プロミスの審査はこれでバッチリ!申込前に疑問を解消して審査通過率を上げよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
プロミスの審査が不安な女性

「プロミスを利用したいけど、審査に通らなかったらどうしよう…」

急いでお金を借りたい時や初めてカードローンに申込をする際、審査に不安を感じますよね。何とか審査に無事通過してお金を借りたいところです。

確実に審査に通る方法はありませんが、カードローンの審査通過率を上げるコツはあります。

この記事では、すぐにできるプロミスの審査通過率を上げる方法をまとめました。申込前に確認をしてお金を借りれる可能性を上げてから申込をしましょう。

1.プロミスの審査通過率を上げる6つのコツ

プロミスの審査通過率を高める方法を6つご紹介します。

コツ1 プロミスだけに申し込む

カードローンに申込をする際、同時に複数のカードローンに申し込む方が多くいらっしゃいますが、複数申込はキャッシング審査で不利になります。

カードローンの申込情報は信用情報機関に登録されるため、同時に何社に申込をしているか、審査の際にプロミスもわかります。

複数のカードローンに申込をしていた場合、申込者はお金に困っていると容易に想像できますし、たとえ他のカードローンの審査にまだ通っていないのだとしてもそれらの融資枠も考慮した上で判断するため、審査に通るのは厳しくなるということです。

カードローンの申込は1つだけに絞って申し込むのが鉄則です。プロミスを利用したい時にはプロミスだけに申込をしましょう。他のカードローンへの申込はプロミスの審査に落ちてしまった時に考えれば良いです。

コツ2 他社借入件数・借入金額を減らす

カードローン審査では、信用情報機関で個人信用情報を照会し、他社借入件数や借入金額、返済や延滞などの利用履歴を確認します。借入件数と金額が多い場合、審査に通る可能性が下がります。

注意点としては、借入金額よりも借入件数の方が重視されることです。同じ金額を借りているとしても、借入件数が多い方が審査で不利になりますので、プロミスに申し込む前に完済できるカードローンがあれば、完済してから申込をするようにしましょう。

コツ3 キャッシング枠があるクレジットカードは解約

クレジットカードのキャッシング枠も借入件数1件とカウントされます。

利用していないとしても件数に含まれてしまいますので、使っていないキャッシング枠が付いているクレジットカードは事前に解約しておきましょう。ちなみに、キャッシング枠がないクレジットカードは大丈夫です。

コツ4 希望限度額は必要な分だけにする

希望限度額は高くなるほど審査が厳しくなります。少額融資よりも高額融資の方が審査に慎重になるのは当然のことです。必要最低限の希望限度額で申し込むようにしましょう。

コツ5 総量規制に気をつける

プロミスは消費者金融のため、「年収の3分の1までしか借入ができない」という総量規制の対象です。

希望借入額が自分の年収の3分の1を超える場合には審査に通ったとしても3分の1までが限界ですし、他社ですでに借入がある場合にはその借入額と合わせて年収の3分の1までしか借入ができません。

すでに年収の3分の1近く借入がある場合にはそもそも審査に通らないことになるので気をつけましょう。

コツ6 申込内容にウソをつかない

申込内容にウソの記載をすると審査に通りません。

年収を実際よりも高めにしたり、他社借入件数や金額を少なくして申し込む方が案外多くいらっしゃいますが、信用情報機関の個人信用情報や自社の顧客データから申込者の属性を照らし合わせて判断するのでウソは絶対にバレます。ウソはつかないようにしましょう。

2.プロミスの審査

プロミスの審査の流れを確認してみましょう。

①審査

申込をすると審査が始まります。プロミスの審査時間は申込方法によって異なり、最短30分で審査が終わるのはインターネット申込、自動契約機からの申込、電話からの申込となっています。

店頭窓口も特に審査時間の記載はありませんが、申込後30分〜1時間で審査は完了するでしょう。

申込方法 審査時間
インターネット 最短30分
自動契約機 最短30分
電話 30分〜1時間
郵送 申込書到着後に審査開始
店頭窓口 特に記載なし

手間がかからずスピードが早いのはインターネット申込です。審査を待っている時間も自分の好きなことをして待つことができます。

自動契約機での申込は自動契約機まで行かないといけませんし、審査が終わるまで待つ必要があります。郵送での申込は審査通過後に来店して契約するか、郵送での契約が必要です。

②勤務先への在籍確認

審査が順調に進んだ頃、勤務先への在籍確認(本人確認)が行われます。

在籍確認の電話は「プロミス」ではなく個人名でかかってきます。細心の注意を払って電話してくれますので、カードローンに申込をしたことが勤務先にバレる心配はまずありません。

クレジットカードや保険の申込でも在籍確認の電話連絡はありますので、何の電話か聞かれた場合には「クレジットカードに申し込んだ」と答えれば大丈夫です。

どうしても職場に電話連絡をして欲しくない場合には、プロミスに申込をした後、プロミスに電話をして相談してみてください。プロミスは在籍確認について相談できますので、対応してもらえる場合があります。

▼在籍確認が不安なら

プロミスは在籍確認の電話を職場にかけて欲しくない場合、コールセンターに相談することができます。 対応してもらえる場合には、案内された方法で手続きをすれば在籍確認が完了します。...

③審査回答結果

プロミスの審査結果の回答の届き方も申込方法によって異なります。メールか電話のいずれか希望する方法で届くインターネット申込が最も手軽で簡単です。

申込方法 審査結果の回答の届き方
インターネット メールか電話のいずれか希望する方法で回答
自動契約機 自動契約機で審査回答
電話 電話で回答
郵送 申込書到着後に審査開始
店頭窓口 電話で回答

自動契約機もその場で審査回答を得ることができますが、審査が終わるまで待っていないといけないため、手間と時間がかかります。

④借入開始

契約手続きが完了したらキャッシングできます。即日融資を受けたい場合は平日か休日かなど状況によって方法が変わりますので、急ぎの場合には予め確認しておきましょう。

プロミス

プロミス情報

▼安心の女性オペレーター対応なら(男性も申込可)
プロミスのレディースキャッシング公式サイト

▼プロミスでお得に借りる方法はこちら
プロミスのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

3.プロミスの審査に落ちた時の対処法

プロミスの審査に落ちた時の対処法を2つご紹介します。

対処法1 審査対策をする

審査のポイントを学んで対策することで審査通過率を上げることができます。次のカードローンに申し込む前にしっかり確認しましょう。

なお、まだプロミスにも申込をしていない場合には、先に確認をすることで審査通過率をさらに高めることができます。

▼カードローン審査のポイントなら

「キャッシングを利用したいけど、キャッシングの審査に落ちてしまった…」 あなたもこのような経験があるかもしれませんが、大手カードローンの審査通過率は大体が4割台であり、半数以...

対処法2 プロミスの保証会社を避ける

プロミスの保証会社はSMBCコンシューマーファイナンスです。保証会社が変われば当然審査も変わってきます。プロミスの後に申し込むのであれば、次の消費者金融か銀行カードローンの中から選ぶことをおすすめします。

カードローン 保証会社
みずほ銀行カードローン オリコ
アコム アコム
アイフル アイフル
SMBCモビット SMBCモビット

4.審査が不安な方におすすめのカードローンランキング

プロミス以外で審査が不安な人におすすめのカードローンをご紹介します。

アコム

アコムは融資スピードが最短1時間と早く、土日祝日に申込をしても当日中に借入できます。30日間の無利息期間もあるので「給料日が来たらすぐに返せる」といった短期間だけお金を借りたい方も多く利用しています。

アコム情報

▼アコムでお得に借りる方法はこちら
アコムのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

SMBCモビット

SMBCモビットはWEB完結申込なら電話連絡や郵送物がないことから、派遣社員の方のように普段会社にいることが少ない職業の方や家族や職場にバレずに借入したい方に選ばれています。職場への電話連絡をどうしても避けたい方の利用が特に多いです。

SMBCモビット詳細

▼SMBCモビットでお得に借りる方法はこちら
SMBCモビットのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

アイフル

アイフルは土日祝日含め審査は最短30分で完了し、最短即日利用が可能なため、今すぐ借入したい方や忙しい方、時間がない方に選ばれています。

また、アイフルには「配達時間えらべーる」というサービスがあり、自宅でカードを受け取る場合は指定の時間帯に受け取ることができるため、家族にバレたくない方の利用者も多いです。なお、郵送ではなくアイフルの無人契約でんわBOX「てまいらず」でカードを受け取ることもできます。

アイフル詳細

▼アイフルでお得に借りる方法はこちら
アイフルのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

*ランキングは当サイトのおすすめ順に掲載しています。

5.まとめ

プロミスの審査通過率を高めるコツのおさらいです。

  1. プロミスだけに申し込む
  2. 他社借入件数・借入金額を減らす
  3. キャッシング枠があるクレジットカードは解約
  4. 希望限度額は必要な分だけにする
  5. 総量規制に気をつける
  6. 申込内容にウソをつかない

できることがあったらぜひ取り入れていただき、それからプロミスに申込をしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket