・無料
・ビール生産工場見学
(所要時間約70分)
リカちゃんキャッスル・700円
・リカちゃんの人形を作る工場見学
ニッカウヰスキー
仙台工場
・無料
・宮城峡蒸溜所見学
(所要時間約90分)
ヤクルト本社
福島工場
・無料
・飲料水生産工場見学
(所要時間約60分)
<関東>
サッポロビール
千葉工場
・500円
・ビール生産工場見学
(所要時間約70分)
キリンビール
横浜工場
・無料
・ビール生産工場見学
(所要時間約80分)
崎陽軒横浜工場
・無料
・シウマイの製造工程見学
(所要時間約90分)
味の素株式会社
川崎工場
・無料
・おいしい秘密を知る工場見学
(所要時間約90分)
ANA機体工場・無料
・ANA機体工場見学
(所要時間約90分)
JAL工場・無料
・JAL工場見学
(所要時間約100分)
<北陸・甲信越>
モンデ酒造
・無料
・ワインの製造工程見学
シャトレーゼ
白州工場
・無料
・お菓子製造工場見学
(所要時間約60分)
キユーピー
富士吉田工場
・無料
・調味料などの製造工程
(所要時間約90分)
<東海>
アサヒビール
名古屋工場
・無料
・ビール生産工場見学
(所要時間約75分)
コカ・コーラ
ボトラーズジャパン
・無料
・飲料水生産工場見学
(所要時間約60分)
明治なるほど
ファクトリー愛知
・無料
・乳製品生産工場見学
(所要時間約70分)
森永乳業
中京工場
・無料
・乳製品生産工場見学
(所要時間約90分)
<関西>
アサヒビール
吹田工場
・無料
・ビール生産工場見学
(所要時間約90分)
神戸ワイナリー
(農業公園)
・入園無料
・ワインの製造工程見学
キユーピー
神戸工場
・無料
・製造工程見学
(所要時間約90分)
森永乳業
神戸工場
・無料
・乳製品生産工場見学
(所要時間約90分)
<中国・四国>
キリンビール
岡山工場
・無料
・ビール生産工場見学
(所要時間約70分)
サントリー天然水
奥大山ブナの森工場
・無料
・飲料水生産工場見学
(所要時間約90分)
カルビー
広島工場

・無料
・お菓子製造工場見学
(所要時間約90分)
福留ハム株式会社・無料
・生産工場見学
(所要時間約90分)
<九州>
キリンビール
福岡工場
・無料
・ビール生産工場見学
(所要時間約70分)
サントリー九州
熊本工場
・無料
・飲料水生産工場見学
(所要時間約70分)
トヨタ自動車九州
宮田工場
・無料
・生産工場見学
(所要時間約85分)
やまや本社
・無料
・製造工程見学
(所要時間約60分)
<沖縄>
オリオンビール
名護工場
・無料
・ビール生産工場見学
(所要時間約60分)
ヘリオス酒造・無料
・製造工程見学
(所要時間約60分)
沖縄の海塩「ぬちまーす」・無料
・製塩工場見学
(所要時間約10分)

また、おすすめした以外の企業でも工場見学を実施しています。次の工場見学スポットで選んでみると良いでしょう。

⑫酒造巡り・ワイナリー巡り

お酒好きなカップルの方なら、酒造巡りも節約デートにぴったりです。お酒の試飲は1,000円〜2,000円程度と格安で楽しめたり、お酒の種類、製造工程なども楽しめます。

*運転者や未成年、妊婦さんはソフトドリンクが用意されているので、アルコールはNGです。

酒造に行き帰りでも、山の風景や清流などの景色を観ながらドライブデートや電車デートが楽しめます。ただし、飲酒運転だけはやめてください。

良い酒造を探す場合は「旅ぐるなび(全国地域)」を参考にしてみてください。

また、ワイン好きならワイナリー巡りがおすすめです。1本購入すると高価なものがありますが、ワイナリーなら1,000円〜2,000円程度で試飲をすればたくさんの種類を楽しめます。

ワインの製造工場見学をしてみるのも良いですね。満足するまでワインを楽しみたいカップルにおすすめのサイトは次の通りです。参考にしてみてください。

酒造巡り・ワイナリー巡りは、移動中もリラックスした会話が楽しめるため、さらに二人の距離が縮まることでしょう。

⑬体験レッスン(教室)

長く付き合っていたり、月に数回会っているカップルの方はデートスポットがなくなっているかと思います。

おしゃれなカフェ、ショッピング、イベントなどにマンネリ化してしまっている場合は、体験レッスンや体験教室で新鮮なデートを楽しみましょう。

人気がある体験レッスンや教室は次のものがあります。

  • 手打ちそば体験
  • 陶芸・吹きガラス作り
  • 料理教室
  • 食品サンプル作り
  • 手作りスノードーム

体験レッスンや体験教室は参加費も格安なため、節約したいカップルに人気があります。今までの生活でしてこなかった体験ができ、これがきっかけで趣味になる方もいらっしゃいます。

また、趣味が同じなら必要な道具などはお互いに揃っていけますし、休日は趣味とデートの時間にもなるので一石二鳥です。

体験レッスンや体験教室の種類を詳しく探す場合は、次のサイトを参考にしてしましょう。

⑭結婚体験

結婚を意識している、または長い付き合いのカップルのデートには、結婚をイメージした次のスポットがおすすめです。

  • 家具選び
  • モデルルーム巡り
  • ブライダルフェア

<家具選び>

人気のあるIKEAや大型ショッピングモールの家具屋さんで、家具選びをするデートプランがおすすめです。

実際に購入しなくていいので、どんな家具がいいのかなど、お互いの好みを話し合いながらウィンドウショッピングしてみましょう。

<モデルルーム巡り>

マンションや住宅展示場のモデルルームを回ってみるのもおすすめのデートになります。お金はほとんどかかりません。

モデルルームではお茶やお菓子などの飲食物が出してくれるため、カフェ代わりにもなります。

実際の購入額などが分かるため、将来を見据えることができます。

<ブライダルフェア>

付き合って間もないカップルには行きづらさがありますが、マンネリ化のカップルなどはブライダルフェアに行くのも節約デートの一つです。

基本的に費用は無料ですが、中には試食会のみ有料で1名2,000円程度かかる式場などがあります。ブライダルフェアで予約が必要な式場もあるので必ず確認してから行きましょう。

ブライダルフェアは主に、

  • 婚礼料理・デザートの試食会
  • 婚礼衣装などの試着会
  • 楽しいイベントの拝見

などがあります。当日は実際に結婚式を挙げている方もいるケースがあるため、ゲスト気分で楽しむこともできます。

また、会場によってはお土産がもらえたり、宿泊券やエステなどの割引クーポン券の参加者特典がもらえることもあります。

身近なブライダルフェア開催地を探す場合は、次のサイトがおすすめです。

⑮スパ(天然温泉・岩盤浴)

最近人気のある節約デートスポットは、二人でゆったりリラックスができるスパ施設です。

日頃の疲れが取れますし、岩盤浴やロウリュウなどの施設ではカップル同士で入室できるため存分に楽しめます。なお、予約が必要になる施設もありますが、個室のお風呂などもおすすめです。

施設によって異なりますが、飲食店が併設していたり、漫画喫茶のように雑誌やコミック本が置いてあるので、のんびり過ごせる一日になります。

また、日帰り温泉も人気で、ドライブデートと組み合わせてプランを立ててみましょう。

ネットで人気のあるスパや日帰り温泉を探す場合は「ホットペッパービューティー」「PassMe(るるぶレジャーチケット)」「イープラス(関東圏限定)」などを活用すると良いです。

⑯神社仏閣

神社仏閣デートはお互いの運氣を上げることもできますし、伝統的な建造物や季節ごとで異なる自然を楽しむことができます。

お互いの宗教的価値観を知る良いきっかけにもなります。

行った際には、近年人気がある御朱印集めもおすすめします。ただし、神社(神様)とお寺(仏様)の御朱印帳は別々で用意し、別々で頂くようにしましょう。

⑰映画館

映画館は人気のあるデートスポット一つですが、普段から割引券を使っているのでしょうか?

通常料金は1,800円ですが、割引券を使うことで1,000円〜1,300円程度で楽しむことができます。また、夜20時以降ならレイトショーがあり、割引価格1,100円程度で観ることも可能です。

映画好きのカップルなら会員登録をして、数回に1回無料などの特典を活用することもおすすめします。

⑱ネットカフェ

ネットカフェで過ごすカップルは増えてきています。

カップルシートやペアルームを利用すれば同じ空間でまったり、飲み物やアイスクリームなど飲み食べ放題で過ごせます。料金はフリータイム(6〜9時間)で1,500円程度と格安です。

なお、ネットカフェの公式サイトで会員登録すると割引があったり、駅前でビラ配りなど割引券がもらえます。さらに安くして節約デートを楽しんでいきましょう。

⑲図書館

図書館の利用は誰でも無料です。気になる雑誌や本を読書するのもおすすめします。

また、ほとんどの図書館ではDVD鑑賞ブースやPC利用ブースがあるため、二人の空間を楽しむことができます。

ただし、館内では大声で話すのは禁止、飲食禁止などの注意事項があるので厳守するようにしましょう。

⑳覆面リサーチ

少しでも節約デートをしたい場合は、レストランなどの飲食店での覆面調査バイトをすることです。

覆面リサーチのバイトでは謝礼がもらえたり、モニター価格で食事ができるため、カップルで行くと食事代を浮かすことができます。

覆面リサーチのバイトとは、お客のふりをして飲食店を利用し、 サービスや料理の質、店内が清潔に保たれているかなどをチェックして調査レポートをまとめるお仕事です。

例えば飲食店の入店時の対応(入店~案内)で「良かった点・改善してほしい点」などについて具体的にコメントを記入するなどがあります。

スマートフォンまたはパソコンがあれば、誰でも覆面調査員(モニター)になれます。(モニター登録は無料)

単発や1日のみのバイトなどと手軽なので、節約デートをしたいカップル、アルバイト代わり、お小遣い稼ぎをしたい方に人気です。

バイト代が入り、食事代も浮かすことができますので、ぜひ覆面リサーチのバイトをしてみましょう。

ただし、人気があるため自分たちの都合の良い日に、覆面リサーチ依頼が来るかどうかは予測できないこともあります。

おすすめの覆面リサーチのバイトは次の通りです。

2.節約デートで活用したいこと3つ

オーケーサインをする女性

節約デートで有効的な活用術をご紹介します。

活用術1 クーポン券を使って格安で楽しむ

節約デートでもランチ、レジャー、カラオケ、映画館などをする機会があると思います。

そんな時はクーポン券を活用して、少しでも出費を抑えてみましょう。クーポン券が発行されている、もしくは購入可能なサイトやスマホアプリはたくさんあります。

一日のデートプランをクーポン券が使えるお店にするだけでも、1,000円以上費用を浮かすことが可能です。

会員登録無料でおすすめのクーポン券サイトとアプリは次の通りです。(クリックすると公式サイトへ移行)

<クーポン券サイト>

 特長
PONPON総合カテゴリー
クーポンサイトjp総合カテゴリー
(クーポンサイトの比較可能)
食べタイム
グルメクーポンがメイン
Groupon(グルーポン)総合カテゴリー
オールクーポン総合カテゴリー

<クーポン券アプリ>

 特長
Shufoo!(シュフー)総合カテゴリー
ぐるなびグルメクーポンがメイン
OZmall オズモール
総合カテゴリー
Groupon(グルーポン)総合カテゴリー
スマートニュースグルメクーポンがメイン

また、レジャースポットやレストランなどが格安になるだけではなく、生活用品や日用雑貨も格安で買えるので普段の生活の節約術としても使えます。

活用術2 金券ショップでチケットを購入する

  • 映画
  • 遊園地などのテーマパーク
  • 美術展

などで節約デートをする機会が多い方は、金券ショップで入場チケットを購入してみましょう。

例えばテーマパークの入場券が通常1,700円の場合、金券ショップで購入すると700円と格安になったり、映画のチケットでは1割~2割の価格で売られていることもあります。

店舗に行く必要がありますが、「節約デート」を考えればそこまで苦にならないでしょう。

ただし、デート中に金券ショップに行くと時間が取られるため、事前に購入しておくことをおすすめします。

活用術3 格安になる時間帯を狙って円満にする

デートでお出かけが続くと出費がかさみますが、できるだけお金をかけずにデートをしたいものです。

そんな時は、夕方や夜から格安で入場できるテーマパークなどのチケットを狙って楽しみましょう。

節約デートも満足しますし、お財布にも優しいです。デート日が決まっているのであれば、何時から格安になるのか、事前にリサーチしておくと良いでしょう。

3.節約デート前に準備したいこと(女性版|男性版)

手でハートを作る女性

節約デートに行く前に準備しておきたいことを見てみましょう。

①女性

まずは、女性の方が節約デートの日、もしくは前日に準備しておきたいことをご紹介します。楽しい気持ちでデートに行きましょう。

1.持ち物を確認する

節約デートに行く前には、ティッシュ(ウェットティッシュ)やハンカチなどの必需品を持っているかの確認をしましょう。

移動中で必要になることもありますし、飲食時の汚れやお手洗いに行った際のお手拭きに使えるように持参しておくと良いです。

2.洋服選び

前日までには着ていく洋服は1着に絞っておくべきです。「当日の気分で決めよう」と思っていると決めるのに決まらず、時間を無駄にしてしまった経験は一度はありますよね。

洋服は、その日一日の気分も決める重要アイテムなので、当日慌てずに済むようにしておきましょう。

3.体調を整える

デートする日が決まったら体調管理と、前日は早く寝ることをおすすめします。

風邪を引いたらデートも中止になってしまいますし、寝不足ですと化粧のノリも悪くなるかもしれません。

また、女性にとって特に重要なのは「ボディケア」と「ムダ毛処理」です。デート当日は時間がないと思いますので、しっかり前日までには済ませておきたいところです。

4.行き先の情報とお天気チェック

女性の方も行き先の情報と当日のお天気チェックは確認しておきましょう。

行き方やマップの出し方を知っておくと、パートナーが困った時にさりげなくカバーできますし、雨の日対策(別プラン)ができます。

5.早めに家を出る

当日にしかできないメイクは、女性にとって最も大事なポイントですよね。

いつも以上に可愛く見えるようにメイクに力を入れたいところですが、待ち合わせ時間には遅れないようにしましょう。

身だしなみ、持ち物、お化粧などのチェックもあるため、やはり早めに起きたり、時間に余裕がある過ごし方をすることをおすすめします。

②男性

男性が節約デートの日、もしくは前日に準備しておきたいことをご紹介します。

1.彼女の好みをリサーチ

パートナーの好みの「食べ物・趣味・行きたい所」などは事前にさりげなく聞いておくと良いでしょう。

リサーチしておくことで、節約デートで喜んでもらえる反面、険悪になる可能性を下げられます。

ただし、当日に行く場所を決めていないなどで彼女さんの意見を求めるのはおすすめできません。優柔不断だと判断され節約デートもうまくいかないケースが多いです。

2.デートプランを立てる

ある程度の節約デートプランは準備しておきましょう。いくつかのデートプランを立てておくと、天候が悪くなった時などに対応ができます。

なお、デートプランを考えて実行するのは良いですが、女性の方の意見も取り入れることが長続きの秘訣です。

リードしてもらい女性も多いですが、デートプランは「2人で一緒に決めたい・事前に相談してほしい」方もいらっしゃいます。

振り回してしまうデートでもなく、決断ができるデートプランを考えてみるとパートナーの方にキュンとしてもらえることでしょう。

3.目的先のリサーチとルート確認

デートプランを立てた後は、行き先のルート確認、行き先が休日ではないか、開店と閉店は何時なのか、などをチェックしておきましょう。

行く所が休みだったり、満席で入れなったり、行く所が無くなってしまうと困ってしまいます。そんな失敗をしないためにも、よく調べておくと良いです。

4.お店などの予約

目当てのお店がやっていない、当日は混んでいたなどのことがあるので、予約ができる場合は予約をしておきましょう。

スムーズにお店に入れた場合は、それだけで女性は「私のために予約してくれた!」「デキる男性」だと思います。これだけでもポイントアップですね。

5.身だしなみチェック

普段もそうですが、デート当日は「口臭・頭髪・ヒゲの剃り残し」がないかなどの身だしなみをチェックしておきましょう。

せっかくのデートです。エチケットで女性の評価を落とないことが良いデートにする一つの条件になります。

4.節約デート3つのメリット

ガッツポーズする女性

節約デートをするメリットを見てみましょう。

メリット1 お金の心配がなくなる

いつもリッチなデートは楽しみもあって良いですが、一度のデート代で1万円以上かかっているとお財布事情が気になることがあります。

出費を考えると誘いづらくなってしまい、デート回数が減ってしまうことも事実だと思います。

節約デートスポットで楽しめばお金の心配も無くなりますし、何度も誘いやすくなることでしょう。

メリット2 新鮮さが増す

付き合いが長くなるにつれて、デートスポットも減っていくかと思います。マンネリ化になってしまっては楽しめることも楽しめません。

節約デートスポットで工夫をして、楽しめる新しいデートプランができることでしょう。

メリット3 結婚の意識が高まる

結婚を意識しているパートナーさんなら、お付き合い中に浪費家なのか、倹約家なのか分かります。

お金の価値観が似ていると感じることができれば、金銭感覚もあまり大差なく自然体で過ごせるため、お互い結婚も想定していくはずです。

節約デートをすることで、お互い協力し合いながら結婚資金を貯めるきっかけになることでしょう。

5.節約デート2つのデメリット

がっくりしている女性

節約デートのデメリットも見てみましょう。

デメリット1 何度も節約デートだと飽きられる

お金をかけなくても、二人でいればちょっとした工夫次第で楽しい時間が過ごせますが、常に節約デートだと慣れてきてしまい、楽しめることが楽しめなくなってしまいます。

そんなためにも「二人旅行のためにお金を貯めたい」「同棲したいと考えている」など、パートナーに自分の意思を伝えておいてください。

結婚を考えているカップルなら「結婚資金を貯めたい」「将来のために貯蓄したい」などが良いです。

普段節約デートをしている分、記念日などにちょっと奮発するだけでより特別に感じてもらう工夫をしましょう。

デメリット2 こだわり過ぎると険悪になる

無料の節約デートスポットばかりのプランにしてしまうと、険悪になることがあるため注意しましょう。

1か月に1回、2か月に1回は少し贅沢なデートプランを立てたり、誕生日や記念日は奮発して、おしゃれなレストランや喜んでもらえるプレゼントを用意しておくことをおすすめします。

6.女性と男性のデート代/月

電卓でお金を計算するカップル

恋人がいれば月に何度か食事に行ったり、お出かけしたりなどのデートをしますが、デート代はいくらかかっているのでしょうか?

社会人の方を対象に「マイナビウーマンのアンケート調査:男女別のデート代」を参考にしてご紹介します。(25〜35歳の男女が対象)

<女性のデート代>

アンケート調査によると、女性が月にかかっている平均デート代は「8,170円」でした。金額別のランキングも見てみましょう。

ランキングデート代
1位3,000円未満
2位15,000円〜20,000円未満
3位7,000円〜10,000円未満
4位10,000円〜15,000円未満
5位3,000円〜5,000円未満
6位5,000円〜7,000円未満

(参考:マイナビウーマン アンケート調査

デート代は、男性が支払ってくれることが多いため、3,000円未満の方が多い傾向にあります。デート中で支払う1回分の支払額と想定します。

ただし、割り勘にするカップルも多く、2位の15,000円〜20,000円未満と1位の3,000円未満との差額は大きく異なることがわかります。

<男性のデート代>

次に男性が月にかかっている平均デート代は「12,644円」でした。金額別のランキングも見てみましょう。

ランキングデート代
1位10,000円〜15,000円未満
2位7,000円〜10,000円未満
3位15,000円〜20,000円未満
4位5,000円〜7,000円未満
5位3,000円〜5,000円未満
6位30,000円〜40,000円未満

(参考:マイナビウーマン アンケート調査

このデータを見てもわかるように、男性のほうが多少なりとも多く出費していて、基本的な支払いは「男性がもつ」という考えの方が多い傾向にあります。

なお、誕生日や記念日などのイベントには奮発したいが、普段のデート代では節約したいという声が多いようです。

女性の方は、日頃のデートであまりパートナーに無駄使いをさせず、イベントごとに期待しても良いかもしれませんね。

7.デート代金の支払い率

利率をデータ化した紙

男性と女性のどちらがデート代を支払うかを「リサーチパネルのアンケート調査」を参考にご紹介します。

所得の差などはありますが、デート代金の支払い率は次の通りです。

支払う方支払い率
全て男性もち24.6%
全て女性もち0.5%
男性が多め41.1%
女性が多め0.5%
割り勘12.0%
交互に出し合う13.2%
その他
(その場によるなど)
8.0%

(参考:リサーチパネルのアンケート調査

男性は見栄を張りたい、立場的に多めに支払う方が多いことがわかります。

ただし、女性の方はお互い働いているなら収入に応じて交互に出し会うようにしたり、いつも出してもらうのは「気が引ける・甘えたくない」と、別の形でお返しをする方もいらっしゃいます。

いずれにせよ、デート代が負担になり会わなくなってしまうなどのケースにはしたくないものですね。

8.まとめ

節約デートでも二人一緒な空間と工夫一つで、楽しい思い出に残るデートになります。恋人同士「デートは節約しよう」という考えであれば、1カ月のデート代は数千円に抑えることも可能です。

もちろんお金がかかるデートプランは贅沢ですし、楽しいですが、何度もお金がかかるデートをしてしまうと、お互いお財布事情が気になってしまいます。

いつも節約デートは気が引ける想いですが、記念日や誕生日などのイベント時には思い切り贅沢をして過ごせるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket