アコム

公務員はカードローン審査で有利って本当?審査の裏事情と在籍確認を徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
カードローンの利用を検討している公務員

公務員の方は比較的カードローンの審査に通りやすいと耳にしますが実際のところどうなのでしょうか。

カードローンの公式サイトを見てもそのように明記されているわけではないので不思議に思う方も多いと思います。

この記事では、公務員のカードローン審査や在籍確認、職場にバレるタイミングと回避方法などをまとめました。

公務員がカードローン以外でお金を借りる方法もご紹介していますので申込前に確認しておきましょう。

1.公務員のカードローン審査

公務員の方は一般企業の会社員の方に比べて収入の安定性が抜群に高いため、銀行や消費者金融のカードローン審査では有利になります。

カードローン審査では申込者の安定収入と返済能力の高さが極めて重要です。

最近ごく一部で免職となる制度も出てきていますが、一度公務員になればほとんど一生その身分は安泰です。信用度の高さは東証一部上場企業に勤務している方と同等かそれ以上です。

民間企業の終身雇用が崩壊しつつある中、公務員の安定性は金融機関にとって大変な魅力と言えるため、まさに頭を下げてでもお金を借りて欲しい超優良顧客であることは間違いないでしょう。

ただし、審査の際にカードローン会社が照会する個人信用情報機関に他社の延滞など事故情報が記録されている場合には、いくら公務員の方でも審査に落ちる可能性が出てきます。ローンを利用したい時は日頃から延滞しないよう気をつけることが大切です。

なお、公務員の方が他の職業の同年収の方と比較してより多くのお金が借りられるわけではありません。借りられる金額は他の方と同様、最大でも年収の3分の1程度と覚えておきましょう。

2.公務員のカードローンの在籍確認

カードローンの在籍確認は公務員の方にも行われますが、在籍確認の電話でカードローンの申込が職場や同僚にバレることはありません。

在籍確認とは、申込時に入力した勤務先に本当に所属しているかを金融会社が確認する作業のことで基本的に電話で行われます。

電話といってもカードローン会社の名前ではなく「三浦ですが〇〇さんはいらっしゃいますか?」のように個人名でかかってきますし、申込者以外にバレないよう細心の注意を払って対応してくれます。

本人が不在でも「〇〇はただいま外出しております」のように働いている確認が取れたらそれで完了するため、在籍確認の電話を難しく考える必要は全くありません。

どうしても心配な場合は電話連絡がない大手消費者金融SMBCモビットや、申込後に在籍確認の相談ができるプロミスなどを検討すると良いでしょう。

▼在籍確認の電話が心配なら
在籍確認なしのカードローンってある? 周りにバレずにお金を借りる方法

3.職場にバレるタイミングと回避方法

公務員の方が職場にカードローンの利用がバレてしまう可能性は極めて低いです。

あるとすれば「勤務先近くでカードローン専用のATMを利用している所を目撃されてしまった」といったケースくらいです。

勤務先から離れたカードローン専用のATMを利用するか、コンビニや銀行ATMを利用するようにすれば余計な心配はなくなります。

気楽に利用できるコンビニや銀行ATMでも無料で使えるかどうかもカードローン申込前に確認しておくと良いでしょう。

4.公務員におすすめのカードローンランキング

公務員の方におすすめのカードローンをご紹介します。

アコム

アコムは融資スピードが最短1時間と早く、土日祝日に申込をしても当日中に借入できます。30日間の無利息期間もあるので「給料日が来たらすぐに返せる」といった短期間だけお金を借りたい方も多く利用しています。

アコム情報

▼アコムでお得に借りる方法はこちら
アコムのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

新生銀行カードローン レイク

新生銀行カードローン レイクには30日間無利息、もしくは5万円まで180日間無利息の2つの選べる無利息期間があるので「お金を短期間借りたい方」「少額の借入をしたい方」に特に選ばれています。

新生銀行カードローンレイク情報

▼レイクでお得に借りる方法はこちら
新生銀行カードローンレイクのメリット・デメリットを徹底解説|融資を受ける手順と注意点とは

プロミス

プロミスは審査が最短30分と非常に早く融資もスムーズです。WEB完結も可能ですし、カードレスの利用もできます。「とにかく借りやすいカードローンを利用したい方」に選ばれています。

プロミス情報

▼プロミスでお得に借りる方法はこちら
プロミスのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

*ランキングは当サイトのおすすめ順に掲載しています。

5.公務員がカードローン以外でお金を借りる方法

お金を借りる方法はカードローン以外にもあります。公務員の方が利用できる他の借入方法も見てみましょう。

①地方職員共済組合貸付

地方公務員の方は地方職員共済組合貸付でお金を借りることができます。普通貸付、住宅貸付、医療貸付など目的に合わせて様々な融資を受けられます。

このうち、カードローンと似た性質を持つのは普通貸付です。組合員が臨時に資金を必要とする時に利用でき、例えば自動車や家電等を購入する資金に使えます。

貸付限度額 給料月額の6倍の範囲内
(限度額200万円)
弁済期間 120月以内(10年)
貸付金利率 年2.66%

何と言っても魅力的なのは貸付金利率でしょう。年14.5%前後が中心のカードローンと比べると、年2.66%はずば抜けて低金利です。繰り上げ返済も手数料無料なので返済に余計なお金がかかりません。

カードローンのように手軽にお金を借りれるわけではないですが、地方公務員の方はまずは地方職員共済組合貸付を検討してみると良いでしょう。

→ 地方職員共済組合貸付の詳細へ

②銀行フリーローン

銀行にはカードローン以外に資金使途自由の「フリーローン」という個人向け融資もあります。

フリーローンはカードローンと異なり、ある程度まとまった金額を一度に借り入れし、それを毎月コツコツ返済していくことになります。カードローンとの主な違いは次の通りです。

カードローン フリーローン
金利 高め 低め
利用限度額 高め 低め
審査時間 早い 遅い
繰り返しの借入 できる できない

フリーローンはカードローンに比べて金利は低いですが、

  • 審査時間が長く即日融資を受けたい人には向かない
  • 繰り返しの借入はできない
  • 繰り上げ返済には手数料がかかる

など、利便性の面でカードローンに劣ります。できるだけ利息を減らしたい方や確実に返済していきたい方はフリーローンも検討すると良いでしょう。

6.まとめ

公務員の方がカードローン審査で優位な立場にあるのは間違いのない事実ですが、カードローンは金利面だけ見ると高い水準の金利です。

長期間利用する場合は支払利息も増えていくため、他の借入方法でより良い方法がないか検討してみることも大切です。

冷静に、そして自分に合った借入方法を選ぶようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket