アコム

「引っ越すためにバイトやめた」無職でも融資を受ける方法ってある?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
引っ越すためにバイトをやめた男性

「引っ越すためにバイトをやめたはいいものの、肝心の引っ越し費用や新生活を始めるためのお金がない。」

家庭の事情などで急遽引っ越すことになり、やむを得ずバイトをやめなければならない状況になることもあると思います。ですが、引っ越し費用や新生活の費用など、仕事を辞めてからお金がない事態に直面する場合もあるでしょう。

貯金がない場合は親に借りたり日払いのアルバイトで工面するという方法もありますが、それが難しい場合はキャッシングという方法を考える方も多いかもしれません。

しかし、銀行や消費者金融からの借入をしたいと思っても無職の状態では審査に通ることができません。

今回はそんな時でも融資を受ける方法をまとめましたので、お困りの方はぜひ参考にしてみてください。

1.バイトをやめた後でも融資を受けられる3つの方法

アルバイトをやめる前なら銀行や消費者金融のカードローンで借りることができますが、やめた後では残念ながらキャッシングの審査に通ることはできません。ただし、次の方法ならバイトをやめた後でもお金を借りることは可能です。

方法1 クレジットカードでキャッシング

現在持っているクレジットカードにキャッシング機能が付いている場合は、そのカードを使ってコンビニATMなどからキャッシングをすることができます。

キャッシング枠の範囲内であれば新たに審査を受ける必要もないのですぐにお金を借りられます。

クレジットカードキャッシングの手順は次の通り簡単です。

<クレジットカードでキャッシングする手順>

  1. ATMのメニューから「お引き出し」を選択
  2. クレジットカードを挿入する
  3. 暗証番号を入力する
  4. 「お借り入れ」を選択
  5. 返済方法を「1回払い」か「リボ払い」から選択
  6. 借入金額を入力する
  7. 現金を受け取る

クレジットカードにキャッシング枠が無い場合やクレジットカード自体持っていない場合は、残念ながら無職の状態で申込をしても審査に通ることはできません。他の方法を検討しましょう。

方法2 すでにあるキャッシングで借入する

すでに銀行や消費者金融のカードローンを利用している方は、無職になっても引き続きそのカードローンで借入ができます。

利用限度額の範囲内であればこれまで通りカードが利用できますが、返済が遅れるとカードの利用を止められてしまうので、延滞はしないよう十分注意しましょう。

方法3 市役所でお金を借りる

あまりにも生活が困窮している場合は「生活福祉資金貸付制度」が利用できるケースがあります。

生活福祉金貸付制度とは低所得者や高齢者、障害者などの生活を経済的に支えるための制度で、各都道府県の社会福祉協議会が窓口となり実施しています。

ただし、貸付対象には次のような制限があるので、お金がないからといって誰でも借りられるわけではありません。

<貸付対象>

  • 低所得者世帯:必要な資金を他から借り受けるのが困難な世帯(市民税非課税程度)
  • 障害者世帯:身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方がいる世帯
  • 高齢者世帯:65歳以上の高齢者がいる世帯

<貸付資金の種類>

  • 総合支援資金(生活支援費、住宅入居費、一時生活再建費)
  • 福祉資金(福祉費、緊急小口資金)
  • 教育支援資金(教育支援費、修学支度金)
  • 不動産担保型生活資金(不動産担保型生活資金、要保護世帯向け不動産担保型生活資金)

この条件に当てはまる場合、連帯保証人を立てることができれば無利子、保証人が立てられない場合でも1.5%と非常に低金利で借入ができます。

借入可能額や詳しい貸付条件はお住まいの地域の社会福祉協議会か厚生労働省のホームページで確認してみてください。

厚生労働省HP
→ 生活福祉資金貸付制度

2.新たなバイトが見つかった時におすすめのカードローン

無職の状態で借入をすることは非常に難しいですが、新たにバイトや派遣の仕事を見つければ、銀行や消費者金融のカードローンを利用できます。

カードローンの申込条件は一般的に「20歳以上で安定継続した収入がある方」となりますが、仕事を始めたばかりでも借入審査に通ることは可能です。

ただし、単発のアルバイトなど収入が不定期な場合は安定した収入とは認められないので注意してください。

新たなバイトが見つかった時におすすめのカードローンはこちらです。この中から選んで申込をしてみてください。

アコム

アコムは融資スピードが最短1時間と早く、土日祝日に申込をしても当日中に借入できます。30日間の無利息期間もあるので「給料日が来たらすぐに返せる」といった短期間だけお金を借りたい方も多く利用しています。

アコム情報

▼アコムでお得に借りる方法はこちら
アコムのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

新生銀行カードローン レイク

新生銀行カードローン レイクには30日間無利息、もしくは5万円まで180日間無利息の2つの選べる無利息期間があるので「お金を短期間借りたい方」「少額の借入をしたい方」に特に選ばれています。

新生銀行カードローンレイク情報

▼レイクでお得に借りる方法はこちら
新生銀行カードローンレイクのメリット・デメリットを徹底解説|融資を受ける手順と注意点とは

プロミス

プロミスは審査が最短30分と非常に早く融資もスムーズです。WEB完結も可能ですし、カードレスの利用もできます。「とにかく借りやすいカードローンを利用したい方」に選ばれています。

プロミス情報

▼プロミスでお得に借りる方法はこちら
プロミスのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

*ランキングは当サイトのおすすめ順に掲載しています。

3.無職でも借りられるキャッシングの危険性

いくらお金に困っても次の方法でお金を作るのは絶対にやめましょう。

キケン1 闇金

闇金は違法な悪徳業者です。安全な銀行や消費者金融と違い、無職でもお金を借りられる金融会社もなかにはあるかもしれませんが、闇金の金利は通常では考えられないほど高く、10日で3割や5割の利息が発生することもザラです。

ちなみに10日で3割の利息ということは、仮に10万円借りた場合はたった10日で3万円もの利息が発生するということです。

また、闇金は違法業者なので職場や自宅に押し掛けるなど法律を無視した強引な取り立てをすることも決して珍しくありません。自分の今後の人生を守るためにも闇金からお金を借りるのは絶対にやめましょう。

キケン2 クレジットカード現金化

金融機関からお金を借りられない人がお金を作る方法として「クレジットカード現金化」というものがあります。

クレジットカード現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を使って商品を購入し、買取業者からその商品を買い取ってもらうことでお金を得るという方法です。

クレジットカード現金化を行っている金融会社が実は闇金だったというケースも多く、いくら安全な業者だと謳っていても簡単に信じるべきではありません。

また、クレジットカード現金化はそもそもカード会社の利用規約で禁止されている行為なので、最悪カードの利用を止められたり、利用分の一括返済を求められるケースもあります。

最終的に自分の首を絞めるだけなのでクレジットカードの現金化は絶対にやめましょう。

4.まとめ

基本的に無職の状態で金融機関の審査に通ることはできませんので、早めに新しいバイトを見つけ、カードローンやクレジットカードで借入をするのが最も現実的な方法でないでしょう。

審査時に在籍確認さえ取れれば勤続年数が1ヵ月未満でも審査に通ることはあります。ただし、派遣会社に登録しただけで実際に就業をしていない場合は借入ができない金融会社も多いので注意してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket