アコム

無料の最強貯金アプリ3選をご紹介|賢く活用して堅実的にお金を貯めていこう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
お金が貯まっていくブタの貯金箱
  • どの貯金アプリを使えば良いのかな?
  • おすすめの貯金アプリが知りたい
  • 自分に合った貯金アプリでお金を貯めたい

スマホの貯金アプリは数多くあるため、どれを使えば良いのか、貯金アプリの違いやどんな仕組みなども気になることでしょう。

ノートで家計簿を付ける方も多いですが、自分でノートを作成したり、本を買いに行ったりしなくてはなりません。途中で面倒になってしまい、貯金が続かなくなることがあります。

スマホの貯金アプリや家計簿アプリを活用することで、自動的にお金が貯まる仕組みになっていたり、自動的にデータや計算などの機能が付いているため、貯金や家計管理を続けることができます。

この記事では、おすすめの無料貯金アプリやその特徴、仕組みなどをまとめました。

自分に合った貯金アプリを活用して、将来のため、お子さんのためにもコツコツと貯金していきましょう。

1.おすすめの無料貯金アプリ3選

数多くある貯金アプリの中からおすすめの3つをご紹介します。

finbee(フィンビー)

finbee(フィンビー)(出典:finbee(フィンビー)公式サイト

finbeeは、自分の銀行口座から貯金専用の口座へ、自分で設定するルール(機能)に応じて自動貯金できる無料アプリです。(iPhone、Androidに対応)

いつの間にか貯金されている仕組みなので、着実にお金が貯まっていきます。

この自動貯金アプリは家族や恋人などとアプリ共有可能で、複数の方と一緒に貯金することができます。

夫婦旅行のため、結婚資金などの目的があれば、大切な人と共同でお金を貯めていくと良いでしょう。

finbeeの主な機能(自分で設定するルール)は次の通りです。

finbeeの主な機能(自分で設定するルール)*貯金ルールは途中で自由に変更可能

finbeenのアプリに連携可能な金融機関は次の通りです。(他行とも順次提携予定)

  • 住信SBIネット銀行
  • みずほ銀行
  • 千葉銀行
  • 北洋銀行
  • 第四銀行
  • 伊予銀行
  • 百五銀行
  • 中国銀行
  • 東邦銀行

これらの口座がない場合は、事前に口座開設しておく必要があります。(口座開設は無料)

登録できる主なクレジットカードは次の通りです。

  • 楽天カード
  • 三井住友VISAカード
  • セゾンカード
  • JCBカード
  • イオンカード
  • MUFGカード
  • UCカード

連携可能な金融機関やクレジットカードを利用している方は、ぜひfinbee(フィンビー)を使って貯金をしていきましょう。

→finbee(フィンビー)の取得はこちら

しらたま

 

しらたま(出典:しらたま

しらたまは、家計簿アプリで人気が高いマネーフォワードがリリースした自動貯金アプリです。(iPhone、Androidに対応)

マネーフォワードと連携するため、毎月の「収入・支出・資産」から無理のない適切な貯金プランでお金を貯めることができます。

家計簿アプリ「マネーフォワード」のアカウントが必要になるため、アカウントがない方は事前に取得しておきましょう。

マネーフォワードの家計簿アプリを使っている、またはこれから使う方に向いています。

しらたまのアプリに連携可能な金融機関は、今のところ「住信SBIネット銀行」だけになります。(住信SBIネット銀行の口座開設は無料。他行とも順次提携予定)

しらたまの主な機能(自分で設定するルール)は次の通りです。

しらたまの主な機能(自分で設定するルール)(*)おつり貯金を表す図

しらたまのおつり貯金を表す図(出典:しらたま おつり貯金のしくみ

目標額に達成したり、自分の好きなタイミングで貯まった貯金箱(貯金専用口座)のお金を預金口座に移すこと可能です。

なお、デビットカードには対応していないため、普段からデビットカードを利用している方は「finbee(フィンビー)」がおすすめです。

→しらたまの取得はこちら

貯まるメモ ベルメゾン

貯まるメモ ベルメゾン(出典:貯まるメモ ベルメゾン

貯まるメモ ベルメゾンは、通販会社のベルメゾン公式の貯金アプリです。

目標貯金額を設定し、支出の記録や金額を入力して自分の意思で銀行口座にお金を貯めていく仕組みになるため、finbee(フィンビー)やしらたまの様に自動貯金されません。

貯まるメモ ベルメゾンは、「銀行口座、クレジットカード」と連携する必要はないので、一切個人情報を流通したくない方に向いています。

finbee(フィンビー)やしらたまは、個人情報保護法があるため銀行口座やクレカを連携しても問題ないですが、心配な方は「貯まるメモ ベルメゾン」の貯金アプリを活用すると良いでしょう。

分かりやすく、簡単に使えるため、シンプルに貯金したい方向けの貯金アプリです。

→iPhoneで貯まるメモ ベルメゾンの取得はこちら

→Androidで貯まるメモ ベルメゾンの取得はこちら

2.おすすめの無料家計簿アプリ3選

無料で人気の高い家計簿アプリをご紹介します。手間なく家計管理をしたい方は、これを機に活用していきましょう。

マネーフォワード

マネーフォワード(出典:マネーフォワード

マネーフォワードは、簡単にお金の管理ができる家計簿アプリです。(iPhone、iPad、Android、PCに対応)

家計管理や資産管理を自動でまとめてくれるため、お金の流れや貯金の現状が把握できるようになります。

家計簿アプリの中でも金融機関の対応数がNO.1ですし、「携帯会社(格安SIM)・ポイント・マイル・電子マネー」などの金融機関以外のサービスも対応しています。

ただし、無料版では銀行口座やカードなどの連携可能数が「10件まで」です。

11件以上連携して管理したい方は、「プレミアム会員(月額500円)」を利用すると良いでしょう。

例えば「銀行口座2件」+「クレジットカード3枚」+「ポイントカード5枚」+「携帯電話3代分(家族分を含む)」の場合、13件管理することになるため、この場合はプレミアム会員がおすすめです。

また、無料版では共有機能が付いていないため、家族とアプリ共有したい方は有料版を使いましょう。

「あらゆる個人情報を流通してしまうのではないか」と思われますが、マネーフォワードは厳重な管理システムで運営を行っているので、安心して活用できます。

マネーフォワードのシステム管理(出典:マネーフォワード

マネーフォワードと連携可能なサービスは「2600以上」なので、より多くのサービスと連携したい方に向いています。

→マネーフォワードの取得はこちら

Zaim

Zaim(出典:Zaim

Zaimは、テレビや雑誌、新聞で紹介されている日本最大級の無料家計簿アプリです。(iPhone, iPad ,Android、PCに対応)

スマホなどからレシートの自動読み取り機能が使え、よく行くお店の特売情報などの自動配信機能も付いています。銀行やクレジットカードと連携するため、自動的に入出金のデータ管理が可能です。

Zaimは、アプリを家族と共有できる機能があります。夫婦共同で家計簿を付けたり、入力作業や家計管理の分担などもできます。

なお、Zaimは全ての通信を暗号化して、インターネットから見られない場所に管理されているため、セキュリティ面は万全です。

Zaimのセキュリティ管理(出典:Zaim

Zaimと連携可能なサービスは「1500以上」となっていますが、レシートの自動読み取り精度が高い特長があります。

食費や日用品などの商品分類をシンプルに家計管理したい方に向いています。

→Zaimの取得はこちら

Money Tree

Monry Tree(出典:Money Tree

Money Treeは、数多くの銀行やクレジットカードと連携し、手軽に入出金の管理ができる無料家計簿アプリです。(iPhone、Android、Apple Watchに対応)

口座の入出金時やクレジットカードの利用時に通知してくれる機能があるため、不正利用を防ぐことができます。

Money Treeは、「MIZUHO・SMBC・ MUFG」の国内三大メガバンク系ファンドに投資されている家計簿アプリです。

世界クラスの最新セキュリティ技術を取り入れているため、家計簿アプリの中で最も信頼できるアプリと言えるでしょう。

Money Treeのセキュリティ管理(出典:Money Tree

Money Treeは家族や恋人などとアプリ共有できないので、「一人で管理できれば良い」「シンプルに大まかなお金の管理ができれば良い」などの方に向いています。

アプリの共有機能が使いたい方は、無料版で使える「Zaim」、もしくは有料版で使える「マネーフォワード」を活用すると良いです。

→Money Treeの取得はこちら

3.貯金アプリとは?

貯金アプリは、貯蓄をサポートしてくれるスマホアプリです。

目標額や貯金する目的、目標達成までの情報分析などデータ化し、分かりやすくなっているため、ズボラな方でもコツコツとお金を貯めることができます。

貯金アプリを大きく分けると次の2種類あります。

  1. 自動貯金アプリ
  2. 指標貯金アプリ

<自動貯金アプリ>

自動貯金アプリは、貯金額や貯金する周期をアプリ内で設定して、その日が来たら自動的に貯金されます。簡単に言うと、自動的に積み立てしてくれる仕組みです。

なお、アプリによって設定内容が豊富で、主に「周期・好きな時に・家計簿と連動・自由なルール」など、自分に合った設定方法で活用できます。(設定はいつでも変更可能)

例えば周期設定の場合、毎週木曜日と日曜日に1,000円ずつ設定すると、週に2,000円勝手に貯金されます。月に8,000円貯まる仕組みです。(周期や金額は自分で設定可能)

自由ルールの場合は、子供がテストで良い点を取ったら「1,000円」、電車で席を譲ったら「100円」などポジティブな出来事でも良いです。

逆にカフェに行ったら「一回500円」など消費した場合に自分に追い込みをかけるように貯金してもOKです。家計の負担にならない範囲で設定することをおすすめします。

自動貯金アプリで貯金されるまでの流れは次の通りです。

①貯金アプリ取得&登録

アプリをダウンロードし、メールアドレスの登録で利用できるようにします。

②貯金目的や目標を設定

何のために、いつまでに、いくら貯めるのかゴールを設定します。

③貯金ルールを設定

どんな時にいくら貯金するのか、自動貯金するルールを決めます。(おつり貯金、つみたて貯金、好きな時に貯金など)

④銀行口座やクレジットカード、ポイントカードと連携

連携可能な銀行口座を登録すると銀行内に貯金専用の口座が作られます。(finbeeの場合は「finbee専用口座」の項目で、同じ口座の中に作られる)

⑤設定完了後、自動貯金スタート

全ての設定が完了したら、普段通りの生活をすると自動的に貯金されていきます。

⑥目標貯金額に達したらメイン口座に移す

貯まったお金を使いたい場合は、貯金専用口座からメイン口座にお金を移すことができます。(あくまでも同じ口座間)

万が一、生活費の余裕がない時などでも、途中でお金を移すことも可能です。

<指標貯金アプリ>

指標貯金アプリは、銀行口座やクレジットカードと連携させないで自分で貯金した金額を入力し、目標額までサポートしてくれる貯金アプリです。

簡単に言うと、家計簿に似た貯金管理版アプリです。ノートなどで貯金管理をするのか、アプリを使って貯金管理するのかの違いになります。

自動的に貯金されないアプリになるため、自分の意思次第で「貯金ができる・できない」のか決まってきます。

なお、指標貯金アプリは銀行口座やクレカを連携させないものが多いため、個人情報を流出しなくてOKです。個人情報を流通したくない方は、指標貯金アプリを活用すると良いでしょう。

指標貯金アプリで貯金する流れは次の通りです。

①貯金アプリ取得&登録

アプリをダウンロードし、メールアドレスの登録で利用できるようにします。

②貯金目的を設定

何のために、いつまでに、いくら貯めるのかゴールを設定します。

③貯金アプリを確認して自分で貯金

貯金アプリの目標額などチェックしながら自分で口座に預金します。

④貯金が貯まる

自由にお金を使うことができます。

4.家計簿アプリとは?

家計簿アプリは、スマホなどからレシートを読み取り管理できるアプリや銀行、証券の口座をまとめて管理できるアプリなど数多くあります。

主に、

  • 銀行口座
  • クレジットカード
  • 証券口座
  • ネットショップ
  • ポイントカード、ポイントサイト

などと連携をすることで、家計費や資産状況がまとめて管理できます。

家計簿アプリは収入・支出が分かりやすいため、ムダな出費を抑えることができます。節約するために使うことがメインだと考えて良いでしょう。

レシートから取得した情報を「食費・光熱費・カード払い・生活費」などのカテゴリで分類し、自動的にデータ化してくれます。(自分でカテゴリ設定も可能)

自動貯金アプリとは異なり、家計簿アプリ内では貯金することができません。

あくまでも「家計簿アプリを活用→節約できた→浮いたお金を自分で預金する→貯金できた」といったイメージです。

家計簿アプリの使い方は次の通りです。

①家計簿アプリを取得

アプリをダウンロードし、メールアドレスの登録で利用できるようにします。

②銀行口座やクレジットカードなどと連携

連携可能な銀行口座やクレジットカードがある場合は設定します。ない場合や連携したくない場合は連携なしでも利用できます。

③月の予算などを設定

月収や家賃などの質問を答えたり、手入力することで自分に合った予算を自動算出してくれたり、または自分で設定します。

④スマホなどでレシートを撮る、または手入力

「レシート入力」や「通常入力」で支出を登録します。

⑤毎日・週・月の予算チェック

「毎日・週・月」の予算から現在の状況が一目でわかるようにデータ化されているので確認します。

⑥支出バランスを確認して節約

収入・支出のバランスを確認してどのくらい節約できるのか、どのくらい余裕ができたかを確認してお金の管理をしていきます。

5.まとめ

貯金アプリは、「自動貯金型・指標貯金型・家計簿型」のアプリがあります。

なかなか自分の意思で貯金できない方は、自動貯金アプリの利用がおすすめです。

貯金アプリを使いたいけど、個人情報を流出したくない方は指標貯金アプリを使うと良いでしょう。

単純に家計管理をしたい方は、家計簿アプリを使うことをおすすめします。

アプリによって、目的や使い方で貯金をすることができます。自分に合ったアプリで将来に向けて貯蓄していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket