本当に即日融資可能なカードローンはどれ?手順と注意点を徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
即日融資を受けた女性

即日融資対応のカードローンは数多くありますが、即日融資を受ける申込方法や手順を明記しているカードローンは実は少なかったりします。

即日融資対応でその申込方法や手順が明記されている大手消費者金融と銀行カードローンは次の6つです。

  • 新生銀行カードローン レイク
  • アコム
  • プロミス
  • アイフル
  • モビット
  • 三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック

この記事では、それぞれのカードローンでの即日融資の受け方と注意点をまとめました。急いでいる方におすすめの方法をご紹介していますので、あなたに合ったカードローンを選び、即日融資を受ける際の参考にしてみてください。

1.新生銀行カードローン レイクで即日融資を受ける方法

新生銀行カードローン レイクで即日融資を受ける方法は「振込融資」と「カード発行」の2つがあり、どちらの方法を希望するかで手続きが異なります。

<振込融資を希望する場合>
即日で振込融資をしてもらうには平日14時までに申込と必要書類の確認の完了が必要です。「ネット申込→インターネット契約→振込融資依頼」と進むのが最も簡単で早い方法で、カードレスでの利用も可能です。平日14時以降になる場合は翌営業日の振込になります。

<カード発行を希望する場合>
カード発行をして即日融資を受けるには8時~22時の間に自動契約機で契約やカードの受け取りを完了させる必要があります。「ネット申込→自動契約機→契約手続き→カード発行」と進むのが最も簡単で早い方法です。平日14時を過ぎてしまった時や土日祝日に申し込む場合でも即日融資を受けることができます。

<必要書類>
必要書類は運転免許証、健康保険証、パスポート、個人番号カードの内いずれか1つ必要です。審査にあたり収入証明書の提出を求められた場合は源泉徴収票や給与明細書なども必要です。

新生銀行カードローンレイク情報

▼レイクの詳細を確認したいなら
新生銀行カードローンレイクのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

2.アコムで即日融資を受ける方法

大手消費者金融アコムで即日融資を受ける方法は「振込融資」と「カード発行」の2つがあり、どちらの方法を希望するかで手続きが異なります。

<振込融資を希望する場合>
即日で振込融資をしてもらうには平日14時までに必要書類の提出が必要です。「ネット申込→インターネット契約→振込融資依頼」と進むのが最も簡単で早い方法です。平日14時以降になる場合は翌営業日の振込になります。

<カード発行を希望する場合>
カード発行をして即日融資を受けるには8時~22時の間にむじんくん(自動契約機)で契約やカードの受け取りを完了させる必要があります。「ネット申込→むじんくん→契約手続き→カード発行」と進むのが最も簡単で早い方法です。平日14時を過ぎてしまった時や土日祝日に申し込む場合でも即日融資を受けることができます。

<必要書類>
必要書類は運転免許証、健康保険証、個人番号カードの内いずれか1つ必要です。アコムで50万円を超える借入を希望する場合や他社を含めた借入総額が100万円を超える場合は源泉徴収票や給与明細書なども必要です。

アコム情報

▼アコムの詳細を確認したいなら
アコムのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

3.プロミスで即日融資を受ける方法

大手消費者金融プロミスで即日融資を受ける方法は「振込キャッシング」と「カード発行」の2つがあり、どちらの方法を希望するかで手続きが異なります。

<振込キャッシングを希望する場合>
即日で振込キャッシングするには平日14時50分までに振込キャッシングの手続きが必要です。「ネット申込→インターネット契約→振込キャッシング依頼」と進むのが最も簡単で早い方法で、カードレスでの利用も可能です。平日14時50分以降になる場合は翌営業日の振込になります。

なお、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っていると深夜でも土日祝日でも最短10秒で振り込んでもらうことができます。

<カード発行を希望する場合>
カード発行をして即日融資を受けるには9時~22時(一部21時もあり)の間に自動契約機で契約やカードの受け取りを完了させる必要があります。「ネット申込→自動契約機→契約手続き→カード発行」と進むのが最も簡単で早い方法です。平日14時を過ぎてしまった時や土日祝日に申し込む場合でも即日融資を受けることができます。

なお、プロミスのカード発行は三井住友銀行ローン契約機でも可能です。土日祝日含め9:00〜21:00まで営業しています。(契約機により営業時間休日が異なる)

<必要書類>
必要書類は運転免許証やパスポートの内いずれか1つ必要です。プロミスで50万円を超える借入を希望する場合や他社を含めた借入総額が100万円を超える場合は源泉徴収票や給与明細書なども必要です。

プロミス情報

▼プロミスの詳細を確認したいなら
プロミスのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

4.アイフルで即日融資を受ける方法

大手消費者金融アイフルで即日融資を受ける方法は「振込融資」と「カード発行」の2つがあり、どちらの方法を希望するかで手続きが異なります。

<振込融資を希望する場合>
即日で振込融資をしてもらうには平日14時10分までに振込融資の手続きが必要です。「ネット申込→インターネット契約→振込融資依頼」と進むのが最も簡単で早い方法です。平日14時10分以降になる場合は翌営業日の振込になります。

<カード発行を希望する場合>
カード発行をして即日融資を受けるには8時~22時の間に自動契約機で契約やカードの受け取りを完了させる必要があります。「ネット申込→自動契約機→契約手続き→カード発行」と進むのが最も簡単で早い方法です。平日14時10分を過ぎてしまった時や土日祝日に申し込む場合でも即日融資を受けることができます。

<必要書類>
必要書類は運転免許証、個人番号カードの内いずれか1つ必要です。アイフルで50万円を超える借入を希望する場合や他社を含めた借入総額が100万円を超える場合は源泉徴収票や給与明細書なども必要です。

アイフル詳細

▼アイフルの詳細を確認したいなら
アイフルのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

5.モビットで即日融資を受ける方法

大手消費者金融モビットで即日融資を受ける方法は「WEB完結申込」と「カード申込」の2つがあり、どちらの方法を希望するかで手続きが異なります。

<WEB完結申込を希望する場合>
WEB完結申込で即日融資を受ける方法は振込融資とスマホATM取引の2つがあります。振込融資をしてもらうには平日14時50分までに手続きの完了が必要です。平日14時50分以降になる場合は翌営業日の振込になります。

スマホATM取引は21時までに審査通過が完了すればOKです。スマホのアプリを使って近くのセブン銀行ATMから簡単に借入できます。(審査結果によっては希望に沿えないこともあり)

なお、WEB完結申込を利用するには2つの条件がありますので合わせて確認しておきましょう。

  • 三井住友銀行または三菱東京URJ銀行の普通預金口座を持っている
  • 全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)、もしくは組合保険証を持っている

<カード申込を希望する場合>
カード申込で即日融資を受けるには8時~21時の間にローン申込機でカードの受け取りを完了させる必要があります。「ネット申込→入会手続き→ローン申込機→カード発行」と進むのが最も簡単で早い方法です。平日14時50分を過ぎてしまった時や土日祝日に申し込む場合でも即日融資を受けることができます。

<必要書類>
必要書類は運転免許証、健康保険証、パスポートの内いずれかです。収入証明書類の提出を求められたら源泉徴収票、所得証明書、給与明細書などいずれかの写しが必要です。

モビット詳細

▼モビットの詳細を確認したいなら
モビットのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

6.三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイックで即日融資を受ける方法

バンクイックで即日融資を受ける方法は「振込融資」と「カード発行」の2つがあり、どちらの方法を希望するかで手続きが異なります。

<振込融資を希望する場合>
即日で振込融資をしてもらうには平日14時までに振込融資手続きの完了が必要です。「ネット申込→インターネット契約→振込融資依頼」と進むのが最も簡単で早い方法です。平日14時以降になる場合は翌営業日の振込になります。

<カード発行を希望する場合>
カード発行をして即日融資を受けるには平日は9時~20時、土曜と祝日は10時~18時、日曜は10時~17時までの間にテレビ窓口で契約やカードの受け取りを完了させる必要があります。「ネット申込→テレビ窓口→契約手続き→カード発行」と進むのが最も簡単で早い方法です。

平日14時を過ぎてしまった時や土日祝日に申し込む場合でも即日融資を受けることができます。なお、テレビ窓口でカード発行するには運転免許証が必ず必要になります。

<必要書類>
必要書類は運転免許証、健康保険証、パスポート、個人番号カードの内いずれか1つ必要です。収入証明書の提出を求められた場合は源泉徴収票や給与明細書なども必要です。

バンクイック詳細

▼バンクイックの詳細を確認したいなら
バンクイックのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

7.即日融資対応のカードローンに申し込む時の注意点

即日融資対応のカードローンに申し込む時の注意点をご紹介します。

注意1 利用限度額は必要最低限にする

カードローンの審査は利用限度額が高ければ高いほど慎重になります。審査に一発で通すためにも利用限度額は必要最低限にして申し込みましょう。

注意2 できるだけ早く申し込む

振込融資を受けるには大体14時までの手続きが必要だったり、カード発行は自動契約機の営業時間内に行く必要があったり、即日融資を受けるには決められた時間内に手続きを完了させる必要があります。カードローン申込後には審査がありますので、その時間も考えた上でなるべく早く申込をするようにしましょう。

注意3 本人確認書類の撮影は鮮明に

本人確認書類などの提出書類をスマホからアップロードする場合、ぼやけていると再送信が必要になってその分時間がかかってしまいます。撮影するときは顔写真や文字が鮮明に写るように気をつけましょう。

注意4 入力ミスに気をつける

申込の際にありがちなのが名前や住所、電話番号などの入力でミスをしてしまうことです。入力ミスがあると審査に時間がかかってしまったり、電話番号やメールアドレスを間違えてしまうと審査結果の連絡が来ません。急いでいる時こそ冷静になり、入力内容はしっかりと確認するようにしましょう。

8.まとめ

即日融資を受けるときには振込融資を受けるか、カード発行をするかがポイントになります。手順をしっかりと確認して即日融資を実現させましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket