低金利の不動産担保融資で高額融資を受ける方法|メリットとデメリットを徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
不動産 担保 融資

土地や建物などの不動産を担保にお金を借りる不動産担保融資は、無担保融資に比べてかなり高額な融資を受けることができ、担保がある分優遇された金利で借り入れができるのが特徴です。

資金使途は原則自由なので、生活の中の幅広いシーンで役立てることができます。

この記事では、不動産担保融資の仕組みや特徴、住宅ローンとの違いなどについて詳しくご紹介していきます。不動産担保融資を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

1.不動産担保融資とは

不動産担保融資とは、土地や建物などの不動産を担保に、金融機関から融資を受ける方法です。担保にする不動産は本人名義だけでなく、家族名義のものでも問題ありません。

不動産担保融資の場合、契約者の信用力に不動産の資産価値がプラスされるため、数千万円~億単位のまとまった額を借りることも可能です。しかし、返済ができない場合は所有している不動産を失うことになるので、しっかりとした返済計画を立てることが非常に重要となります。

①住宅ローンとの違い

不動産を担保にお金を借りるという点では、不動産担保融資も住宅ローンも同じですが、住宅ローンはあくまで住む家を購入もしくはリフォームするためのローンであり、資金使途が自由な不動産担保融資とは性質が異なります。

また、住宅ローンの場合、金融機関指定の団体信用生命保険への加入義務がありますが、不動産担保融資にはそのような決まりはありません。その他にもいくつか違いはあるものの、全体的に不動産担保融資のほうが自由度の高いローンと言えます。

②融資限度額

不動産の評価は融資額に大きく関係してきます。不動産の価値が高ければそれだけ高額な融資をしてもらえるわけですが、不動産の評価基準はあくまで現在の資産価値であり、不動産を買った時の値段ではありません。

建物であれば築年数などももちろん関係してきますが、その他に駅に近い、都心部にあるなど、生活に便利な立地条件であるほど一般的に評価額は高くなります。

③無職でも融資を受けられるか

不動産を担保にすれば、無職でもお金を借りられるのかという疑問を持つ方も多いかもしれませんが、いくら担保があっても無職の方が審査に通る可能性は低いと考えたほうが良いでしょう。

担保となる不動産はあくまで返済不能になった場合に債権を回収する手段であり、最初から売却前提に融資をする金融機関はまずありません。融資をする上では、今後の返済計画が立てられることが条件となりますが、無職では返済計画を立てることができないというのが理由です。

ただ、無職でも返済能力があると判断されるケースも中にはあります。たとえば、これから事業を立ち上げる予定があり、今後の明確な事業計画を提示できる場合や、毎月一定の家賃収入がある場合などです。

このように、今後の返済計画をしっかりと立てられるのであれば、無職でも融資を受けられる可能性はゼロではありません。

④不動産担保融資の金利

不動産担保融資は融資額が高額ということもあり、概ね3.0%~10.0%程度の低金利となっています。また、住宅ローンのように金利タイプは固定金利と変動金利の2種類がありますが、金融機関によってどちらを選択できるかは変わってきます。

固定金利と変動金利どちらが得かは完済後でなければ分かりませんが、二つの違いは簡単に言うと金利の上昇リスクをどちらが負うのかという違いです。固定金利の場合はそのリスクを金融機関側が負い、変動金利なら借り手側が負うことになります。

一般的に変動金利のほうが金利は低い傾向にありますが、万が一金利が上昇した際のリスクを負いたくないという方は、固定金利のほうが合っているかもしれません。しかし、固定金利と言っても、5年固定や10年固定など、決まった年数で金利が変わるローンもあるので要注意です。

2.不動産担保融資7つのメリット

不動産担保融資には、以下のようなメリットがあります。

メリット1 高額融資を受けられる

無担保ローンの場合は契約者の信用力のみが基準となりますが、不動産担保ローンは不動産の資産価値も評価にプラスされるため、その分高額融資が可能です。担保にする不動産の価値が高ければ、億単位の金額を借りられる場合もあります。

メリット2 低金利

担保がある分貸し倒れリスクが低くなるので、無担保に比べて低い金利で利用できます。金利が低ければ返済総額も少なくなるため、借り手側の負担が軽減されます。

メリット3 長期の借り入れが可能

不動産担保融資のほとんどが、20年~30年と長期の返済プランになっています。借入額が大きいという理由もありますが、返済期間が長いほうが毎月の返済が楽になるので、無理のない返済計画が立てられます。

メリット4 資金使途が自由

不動産担保融資の場合、基本的に借入金の使い道は自由なので、教育費や住宅のリフォームなど幅広いシーンに利用可能です。ただし、見積書などで使い道が確認できる場合に限るとしている金融機関もあるので、申込先に一度確認してみると良いでしょう。

メリット5 事業性資金として利用できるものもある

消費者金融や銀行のカードローンは、事業性資金としての借入れは原則禁止されています。しかし、不動産担保融資の場合、金融機関によっては事業性資金として使えるものもあります。

銀行から事業資金を借りるには、会社の業績や営業年数などの厳しい条件がありますが、不動産担保融資なら不動産の資産価値がある分、比較的有利に審査を進めることができるでしょう。

メリット6 家族名義の不動産も担保にできる

担保にする不動産は、自分名義のものの他に、親族(3親等以内などの条件有)が所有する不動産も担保として設定可能です。ただ、この場合は特に慎重に返済計画を立てる必要があるでしょう。

メリット7 おまとめローンとしても使える

他社からの借入れを一つにまとめる際の、おまとめローンとしても利用可能です。不動産担保ローンは無担保ローンに比べると非常に低金利なので、借金をまとめることで返済総額を減らすことができます。

しかし、特段金利が低いものまでまとめてしまうと逆に損をするケースもあるので、まとめる際は不動産担保ローンよりも高い金利のものだけを対象にしましょう。

3.不動産担保融資4つのデメリット

不動産担保融資のデメリットについて見ていきましょう。

デメリット1 返済不能になると不動産を失う

不動産担保融資の最大のデメリットは、万が一返済不能になった場合、不動産を失ってしまうことです。担保となる不動産には、金融機関側を抵当権者とする抵当権や根抵当権が設定されます。

これにより、金融機関側は債権の回収ができなくなった場合、不動産を売却し、その代金で債権を回収することができるようになります。

デメリット2 審査に時間がかかる

申込から融資までは数週間、長いものでは1ヵ月程度かかる場合もあります。これは不動産の調査や鑑定に時間を要するのが大きな理由です。

中には申込から3営業日ほどで融資を受けられる場合もありますが、カードローンのように即日融資ができるわけではありませんので、できるだけ日数に余裕を持って申し込みましょう。

デメリット3 諸費用がかかる

不動産担保融資には所定の手数料がかかります。事務手数料(借入金額の1~3%程度)、不動産鑑定費用、印紙代、抵当権・根抵当権の登記費用など、総額で数十万円かかる場合も多いので注意しましょう。

デメリット4 違約金が発生する場合がある

当初の返済期限を待たずに中途解約をする場合、金融機関によっては違約金が発生することがあります。違約金や繰り上げ返済の可否については、契約前にしっかりと確認しておきましょう。

4.申込から融資までの流れ

申込から融資までの基本的な流れは、以下のようになります。仮申込から融資までは、数週間から1ヵ月程度かかる場合が多いので注意しましょう。

  • 仮申込
  • 仮審査結果の連絡
  • 本申込
  • 本審査結果の連絡
  • 契約手続き
  • 融資実行

5.まとめ

不動産担保融資ならカードローンなどに比べて高額融資が可能ですが、しっかりとした返済計画を立てないと、最悪不動産を失うという大きなリスクを伴います。

利用していない建物や土地であればまだ良いですが、現在の住居を担保にする場合、住む家が無くなってしまうことになるので、くれぐれも注意しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket