みずほ銀行カードローンの返済方法と賢い返済額の減らし方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
みずほ銀行カードローン 返済方法

みずほ銀行カードローンの返済方法は、他のカードローンとは違った特徴があります。

便利な方にとっては非常に良いサービスですが、そうでない方にとっては思いのほか不便だったりします。

この記事では、お得なみずほ銀行カードローンの返済方法や返済の注意点などをまとめました。

特徴を良くつかみ、みずほ銀行カードローンが自分に合っているかどうかしっかりと判断しましょう。

1.手数料無料!お得なみずほ銀行カードローンの返済方法

みずほ銀行カードローンの返済方法は主に次の3つがありますが、返済手数料は基本全て無料です。この内、メインで使うのはカードローン自動引き落としです。

  1. カードローン自動引き落とし
  2. カードローン任意返済
  3. みずほダイレクトでのカードローン取引

カードローン自動引き落としはみずほ銀行カードローンの基本の返済方法で、「カードローン任意返済」や「みずほダイレクトでのカードローン取引」を利用するとしても、必ず月々の自動引き落としを設定しなければなりません。

なお、返済用口座にはみずほ銀行の普通預金口座を設定する必要があります。みずほ銀行の口座を持っていない場合は、新たにみずほ銀行の口座開設をする必要があります。

2.みずほ銀行カードローンを早く完済するシンプルな鉄則

みずほ銀行カードローンの返済方式は残高スライド方式です。前月の10日時点の借入残高に対し、決められた金額を返済していきます。返済計画を立てるのは楽ですが、自動引き落としだけに頼っているとカードローンの返済がなかなか進みません。まずはみずほ銀行カードローンの返済額をご覧ください。

みずほ銀行カードローン返済額出典 みずほ銀行カードローン ご返済額について

表を見るとわかりますが、毎月の返済額は決して多くありません。残高が100万円を超えている時の毎月の返済額に関していえば、むしろ少ないと言って良いでしょう。

また、月々の返済額は「支払利息を含めた上での返済額」であることも注意が必要です。例えば、借入残高が50万円あり、返済で1万円支払ったとしても、返済額の1万円には利息も含まれているので、借入残高が49万円になるわけではありません。

みずほ銀行カードローンを上手に利用し、早く完済するためには、繰上返済が必須です。繰上返済は「カードローン任意返済」か「みずほダイレクトでのカードローン取引」で行うことができます。

返済を月々の自動引き落としだけに任せるのは、利息がかさむばかりで大変もったいない状況です。余裕がある時には繰上返済を併用するようにしましょう。借入元金を大きく減らすには、繰上返済しかありません。

カードローン任意返済とは

  • カードローンの任意返済はいつでもATMから行うことができ、1円単位で返済ができます。(硬貨の取り扱いがないATMでは1,000円単位)

みずほダイレクトでのカードローン取引とは

  • みずほダイレクトを利用している場合、いつでも返済ができます。(銀行休業日と平日15:00以降の受付分は翌営業日扱いの返済)
  • テレホンバンキングに限り、受付時間は平日9:00~21:00、休日祝日9:00~17:00です。

3.みずほ銀行カードローン返済の注意点

みずほ銀行カードローン返済の注意点は、任意返済やみずほダイレクトで返済を行った月も自動引き落としが行われることです。

他のカードローンは任意返済をした月は返済が1回お休みになるケースも多いですが、みずほ銀行カードローンは通常通り行われます。残高不足にならないように注意しましょう。

4.知って得するみずほ銀行カードローン返済の豆知識

みずほ銀行カードローンの返済で知っておいた方が良い豆知識をご紹介します。

豆知識1 みずほ銀行カードローンの返済日

みずほ銀行カードローンの返済日は毎月10日です。10日が銀行休業日にあたる場合は、翌営業日の返済となります。10日の夜間に引落しなので、当日の振込でも十分に間に合います。

豆知識2 返済シミュレーション

みずほ銀行カードローンの返済シミュレーションでは、返済期間や返済回数、返済金額を計算することができ、月々の返済額の他に、どのくらい繰上返済すれば良いのか目安もわかります。

月々の返済額だけでは全然足りてないことを実感するためにも、返済シミュレーションはぜひ試すことをおすすめします。仮に、100万円を12.0%の金利で借り入れし、自動引き落としのみで返済すると、借入期間は9年3ヶ月、支払う利息の合計は519,298円になります。

みずほ銀行カードローン返済例

→ みずほ銀行カードローンの返済シミュレーションへ

豆知識3 返済が遅れると起きること

口座の残高不足でカードローンの引落しができなかった場合、即座にカードローンの新規借入は停止になります。返済の再引落しは銀行営業日の夜間に毎晩行われますので、返済用の口座に返済金額の入金があれば入金当日の夜間に引き落としされ、再びカードローンが利用できるようになります。

軽微な延滞はカードローンの一時停止と、日割り計算の遅延損害金のペナルティーで済みますが(延滞記録は付きます)、長期延滞をしてしまうとブラックに近い重大な事故情報が記録されてしまう可能性が高くなります。1日の延滞も良くないことですが、連続の延滞は取り返しのつかない事態へと発展しかねません。そうなる前に返済の相談をすることが何よりも先決です。

返済が遅れてからではなく、返済が遅れてしまいそうな時には、みずほ銀行に連絡をして相談するようにしましょう。

詳しくは次のページを参考にしてみてください。

「カードローンの3つの賢い返済方法と返済できない時の対処法」

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン詳細

▼みずほ銀行カードローンでお得に借りる方法はこちら
みずほ銀行カードローンのメリット・デメリットを徹底解説|融資を受ける手順と注意点とは

5.返済できそうにない時の新規借入先

みずほ銀行カードローンの返済に間に合いそうにない、返済できそうにない場合は、他のカードローンへのおまとめや借り換えを検討してみてください。おすすめの借入先を比較してご紹介します。

プロミス

第1位はプロミスです。100万円以下の借入をおまとめ・借り換えならプロミスがおすすめです。30日間の無利息期間がありますし、平日14時までに契約完了していれば、銀行口座へ最短10秒で振込をしてもらうことができます。

三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っている場合、深夜でも土日祝日でも受付完了から最短10秒で振り込んでもらうことが可能です。

プロミス情報

▼プロミスでお得に借りる方法はこちら
プロミスのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

アコム

第2位はアコムです。アコムは融資スピードも最短1時間と早く、土日祝日に申し込みをしても当日中に借入ができます。「急ぎ+できるだけ確実に借りたい!」という方に特に選ばれています。アコムにも30日間の無利息期間があります。

アコム情報

▼アコムでお得に借りる方法はこちら
アコムのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

モビット

第3位はモビットです。限度額は最高800万円あり、WEB完結申込なら電話連絡や郵送物がないことから、派遣社員の方のように普段会社にいることが少ない職業の方や家族や職場にバレずに借入したいといった方に選ばれています。職場への電話連絡をどうしても避けたい方の利用が特に多いです。

モビット詳細

▼モビットでお得に借りる方法はこちら
モビットのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

6.まとめ

みずほ銀行カードローンの返済方法は自動引き落としが基本です。返済日は10日固定なので不便な方もいるかと思いますが、利用する時には繰上げ返済を随時行い、早く完済できるようにしていきましょう。

詳しくは次のページを参考にしてみてください。

「キャッシングの繰り上げ返済の使いこなし術|利息を減らす全知識」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket