プロミスの賢い返済方法|手数料無料で損せず返済する全知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
プロミス 返済方法

プロミスの返済方法は様々ありますが、利用するなら手数料無料の返済方法に限ります。

カードローンは借り入れして終わりではなく、返済がむしろメインと言っても過言ではありません。

毎回毎回、手数料がかかる方法で返済をしていると、その金額もどんどんバカにできない金額になっていきます。

この記事では、プロミスの返済について詳しくまとめました。損しないためにも手数料無料の返済方法をうまく利用し、利息以外の負担を大きく減らしていきましょう。

1.手数料無料!お得なプロミスの返済方法

プロミスの返済方法は主に5つありますが、手数料がかかるATMからの返済と銀行振込での返済以外は全て手数料無料です。

  1. 口座振替
  2. インターネット返済
  3. ATM返済
  4. コンビニ返済
  5. 銀行振込

最も便利なのは口座振替です。プロミスの口座振替は「口フリ」の愛称で呼ばれていますが、返済は自動的に行われますので、わざわざ店舗へ出向いたり、特別な手続きが必要ありませんので簡単です。

インターネット返済も24時間いつでも行うことができて便利ですが、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、ジャパンネット銀行、みずほ銀行、楽天銀行のインターネットバンキングを利用している必要があります。

ATM返済はプロミスATMと三井住友銀行ATMであれば無料で利用することができ、コンビニ返済はローソン、ミニストップ、ファミリーマートに設置されているLoppiとFamiポートからの返済が手数料無料です。

インターネット返済、ATM返済、コンビニ返済は、繰り上げ返済や一括返済の時に重宝します。

2.プロミスを早く完済するシンプルな鉄則

プロミスの返済方式は「残高スライド元利定額返済方式」を採用しています。残高スライド元利定額返済方式は、最終の借入の後の借入現在残高によって返済額が変わってきます。

残高スライド元利定額返済方式

出典 プロミス「ご返済金額について」

実際の返済額の算出方法としては、借入残高に対応する一定の割合をかけた金額の1000円未満を繰り上げた金額が返済額となります。

プロミス返済額の計算例

プロミスに限らず、カードローンの返済額は借入残高が少なくなるほど極端に返済額も少なくなってしまうため、余裕があるときに繰り上げ返済を併用することが大切です。

3.プロミスの返済2つの注意点

プロミスに返済する際の注意点を2つご紹介します。

注意1 返済手数料がかかるケース

プロミスATMと三井住友銀行ATM以外の提携ATMからの返済は手数料がかかります。手数料がかかるATMは次の通りです。

  • ゆうちょ銀行
  • セブン銀行
  • イーネット銀行
  • ローソンATM

また、銀行振込での返済も振込手数料がかかります。利用することは特にないと思いますが、振込での返済も可能だと覚えておく程度で良いです。

注意2 口座振替の落とし穴

口座振替の返済にはひとつ落とし穴があります。プロミスが採用する残高スライド元利定額返済方式は、借入額が少額になると返済額も非常に小さくなっていきます。口座振替だけに返済を頼っているといつまでたっても返済が終わらないので、早く完済したい時は繰り上げ返済を併用してください。

4.知って得するプロミス返済の豆知識

プロミスの返済で知っておいた方が良い豆知識をご紹介します。

豆知識1 プロミスの返済日

プロミスの返済日は、毎月5日、15日、25日、末日の中から選ぶことができます。ただし、三井住友銀行 かジャパンネット銀行以外の金融機関からの口座振替による返済の場合は、返済日は毎月5日のみとなります。

また、初回の返済日は初回借入日と選んだ返済期日によって変わるので、事前に次の表で確認しておきましょう。

プロミス初回の返済期日

出典 プロミス「ご返済期日について」

豆知識2 ご返済日お知らせメール

プロミスでは、返済日を忘れないように知らせてくれる「ご返済日お知らせメール」を利用できます。うっかり返済を忘れてしまわないよう、登録しておくことをおすすめします。

豆知識3 返済シミュレーション

プロミスの残高スライド元利定額額返済方式は、他の返済方式と比べても複雑な計算方法です。申込前に返済シミュレーションをしておくことをおすすめします。

→ プロミスの返済シミュレーションへ

豆知識4 遅延損害金

返済に遅れてしまうと日割り計算で遅延損害金が加算されて行きます。返済がたびたび遅れてしまったり、長期にわたって延滞してしまった場合はカードローン利用停止の可能性があるほか、個人信用情報に延滞の事故情報が登録されてしまいます。

なお、返済がどうしても難しくなってきた場合、プロミスコールに電話することによって、新たな返済プランを相談できます。無断で返済に遅れる前にそちらに電話することが肝要です。

事故情報までいってしまうと、他社でも新たな借入は事実上できなくなってしまいますので、そこまで行く前に必ず相談しましょう。

プロミス

プロミス情報

▼プロミスの詳細を確認したいなら
プロミスのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

5.まとめ

プロミスの返済方法は手数料がかからない口座振替、インターネット返済、ATM返済、コンビニ返済のどれでも構いませんが、繰り上げ返済を併用し、なるべく早く完済するようにしましょう。

詳しくは次のページを参考にしてみてください。

「キャッシングの繰り上げ返済の使いこなし術|利息を減らす全知識」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket