旦那さんに絶対バレずにお金を借りる方法|専業主婦におすすめのカードローン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
お金を借りた専業主婦

銀行カードローンであれば専業主婦の方でも申し込めることはご存じの方も多いと思います。

最近はほとんどの銀行がカードローンサービスを展開しており、金利や返済方法などもそれぞれで違います。家計を預かる主婦としては最もお得で使いやすいカードローンを選びたいですよね。

そこで今回は、専業主婦におすすめのカードローンや、旦那さんに内緒で利用するための注意点をご紹介していきます。カードローン選びでお悩みの方はぜひ参考にしてみてください。

1.専業主婦が借りられるカードローン

専業主婦の方は総量規制の対象となる消費者金融や信販会社からはお金を借りることはできません。総量規制とは「賃金業者が貸し付けを行う際の限度額を、契約者の年収の3分の1までとする」法律です。

この法律により、収入が無い専業主婦の方はこの基準に当てはまらず、総量規制の対象となる賃金業者からは借入ができない決まりとなっています。

一方、銀行のカードローンについては総量規制の対象外となるため、配偶者に安定した収入があれば、専業主婦の方でも借入が可能です。この際、配偶者の同意は必要ありません。専業主婦の方は銀行カードローンを利用しましょう。

2.銀行カードローン5つのメリット

専業主婦が利用できるカードローンは基本的に銀行カードローンのみとなりますが、銀行カードローンには専業主婦ならずとも利用したい多くのメリットがあります。

メリット1 低金利

銀行は消費者金融などに比べ審査が厳しいと言われますが、一般的に審査が厳しいということは、その分金利が低いということでもあります。

カードローンの金利は限度額によって異なりますが、限度額が大きく期間が長期になるほど利息は膨らんでいきます。少しでもお得にカードローンを利用するなら、やはり低金利というポイントは外せません。

大手消費者金融と銀行カードローンの金利を比較してみました。上限金利を比べると約年4.0%ほどの差があり、銀行カードローンが低金利であることが分かります。

カードローン金利年
アコム3.0%〜18.0%
レイクALSA4.5%〜18.0%
プロミス4.5%〜17.8%
SMBCモビット3.0%〜18.0%
アイフル3.0%〜18.0%
楽天銀行1.9%〜14.5%
みずほ銀行2.0%〜14.0%
三井住友銀行4.0%〜14.5%
三菱UFJ銀行1.8%〜14.6%

メリット2 コンビニのATMで利用できる

銀行カードローンと言っても利用できるATMは銀行だけではありません。セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートなど主要コンビニのATMでも借入や返済ができるので、お近くにカードローンの申込をする銀行が無い場合でも問題なく利用できます。

特に大手銀行が発行するカードローンならその銀行だけでなくコンビニATMの利用手数料も無料になる場合があるので、カードローンを選ぶ際はATM手数料も気にしてみると良いでしょう。

メリット3 ネット申込可能

大手か地方銀行かに関わらずほとんどの銀行カードローンが24時間ネット申込に対応しています。何かと忙しい主婦の方でも自宅にいながら好きなタイミングでスマホやパソコンから申し込めるので、窓口に行って周りの目を気にする必要もありません。

メリット4 旦那さんに内緒で借りられる

専業主婦の方がカードローンで借入をする際、おそらく最も心配なのが旦那さんに知られないかどうかではないでしょうか。ですが、銀行カードローンなら心配はいりません。

専業主婦の申込の場合、基本的に旦那さんの同意は必要なく、本来行われる契約者の勤務先への在籍確認もありません。申込時に旦那さんの勤務先の情報や年収などを申告する必要はありますが、申込から契約に関する手続きはすべて自分で行うことができます。

メリット5 30万円程度まで借入OK

銀行カードローンの利用限度額は通常500万円~1,000万円程度が相場ですが、専業主婦が借入をする場合は配偶者の収入の中から返済をする想定となるため、限度額は平均30万円多くても50万円以内となるケースがほとんどです。

これは配偶者の収入に関わらず一定なので、少しでも多く借りたい場合は専業主婦の利用限度額が高めに設定されている銀行カードローンを選びましょう。

3.旦那さんに内緒にするための3つのポイント

カードの申込自体は旦那さんに内緒にすることができても利用中に思わぬきっかけでバレてしまうこともあります。旦那さんや家族に内緒にするために注意したいポイントをまとめました。

ポイント1 延滞をしない

最も注意しなければならないのが支払いの延滞です。延滞をしてしまうと銀行から旦那さんに電話がいく場合があるので、お金の管理はもちろんのこと、うっかり返済日を忘れてしまうことがないよう十分注意しましょう。

ポイント2 郵送物のないカードローンを選ぶ

最近はカードを発行せず、郵送物も無い「Web完結」が可能なカードローンも多いですが、それ以外の場合も基本的に郵送物をなくすことはできます。

まず、ローンカードや契約書の受取り方法は郵送ではなく必ず店頭での受取りを選びましょう。

また、カードの利用明細書はネット上で確認ができるWeb明細を選択しましょう。基本的にはこれで自宅への郵送物をなくすことができるため、うっかりカードローン関連の書類を見られる心配はありません。

ポイント3 借入は必要最低限の金額にとどめる

利用限度額に関わらず借入額はできるだけ必要最低限の金額にとどめましょう。毎月の返済額は借入残高によって決まるので、残高が増えれば返済時の負担も大きくなります。

過度な借入は延滞の原因となり、旦那さんに知られてしまう大きな要因となり得るので、無理なく返せる範囲内での借入を心掛けましょう。

4.専業主婦におすすめの銀行カードローン

専業主婦の方が利用できる銀行カードローンは次の通りです。この中から選んで申込をしてみてください。

カードローン金利年
横浜銀行1.9%~14.6%
イオン銀行3.8%~13.8%
スルガ銀行3.9%~14.9%

5.まとめ

専業主婦が借りられるカードローンは限られていますが、銀行カードローンは低金利で無料ATMも充実しているため、家計を預かる主婦にはピッタリのカードローンと言えます。

ただ、利用しているうちに借金と言う感覚が薄れ、預金を引き出すような感覚にさえなってくる場合があるので、くれぐれも借り過ぎには注意しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket