即日借入ができる五つ星カードローン!当日中にお金を借りる神業テク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
借入 即日0

即日中に借入をしたいなら、融資スピードが早いカードローンがおすすめです。

カードローンには主に銀行系と消費者金融のものがありますが、今回はその中でも特に融資スピードが早い、おすすめのカードローンをまとめました。

即日中に借入をするための注意点と銀行系と消費者金融の違いについても分かりやすくご紹介していますので、急いでいるけど納得のいくカードローンを選びたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

1.即日借入ができるカードローン一覧

口座開設不要で即日中に借入ができるカードローンをまとめました。融資方法がそれぞれで違うので自分の条件に合ったカードローンをまずはチェックしましょう。

即日 融資1

2.カードローンごとの振込融資対応時間まとめ

振込融資に対応したカードローンを選べば、申込から契約、借入までが全てインターネットで行えます。しかし、振込には銀行窓口の営業時間が関係してくるため、窓口が閉まる15時以降になると、当日中の振込はできなくなってしまいます。

この点から、振り込み融資の受付時間については14時頃までとしている会社が多いので、振込融資を希望する場合は日中の早いうちに申し込みと審査を終わらせておく必要があります。以下にカードローンごとの振込融資受付時間をまとめました。

借入 即日1

詳しくは次のページを参考にしてみてください。

「【徹底解説】カードローンで即日振込可能なカードローンはこれだ!」

3.14時過ぎても大丈夫!自動契約機の活用術

振込融資を希望の場合は14時というタイムリミットがありますが、店舗に設置してある自動契約機でカードを受け取ることができれば、即日中の借入にまだ間に合います。自動契約機については21時~22時頃まで営業しているので、ネットや電話で先に申込と審査を済ませておき、仕事帰りにカードを受け取りに行くということも可能です。

カードを受け取ってしまえば、その後コンビニなどの提携ATMからすぐに借入ができるので、申し込んだその日のうちにお金を借りることができます。

もちろん、申込からカードの受取りまでを全て自動契約機で行うこともできます。ただ、その場合の所要時間は大体40~50分程度かかりますので、ネットから申込をするのが賢い選択です。

4.消費者金融のメリットとデメリット

プロミス、アコム、アイフル、モビットなど、消費者金融のメリットデメリットです。

<メリット>

  • 融資スピードが早い
  • 借入方法が充実
  • Web完結で手続きが簡単
  • 無利息期間がある業者が多い

<デメリット>

  • 金利が高い
  • 総量規制の対象
  • 手数料無料のATMが少ない

5.銀行カードローンのメリットとデメリット

三菱東京UFJ銀行カードローンや三井住友銀行カードローンなど、銀行カードローンのメリットデメリットです。

<メリット>

  • 低金利
  • 手数料無料のATMが充実
  • 総量規制の対象外
  • 銀行という安心感がある

<デメリット>

  • 審査が厳しい
  • 振込融資に対応しているものが少ない

6.即日中に借りるための5つの注意点

即日中に借りるための注意点をまとめましたので、申込前に確認しておきましょう。

注意1 即日融資と即日審査

カードローンには「即日審査」と「即日融資」を謳っているものがありますが、即日審査はあくまで審査結果が即日に出るだけなので、その日のうちに借入をしたいのであれば、即日融資を選ぶ必要があります。

融資スピードという点では、銀行系のカードローンより消費者金融のほうが優れていますが、近年は銀行カードローンでも即日融資ができるものが増えてきました。銀行カードローンなら消費者金融に比べて低金利で借入ができるので、少しでも支払う利息を抑えたい方は、銀行カードローンを検討してみると良いでしょう。

注意2 消費者金融は総量規制の対象

消費者金融を選ぶ場合は、総量規制に注意する必要があります。総量規制とは、借入額の合計を年収の3分の1までとする規制で、これは賃金業法によって定められているものです。

つまり、消費者金融からは年収の3分の1までの金額しか借りることができません。仮に既に消費者金融から借りている、クレジットカードにキャッシング枠が付いているような場合は、その分も含めて3分の1までとなります。

一方、銀行は賃金業法ではなく銀行法を基準法にしているため、総量規制の対象外です。新たな借入をすると総量規制の基準を超えてしまう方については、消費者金融ではなく銀行カードローンを選ぶ必要があります。

注意3 申込情報は正確に入力する

申込情報は項目がかなり多いため、入力ミスが無いよう最後に必ず確認しましょう。また、言うまでもありませんが、申込情報に嘘は禁物です。

万が一審査時に嘘がバレると、大きく信用を失い審査に落ちる可能性が極めて高くなります。嘘をついたとしても、個人信用情報や提出書類からバレることがほとんどなので、審査に通りたいなら必ず正直に申告するようにしましょう。

注意4 提出書類は鮮明な写真を使う

近年ではほとんどのカードローンが、スマホや携帯電話から必要書類を提出できます。書類の写真が不鮮明だったり端が切れていたりすると、再提出を求められることになり、その分借入までの時間が延びてしまいます。提出書類については事前によく確認し、鮮明な写真を提出するようにしましょう。

注意5 借入希望額は必要最低限にする

借入希望額が多いとその分慎重に審査をする必要がありますし、金額によっては収入証明書類の提出が必要になります。また、借入額が大きければ毎月の返済の負担も当然増えるので、生活を圧迫し、延滞をしてしまう可能性も高くなります。計画的な利用を心掛けるためにも、借入希望額は必要最低限にしておくのが賢明です。

7.即日融資対応!五つ星カードローン

即日融資対応のおすすめカードローンを比較してご紹介します。

新生銀行カードローン レイク

第1位は新生銀行カードローン レイクです。レイクには30日間無利息、もしくは5万円まで180日間無利息の2つの選べる無利息期間があるため、「短期間だけお金を借りたい」「少額の借入をしたい」といった方に特に選ばれています。

新生銀行カードローンレイク情報


▼レイクの詳細を確認したいなら
新生銀行カードローンレイクのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

アコム

第2位はアコムは融資スピードは最短1時間と早く、土日祝日に申し込みをしても当日中に借入ができます。「急ぎで借りたい!」という方に特に選ばれています。また、30日間の無利息期間もあるため、「給料日が来たらすぐに返せる」というような、短期間だけ借りたい方もアコムを利用しています。

アコム情報


▼アコムの詳細を確認したいなら
アコムのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

プロミス

第3位はプロミスです。プロミスは平日14時までに契約完了していれば銀行口座へ最短10秒で振込をしてもらうことができるため、「急ぎでお金を借りたい方」に選ばれています。

プロミスにも30日間の無利息期間があり、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っている場合、深夜でも土日祝日でも受付完了から最短10秒で振り込んでもらうことが可能です。そのため、プロミスは「三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っている方」に特に選ばれています。

プロミス情報


▼プロミスの詳細を確認したいなら
プロミスのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

8.職場への電話連絡が心配な方へ

カードローンの審査時には、基本的に職場への在籍確認が行われます。担当者は個人名を名乗りますし、あくまで職場に在籍しているかどうかを確かめるだけなので、そこまで警戒する必要はありません。しかし、人によっては職場に自分宛の電話がかかってくること自体に抵抗がある方もいるでしょう。

そんな方には電話連絡がないモビットの「Web完結」がおすすめです。Web完結ができるのは以下の条件を全て満たす方です。

  • 本人確認書類として、運転免許証かパスポートを提出できる
  • 直近2ヵ月分の収入証明書の写しを提出できる
  • 社会保険証もしくは組合保険証を提出できる
  • 三井住友銀行もしくは三菱東京UFJ銀行の普通預金口座を持っている

モビット

モビット詳細


▼モビットの詳細を確認したいなら
モビットのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

9.まとめ

即日審査と即日融資では意味合いが違ってくるので、その日のうちにお金を借りたい場合は、本当に即日融資が可能かどうか、ホームページなどであらかじめ確認しておきましょう。特に銀行系のカードローンについては即日融資が難しい場合が多いので、今回ご紹介した銀行カードローン、もしくは消費者金融に申込むのが良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket