アコム

学生でもプロミスでお金を借りれる?親に内緒で借入する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
プロミス 学生

学生の方も保護者の同意書なしでプロミスからお金を借りることができますが、最低限必要な条件が2つあります。

その条件をクリアし、なおかつプロミスの審査に通れば、晴れてキャッシングすることができます。

この記事では、学生がプロミスでお金を借りるために必要な条件や審査で有利になる条件、親に内緒でプロミスを利用したい時のやり方についてまとめました。

1.学生がプロミスでお金を借りるために必要な最低条件

学生がプロミスでお金を借りるにあたり、保護者の同意書は必要ありません。ただ、最低限必要な申込条件が2つあります。

条件1 安定継続したアルバイト収入がある

学生の方がプロミスでお金を借りるには、アルバイトの安定収入が必要です。カードローン審査の最も重要なポイントは、融資したお金をきちんと返済してくれるかどうかです。きちんと毎月返済するためには、安定収入があることが何よりも大切です。

勤務期間は長ければ長いほどより高く評価される傾向にあり、1年以上同じアルバイト先へ勤めているとカードローン審査では有利になります。

また、スーパーやレストランなど一か所で長期勤務するアルバイト形態が望ましく、季節限定の短期アルバイトや単発アルバイトでは、いくら収入が多かったとしても安定収入と認められず、審査に落ちてしまう可能性が高くなります。

現在決まったアルバイト先が無いようであれば、プロミスの審査に通る可能性はまずありません。バイトを始めて最低でも半年以上経ってから申し込みましょう。

条件2 年齢が20歳以上

プロミスでキャッシングするには20歳以上であることが必須です。

お申込みいただける方
年齢20歳以上、69歳以下のご本人に安定した収入のある方、 当社基準を満たす方(※主婦、学生の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合お申込可能です。)
出典 プロミス

消費者金融の中にはまれに18歳以上なら利用できるものがありますが、プロミスは20歳未満は申込できません。20歳になってから申込をしましょう。

2.学生がカードローン審査の通過率を上げるコツ

学生の方に限らず、クレジットカードを順調に利用している方はカードローン審査で有利になります。クレジットカードは手元に現金が無くても買い物ができ、口座からの引き落とし日までは支払いが猶予されます。これは短期間ですが借金をしているのと変わりません。

借金があることは普通に考えれば望ましくないことだと思うかもしれませんが、クレジットカードの支払いをきちんと期日に行っている場合には、実は大きな信頼につながります。

一般的に学生の方は借金をする体験がほとんど無いため、借りたお金をきちんと返す返済能力が十分に育っていない可能性があります。クレジットカードの返済実績は、その人の信頼性を知るのに大いに役立つのです。

ちなみに、クレジットカードの利用実績は利用額の大きさではなく、遅れずに支払われた回数が見られます。極端な話、数百円程度の少額利用であっても、実績を積むのには十分と言えます。使い過ぎには注意が必要ですが、カードローン審査には有利になることを知っておいて損はありません。

もちろん、支払いが遅れたりしていたら逆に審査に通らなくなるので、くれぐれも注意してください。

3.親に内緒でプロミスを利用したい時の借り方

プロミスからお金を借りる際、学校に連絡が行くことはないため学校にバレることはありませんが、ご両親と同居をしている時には注意が必要です。親に内緒でキャッシングしたい時は次の2点に注意してください。

①郵便物が送られて来ないようにする

プロミスの郵便物はローンカードと契約書類です。一人暮らしの場合は心配ありませんが、実家に住んでいる場合、郵便物が自宅に届くことでプロミスの利用がご両親にバレる可能性があります。

実家に住んでいてご両親にバレたくない場合には、WEB完結で申し込むか、ネットで申し込んだ後プロミスか三井住友銀行の自動契約機でローンカードを受け取るようにしてください。そうすれば郵便物は送られて来ませんので、親にバレる心配もありません。

ちなみに、ローンカードは受け取っておいた方が使い勝手が良いため、安易にWEB完結(カードレス)にせずに、自動契約機で受け取っておくことをおすすめします。

詳しくは次のページを参考にしてみてください。

「プロミスで今日中に借りたい!最短1時間でお金を借りる全手順」

②延滞しない

プロミスの返済が遅れてしまうと、督促の連絡が郵送で来ることがあります。その督促状が原因で親にバレることがありますので注意しましょう。たった1日の遅れでも延滞は延滞です。信用情報機関の自分の信用情報に傷がつく延滞事故となってしまいますので、くれぐれも気をつけてください。

4.学生がプロミスに申し込む時の注意点

プロミスで生活費を借りることは極力やめましょう。今、生活費が足りないということは、将来的に返済に回すお金もなくなる可能性が高いです。実際、生活費を借りて延滞したことが原因で、カードローンの利用が親にバレてしまった方は非常に多いです。

一時的に生活が楽になったとしても、カードローンの返済日は必ずやって来ます。借りる前よりもさらに生活が苦しくなっては元も子もありませんので、なんとなくお金が足りないからキャッシングするのは避けたいところです。

5.学生のカードローン限度額

消費者金融であるプロミスは総量規制という法律の対象のため、多くても年収の3分の1までしか借りることができません。例えば月5万円の収入がある場合、年収は「月5万円×12か月=60万円」になりますので、最大で3分の1の20万円まで借り入れができます。逆に言えば、20万円借りたい場合には月5万円のアルバイト収入が必要だということです。

実際の借入限度額は審査によって決まりますが、学生の方の場合は20万円程度になることが多いです。

プロミス

プロミスまるばつ表

 

6.まとめ

プロミスは学生の方でも利用できますが、本来、学生がカードローンに頼るのは非常事態というべきものです。借りたらなるべく早く完済できるようにしていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket